スクスタ ライブスキル サブ。 【スクスタ】UR梨子、果林、穂乃果の性能評価【3人のプリンセス】

スクスタ編成のススメ→ (更新版)

スクスタ ライブスキル サブ

・特技でボルテージ増加• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・高アピでVoを稼ぎやすく2年編成だとさらに強力• ・特技のアピ増加が同作戦で強い• ・パッシブで全員のアピール増加• ・メインでもサブでも役立つ性能• ・特技のVo増加割合が高い• ・パッシブで同属性のアピ増加• ・クール編成で強力な性能• ・高アピでVoを稼ぎやすい• ・パッシブが同作戦内アピ増加で倍率が高い• ・特技と個性でVoを獲得• ・特技が同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・個性の対象も全員アピ増加でどの編成でも役立つ• ・アピールが高め• ・アピ値が高く特技が3年編成で活躍• ・パッシブは全員のアピール増加• ・パッシブでスマイルのアピ増加• ・AC成功時に確率でCRT率アップ• ・1年生&スマイル編成で強力• ・アピールが高くVo稼ぎに役立つ• ・特技のアピール増加が1年編成で強力• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・高アピールで2年編成をすると特技も強い• ・高難易度ピュア曲で役立つ• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・特技で同作戦のCRT率上昇• ・高アピールでSP特技のVoを増やしやすい• ・パッシブの効果がテクニック編成で使える• ・特技でVoを獲得できアピールも高め• ・同属性のアピ増加でクール曲のVo稼ぎで有用• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブで同学年のアピ増加• ・1年クール編成で活躍• ・個性が同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・特技でもボルテージ増加が可能• ・ライブスキル発動でアピ増加• ・特技とパッシブでアピ増加• ・パッシブが全員なのでサブでも役立つ• ・Voでアピ値が高め• ・高テクニックでクリティカルを狙いやすい• ・SP特技に特化した性能• ・パッシブは同属性のテク増加• ・アピが高めでテクが上回るのでCRTでVoを稼げる• ・特技の同作戦アピ増加が強力• ・パッシブの同学年アピ増加が2年編成で有用• ・高テクでクリティカルを狙いやすい• ・パッシブで同属性のテク増加• ・特技のSP上昇が高難度曲で役立つ• ・特技の同作戦アピ増加が強力• ・テクが最も高くアピ値も高いのでCRTでVoを稼げる• ・1年編成で強いVoタイプ• ・特技で全員のアピール増加• ・個性2種で1年のアピール増加• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブの同学年テク増加が3年編成で活躍• ・スマイル曲や編成でおすすめ• ・アピ値が高くメイン作戦で使える• ・Voタイプでメイン作戦に役立つ• ・SP獲得増加が高難易度曲で有用• ・AC成功時に確率でシールド獲得• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・特技と個性でSPゲージを獲得• ・スマイル曲のSP要員として活躍• ・高テクニックでクリティカルを狙える• ・特技で全員、パッシブでスマイルのアピ増加• ・効果解除が一部の楽曲で有用• ・スマイルのサブ編成でも役立つ• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブは同属性のテクニック増加• ・CRTが出やすく個性のSP特技UPを狙いやすい• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブは同作戦のテク増加• ・特技で獲