舟券 買い方。 競艇予想で勝つ競艇ボートレースの「舟券の買い方」〜競艇マークシートの書き方

【初心者必見!】競艇で舟券の買い方『全種類』を解説!

舟券 買い方

競艇での舟券の購入方法、買い方をご紹介 ボートレース(競艇)の舟券(勝舟投票券)には多種多様な購入方法が存在します。 舟券は全部7種類あり、買い方次第で勝率や的中率、収支などが変わります。 この記事では、舟券の購入方法や場所について、また予想レースの舟券の買い方についてを記事にしてまとめています。 初心者の方や、舟券が当たらずに悩んでいるベテランの方も読んでくださいね。 舟券の購入方法や購入場所 舟券の購入方法は大きく分けて3つあります。 競艇場で購入• ボートレースチケットショップで購入• インターネットや電話で購入 舟券は全国24か所ある競艇場で購入することができます。 また場外舟券発売場であるボートレースチケットショップでも購入できますし、テレボート会員になればインターネットや電話での購入も可能となります。 「競艇場」での購入 最も一般的で普通の人が頭に思い浮かぶ舟券の購入方法が、競艇場での購入です。 競艇場(ボートレース場)は全国に24か所あり、実際のレースも生で観戦する事ができます。 生のレースの迫力はとても凄いです。 ボートのモーター音も聞こえて大迫力ですし、外で風を感じながら間近でレースを見る事もできます。 また、空調の効いた室内でゆっくり観戦を楽しむこともできます。 「場外発売所」での購入 競艇場が近くになくてもご安心ください。 ボートレースチケットショップという場外舟券発売場も全国に存在し、ここでも舟券を購入することができます。 全国のボートレースチケットショップ(外部リンク) 「電話投票・インターネット投票」 競艇場もボートレースチケットショップもご自宅の近くに無い場合でも安心してください。 インターネット投票や電話投票で自宅にいながらでも、全国24か所のボートレース場の全てのレースの舟券を購入することができます。 競艇の舟券を自宅から購入するには、 テレボートというサービスの会員になる必要があります。 テレボート会員には「ネット投票会員」と「電話投票会員」という2種類の会員が存在します。 テレボート会員の登録は下記URLから可能です。 ポイントクラブに会員登録をして、テレボートにて投票をすることで、自動的にポイントが貯まっていきます。 ただし殆どのポイントクラブでは「単勝」「複勝」「ワイド」の舟券はポイント追加の対象外となりますのでご注意ください。 ここで貯まったポイントは景品や現金と交換することができます。 また、ポイントとは別に定期的にカタログが送られてきて好きな商品を1点無料でプレゼントしてくれるサービスや、各ボートレース場のカレンダーなどが送られてくるサービスもあります。 テレボート会員になり、インターネット投票や電話投票をする場合には、このポイントクラブにも登録しておくほうがお得ですね。 ただし、殆どのポイントクラブのポイント有効期限は1年間となります。 せっかく貯めたポイントが有効期限で失効した、なんてことにならないように細心の注意を払っておきましょう。 回収率アップのために!どんな買い方が良い? 競艇(ボートレース)は、同じ公営ギャンブルの競馬や競輪やオートレースと違い、ボートを使用するモータースポーツです。 馬や人と違いスタミナ切れを起こさないため、最初から最後まで全速力で駆け抜けることができるのが特徴の一つです。 その特性上、最初にコーナーを曲がる可能性の高い1コースや2コースのイン寄りの艇が強くなります。 また、ボートレース場や選手ごとにも特徴や強みがあり、知れば知るほど奥深い公営ギャンブルです。 予想をするうえでの要素が非常に多い競技なのです。 ここからは、舟券の当たりやすい買い方や買い方毎の的中率と配当について検証していきましょう。 