どんな とき も wifi 端末 故障。 どんなときもWiFiが充電できないときの【原因と対処法まとめ】|モバイルWi

どんなときもWiFiが充電できないときの【原因と対処法まとめ】|モバイルWi

どんな とき も wifi 端末 故障

どんなときもWiFi端末は解約後に返却義務がある どんなときもWiFi端末はレンタル品です。 解約後に返品の義務があります。 Wimax端末はお客様の購入で返品義務はありませんが、どんなときもWiFi端末はお客様が購入することができなくて無料で貸し出しとなっております。 どんなときもWiFiを解約した場合、端末はいつまでに返却する義務がある? どんなときもWiFi端末はレンタル品です。 解約後に返品の義務があります。 Wimax端末はお客様の購入で返品義務はありませんが、どんなときもWiFi端末はお客様が購入することができなくて無料で貸し出しとなっております。 どんなときもWiFiの「契約解除」「初期契約解除」では返却までの期限と返却先が全く異なります。 どんなときもWiFi「契約解除」の場合の返却期限 ご契約解除時は解約月の翌月5日までに株式会社グッドラック指定の宛先まで返却が必要です。 送料はお客様負担となります。 〒289-1608 千葉県山武郡芝山町岩山2313-4 丸全昭和運輸㈱ D棟3F 株式会社グッドラック どんなときもWiFi受付窓口 上記住所に、8 日以内に発送下さい。 返送の際に備考欄に「初期契約解除」と記載下さい。 どんなときもWiFi端末を返却しないと損害金が発生「契約解除」「初期契約解除」共通 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合は、機機器損害金18000円(税抜き)が発生します。 解約後は速やかに端末を返却するようにしましょう。 ご契約解除時は解約月の翌月5日までに返却しないと機機器損害金18000円が発生するので期日が過ぎないようにしましょう。 どんなときもWiFi端末を返却しないと損害金が発生する場合「契約解除」「初期契約解除」共通• 箱も説明書も必要ですので、契約後に端末を開封して捨てない様にしましょう。• 返送端末が破損・故障していた場合 端末が壊れていた場合は、18000円の修理代に相当する罰金があります。 この18000円とは端末代実費に相当する料金でしょう。 どんなときもWiFiの端末返却規定は、端末の箱や説明書まで返却義務がある厳しいものです。 WiMAXであれば端末開封後に箱は不要となり捨ててしまうでしょう。 説明書も読み終われば捨てる人もいるでしょう。 どんなときもWiFiは、届いた端末に付属する全てのものを捨てないで2年間保管する義務があるということです。 この点は煩わしさがあると言えるでしょう。 箱を返さないだけで18000円損害金が発生するのですから相当に厳しい規定と言えます。 また、故障に関しては水に濡れによる動作ができない場合も含まれます。 キッチンや風呂や温泉やプールなどでの使用は十分にご注意下さい。 どんなときもWiFi端末の返却方法 どんなときもWiFi「契約解除」の場合の返却方法 どんなときもWiFi解約後の返却で発送方法について指定はありません。 定形外、ゆうパック、ヤマト宅急便、レターパックなど何でも可能です。 しかし、発送は取り扱い注意のシールが貼れる、ゆうパック、宅急便などが良いでしょう。 端末は故障していると損害金が発生するので、配送中の取り扱い悪いと故障になる恐れがあります。 梱包もプチプチパッケージで厳重に包んでから返品しましょう。 端末を梱包せずに封筒に入れて定形外やレターパックで発送するのが一番危険ですので安全な配送方法を選択して下さい。 送料はお客様負担となりますので、少しでも安い配送方法にしておきたいところですが、補償面や取り扱いの点で安全な「佐川急便」、「ヤマト運輸」、「ゆうパック」が間違いないでしょう。 どんなときもWiFi「初期契約解除」の場合の返却方法 どんなときもWiFi「初期契約解除」の場合の返却は発送方法に指定があります。 「佐川急便」、「ヤマト運輸」、「ゆうパック」のいずれかより、初期契約解除申請書と端末一式を弊社サポートセンターまでご返送ください。 配達伝票の品名に「初期契約解除」と記載ください。 記載がない場合、期日内に初期契約解除として処理ができず、ご請求が発生する場合があります。 返送にかかる費用はお客様ご負担となります。

次の

【完全版】どんなときもWiFi解約方法と返却手順!違約金0円のタイミング・日割はある?