得Vo増加• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・テクの方が高くCRTを狙いやすい• ・トップクラスのテクニック持ち• ・パッシブで全員のテクニック増加も可能• ・サブ作戦でもSP特技発動メンバーには編成するのがおすすめ• ・手持ち次第でピュア曲のメイン編成に• ・SPゲージ獲得に優れた性能• ・パッシブで全員のアピール増加• ・特技でVoを獲得可能• ・ピュア編成のVo要員として活躍• ・特技の同作戦アピ増加が強い• ・パッシブで同作戦のテク増加• ・ピュア編成で特技発動率を上げるときに有用• ・パッシブで同属性のテク増加• ・ピュア編成のSPゲージ獲得要員として有用• ・特技で全員のVo、個性で全員のアピ増加• ・対象が全員なのでサブや切替作戦でも有効• ・メイン作戦は特技と個性強化後におすすめ• ・アピ値がとても高い• ・特技で全員のアピ増加• ・クール編成なら個性でさらにアピ増加• ・アピよりテクのが少し高くCRTで稼ぎやすい• ・パッシブは同属性のアピ増加• ・クール編成で活用• ・特技のSP獲得が序盤でSP特技が必要なACで役立つ• ・テクニックが高くクリティカルを狙いやすい• ・パッシブの同属性アピ増加がサブでも役立つ• ・特技でSP特技Vo、パッシブでアクティブのテク増加• ・作戦切替の編成でSP特技でのVo稼ぎに有用• ・特技でSPゲージ獲得量上昇• ・パッシブで同作戦のアピール増加• ・SP獲得要員+CRTでアピールを稼げる• ・ナチュラル曲や統一編成のメイン作戦に最適• ・パッシブでナチュラルのアピ増加• ・バランスが良いステータス• ・ナチュラル曲や編成でおすすめ• ・パッシブでナチュラルのアピ増加• ・特技発動率関連の特技とライブスキル持ち• ・特技で全員のVo、パッシブで全員のアピ増加• ・Vo要員がいない時のメイン• ・特技で同作戦のCRT率上昇• ・パッシブで同作戦のアピール増加• ・同作戦が多くメイン向きの性能• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブで同属性のテク増加• ・SP編成やサブで回復役もこなせる• ・特技でSP獲得&SP特技Voを増加• ・パッシブは自身のテク増加• ・AC成功30%でSPゲージ獲得• ・パッシブが同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・AC時30%で終了までアピ増加• ・個性を強化するとより強力に• ・エレガント曲や編成でおすすめ• ・アピ値が高くメイン作戦で使える• ・特技のSP獲得増加でVoを稼げる• ・特技でSP特技の回転率が早まる• ・アピ値が高いがテクがさらに高いのでCRTを狙える• ・パッシブで同作戦内のテクニックが増加• ・特技でVoを獲得• ・アピ値高めのVoでエレガント曲で役立つ• ・特技で全員のVo、パッシブで全員のアピ増加• ・ステータスは全体的に低い• ・パッシブの対象が全員なのでサブ作戦でおすすめ• ・特技で同作戦の特技発動率アップ• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブは全員のテクニック増加• ・ステータスが低め• ・高テクニックでクリティカルを狙いやすい• ・楽曲開始時30%でSPゲージを獲得可能• ・特技でSPゲージを獲得• ・ステータスは低め• ・パッシブで同属性のアピ増加• ・揃ってないときのメインVo枠としても使える• ・特技で同属性の特技発動率上昇• ・パッシブで全員のアピ増加• ・サブ編成のアピ増加で役立つ• ・特技でボルテージ獲得• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・アクティブのメイン編成でも使える• ・バランスが良いステータス• ・パッシブが同作戦内でテク増加の倍率は高め• ・メイン作戦とSP発動のキャラを分けるときのサブ作戦で活用可能• ・特技で同作戦2人の特技発動率を上昇• ・確