1~6号艇の勝率について 前の項目でも記載しましたが、競艇はモータースポーツですのでイン(内側)の1コースや2コースが圧倒的に有利となります。 1コースに進入した艇が1着になる確率は約45%で、2コースに進入した艇が2着になる確率は約27%となります。 ただし、1号艇が1コース、2号艇が2コースに必ずしもそのまま進入するわけではありません。 しかし、殆どのレースではそのまますんなりと進入することが多くなります。 つまり1号艇と2号艇は勝率がかなり上がやすくなるので、オッズも低くくなりやすいのです。 1号艇の勝率:39. 0%~59. 6号艇の勝率:1. 4%~3. 5% 上記の数字を比較すると分かように、1コースに進入しやすい1号艇と、大外の6コースに進入しやすい6号艇では勝率にかなりの差が生じます。 もちろん各ボートレース場や節やレーサーによっても、勝率の数字は変わってきますが、1号艇と2号艇のインに入りやすい艇の勝率が圧倒的に高いという事は覚えてきましょう。 競艇の基本となります。 高配当を狙うには外側の艇を予想にからめる必要あり 競艇(ボートレース)は、インに進入しやすい1号艇や2号艇がの勝率が高くなります。 ただし、勝率が高く有利なのは競艇ファンなら誰しもが知る事ですので、人気が集中しオッズは低く配当金も少なくなります。 高配当を狙うには、どうしても外側のコースに入る4~6号艇をからめる必要が出てきます。 もちろん、無理にからめることで舟券を外してしまっては元も子もありません。 外側の艇が着にからみそうなレースを見極める必要がでてきます。 外側に強いレーサーが出走するレース、インに入りそうな艇がデビューしたての新人レーサーなど、インの艇が飛んでアウトの艇が連に絡みやすくなるレースを見極め、様々な要素を考えて予想していくことが高配当を狙う秘訣となります。 3号艇を予想に入れるかどうかの判断 レースの予想に3号艇をからめるか否かは、非常に判断が難しいところです。 3コースに進入しやすい3号艇は、1着でゴールしなくても2着・3着の連にからんで来ることも多々あり、安易に切り捨てることはできません。 3号艇に乗るボートレーサーがどのような展開でレースをするのかを考慮して、そのレースの予想をしていかなければなりません。 舟券の種類別でみる的中率と配当について 競艇(ボートレース)の舟券は全部で7種類あります。 それではここから買い方別に見る的中の確率と、どのくらいのその舟券の種類でどのくらいの配当が付くものなのかを検証していきましょう。 66% 単勝は1着でゴールする1艇を選ぶというシンプルな舟券となります。 66%)で的中となります。 一番分かりやすい舟券ですが配当は低く見返りは小さくなります。 33% 複勝は2着以内にゴールする1艇を選ぶ舟券となります。 選んだ1艇が1着でも2着でゴールしても的中となります。 33%)で当たります。 全舟券の中で一番当たり舟券となりますが、その分単勝よりもオッズは低くなり、1. 0倍と元本が返ってくるだけの場合も多いです。 あまり買う事がない舟券ですね。 33% 2連単は2艇を選び順番通りに1着2着でゴールすれば的中と言う舟券となります。 33%)で的中します。 1着と2着を順番通りに当てるので、当たる確率は低く非常にシビアな舟券です。 その分、配当も良いので高額の払い戻しに期待が持てます。 例えば1号艇と4号艇を選んで、1-4でも4-1の着順でも的中となります。 66%)で当たりとなります。 当たりやすく配当もまずまず良いので、初心者に最もオススメできるバランスの良い舟券です。 83%)で当たりです。 一番的中させるのが難しい舟券となります。 確率が全舟券中で最も低い分、高額の払い戻しの配当金が期待できます。 競艇の売上のほとんどが3連単の舟券となります。 競艇に慣れてきたらこの舟券に挑戦してみましょう。 例えば1号艇と3号艇と6号艇を選び、1-3-6、1-6-3、3-1-6、3-5-1、6-1-3、6-3-1の着順の全てが当たりです。 