サビトラマックス 効果。 未承認薬「サビトラ(SAVITRA)」について【浜松町第一クリニック】

サビトラマックスの通販情報まとめ|日本のこころバイアグラ

サビトラマックス 効果

サビトラマックス サビトラマックス は服用することによって、勃起不全(ED)や早漏症 PE に対して改善を目指すジェネリック医薬品です。 勃起不全(ED)は男性にとって深刻な問題です。 若いうちは自分には全く関係のない話だと思っている方もいるでしょうが、それは大きな間違いなのです。 歳を取るほどEDになりやすくなるのは間違いありませんが、近年ではEDになるのは加齢だけが原因とは限らないことが判明しているのです。 現代社会というのはストレスを溜めこみやすく、食事や睡眠が不規則になりやすいですよね。 さらに移動の利便性が高まり、運動不足にもなりがちな時代です。 そんな状態でお酒を飲み過ぎたり、喫煙を続けていれば、年齢に関係なくEDになり得る可能性が出てきます。 勃起するには陰茎海綿体の動脈が機能している必要があります。 もし、動脈硬化といった異常が血管にあると血液の流れが悪くなり、EDになりやすくなります。 他にも、糖尿病や高血圧、脂質異常症といった生活習慣病もEDの原因になります。 EDになってしまっては男性として快感を得られなくなってしまうだけでなく、恋愛もしづらくなってしまいます。 EDではなくても、勃起していられる時間が短く、彼女を満足させられなくて悩んでいる方もいるでしょう。 ダポキセチンは元々抗鬱剤に使用するために研究された成分で、「その研究の過程で射精に至るまでの時間が伸びた」という変化が見られたことから、早漏予防にも効果が期待できるとされ、研究が進められました。 EDの症状が診られる方の中には、早漏に悩まされている方も多くいると言われています。 早漏の原因は脳内の神経伝達物質であるセロトニンが不足しているせいで、ノルアドレナリンという伝達物質が増えてしまうことから起こるのです。 こうした部分を解決するための成分と言えるでしょう。 ダポキセチンはこのセロトニンの分泌をサポートし、その結果緊張や性的興奮といった感情が落ち着き、リラックスすることで射精を遅らせる効果が期待できます。 早漏だと挿入してから2分以内に射精してしまう方が多いようですが、それまでの時間が長くなることで相手に与える満足度も増え、関係が良好になったというデータもあるそうです。 ・塩酸バルデナフィル もう一つの薬には塩酸バルデナフィルという成分が含まれています。 EDが気になる方への薬といえば最も有名なのはバイアグラでしょう。 バイアグラは日本国内で最初に認可された薬なので、その知名度も高いのです。 しかし、バイアグラは薬の効き目が食事の量や摂取したものによって影響具合も変わってしまうことが欠点となっていました。 そんなバイアグラの欠点を無くすように意識して作られたのがレビトラと言われる薬です。 そのレビトラに使われている成分が塩酸バルデナフィルなのです。 レビトラはバイアグラと比較して食事による影響を受けにくくなっているので、飲用するにあたって食事のタイミングに気を使う必要がないので気軽に飲用できるでしょう。 さらに、バイアグラよりも実感できるまでの時間が早くなっているのも特徴です。 サビトラマックスには上記で紹介した2種の薬が入っているので、1つの商品でEDとPE、2つの悩みをケアする効果が期待できるというわけです。 サビトラマックスの服用、飲用上の注意 先程までの紹介だけだとサビトラマックスは良いこと尽くめに思えますが、飲用するにあたって気を付けなくてはならないこともあります。 ・飲用方法 まずは飲用する量ですね。 どんな薬もそうですが、たくさん飲めばその分良くなるというわけではありません。 決まっている量よりも多く飲み過ぎてしまうことで、逆に悪い結果となってしまうこともあるので、飲用する量は守りましょう。 サビトラマックスの飲用量の目安は1日1回とされています。 性行為を行う約1時間前に飲んでおくことが大切で、飲む量は1錠で十分とのことです。 たった1錠でいいの?と思われるかもしれませんが、サビトラマックスはそれだけ持続性があるとされています。 あくまで勃起の持続性を高めるのであって、性的刺激が加わることでそれを実感することができますが、性欲を高めるような効果はないので媚薬のような使い方はできません。 ・飲用上の注意 サビトラマックスを飲用する上で下記に当てはまる場合は飲用しないようにしましょう。 ・使用成分に対してアレルギーを持っている方 ・硝酸剤を服用している方 ・肝臓病や腎臓病血栓症、心臓血管など疾患のある方 ・脳卒中など重い心臓病を持っていて、性行為自体が危険となってしまう状態にある方 自分が飲用していいか判断できない場合は、医師に相談を受けてください。 また、サビトラマックスは男性専用なので女性の方は飲用できません。 女性のセックスパートナーに飲ませるようなことは控えてください。 サビトラマックス 激安購入方法 サビトラマックスは単品またはセットで購入することができます。 買えば買うほどお得になっています。 サプリメントの場合には継続していく中で効果が発現するものが多いですが、サビトラマックスはジェネリック薬品なので、効果が認められたら、まとめ買いをしておいた方がお得ではないかと思います。 ですので、最初は1箱試し購入してみて、効果を感じられたら、複数購入が良いでしょう。 特に10箱セットで購入した場合はプレゼントとして2箱追加されるとのことなので、12箱ということになるので大変オトクです。 このセット購入があるのは公式サイトなので、サビトラマックスをお買い求めの際は公式サイトがオススメです。