率でGd切替時回復を大幅強化• ・切替が必要な高難度曲で有用• ・特技でVoを獲得• ・パッシブは全員のテクニック増加• ・ステータスは低いが切替編成のサブで有用• ・特技でアピ、パッシブでテクを全員増加• ・スタミナが高く特技のシールド効果も得やすい• ・パッシブで自身以外のスタミナ増加• ・Skなのでメイン作戦に使いづらい• ・高スタミナで特技の回復量が多い• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・楽曲開始40%でシールド獲得• ・自身でVoは稼ぎづらい• ・高スタミナで特技はシールド獲得• ・ピュア曲で回復が足りないときに有用• ・特技でシールド獲得• ・パッシブは同属性のスタミナ増加• ・スタミナが高く特技で回復しやすい• ・個性でも回復やスタミナ増加が可能• ・特技でシールド獲得、パッシブで同作戦内のテクニック増加• ・回復役がいないときや曲の属性に合わせた編成で有効• ・メイン作戦とSP発動のキャラを分けるときのサブ作戦で活用可能• ・特技でスタミナを回復• ・パッシブで同作戦のスタミナ増加• ・特技でシールド獲得、パッシブで全員のスタミナ増加• ・回復役として役立つ• ・テクニックが高いのでクリティカルを狙いやすい• ・高スタミナで回復要員として優秀• ・特技で回復、個性でシールド獲得も可能• ・アピールが低くVoを稼ぎづらい• ・特技でシールド獲得• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・メイン向きだがVoは稼ぎづらい• ・特技のシールド獲得が優秀• ・バランスが良いステータスでスタミナ維持とVo稼ぎが可能• ・特技で回復、パッシブで同作戦のスタミナ増加• ・高難度ピュア曲の回復役として役立つ• ・特技でシールド獲得• ・パッシブで同属性のスタミナ増加• ・回復要員がいないときのメインorサブで活用• ・特技でダメージを軽減• ・メインはVoを稼ぎづらいのでサブのスタミナ底上げに• ・特技でシールド獲得• ・Gd編成時に個性の回復が役立つ• ・ナチュラル曲の回復役で有用• ・特技でダメージ軽減• ・パッシブは同作戦のスタミナ増加• ・サブのシールドで要員で活用• ・特技はシールド獲得だがステータスが低め• ・パッシブは同属性のアピール増加• ・エレガント編成で回復役がいないときに有用• ・特技でダメージ軽減• ・パッシブは同属性のスタミナ増加• ・パッシブで全員のテクニックを増加• ・高アピの穂乃果編成なら50%の確率でアピ増加もあり• ・ステータスは全体的に低め• ・パッシブで同属性テク増加なのでピュア編成のサブに• ・アピール値が低くSkなのでメインは非推奨• ・パッシブで同属性のテク増加• ・ステは低いのでピュア編成のテク増加要員で編成• ・パッシブで自身以外のスタミナを増加• ・個性のSP獲得量増加率が高め• ・ステは全体的に低め• ・特技のCRT率アップがテク編成で有用• ・パッシブで全員のテク増加なのでサブに編成• ・アピール値が低くメインで使いづらい• ・エレガントのテクニック重視編成で活用可.

次の

miwa、ドラマ「凪のお暇」主題歌DL&サブスク スタート!

スクスタ ライブスキル サブ

皆さんこんにちは!! さんとことりちゃん推しのSAKAです。 新入生の方は初めまして! 最近私は外出を自粛するためスクスタの周回も捗ってます!! ということでスクスタの記事について書いていきたいと思います! 去年はサークルの活動として大学祭でスクスタについてこんな記事を書いていました。 こちらの記事内容は振り返りますが詳しくは説明しません。 まだ読んだことがない方はこちらの記事の内容を見てからこの記事を読むと理解しやすいです! 前の記事を書いたときはデバフ解除 例:初期UR梨子 など といったキャラがとても活躍する環境でしたが、最近ではそのキャラたちでは解除できないような曲のギミックやアピールチャンス 以下ACと呼ぶ 中の効果に特殊なものが出る曲などかなり環境が変わりました。 