どんな とき も wifi 端末 故障

料金プラン名 どんなときもWiFi データ放題プラン どんなときもWiFi ベーシックデータ放題プラン 対象者 クレジットカード払いの方 口座振替払いの方 月額料金 3,480円(25ヵ月目以降は3,980円) 3,980円(25ヵ月目以降は4,410円) キャンペーン 通常月額よりも930円割引 通常月額よりも430円割引 事務手数料 3,000円(初回のみ) 3,000円(初回のみ) その他の手数料 0円 1ヵ月200円 データ通信量 無制限 無制限 他のポケットWi-Fiサービスと比較し、どんなときもWiFiはシンプルな料金プランの採用で注目を集めていますね。 データ放題プランもベーシックデータ放題プランもデータ通信量は無制限ですので、速度制限の心配は一切ありません。 どんなときもWiFiの解約で違約金は発生する? どんなときもWiFiは2年契約のシステムが採用されていますので、途中で解約すると違約金が発生します。 契約解除料は、下記のように解約のタイミングで異なるのが特徴です。 ・0~12ヵ月目は19,000円 ・13~24ヵ月目は14,000円 ・更新月は0円 ・26ヵ月目以降は9,500円 違約金の負担を抑えたいのであれば、2年後の更新月のタイミングでどんなときもWiFiの解約手続きを済ませないといけません。 どんなときもWiFiの端末保証 「ポケットWi-Fiが壊れたらどうしよう…」と悩んでいる方のために、どんなときもWiFiは端末保証の「あんしん補償」のオプションが用意されています。 どんなときもWiFiの申し込みと一緒に月額利用料の400円のあんしん補償に加入すれば、下記の条件で無料でルーターの修理や交換が可能です。 ・取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機械が故障した場合 ・株式会社グッド・ラックが修理を認めた場合や水濡れによって故障した場合 条件を満たしていれば、故障した端末と新品または中古品Aランクと交換できますよ。 ただし、紛失や盗難、改造による故障はどんなときもWiFiの端末保証の対象外ですので気をつけましょう。 どんなときもWiFiの端末 どんなときもWiFiは新品の端末をレンタルで借りる形になりますので、本体の料金を支払う必要はありません。 どんなときもWiFiの端末はD1と呼ばれる機種で、次の3つの特徴があります。 ・下り最大150. 0Mbps、上り最大50. 0Mbpsの速度 ・12時間の長時間使用ができる ・操作がシンプルで使いやすい 近年のWi-Fiルーターで「下り最大150. 0Mbps」「上り最大50. 0Mbps」は控えめですが、このくらいの数字であればインターネットを使うに当たって不便さを感じることはないでしょう。 どんなときもWiFiの回線は速い?遅い? どんなときもWiFiの回線速度は、他のポケットWi-Fiと比べてそこまで速いわけではありません。 しかし、他社の低速通信時が128Kbpsなのに対して、どんなときもWiFiは384Kbpsと3倍の速度! 海外で1日1GBの通信を行うと自動的に低速通信に切り替わりますが、それでも十分なスピードが出ますよ。 どんなときもWiFiのサポート体制はどう? 実際にポケットWi-Fiを使ってみて、「通信速度が遅い」「固定回線に乗り換えたい」と感じることはあります。 どんなときもWiFiはいつでも解約サポートが用意されていますので、契約した後でも違約金の支払いなしで乗り換えが可能です。 契約した後であれば利用期限なくいつでも解約サポートに申し込みができますので、どんなときもWiFiは他社のポケットWi-Fiよりも気軽にお試しできます。 