次の

まだ買える!サビトラ20mgを試した効果の感想は?!

サビトラマックス 効果

サビトラマックス サビトラマックスは、インドのサバメディカ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。 陰茎の血流を促し勃起力を維持する成分バルデナフィルと、 性的興奮を抑えて早漏防止する成分ダポキセチンが融合し、男性機能の不調を正常化へと導きます。 また、 過度のストレスなどが要因のED症状は、早漏症を併発するケースが多くありその予防薬としても活用が可能です。 在庫あり• サビトラマックス 80mg 内容量 販売価格 ポイント 1錠単価 注文 4錠 2,050円 61 512円 カートに入れる 20錠 9,740円 292 487円 カートに入れる 28錠 12,920円 387 461円 カートに入れる 商品詳細 サビトラマックスの特徴 サビトラマックスは、レビトラとプリリジーのジェネリック医薬品で、ED改善効果と早漏防止効果を兼ね備えています。 素早く体内に吸収されるため即効性に優れており、急なタイミングでも時間を問わず利用が可能です。 また、射精時間は通常の約3~4倍に延長される効果が見込めます。 1つの薬で2つの効果を得られるため、治療費用面においてもコスト削減ができ、たいへんお買い得な商品です。 サビトラマックスの効果 サビトラマックスの有効成分バルデナフィルは、EDの原因となるPDE5と呼ばれる酵素を抑え込みながら、陰茎血流を促進し、強い勃起状態を作り出します。 またダポキセチンはセロトニン不足を解消し、リラックスした状態を作り出す作用があり、射精までの時間延長を促します。 サビトラマックスの作用時間 服用後30分前後にて効果が発現、 持続時間は6~10時間となります。 さらに、性行為を行う際には 射精に至るまでの時間を約3~4倍に引き延ばすことが可能です。 サビトラマックスの適応症状 サビトラマックスは、ED(勃起不全)と早漏の症状を同時に改善します。 ・EDを患っている方 ・服用後、すみやかに効果を実感したい方 ・勃起はするが途中で萎えてしまう方(中折れ) ・早漏症を患っている方 ・本人の意思に反して、射精に至っている方 ・パートナーとの良好な関係を取り戻したい方 サビトラマックスの有効成分 サビトラマックスの有効成分バルデナフィルは、PDE5を抑え込み、陰茎血流を促進し、強い勃起状態を作り出すことが可能となります。 もう一方の有効成分ダポキセチンはセロトニン不足を解消し、副交感神経を優位にし、射精までの時間を延長します。 参考文献 サビトラマックス(バルデナフィル・ダポキセチン)の詳細について詳しくはこちら サビトラマックスの含有量・内容量 1箱4錠入りとなっています。 製薬会社 サバメディカ サバメディカはインドの大手医薬品企業であるサバグループのグループ会社です。 驚異的なスピードで成長をしており今後の成長に期待が集まっています。 レビトラジェネリック医薬品に早漏防止成分を配合した「サビトラマックス」が人気商品です。 製薬会社 関連商品 その他の商品 サビトラマックスと同じ効果を得られるジェネリック医薬品です。 ・ レビトラの効能に早漏防止成分ダポキセチンを配合した治療薬 ・ 年代を問わず、早漏に悩む方や中折れに悩む方のニーズに応えた画期的な治療薬 この他のジェネリック商品はこちら 早漏防止薬+ED治療薬 サビトラマックスの有効成分ダポキセチンと他の成分を混合した医薬品です。 ・ 早漏改善成分ダポキセチンにバイアグラの効能を配合した治療薬 ・ 早漏改善効果に人気のシアリスジェネリック・タダライズに加えた治療薬 ・ アバナ100mgの効能に早漏防止成分ダポキセチンを配合した治療薬 この他の早漏防止成分を混合した商品はこちら この他のED治療薬の商品はこちら 用法用量 サビトラマックスの服用方法 性行為の約1時間前を目安に、コップ1杯程度の水、もしくはぬるま湯にて服用してください。 早漏防止の主成分ダポキセチンの発現にまで、時間が掛かるため、余裕をもって、1時間前の服用を心掛けてください。 服用は1日1回までとし、必ず24時間以上の間隔を空けるようにしてください。 