そこで前の記事で細かく説明していなかった要素や、そういった難しい曲について書いていきたいと思います。 難しい曲とは言っても、キャラの手持ち次第で曲の難易度が変わるのがスクスタなのでサークル内でアンケートを取りました。 上級プラスは除外しました。 結果はMy Own Fairy-Tale,オードリーが特に投票で多かったです。 それぞれ分析していきたいと思います。 かなり長いのですべて読みたい場合注意です。 また画像が拡大できるパソコンのほうが見やすいと思います。 目次 1. 編成の基本についての振り返り 2. 編成キャラ図鑑 3. My Own Fairy-Taleの分析 4. オードリーの分析 5. アクセサリー育成 6. ひらめきスキル厳選 7. 最後に 1. 編成の基本についての振り返り 1. 赤色(30%以下)の時は六割の獲得ボルテージになります。 またブローチ などのアクセサリー もスタミナが減るほど効果が小さくなります。 パッシブスキルは 常に発動。 ライブスキルは 選択している作戦関係なしに条件を満たせば発動。 2倍になります。 2 スクスタの編成の仕方 ポイントは次の3点である。 各キャラの個性については2. 編成キャラ図鑑で説明。 アクセサリーはブローチを付ける。 メイン作戦内の3人のアピール値を高いキャラにする。 特に個性に同作戦アピールupを持っているキャラがオススメ!特技は選択している作戦の3人のみが発動するのでスタミナを緑色に維持するためにアピール値の高い 回復やシールド特技を持つキャラを1人作戦の中に組みましょう スタミナに余裕がある場合を除く。 アクセサリーのブローチは強力なためアクセでは最優先に作るべきです。 アクセは基本ブレスレットをつけてSP特技を発動できる回数を増やす。 スタミナが緑色に維持できない場合はネックレスをつけたり,スタミナが多く,スタミナを増やす個性を持つキャラを使用する。 サブ作戦のキャラに入れるオススメの個性は 全員,同タイプ,同属性アピールupである。 また,2つ目の ライブスキルの個性にメイン作戦のアピールを上げることのできる個性があるキャラはよりオススメ。 上の編成の例では彼方ちゃん が全員がアピールupとAC開始時30%の確率で全員のアピール5%up 発動すると曲終了まで継続 である。 またスタミナが緑色を維持できない場合スタミナが多く,スタミナを増やせる個性を持つキャラを編成する。 上記の編成だと千歌ちゃん でスタミナ増強,個性は仲間スタミナup スタミナ不足が1キャラを変える必要ないくらいの量であればネックレス をつけるのも良いでしょう。 アクティブ,ル,エレガントの3属性のみ存在 1. 3 SP特技について SP特技の対象キャラは上図ようなライブ編成画面の中央3人でそのキャラのアピールとテクニックの値がSP特技発動時の獲得ボルテージに関わる。 計算式は以下の通りである。 ただし、SP特技の獲得ボルテージ増加の特技や個性を持つキャラがいる場合その計算式の値にそのまま足す。 出典: これを見てもピンとこないと思うので計算ツールを作成しました。 では使えないのでダウンロードしてエクセルで開いてください。 先程の編成でプレイする楽曲がクールだった場合,全員をクール属性で一致させた,ことり,真姫,善子の3人をSP特技の対象の3人にするのか,属性不一致だが,テクニックが非常に高い花丸を善子と入れ替えるか迷いますよね? そういうときにこの計算ツールを使います。 使い方は単純で各キャラのアピールとテクニックの値をいれて曲とキャラの属性が一致している場合はチェックを入れます。 そしてSP総合の欄を比較します。 上段が花丸を含む場合,下段が全員クール属性の場合です。 見ての通り花丸を入れた場合のほうが強いとわかります。 非常に細かい差ですが高いボルテージを目指すのであれば重要です。 ただし、この値は曲のギミックなどが何もかかってない場合なので注意が必要です。 上記の個性2 の効果解除持ちのキャラをゲストに選ぶ。 前回よりもキャラが多彩になったため分類をした。 個人的にスコアを詰める時に優先的に使う順に説明していく。 