どんなときもWiFiは海外で使えるの? 海外出張や海外旅行でインターネット環境が必要になった時に、ポケットWi-FiのどんなときもWiFiが役立ちます。 海外でどんなときもWiFiを利用するメリットは次の3つです。 ・簡単な設定で海外でも利用できるため、空港カウンターでのレンタルは不要 ・クラウドSIMのどんなときもWiFiは端末1台でSIMカードを差し替えずにネットを使える ・1日当たり1,280円~1,880円と他社よりも料金が安く設定されている 一度に2ヵ国以上を旅行する人は、国によってSIMカードの差し替えが発生しないどんなときもWiFiが良いでしょう。 ただし、どんなときもWiFiは海外で1GBを使うと速度制限がかかりますので気をつけてください。 どんなときもWiFiを使う前に押さえておきたい注意点 このページでは、どんなときもWiFiを使う前に押さえておきたい注意点をいくつか紹介していきます。 ・選べる端末はD1の1台のみで、重量が少し重くなっている(ディスプレイもなし) ・端末はレンタルなので、解約する際に返却しないといけない ・2年契約後の3年目からは、クレジットカード払いでも口座振替払いでも月額利用料がアップする どんなときもWiFiは無制限で使えるポケットWi-Fiですが、デメリットもありますので他社と比較してどれが自分に合っているのか考えてみましょう。 対応エリアも広いからどんなときもWiFiは信頼できそう! ・職場でドコモのスピードが遅かったので、どんなときもWiFiを使ってからはサクサクとスマホが動くようになりました。 無制限と考えれば料金も安いですね。 ・かなりデータを使ってしまったな~という時でも、どんなときもWiFiは速度制限で引っ掛かることがありません。 <どんなときもWiFiの悪い口コミや評判> ・使い放題で3キャリア対応と、どんなときもWiFiは安くて魅力的だね。 だけど2年縛りと違約金の高さが気になるから申し込もうか迷ってる…。 ・本体貸し出しのレンタルWi-Fiですので、契約期間はなしで良いのではないでしょうか。 WiMAXの更新月が近づいていますが、どんなときもWiFiへの乗り換えは微妙な感じです。 どんなときもWiFiを利用する上でよくある質問 Q:どんなときもWiFiの端末は本当に海外に持っていくことができますか? A:レンタルなどの面倒な手続きなく快適にインターネットを使えます。 Q:利用開始月の料金はどのような支払いですか? A:選択した料金プランの日割りでの請求になります。 月初に申し込んだ方がお得です。 Q:どんなときもWiFiはお試しできますか? A:8日以内の申請で初期契約解除ができる制度といつでも解約サポートの2つが用意されています。 Q:利用データ量の確認はできますか? A:パソコンやスマホで管理画面にアクセスすれば確認できます。 Q:どんなときもWiFiを申し込んでから端末が届くまでの期間はどのくらいですか? A:最短で即日発送ですので、発送から1日~3日ほどでルーターが届きます。 まとめ どんなときもWiFiの口コミや評判、料金プランや解約に関する点についておわかり頂けましたか? 「データ容量無制限」「海外でも利用できる」「2年定額のシンプルな料金プラン」と、どんなときもWiFiにはたくさんの魅力があります。 1枚のSIMで「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の回線が使えるトリプルキャリアネットワークに対応していますので、エリアの幅広さでポケットWi-Fiを選びたい方にもどんなときもWiFiはおすすめです。