サビトラマックスの推奨用量 バルデナフィルが含有されている薬は、1回服用につき、10mgが推奨用量となっています。 またダポキセチンが含有されている薬に推奨される開始用量は30mgです。 過剰投与による効果増大は期待できません。 サビトラマックスの服用時の注意 食事の影響 サビトラマックスの有効成分バルデナフィルは、バイアグラと比較して食事の影響を受けにくいとされています。 服用直前の食事が700kcal未満であれば、効果をさまたげることはありません。 ただし、脂肪分の多い食事は、薬の体内吸収をさまたげる可能性がありますので、制限内であっても控えることをおすすめします。 十分な水分補給の推奨 サビトラマックスはたっぷりの水もしくはぬるま湯をともに飲むようにしてください。 4~6時間以上水分を取っていない、長時間発汗している、下痢気味であるなど、体が脱水している状態で服用してはいけません。 めまい・失神などを起こす危険性を回避するために、しっかりと水分補給をしてから服用しましょう。 アルコールの影響 サビトラマックスを服用する時に、アルコールの摂取は避けてください。 アルコールとダポキセチンとの組み合わせは、アルコールに関連する神経認知効果を増加させ、また失神などの有害な神経心臓発作の影響を増大させる可能性があります。 それによって、偶発的な障害のリスクが増大する危険性が高まります。 眠気・めまいなどが発症しやすくなりますので、服用の際には、車の運転または危険な機械の操作を避けるようにしてください。 副作用 主な副作用 頭痛、ほてり、潮紅、めまい、視覚異常、結膜炎、胸痛、動悸、頻脈、鼻炎、睡眠障害、嘔吐、下痢、疲労感、ねむけ、のどの渇き、起立性低血圧など 頭痛、ほてりの症状は、服用により血管が拡がっている状態ですので、2~3時間も経てば薬の効果とともに落ち着きます。 嘔吐、下痢などの副作用を予防するため、水分が十分に補給されている状態で服用ください。 また、めまいや、視覚障害に注意をはらい、車の運転、高所作業、機械操作等は十分に注意してください。 稀な副作用 少数ではありますが、持続勃起症(プリアピズム)が報告されています。 勃起が4時間以上続く場合は、すみやかに処置を行なってください。 また、急に立ち上がった時に起こる症状にて、ふらつき、四肢または全身のしびれ、気が遠くなる等の、起立性低血圧の症例が報告されています。 程度を問わず、副作用の症状が、服用後1日以上続く場合、無理をせず、かかりつけの医師に診断を受けてください。 参考文献 サビトラマックス(バルデナフィル・ダポキセチン)の副作用について詳しくはこちら 使用上の注意 サビトラマックスの服用に注意する人 次の人は、服用に注意する必要があります。 ・陰茎の構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病など)がある人 ・血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人 ・PDE5 阻害薬または他の勃起不全治療薬を使用している人 ・出血性疾患または消化性潰瘍のある人 ・高齢(65歳以上)の人 ・肝臓に中等度の障害のある人 ・早漏とうつ病をもつ人(特に自殺念慮と関連のあるうつ病、躁うつ病) ・統合失調症の人 ・てんかん既往のある人 ・緑内障の人 ・抗精神病剤を使用している人 ・出血傾向の人 服用前にかかりつけ医師にご相談ください。 サビトラマックスの併用注意 併用を注意するものがあります。 ・グレープフルーツ(ジュースも含む)との併用は控えてください。 ・脂質の摂取量にお気をつけください。 ・過度のアルコール摂取はお控えください。 ・カフェインでの服用はお控えください。 ・うつ病以外の精神的健康問題の薬 ・非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェン、アセチルサリチル酸など) ・ワルファリンなど血を薄くする薬 ・高血圧や胸痛や前立腺肥大症の治療に使用される特定の医薬品は、血圧を下げる可能性があります。 ・真菌感染のための特定の他の薬剤(フルコナゾール) ・HIVのための特定の他の医薬品(アンプレナビル、フォスプレナビル) ・エリスロマイシンおよびクラリスロマイシンのような感染症を治療するための特定の他の抗生物質 ・アプレピタントなど吐き気を治療するための薬 いずれかの薬を服用している場合は、医師または薬剤師に相談してください。 