個性2の確率が高くとても強力だが,デメリットとしてメイン作戦以外に切り替えることが多い場合は効果が薄くなってしまう 個性2に楽曲開始時30%の確率で 全員のアピール5%up,ひらめきスキル最大3つ。 個性2の確率が先程の2人より低くなった代わりに作戦の切り替えによるデメリットが小さくなっている。 個性2は作戦切替時ボルテージ獲得、ひらめきスキル 最大4つ持ち。 個性2は作戦を切替しない場合全く無意味だが、ひらめきスキルが厳選されていれば確率に左右されることなく安定したスコアを出せる。 個性2に AC開始時30%の確率で全員のアピール5%up,ひらめきスキル最大3つ持ち。 個性2の発動条件がAC開始時であるため複数回抽選を受けられ,ほぼ似た個性のルビィや海未より安定性が高い。 ただその2人よりは発動は遅くなってしまう。 どちらも個性2がSP関係であり,ひらめきスキル最大3つ持ち。 個性2なしで1ノーツの獲得ボルテージの上限5万に達するというガチ勢であれば今まで紹介したゲストの中で一番スコアが出る可能性がある。 そうでなければ大体は純粋にアピールを上げたほうがスコアが伸びるのであまり使用しない。 編成キャラ図鑑に掲載した 全員アピールup個性持ちのキャラ一覧の中のキャラを選択する。 こちらも個性2でアピールが上がるものを選ぶと良い。 ただし、同作戦アピールupよりアピールの上がる割合は小さいので注意。 編成キャラ図鑑 編成の基本を振り返ったのでキャラの各キャラのデータを属性ごとに掲載します。 ここから自分の手持ちのキャラを選びましょう。 メイン作戦はアピール順やアピールの個性,特技などを元に選びましょう。 サブ作戦は全員アピールup持ち 各属性の紹介の後に全属性まとめて記載 や同属性アピールupなどの個性を持つキャラを選びましょう。 次に楽曲別解説に移りますが,この 基本編成から曲のギミックなどに合わせて編成をアレンジする必要があります。 ここまでの内容をしっかり押さえておきましょう! 3. My Own Fairy-Taleの分析 この曲はサークル内での投票でもっとも多かったこの曲。 自分もSクリアには苦戦しました。 それでは曲のギミックなど見てみましょう。 この曲の重要な点かつ難しい点は3つあります。 まず1番重要なのは,楽曲情報の部分のクール属性以外の 基本アピール20%減少。 つまりデバフ解除のキャラを使っても解除できない。 曲とキャラの属性が 不一致 ならば元の1タップあたりのボルテージが0. 8倍になる。 曲とキャラの属性 一致補正があるので1タップあたりのボルテージが1. 2倍になる。 よって属性一致と不一致で1. 5 [倍]の差が出てくる。 つまり属性一致キャラまたはその差を覆すほどの高アピールキャラが必要となります。 2つ目の重要な点は開幕の第1ACです。 スタートから第1AC終了までに28ノーツあるため27ノーツまでにSP特技をためる必要があります。 これがどれだけ難しいかというと Sp3人作戦編成で行っても特技や個性またはアクセなどの力を借りなければ間に合いません。 なのでメイン作戦の3人をSpだけの作戦にする 属性一致が大変なので現実的でない またはサブ作戦の別にSpのみの作戦 こちらが一般的 をつくる必要があります。 3つ目の重要な点は第1ACと第2ACの間,第4ACと第5ACの間にそれぞれ5ノーツずつダメージノーツが降ってきます 計2万ダメージ。 特に第1ACと第2ACの間でスタミナゲージが 黄色になってしまうとボルテージも稼ぎにくくなるのでそれなりのスタミナが必要です。 以上がポイントになります。 すいませんが各キャラの凸数は覚えてませんが,虹ブローチのアクセサリーはスキルレベがすべて15,ブレスレットのスキルレベルが平均6,ネックレスが平均4くらいです。 アクセと作戦の位置の都合上反転 この編成を組んだ流れに沿って説明していきたいと思います。 まずメイン作戦は 自分の手持ちのアピールの高いクール属性で染めましょう。 ただしクールのキャラのアピールの1. 5倍を持つキャラがいる場合はそちらが優先です。 