次の

どんなときもWiFiの解約方法!注意点や違約金を0円にする方法も

どんな とき も wifi 端末 故障

どんなときもWiFiのMicroUSBケーブル充電器はオプション制 どんなときもWiFi端末にUSBケーブルが付属します。 このUSBとパソコンをつないで充電ができます。 しかし、コンセントは付属しませんので、別途購入しなければパソコンやモバイルバッテリー以外からの充電ができません。 どんなときもWiFiではMicroUSBケーブル充電器が有料オプションで1800円となっております。 1A対応の高出力アダプターで急速充電が可能な専用充電器です。 コンセントから充電したい場合は、オプションで充電器を購入しましょう。 どんなときもWiFiのMicroUSBケーブル充電器は必要? どんなときもWiFi端末は、MicroUSBケーブルは付属してますが、ACアダプターはついていません。 ACアダプターはAndroidスマホの充電器を利用することができます。 ですから、必ずしも必要とは限りません。 どんなときもWiFiのMicroUSBケーブル充電器はAmazonでも購入可能 エレコムUSB充電器はmicroUSB USBで1169円です どんなときもWiFiのUSBとは 「USB」とは、「ユニバーサル・シリアル・バス」の略称で、様々な周辺機器とPCを接続するための規格です。 「Type-C」と「MicroUSB」の違い 「Type-C」とは USB Type-Cは、2015年から登場した、上下左右を対称の形にしたUSBコネクタです。 端子の上下を問わずに挿入できるため、いちいち向きを確認する必要はありません。 その形状は約 8. 6mmのコンパクトな長円形で、主に最新のMacBookやAndroidスマホなどに採用されています。 micro USB Type-B(MicroUSB)とは Mini USB をもうひとまわり小さくしたUSBコネクタです。 2015年以前のAndroidスマホは、microUSBでした。 機種よっては、今でもmicroUSBを採用しているものもありますが、現在の主流は「Type-C」です。 microUSBには、AとBの2タイプのタイプがあります。 主にAタイプは、パソコンに接続する、Bタイプは、周辺機器に接続します。 スマホに使われているのは、Bタイプです。 AタイプとBタイプの見分け方は、形状が違います。 Aタイプは、長方形で、Bタイプは、台形ような形になっています。 「MicroUSB」から「Type-C」が主流で何が変わった? リバーシブル仕様で挿し込みがスムーズ 「Type-C」は、上下左右関係ないリバーシブル仕様です。 従来のスマートフォンやタブレットなどで取り入れられてきた 「micro USB」は、差し込み口が台形で非対称だったので、方向を間違えると間違えると挿し込みができませんでした。 これによりスマートフォンでより急速な充電ができるようになりました。 転送速度がUSB 3. 0の約2倍 今、高速転送と言われている標準規格「USB 3. 0」の最大のデータ転送速度が5Gbpsであるのに対し、USB-Cは「USB 3. 1」規格に準拠しており最大データ転送速度が10Gbpsと2倍の転送速度になります。 素早く効率的な送受信が行えるでしょう。 Androidスマホが「Type-C」の場合、どんなときもWiFi端末を充電できません Androidスマホが「Type-C」の場合、どんなときもWiFi端末はmicroUSBなので充電できません。 ただし、どんなときもWiFi端末に付属しているmicroUSBケーブルとAndroidスマホの充電コンセントを繋いで充電することはできます。 ただ、スマホを充電する際はまたUSBケーブルを取り外してつけ替えする必要があるので、不便です。 その場合は、ACアダプタだけ購入することで対処できます。 Amazonで「ACアダプタ」と検索することで沢山出てきます。 2ポート付きのACアダプタも存在します。 それなら、1台のACアダプタでAndroidスマホが「Type-C」用、どんなときもWiFi端末は「microUSB」用と分けることができます。 どんなときもWiFiのACアダプタは100円均一200円均一で購入しても良い? どんなときもWiFiのACアダプタは100円均一200円均一で購入することもできますが、品質が良くないのでおすすめしません。 コスパという観点では最高ですが、品質は値段相応で安物買いの銭失いとなります。 例えば、どんなときもWiFiのオプションで販売される充電器のACアダプタの出力は2. 1Aです。 100円200円均一のACアダプタは1Aです。 この対応している電流(アンペア)で充電する時間に差が生じます。 つまり、100円均一の安いACアダプタは充電に時間が掛かります。 どんなときもWiFi公式でも充電器ご使用には2. 0A以上の高出力のACアダプターを推奨しております。 もし、ACアダプタを購入するなら2A以上を選びましょう。 どんなときもWiFi端末で100円均一のACアダプタ1Aを利用するリスク• 充電時間が遅くなる• 端末の誤動作が発生する恐れがある• 端末が故障する恐れがある• 充電器が原因で端末故障した場合は、あんしん補償加入していても有償交換となる 公式側が2A以上のACアダプタを推奨している以上、1AのACアダプタを使う事は危険と言えます。

次の