00%)で当たりです。 2連複同様、当たりやすさと配当のバランスが良い舟券となります。 3連単の舟券で高配当を狙う前にこの舟券で慣れておくようにしましょう。 競馬でいうところのワイド馬券と一緒で、非常に当てやすい舟券の一つです。 00%)で当たりとなります。 単勝よりも的中しやすいので、初心者にはオススメの舟券となります。 ただその分配当はかなり少なく1倍台も多くなるので、見返りは少ない舟券です。 確率と配当のバランスでベストな買い方は? 競艇(ボートレース)は100円から舟券を購入することができます。 競艇は自分の懐具合で賭け金を変えらることができるのも大きな魅力の一つですね。 そして、大きく配当金を得たいのか、それとも的中を楽しみたいのか、自分自身のその時の状況によって買い方は絶えず変化します。 舟券の確率や配当を考えた時に自分にとって最上な買い方とは何になるのでしょうか。 買い方の考察もしていきましょう。 2連単・2連複・3連複の舟券がベター? まず最初に考えるのは舟券の種類です。 配当の低い 「単勝」「複勝」「拡複勝」と、的中しづらい 「3連単」を切り捨てるという考え方があります。 的中しやすくオッズもまずまず良く高配当も出やすい 「2連単」「2連複」「3連複」に絞って勝負するという方法もあります。 これがベストとは言えませんが、ベターな戦略であると言えるでしょう。 実力が明らかなレースは単勝購入もあり 明らかに一人だけ実力が図抜けているボートレーサーがいる場合や、勝つ条件がかなり整っているレースの場合は単勝での勝負も考えてみましょう。 ただし、そのような条件が整っている場合はオッズも低く設定されてしまうことが多いので、賭け額も大きくしないと、そのレースで勝負する意味もあまり無くなってしまいます。 その自分の閃きを信じて大きく張れるかどうかが、単勝の舟券での勝負の鍵となりますね。 荒れるレースの連複でプラス収支を狙う 基本的に競艇のレースは、人気薄の艇が着順に入り荒れれば荒れるほど、オッズが高くなり高額の払い戻しが期待できるようになります。 一般の人が予想しやすいようなレースで、人気順のゴールが決まるような展開のレースになると、オッズは低くなり払い戻し金には期待ができません。 荒れると言われるレースの一例としては、アウトからの進入になりやすい5号艇や6号艇が着順に絡んで来るレースがあげられます。 当日の風向きや、1コースの艇が1着になりづらいボートレース場、アウトに進入するであろうレーサーの選手のタイプなど、様々な要素を見極め荒れるレースを狙い、5. 6号艇を絡めて、連複の舟券を購入することでプラス収支を狙っていくという戦略もあります。 オッズの変動を考え締め切りギリギリまで待つ 舟券の購入のスタート開始から、購入が終了する時間までの間は、オッズは絶えまなく変化しつづけます。 競艇における舟券のオッズの算出方法はここでは省きますが、オッズは常時変動するものと覚えておいてください。 あまりに早く、舟券を購入して予想よりもオッズが下がり計算が狂う場合も多々あります。 レース開始直前、舟券購入の締め切りギリギリまで、オッズの変動を待ってから、舟券を購入するという戦略も、シビアに勝ちを拾にいくなら必要になる時があります。 まとめ 競艇(ボートレース)は、舟券の種類・買い方で収支が大幅に変わってきます。 まずは種類や買い方を一通り覚え、自分に合った買い方を模索していきましょう。 的中率と配当のバランスを考えて、自分がどれくらい的中させたいのか、どれくらいの配当金が欲しいのかを見極め、舟券を選んでいくのが勝利への近道です。 初心者の方の場合は、最初から3連単で高配当を狙ってみるよりも、まずは連複系の舟券でコツコツと的中させていくのがオススメとなります。 少しずつボートレースに慣れながら自分に合った買い方を見つけてみてくださいね。