また,ダメージが大きいので1人は回復やシールド特技のキャラ この編成ではクール善子 を編成しましょう。 ここが1番単純ですが一番大事でスコアに直結します。 次に第1AC対策のSp作戦です。 自分はSpキャラの手持ちのアピールの高い順に並べました。 またSp3人の中で1人以上は必ず特技や個性でSPゲージを獲得or獲得量を増加できるキャラを編成しましょう。 特におすすめは下記キャラのように特技がSPゲージ獲得のキャラです。 かなり使える。 参考資料としてSPゲージ獲得を持つキャラ一覧 アピール順 最後に残った1つの作戦です。 ここは人によってかなり変わると思います。 スタミナに余裕がある場合,基本通り全員アピールupや同属性などを入れます。 スタミナが不足する場合まずその不足具合に応じてスタミナが高いキャラをいれたり,ネックレスをつけたりして調節していきましょう。 補足としてSp作戦は緑色の作戦以外に組むと良いです。 なぜなら曲の開幕でSp作戦への作戦変更でSPゲージを獲得できます。 プレイ中の流れ,注意点 開幕でSp作戦変更して,SPゲージが間に合うようになったらメイン作戦に戻す。 後はずっとメイン作戦でプレイ。 SP特技の必要な第1,4ACには注意。 また,スタミナ状況によってはダメージノーツが続けて降ってくる38〜42ノーツ目,122〜126ノーツ目にGdの多く組んだ作戦に作戦変更してダメージ軽減をするのも有効である。 比較的組みやすい? 編成の紹介 SRやイベントURをできるだけ多く組んでギリギリSクリアできたものを紹介します。 オードリーの分析 この曲はサークル内での投票で2番目に多かったこの曲。 こちらも同様Sクリアには苦戦しました。 先程同様曲のギミックから見ていきましょう。 この曲のポイント3つあります。 まず1つ目のポイントMy Own Fairy-Taleとほぼ同様エレガント属性以外の 基本アピール20%減少。 とにかくメイン編成は属性一致させましょう! 2つ目のポイントが 10000ダメージを受けるダメージノーツ大です。 第1ACの前に1個,第2ACの前に1個出現します。 Gd作戦を作りダメージ軽減をしたり,回復特技のキャラを編成したり,ネックレスをつけましょう。 また,第2ACや第3ACをクリアすると 20000回復ができるのでスタミナ維持の最もスタミナ維持が難しいのはスタートから第2ACクリア時の回復までです。 3つのポイントは第1ACと第4ACには ボルテージタイプの 基本アピールが40%も減少します。 そのためメイン作戦のキャラのVo少なくするか,Vo以外だけの作戦を作ることが重要である。 編成のポイント 編成は2通りの方針があると考える。 1つ目は作戦をVoとVo以外そして回復の3つに分ける方法である。 その編成は次の通り。 これは1つの作戦にアピールの高いVo3人,もう1つの作戦にVo以外のアピールの高い3人 今回の編成ではSp作戦と呼ぶ ,残りの作戦に回復キャラを詰め込むという編成で,とても作戦切替のタイミングが重要となる編成である。 作戦変更のタイミングは以下の通りである。 デメリットは多くのエレガント属性のキャラが必要となることです。 32ノーツ目 第1AC開始ノーツ をタップする前:Sp作戦に変更 59ノーツ目 第1AC終了ノーツ をタップする前:Vo作戦に変更 ここから第4AC開始直前ノーツ 115ノーツ目 まで:基本はVo作戦。 2つ目は基本通りの編成の組み方をしてプレイする方法である。 その編成は次の通り。 ただしこれには注意点があり, メイン作戦にVo2人以上は入れると第1AC,第4ACでかなりアピールが下がるので入れてはいけない。 そしてかなりのスタミナとメイン作戦に入れている回復の能力が要求される。 メリットは作戦切替は第2AC,第3AC以外でする必要がないため,ノーツ処理に集中できることである。 編成を曲やACに合わせて組むようなことは意識してみたけどスコアSがどうしてもとどかない!でもガチャを引けるほどの石がない場合の最終手段は アクセサリー育成とひらめきスキルの厳選が重要です! 