お引き立て 意味。 有力者から大抜擢される手相?「引き立て線」から見えてくるもの

「お引き立て」の意味と使い方・例文・類語・ビジネスでの注意点

お引き立て 意味

ご愛顧/引き立ててもらう / ご愛顧賜るとは、目をかけてもらう、引き立ててもらう。 末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。 今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。 皆様のご期待に沿えるよう、これからも邁進してまいりますので、これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 平素は、格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 これを機にさらなる努力を重ねてまいる所存です。 今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 日頃、ご愛顧頂いている皆様をお招きして、下記の通り忘年会を開催したいと存じます。 今年も余すところわずかとなり、ご多忙のところ誠に恐縮ですが、万障お繰り合わせのうえ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。 皆様の日頃のご愛顧に感謝をこめて、ささやかながらお食事の席をご用意させていただきます。 今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。 これもひとえに皆様もご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。

次の

「平素より/平素は」とは?意味と使い方を知る

お引き立て 意味

「お引き立て」はひいきにしてもらっている相手に使う言葉 「お引き立て」という言葉は、 自分がひいきにしてもらっている相手に対して使う言葉です。 自分のことや自分が行った働き、成果を相手が気に入ってくれているときや、日頃から世話をしてもらっている相手、目をかけてもらっている相手などに使えます。 ビジネスシーンでは、取引を継続して行っている取引先に対して使う場合が多いことも。 直接会って話すときに使うほか、メールなどで挨拶文に交えて取り入れることができる言葉です。 「お引き立て」は、自分がひいきにされている、という受け身の立場で使う言葉のため、 目上の人や上司、お世話になっている取引先などに対して使うようにしましょう。 尊敬語のため、敬語表現のひとつとして活用するのがポイントです。 「お引き立て」の後に続く言葉によって適する場面が異なりますので、場面にあった使い方に気を付けましょう。 「お引き立て」について感謝を表す場合には、ひいきにしてもらっている、目をかけてもらっている、などの事実の上に成り立つ言葉のため、初対面の相手に使うのは望ましくありません。 今まで相手にしてもらったことを感謝するつもりで利用すると良いでしょう。 ただし、必ずしも実績のみに左右される言葉ではないこともポイント。 ビジネスマナーとして、それほど関係が深くない相手にも失礼のないように使う場合があります。 「お引き立て」の意味 「お引き立て」は、「引き立て」という言葉に「お」を付けて丁寧語にしたものです。 「引き立て」には、一段と見栄えがするようにする、奮い立たせる、などの意味があり、特に目をかけたり、ひいきにしたりすることを指します。 「お引き立て」と丁寧に表すことで、尊敬語になるところが特徴。 自分がひいきにしている場合や目をかけている場合には「引き立て」を使いますが、「お引き立て」と「お」を付けることで、ひいきをしてもらっている側に対して使う言葉です。 ひいきにしてもらうという事実を伝えるだけでなく、感謝や尊敬の意味も含めて相手に伝えることができるでしょう。 「お引き立て」の使い方 「お引き立て」を使う場面を例文で見ていきましょう。 「お引き立て」は、取引先との実績が一度のみの場合など関係が浅い場合でも用いられることがあります。 言葉の意味としてはふさわしくない部分も感じられますが、尊敬や感謝の気持ちを伝える言葉としても使えるため、ビジネスマナーも心がけながら取り入れていきましょう。