次の

【勝てる舟券の買い方伝授】競艇の予想を的中させる7つの必勝法

舟券 買い方

舟券とは? 日本の公営競技における投票券(この場合は競艇)の着順を予想して投票(購入)し配当を得るための券である。 購入は100円から買うことができ、的中した場合その配当を得ることができる。 舟券の種類 舟券には 単勝、複勝、2連複、2連単、3連複、3連単、拡連複の7種類がありそれぞれ的中率やオッズが異なっている。 またまとめて購入する方法に ながし、 BOX買いなどの方法もある。 次にそれぞれの意味を説明していく。 単勝 1着を当てる舟券の買い方 確率6分の1 複勝 2着までに入る艇を当てる買い方 確率3分の1 2連複 1,2着の艇を当てる買い方 確率15分の1 2連単 1,2着の艇を着順通りに当てる買い方 確率30分の1 3連複 1,2,3着の艇を当てる買い方 確率20分の1 3連単 1、2、3着に入る艇を着順通りに当てる買い方 確率120分の1 拡連複 1~3着までのうち2艇を当てる買い方 確率5分の1 となっている。 流し 引用元 流しとは1着か2着の艇を軸にして手広く買う方法である。 BOX 引用元 「ボックス」買いとは選んだ全ての艇の組み合わせを買うことのできる方法である。 舟券の購入の仕方 次に舟券の購入の方法を説明していく。 購入方法は2通りあり各競艇場にてマークシートの記入方法、インターネット投票により購入することができる。 ここでは簡単にマークシートの記入方法を説明する。 引用元 1、開催場の選択、この部分にどこの開催場を購入するかを記入する 2、買いたいレース番号を記入する(1~12) 3、購入したい舟券の種類を選択する 4、1着、2着、3着まで記入する2連式なら2着まで3連式なら3着まで 5、金額を記入する、1と10を塗ると11となる 6、単位の選択、百円、千円、万円の単位がある 7、取り消し、間違ってしまった際にマークすると内容が反映されなくなる まとめ 競艇を初めてやる人はまずは2連複などを購入して当てる楽しさをしるところから初めてみてはいかがだろうか?また競艇は当てることが一番難しい3連単でもマックス120通り(1通り100円)で購入することができ他の公営競技の中でも当てやすい部類に入っているため初めから3連単で購入して予想する楽しさを楽しんでも良いと思う。 まずは競艇を初めてみて自分に合った楽しさを見つけてみよう!.