5. アクセサリー育成 アクセサリーは1度作ってしまえばずっと使えるのでガチャを我慢してアクセサリー強化のための周回をするのもありだと思います。 作るアクセの優先度は書いている順です。 メイン作戦の3人につけるもので,スキルレベルMAXの5凸ブローチ3つをつけるとその作戦内のアピールが最大 15%up!! 5%upである。 これでも十分強力である。 これをある程度育てるとAC達成時にSP特技1回分のSPゲージを獲得できる。 MELODYなどといったクリア条件がSP特技であるACが連続する場合に必須なアクセサリー。 サブ作戦で使用するのが基本で,SPゲージの獲得量は付けた作戦内のキャラのアピール値に依存するので,なるべくサブ作戦のキャラの中でアピールの高いキャラを集めよう。 スコアタではメイン作戦に回復系キャラを入れない場合最重要のアクセサリーとなっている。 これもサブ作戦に編成するアクセサリーである。 サブ作戦につけて,特技発動率を引き上げ特技賞,最優先賞を狙いやすくする. SBLのときくらいしか使わないので優先度はブローチ,ブレスレット,ネックレスより低い。 他にもリストバンド,ヘアピン,タオル,イヤリング,リボン,ポーチがあるが自分はあまり使わず,詳しくは説明できないので説明は割愛。 それらよりもここまで紹介した4種類のアクセサリーを育てるのが優先だと思う。 またほしいアクセに応じて周回する属性を変えましょう。 各属性のおすすめ曲は以下の通り。 眠れる森に行きたいな は無操作でACをクリアできないものが複数あるためそれなりのスタミナが必要。 自分のやった周回例は下のようになります。 状況:5凸虹ブローチが欲しい。 ブローチ,ブレスレット,ネックレスはそれぞれ3つは持っている。 この場合周回曲はクールのStarlightが良いでしょう。 なぜなら虹ブローチ以外の虹アクセは気にせず分解して珠にできるからです。 ドロップしたアクセに対しての対応は以下の通りである。 ひらめきスキル厳選 合宿はメイン作戦で使うキャラ,サブ作戦で使うキャラで変えるのが良いと思います。 最後に 長い文章の中最後まで見ていただきありがとうございます。 スクスタは前回の記事を書いたときよりも曲の難しく仕方が多彩になったためそれに応じた編成を考えるのが面白いです!ほかにも難しい曲がたくさんあります。 是非この記事を参考にして自分で良い編成を組めるようになるともっと楽しくなりますよ!! 新入生の方に直接会えないことは少し寂しいですがスクスタの楽しさを知ってもらえたら嬉しいです!! 次回の更新はさん推しのこんぺいとうくんの記事です! 次回で早くも新歓とんLブログ企画最終号となってしまいましたがお楽しみに!! tonpeilovelive2017.

次の

スクスタ フェス限定UR 矢澤 にこ[……ありがと。/スマイリーエンジェル]基本情報・評価

スクスタ ライブスキル サブ

パッシブスキル スタミナ+ レベル スキル効果 Lv. 2 基本スタミナが5. 4 基本スタミナが6. お勧めの配置はサブ作戦。 アピール役よりも、守り役が適しています。 サブ作戦へ配置してスタミナタンク&シールドの獲得をしてもらいましょう。 サブ作戦(スタミナタンク役)の編成なので属性を気にせず編成できます。 ・個性(パッシブスキル)により同作戦のスタミナ強化が行えます。 スタミナの高いキャラと同じ作戦に編成してあげると良いでしょう。 ・特技はスタミナダメージ軽減。 アピール時に確率で発動します。 スタミナダメージ軽減はダメージの軽減はされてもダメージはあるので、あまり重要な特技ではありません。 軽減を活かすよりもシールドを獲得してもらう方が活用性は高いので、アピールに出さずサブ作戦からシールドを獲得してもらいましょう。 パラメータの強さは? パラメータはスタミナ型のURなのでスタミナ値は高く設定されています。 その為、メイン作戦に編成するよりサブ作戦に編成した方が能力を活かせます。 個性(パッシブスキル)を活かす場合は同じ作戦にスタミナの高いキャラで編成しましょう。

次の