アカツキ 社長。 MBA出身の社長ってどんな人がいるの?【MBA出身社長まとめ10選】

アカツキ【3932】株の基本情報|株探(かぶたん)

アカツキ 社長

概要 [ ] ので知り合ったとが、2010年に創業したゲーム会社である。 2016年、市場に上場。 その後『』のヒットや問題などで注目を集め、2017年には東京証券取引所一部に市場変更となった。 沿革 [ ]• 2010年 - とが創業。 2012年 - に移転。 2013年 - 『』の配信・運営サービスを開始。 2014年 - 『』(共同開発・配信元:バンダイナムコエンターテインメント )の運営サービスを開始。 2015年 - 『』(配信元:バンダイナムコエンターテインメント)の運営サービスを開始。 2016年 - 市場に上場。 本社をに移転。 2017年 - 東京証券取引所市場第一部に市場変更。 『』の配信・運営サービスを開始。 2018年 - 『』(共同開発・配信元:スクウェア・エニックス)の運営サービスを開始。 2018年 - の株式を取得し、コーポレートパートナー契約を締結。 脚注 [ ].

次の

【人事】アカツキ、共同創業者の香田哲朗氏が6月に社長就任 塩田元規氏は非常勤の取締役に 水口哲也氏が社外取締役就任も内定

アカツキ 社長

2019. 27 , アカツキ塩田社長の著書を読ませていただきました。 アカツキは私が汐留パートナーズを創業して4年目にご契約させていただいたクライアント。 当時マンションの一室で塩田さんと香田さんが仕事をしていた光景を思い出します。 塩田さんは1983年生まれ、アカツキを2010年創業、当時27歳。 私前川は1981年生まれ、汐留パートナーズを2008年創業、当時27歳。 約2年差があるこのクライアント「アカツキ」と「塩田社長」は私の生涯において忘れられない素晴らしい「畏怖」を与えてくれた会社です。 アカツキが上場会社になるまで税務顧問を務めさせていただきました。 2次関数のように伸び行く会社を上場までご支援できたことは私にとって財産の1つです。 私も塩田さんのように熱くハートを大切にしていきたい人間の1人なのですが、お話をした際に私の中に偽りの自分が存在することにはたと気が付かされ、同時にこの人は心底すごい人だと強く感じたのを今でも覚えています。 独立開業した際に、「会計業界を楽しく魅力的にしたい」という思いとともに、「他の会計ファームだけでなくすべての企業と比較しても立派な会社にする」という思いも持っていました。 いまでもその思いは変わりませんが、塩田さんのように突き抜けることは本当に大変なことだと理解しました。 涙がこみ上げそうなくらいたくさん感銘を受けましたこの本の中から特に自分の備忘のためにも記しておきたい一節。 ・リーダーが無理をしている組織は、メンバーも無理をする。 ・リーダーが自分の感情を隠していたら、メンバーも感情を隠す。 ・リーダーが安心・安全を感じていなかったら、メンバーも安心・安全を感じない。 ・強くあろうとすることと、弱みを見せないこととは違う。 勝手にツラツラ思い出を語って申し訳ないですが、塩田さんこれからも陰ながら応援させていただきます。 This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are as essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience.

次の

アカツキ[3932]

アカツキ 社長

株主の皆様には平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 アカツキは2016年3月17日、東京証券取引所マザーズ市場に上場致しました。 今まで応援いただいた全ての方々へ御礼と感謝を申し上げます。 ここで、改めてアカツキの夢についてお伝えさせてください。 アカツキは"世界に夜明けを"という意味を込めて2010年にマンションの一室でスタートしました。 そこには、「新しいプロダクトやチームで世界を変え続けていく、100年以上続く"偉大な会社"になろう。 」という想いが込められています。 では、どのように世界を変えるのか。 ー"感情を報酬に発展する社会"ー 私達は実現したい世界を社会ビジョンという形でそう表現しております。 それは、一人一人がワクワクなどの心の満足に従って活動して、その力で世界が持続的に良くなり続ける新しい社会です。 人の幸せは、最後は心が決めます。 そう考えれば、人のもっとも重要な対価は感情や心の報酬だと思います。 何より、感情や心の報酬は"感じる"ものなので、リソースの制限はなく、生み出し続けることができます。 誰かがワクワクして何かに向かう"幸せな"活動が、他の誰かの"幸せ"につながっていく。 感情や心を起点に、世界中にその幸せの輪が広がっていくこと。 それを夢見ています。 そして、私達はそれを"ゲームの力"で実現していきたいと考えています。 私達は"ゲームの力"="人の心を動かす仕組み"と定義しています。 今、私達が提供しているスマートフォンのゲームは、"心を動かす力"をエンターテイメントに使った最高の感情報酬プロダクトだと考えています。 これからも成長しているスマートフォンゲーム市場の中で、最高のプロダクトを提供しながら、価値の創出を行ってまいります。 人の心を動かす力は、エンターテイメント以外の領域にも多数活用可能だと考えています。 私達はその力を応用しながら、人々のリアルな生活もワクワクや幸せにあふれたものに変えていき、感情を報酬に発展する社会の実現を目指していきます。 最後に、私達のもう1つの夢"偉大な会社"になるということについて説明させてください。 私達は、偉大さとは単純な売上の大きさや社員数の多さだけではないと思っています。 偉大さとは、哲学や意義といった目に見えない価値を信じていること。 そして、偉大な価値創出に向けて、本気のメンバーが集まり、お互い助け合い、才能を活かしながらコトに向かい続けること。 偉大さは組織の考え方やあり方だと思います。 それらを持った組織こそが、偉大なプロダクトを生み出し、結果大きく成長し、世界に素晴らしい価値を生み続けると信じています。 - ワクワクやつながりをもった偉大な組織 - それが、アカツキが目指している組織です。 ・人財への投資は積極的に。 人こそアカツキの最高の資産 ・コミュニケーションや信頼関係など目に見えない価値への投資 ・短期だけではなく、より中長期の成長を意識した投資 を最も重要なことであると考え、忘れずに行っていきます。 この度の上場はまさに我々の旅のスタートラインだと考えております。 今まで以上に身を引き締め、規律ある経営をしながら、長期的な成長と企業価値の向上を実現していきたいと思っております。 私達はピュアで青臭いそして夢の大きな会社だと思います。 その上で、ビジョンの実現に対しては本気で逃げずに向き合い続けていきます。 ビジョン実現に向けての、長く、厳しい、しかし素晴らしい旅を株主の皆様と一緒に歩んでいければ幸いです。 是非、これからも株主の皆様のご指導と応援を何卒よろしくお願い致します。 「世界に夜明けを。 世界を照らす偉大な企業へ」 2016年3月 株式会社アカツキ 代表取締役CEO 塩田元規.

次の