江戸川 区 乳がん 検診。 江戸川区で乳がん検診が予約できる医療施設一覧

【延期】杉並区で実施しているがん検診|杉並区公式ホームページ

江戸川 区 乳がん 検診

がん検診内容と対象年齢 受診できるがん検診 内容 対象年齢 費用 検診場所 胃がん検診 (内視鏡検査) 問診 内視鏡(胃カメラ) 50歳以上の 偶数年齢の方 1,000円 荒川区胃内視鏡検診 指定医療機関 胃がん検診 (バリウム検査) 問診 胃部X線撮影 35歳以上の方 無料 荒川区がん予防・ 健康づくりセンター 肺がん検診 問診 胸部X線撮影 喀痰細胞診 40歳以上の方 大腸がん検診 問診 便潜血検査2日法 40歳以上の方 乳がん検診 問診 マンモグラフィ 40歳以上の 偶数年齢の女性 子宮頸がん検診 問診・視診・内診 頸部細胞診 20歳以上の 偶数年齢の女性 荒川区がん予防・健康づくりセンター 荒川区子宮頸がん検診指定医療機関 無料がん検診のお知らせ封筒 誕生月のおおむね1か月以上前に、区から対象者に 「がん検診のお知らせ」を郵送します。 同封の申込はがきに希望するがん検診と受診希望日を記入し、申込み締切日までに返送してください。 抽選の結果により、受診希望日に当選の場合は、後日受診券を発送します。 受診希望日に落選した場合は、こちらで受診日を決めさせていただき、後日受診券を発送します。 日程変更を希望される場合は 成人健診係までご連絡ください。 受診予約の空いている日の中から新たな受診希望日の予約を承ります。 誕生月に受診できなかった場合も 成人健診係にご相談ください。 なお、胃がん検診(内視鏡検査)につきまして、対象者の方には、「胃がん検診受診券」「胃内視鏡(胃カメラ)検診の流れと注意事項」「問診票」が同封されています。 荒川区胃内視鏡検診指定医療機関に直接予約の上、受診してください。 検診を含む医療被ばくについて 病院でのX線検査は、病気に罹っている方が対象です。 そのため、X線検査は、放射線被ばくの影響よりも検査によって得られる情報のほうがはるかに有益であるという前提のもとで行われています。 こうしたことから、ICRP(国際放射線防護委員会)では医療被ばくの限度を定めていません。 一方、検診は健康な方が対象なので、放射線被ばくができるだけ少なくなるよう配慮されています。 当センターでも、更に被ばくが少なくなるよう撮影条件の設定を行っています。 放射線被ばく 外部被ばく を恐れ、X線検査を受けないと、がんを早期に発見できず、 進行がん、末期がんにいたる可能性があります。 ぜひ、 定期的に検診を受けましょう。

次の

外科|東京臨海病院|江戸川区

江戸川 区 乳がん 検診

毎年5月から6月は、江戸川区の区民検診がスタートします。 5月 20日 月 葛西区民館 27日 月 鹿骨区民館 21日 火 二之江コミュニティ会館 28日 火 総合文化センター 23日 木 清新町コミュニティ会館 30日 木 東部区民館 25日 土 総合体育館 31日 金 小岩アーバンプラザ 6月 1日 土 葛西区民館 5日 水 小松川さくらホール 6日 木 清新町コミュニティ会館 7日 金 鹿骨区民館 8日 土 総合文化センター 10日 月 小岩アーバンプラザ 12日 水 東部区民館 13日 木 北葛西コミュニティ会館 17日 月 小松川さくらホール 19日 水 東部区民館 21日 金 小岩アーバンプラザ 22日 土 葛西区民館 検診の受付時間は、 午後1時から午後2時半までとなります。 江戸川区区民検診 詳細 江戸川区区民検診は、江戸川区在住の40歳未満の区民が対象です。 在勤中の人や学生などで、検診の機会がある人は受けることができないので注意しましょう。 費用は無料で、いずれも予約は不要です。 お近くの区民館などに直接来場し、時間内に受付を済ませるようにしましょう。 検診内容は、身体測定・血液検査・尿検査・血圧検査です。 検診当日は本人確認ができる保険証や運転免許証を持参しましょう。 検診の詳細は、江戸川区公式ホームページで確認ができます。 江戸川区区民検診で自身の体の状態を把握し、健やかに過ごしましょう!.

次の

がん検診の統計データ|とうきょう健康ステーション

江戸川 区 乳がん 検診

区の無料検診を予約 7月から8月にかけて個展開催で怒涛だった日々を終え、8月のお盆休みあたりにやっとぽっかり休みができたので、セルフメンテの検診を受けることにしました。 前に行ったのはいつだか思い出せないくらい間が空いている、乳がん検診です。 だとつい自分の健康を過信しがちで、おろそかになります。 そもそも、ある日左胸のしこりに気づいたから検診を受けることにしたわけですが、なんでしこりに気づいたのか覚えていない。。。 特にセルフチェックなどしたわけではなく、多分、ただ何となくお風呂の後に触っただけだと思われます。 でもそしたら、あれ?と違和感を感じたので、検診料はタダだし行ってみようと予約しました。 もともと健康で、子どものころから風邪以外の病気とは無縁だったので、こういう類は本当に無頓着な私。 このタイミングで検診に行ってみる気になったこの時の私を褒めてあげたい。 私は東京都在住なので、乳がん検診を受けられる場所はタワーホール船堀の6Fにある医師会医療検査センターです。 ここでは超音波検診(エコー)を受けました。 (赤ちゃんができた時によく見る、あの不明瞭なモノクロ画像です) 女医さんが検査してくれたのですが、やはり左胸のしこりの部分をずーっとぐりぐり。。。 うーん、やっぱりそうなのだろうか。 いやいやまさかね。 そのせめぎあいでした。 検診が終わり、後は2週間後に通知が郵送で届くという話でしたが、3日後くらいに携帯に電話が・・・ 検診を受けた検査センターからで、先日の乳がん検診の結果について先生から直接口頭で説明があるので、また来いとのことでした。 ていうかその時点でもう大体事態を把握できますよね。 再びタワーホール船堀に出向き、医師から「乳がんの可能性あり」と説明を受け、乳腺外科がある病院で専門の検査を受けるように言われ・・・ 乳腺外科のある病院一覧と紹介状、そしてエコー画像のプリントを手にし、何だか実感のないまま、また再びタワーに登ってしまいました。 写真はその船堀タワーから見た景色。 そしてこの写真を撮った時の気持ちは「まいったなー。 」 余談だけど船堀タワーは無料でなかなか穴場であります。 帰宅してから夫に伝えたところ、ショックを受けてました。 そりゃそうか。 でも乳がんと確定したわけではないので、まだ若干的な私たち。 これが、8月末~9月上旬の出来事です。

次の