サビトラマックスを服用してはいけない人 次の人は、この薬を使用することはできません。 ・過去にサビトラマックスに含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人 ・ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなどの硝酸剤等を使用している人 ・心臓に障害があるなど性行為が不適当と考えられる人 ・先天性のQT延長のある人、抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミド、アミオダロン、ソタロール等)を使用している人 ・最近6ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞をおこしたことがある人 ・血液透析が必要な腎臓に障害のある人、低血圧の人、治療を受けていない高血圧の人、不安定狭心症の人 ・リオシグアトを使用している人 ・抗ウイルス薬(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ロピナビル・リトナビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、ダルナビル、テラプレビル)を使用している人 ・抗真菌薬(イトラコナゾール)を使用している人 ・コビシスタットを含有する製剤を使用している人 ・網膜色素変性症の人 ・過去に失神の経験がある人 ・過去にうつ病を患ったことがある人または重度のうつ病の人 ・肝臓に中等度または重い障害がある人 上記に該当する人は、この薬を服用しないでください。 ご自身で判断できない場合は、この薬を服用する前に医師または薬剤師に相談してください。 サビトラマックスの併用禁忌薬 この薬には併用してはいけない薬があります。 ・硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等) ・抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミド、アミオダロン、ソタロール等) ・リオシグアト ・抗ウイルス薬(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ロピナビル・リトナビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、ダルナビル、テラプレビル) ・抗真菌薬(イトラコナゾール) ・コビシスタットを含有する製剤 ・MAO阻害剤(セレギリン塩酸塩、エフピー) ・ピモジド(オーラップ) ・チオリダジン ・リチウム ・リネゾリド ・トリプトファン ・セントジョンズワート ・トラマドール ・ケトコナゾールおよびイトラコナゾールを含む特定の真菌感染用医薬品 ・リトナビル、サキナビル、ネルフィナビルおよびアタザナビルを含む特定のHIV用医薬品 ・テリスロマイシンを含む感染症治療のための特定の抗生物質 ・ネファゾドン(抗うつ薬)、その他のうつ病治療薬 他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師にご相談してください。 参考文献 サビトラマックス(バルデナフィル・ダポキセチン)の併用禁忌について詳しくはこちら 保管方法と取り扱い上の注意 サビトラマックスの保管方法 ・この医薬品は特別な保管条件を必要としません。 ・子供の手の届かない所に保管してください。 誤って服用する可能性は避けましょう。 ・割った錠剤は、ラップで包み、密閉できる容器に保管することをおすすめします。 割った錠剤はコーティングが剥がれているため、湿気を帯びやすくなり、錠剤がボロボロに崩れる恐れがあります。 ・ピルケースでの保管をおすすめします。 サビトラマックスの取り扱い上の注意 ・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください 効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼす恐れがあります。 ・排水や家庭廃棄物を介して薬を投棄しないでください。 使用していない薬を捨てる方法については、薬剤師に相談してください。 これらの措置は、環境を保護するのに役立ちます。 商品情報 サビトラマックスの商品分類 医療用医薬品:ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。 ジェネリック医薬品について詳しくはこちら サビトラマックスの形状・剤形 経口服用タイプの錠剤 サビトラマックスの対象性別 EDと早漏症の同時治療を目的とした成人男性 関連ページ どういう症状がED・勃起不全・インポテンツと言われるか、セルフチェックの方法、勃起の仕組みやEDの予兆、器質性・心因性・混合性などEDの原因、改善方法や予防策、治療方法、ED治療薬について総合的な説明をしています。 ED治療薬・勃起薬・精力剤の違い、効果作用、どんな人に合っているか、バイアグラなどED治療薬の種類、気になる副作用や注意事項、精力増強剤について、正しい飲み方、入手方法、自分に合った薬の選び方などを解説しています。 第2のED治療薬として世界100か国で使用されている実績を誇るレビトラの、効果効能、副作用、服用方法、有効成分、レビトラジェネリック、購入方法を知って、EDを効率的に改善しましょう。 参考文献 このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。 お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。 医薬品情報サイト さまざまな症状や世界各国の医薬品、またそれらの有効成分について書かれたアメリカの情報サイトです。 薬の効果や服用方法だけではなく、有効成分の作用機序や相互作用、また医療関係者向けの情報と患者向けの情報が調べられます。 アメリカの国立バイオテクノロジー情報センターによる成分情報サイトです。 成分の概要から作用機序、構造式、分類など、より専門的な情報を閲覧できます。 作成日と変更日が記載されていて、新しい情報を常に確認できます。 ウィキメディア財団が管理・運営しているインターネット百科事典(海外版)です。 詳細かつ、網羅的な情報を掲載しており、他の辞書サイトでは容易に確認できないような事柄についての記事を確認することが可能です。 製薬会社サイト サバメディカはインドの大手医薬品企業であるサバグループのグループ会社です。 驚異的なスピードで成長をしており今後の成長に期待が集まっています。 レビトラジェネリック医薬品に早漏防止成分を配合した「サビトラマックス」が人気商品です。 行政機関サイト 生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。 医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。 梱包状態 差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。 発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。 不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。 外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。 梱包状態について詳しくはこちら 医薬品等の通販・個人輸入について 医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。 個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。 ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。 医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら• 参考文献 医薬品の個人輸入について詳しくはこちら.