次の

「毎々」の意味とは?ビジネスでの使い方と類語「常々」を解説

お引き立て 意味

「毎々」の意味と読み方とは? 「毎々」の意味は「いつも」 「毎々」の意味は「いつも」です。 日常会話で使用されることは少なく、主にビジネスシーンで使用されます。 たとえば、「毎々なんらかの問題がおきている」という例文。 上記の例文だと「いつも何らからの問題がおきている」という意味になります。 1度きりの出来事に使うのではなく、何度も繰り返していることに対して使用しましょう。 「毎々」の読み方は「つねづね」ではなく「まいまい」 「毎々」の読み方は「まいまい」です。 「毎」は訓読みで「つね」とも読まれることから、「毎々」の読み方は「つねづね」だという意見もあります。 しかし、辞書には「まいまい」という読み方のみ記載されていることから、「つねづね」ではなく「まいまい」が正しい読み方となります。 「毎々」のビジネスでの使い方と例文 ビジネスでは主にメールで使う 「毎々」は主にビジネスシーンで使用される言葉ですが、とくにビジネスメールで使用されます。 日常会話や話し言葉としても使用できますが、意味が伝わらなかったり仰々しい印象を与えたりする可能性があるため、注意しましょう。 「毎々お世話になっております」は挨拶の1つ 「毎々」の使い方の1つが「毎々お世話になっております」です。 ビジネスメールでの冒頭部分に「毎々お世話になっております」を加えることで、相手に「いつもお世話になっております」と丁寧に挨拶することができます。 「毎々格別のお引き立て」は感謝するシーンで使う 「毎々格別のお引き立て」も、「毎々」の使い方の1つです。 「格別」とは「普通とは異なり、段違いなこと」を意味し、「お引き立て」は「相手から目をかけてもらうこと」をそれぞれ意味します。 上記の意味から、「毎々格別のお引き立て」は「いつも特別に目をかけてもらう」を意味する言葉で、相手に感謝を伝える状況で使用されます。 たとえば、「毎々格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます」という例文。 上記のように、「厚く御礼申し上げます」や「感謝申し上げます」などのお礼の言葉とあわせて使用しましょう。 「毎々」を使った例文• 毎々お世話になりましてありがとうございます• 毎々格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます 「毎々」の使い方の注意点 「毎々お世話さまです」は使わない方がいい 「毎々」を使った「毎々お世話さまです」という言葉は、ビジネスシーンや目上の人へは使わないようにしましょう。 「お世話さまです」は感謝をつたえる状況で使われますが、「ご苦労様」と相手をねぎらう言葉でもあります。 ビジネスシーンで使用するには丁寧さに欠ける表現であり、目上への相手からすると失礼と捉えられる場合があります。 普段からお世話になっていることを表したいときは、「毎々お世話さまです」ではなく、「毎々お世話になっております」を使用しましょう。 「毎々」の類語表現 毎々の類語「常々」の意味は「いつも」 「毎々」の類語に当てはまるのが「常々」です。 読み方は「つねづね」で、「いつも」「普段」を意味します。 ただ、「常々」は「毎々」の類語ではあるものの、ビジネスメールの冒頭挨拶として使用されることは少なく、主に会話中に使用されます。 毎々の類語「度々」の意味は「何度も」 「毎々」の類語には「度々」も当てはまります。 読み方は「たびたび」で、「何度も」を意味します。 何度も同じことが繰り返されるシーンで使用しましょう。 たとえば、「度々ご連絡いたしまして申し訳ございません」という例文。 上記の例文は、何度も連絡することに対する謝罪の文章となります。 「毎々」の英語表現 「毎々」は英語で「Always」 「毎々」の英語表現には「Always」が適しています。 「Always」は「常に」を意味する単語です。 ただ、日本語のようにビジネスメールの冒頭挨拶として、「Always」を使用することはできません。 英語のビジネスメールでは「毎々お世話になっております」などの冒頭挨拶は、基本的に使用されないのです。 たとえば「He always make mistakes(彼は毎々ミスをしている)」のように、挨拶ではなく会話として「Always」が使用しましょう。 まとめ 「毎々」とは「いつも」を意味する言葉で、「毎々お世話になっております」「毎々格別のお引き立てを」などの使い方をします。 よくある読み間違いとして「つねづね」がありますが、正しくは「まいまい」であるため、読み方に注意しましょう。 類語には「常々」「度々」が当てはまりますが、「常々」はメールの冒頭挨拶としては使用されない傾向にあるため、使い分ける必要があります。

次の