次の

【競艇】舟券の種類と買い方を初心者向けに解説

舟券 買い方

「競艇に興味はあるけど、どうやって舟券を買うの!?」 「競艇は見た事あるけど、競艇場で舟券の買い方がわからない!?」 今回は、こんなお悩みを持たれている競艇初心者の方、これから競艇してみたいなと考えられている方向けに競艇場での実際の舟券の買い方についてご紹介したいと思います。 こんにちはdebuyaです。 競艇や競馬を日頃からやっている方であれば、なんの苦労もしない投票券の買い方。 初心者の方からすれば、かなり高いハードルですよね!?w 私も一番最初に投票券を買った時は友人に競艇場に連れて行かれて舟券の買い方を教えてもらった経緯があります。 最初の右も左もしらない状態だと本当に何をしていいかもわからないですからね。 競艇はやっぱりレースの予想をして、舟券を買って的中するかしないかができてこそ本当に楽しいと言えると思います。 そこで今回は、あまり他の人に舟券の買い方を聞きたくないという競艇初心者の方向けに競艇場での舟券の買い方についてご紹介したいと思います。 インターネット上での舟券の買い方に関しては、また別の記事で紹介したいと思いますのでインターネットから舟券を買いたいと思っている方であればこれ以降は読み進めても意味がありませんのでお願いします。 競艇の一連の流れ まず最初に競艇の一連の流れについて軽く紹介しておきます。 競艇場は全国に24場存在します。 北は群馬県の桐生競艇場、南は長崎県の大村競艇場と各県に競艇場があり、毎日どこかの競艇場ではレースが開催されています。 レースが開催されている競艇場では4日間開催や6日間開催など開催期間中は毎日レースが行われています。 レースは毎日第1レースから第12レースまで行われます。 例えば競艇場に到着して第1レースから第12レースまで全ての予想をその場でして全ての舟券を買いたいと思ったら1つのレースをじっくり見て、その後にスタート展示と展示航走をじっくり見て、「さあ予想だ!!」と思ったら予想に掛けれる時間は大体10分程度になります。 その間に予想して舟券を買うという流れになります。 競艇初心者の方には結構慌しい時間と言えるかもしれません。 競艇のマークシートの書き方 それでは、ここからが本題です。 競艇の予想をして、「さあ舟券を買うぞ!!」となってからが競艇初心者さんにとってわからない部分になると思います。 まず最初に自分は、この種類の舟券を買いたいという意思を示すためにマークシートを書く必要があります。 このマークシートの書き方は別の記事で記載したを参考にしてみてください。 自分の予想をマークシートに記入したら次は投票所にある専用の機械にマークシートとお金を入れて舟券を購入します。 競艇の舟券の買い方 引用元:ボートレース平和島 ピースターブログ 上の画像の機械が競艇場の投票所というコーナーに設置されている機械になります。 各競艇場によって多少の違い、投票のみ受付の機械か投票と払戻両方を兼ね備えた機械かの違いはありますが、ほとんどが画像のような機械です。 舟券の買い方の流れをざっと言いますと ・自動発払機にお金を入れる ・マークシートを入れる ・間違いがないか確認する ・舟券を発行して受け取る ・おつりを受け取る 以上になります。 まず機械にお金を入れます。 紙幣を投入する部分と硬貨を投入する部分が別々にありますのでそれぞれの投入口にお金を入れてください。 お金を投入すると画面に投入した金額が表示されますので確認してください。 引用元:ボートレース平和島 ピースターブログ 投入金額が表示されているのを確認したら次にマークシートを機械に入れます。 マークシート(マークカード)挿入口がありますので、そこにマークシートを入れてください。 複数枚マークシートがある場合は、連続で挿入することができます。 仮にマークシートに記載漏れや記載ミスがあったとしても機械がその部分を指摘してくれるので、そのまま訂正できるのであれば訂正してください。 数が多すぎて列を待っている人がいるのであれば一度マークシートを回収して書き直すのもひとつです。 引用元:ボートレース平和島 ピースターブログ 機械が受付してくれたら記載事項に間違いがないかしっかりと確認してください。 間違って違う競艇場の第7レースを買っちゃったとか同じ競艇場の違うレースを買っちゃったという事がないようにしっかりと確認してくださいね。 引用元:ボートレース平和島 ピースターブログ 全ての手続きが終われば舟券(投票券)が発行されます。 手続きが済んで「ホッと」しすぎて舟券を取り忘れたという事がないようにしましょう。 引用元:ボートレース平和島 ピースターブログ 合わせて「おつり」があるのであれば「おつり」の受け取りもちゃんとしてください。 引用元:ボートレース平和島 ピースターブログ 以上が投票所にある自動発払機での舟券の買い方になります。 あとは定時になればレースが行われますので一生懸命当たるように願ってください。 競艇の舟券の払戻し方 舟券が的中した時には現金に交換する必要があります。 現金化するのは舟券を買う時よりも簡単なので合わせて紹介しておきます。 各競艇場の投票所近くに払戻のコーナーがあります。 そこには自動払戻機または、先ほど舟券を買う時でも紹介した自動発払機のどちらかが設置されています。 機械に舟券(投票券)を入れる部分がありますので、そこに舟券を入れると的中した組み合わせが表示されます。 間違いがなければ、そのまま精算すればお金が払われます。 その他のイレギュラーなケース 大金を的中した場合 競艇初心者の方であればほぼ無いかと思いますが、的中した払戻が100万円を超える場合は機械で精算はできません。 払戻の窓口に行って待機している方に声を掛けて現金を受け取る必要がありますので覚えておいてください。 舟券(投票券)の有効期限 当日に現金化されるのであれば全く問題はありませんが、的中した舟券(投票券)には払戻できる有効期限が設定されています。 通常であれば翌日から60日間と定められていますので有効期限を超えて現金化できないということが無いように注意しましょう。 フライングなどの返還欠場が発生した場合 公営ギャンブルの中でも競艇だけで特殊なルールのひとつとしてフライングというものがあります。 その場合、競艇選手は失格、舟券(投票券)は返還になります。 返還=返金です。 この場合、該当する舟券を購入しているものは全て返還になります。 払戻の時と同じく該当する舟券を自動払戻機に入れれば、該当分の現金がそのまま返ってきます。 レース中に場内アナウンサーも「お手元の投票券を捨てずに大切にお持ちください」的なアナウンスをしますので参考にしておいてください。 また、稀ですが舟券を発売された後に該当レースの選手が欠場になった場合や転覆など失格選手が多く出て3連単や2連単が不成立になった場合も同様になりますので気をつけてください。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ 近年ではインターネットでの舟券購入をする機会が多くなりましたが、競艇初心者の方であれば最初は近くの競艇場に足を運んで実際に予想して舟券を買ってみることをおすすめします。 実際の競艇場の雰囲気や舟券の買い方に慣れてくればインターネットで舟券を買うというのも全然アリだと思いますので舟券を買った事がない方は是非一度舟券を買ってみてください。

次の