次の

41位:サビトラマックス

サビトラマックス 効果

サビトラマックスは、SAVA Healthcare社が開発したプリリジー(早漏防止)+レビトラ(勃起促進)のジェネリック医薬品です。 商品説明 サビトラマックスは、早漏防止効果のあるとED(勃起不全)効果のある、2つの有効成分を複合した配合薬です。 早漏症治療薬とED治療薬のジェネリック医薬品として、SAVA Healthcare社が開発製造しました。 早漏症は、性体験の浅い若年層に多いイメージがありますが、実際にはそうではありません。 早漏には、陰茎が敏感すぎて性的刺激に耐えられず、自分の意思に反して射精が早くなってしまう場合と、そうではない場合があります。 すべての原因は未だに解明されていませんが、昨今の研究で、精神的なものや遺伝的なものも要因があきらかになってきました。 パートナーとのコミュニケーションが十分にとれておらず、性行為の際に精神的なダメージをうけたり、性行為の欲求が一致せず無理に応じていたり、それらのストレスが射精コントロールに影響する場合も否めません。 特に中高年層に多いとされるのは「セロトニン不足」による早漏症です。 セロトニンとは精神をリラックスさせる脳内物質ですが、ストレスを感じると交感神経が活性しノルアドレナリンが過剰に分泌するため、それを抑制するセロトニンの分泌量を超えてしまいます。 セロトニンが不利な状況に陥ると精神が落ち着かず、交感神経が活発に働いたまま性行為におよぶと射精コントロールも思うようにならないといった状態になるのです。 サビトラマックスに含まれるダポキセチンには、その交感神経を抑制する効果があります。 世界初の服用型早漏薬プリリジーと同じ作用機序で、 早漏気味な射精を3~4倍の長さに延長することが可能です。 過敏性の早漏は、性的刺激や性行為になれることで自然に治ることもありますが、精神的な早漏の場合、トレーニングではなかなか治せません。 中高年の方で、積極的に射精の早さを会話に持ち出す方はいないでしょう。 そのためその年代の早漏症は少なく感じるかもしれませんが、実は秘かに悩んでいる方は大勢いらっしゃるのです。 また中高年層から多くなるED(勃起不全)患者の3割程度は早漏症を併発しているといわれています。 サビトラマックスには、レビトラと同じ有効成分バルデナフィルも配合されており、 成分はいち早く体内浸透し、陰茎の血流を促し勃起力を高める効果を発揮します。 ダポキセチンの効果も同時に取り込むことで、射精コントロールも可能となり、男性機能回復を実感できることでしょう。 とても効果のある薬剤のため、使用上の注意がございます。 必ず内容を確かめた上で安全に服用してください。 服用方法 1日1回性行為の1時間前に経口服用します。 サビトラマックスは、2種類の主成分が配合されているため、その効果発現時間は多少の差違があります。 まずは勃起不全の効果があるバルデナフィル、こちらの成分は服用することで。 体内吸収が早い方なら15分程度、遅くとも60分程度で効果発現します。 また早漏症の改善薬成分となるダポキセチンは、1時間程度で血中濃度を高め、効果発現します。 それらのことから、当サイトでは、性行為の1時前に服用することをオススメいたしております。 服用時、食事の影響は受けにくい(脂分が少なく700kcal程度ならOK)とされていますが、体内への吸収力をよくするためには空腹時の方が有効ではあります。 なるべく体内に成分を取り込みやすい状態で服用してください。 アルコールやグレープフルーツ(ジュースを含む)は、身体に悪影響を与えるため避けてください。 同時に摂取した場合、副作用が大きくなったり、薬の効果が強く出過ぎてしまう懸念があります。 副作用 頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、はき気、下痢、不眠、疲労感、視覚異常など 勃起力を高めるためにの有効成分バルデナフィルが、陰茎部位周辺の血管を拡げるよう働きかけます。 それらの血管拡張作用により、頭痛、火照り、鼻づまりなどの症状が出る可能性があります。 またダポキセチン成分に関する副作用で比較的多く見られるのは、下痢や目まいです。 ただしダポキセチンは、服用から1日も経てば95%以上の成分が体外排出され、効果も副作用も徐々になくなりますので、過剰な心配をする必要はありません。 多くの場合、軽い症状にとどまりますが、忍容性には個人差がありますので、それらの症状を強く感じる場合は、服用を中断し、医師に相談するようにしてください。 24時間以上経過しても副作用がなくならない場合は、直ちにかかりつけの医師にご相談ください。

次の