ご尽力 意味。 ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

尽力いたしますの意味は?ビジネスでの使い方の例文や類語も

ご尽力 意味

「ご尽力」と「お力添え」の意味 「ご尽力」の「尽力」は、「力を尽くす」と書きます。 文字通り、「力を尽くすこと」「骨折り」という意味の言葉です。 精一杯努力して力を尽くす、ということですね。 「ご尽力」は、そこに丁寧な「ご」がついていますので、目上の人に対して、努力して助けていただいた感謝の気持ちを込めた言葉ということになります。 一方、「お力添え」の方はどうかというと、「力添え」は「力を添える」ですから、そのまま「援助」「助力」という意味です。 これも「お」がついていますので、「お力添え」は目上の人に対して、協力していただいた感謝の気持ちを込めた言葉ということになります。 「ご尽力」が「努力して助けていただくこと」であるのに対し、「お力添え」は「力を貸していただくこと」ですから、「努力して」という意味は含みません。 同じ「助けていただくこと」という意味でも、「ご尽力」と「お力添え」ではニュアンスが異なるんですね。 「ご尽力」と「お力添え」の使い方 上で述べたように、「ご尽力」と「お力添え」では少し意味合いが違ってきます。 しかし、どちらも「助けていただいてありがとうございます」というような意味合いではあるので、一般的に助けてもらったお礼を述べる際には使えます。 【例文】• ご尽力いただきありがとうございます• ご尽力を賜り、感謝申し上げます• 日頃よりお力添えを賜り、まことにありがとうございます これらの文のような場合は、「ご尽力」と「お力添え」を入れ替えても大丈夫です。 「尽力」の使い方 「ご尽力」と「お力添え」には、先に述べたようなニュアンスの違いがありますので、必ずしも常に同じように使えるというわけではありません。 例えば、「ご尽力」の「尽力」は、「力を尽くす」「努力して力になる」というような意味合いですので、自分に対して使うことができます。 目上の人に対して「努力します」「頑張ります」と伝えるときに、尊敬(丁寧)語の「ご」を取って、「尽力いたします」のように使えます。 「お力添え」は、自分が主体となっていることに相手が協力してくれる、という意味ですから、「力添えいたします」とは使いません。 「お力添え」が適切な場合 逆に、「ご尽力」は不適切だけれど「お力添え」は使える、という場合もあります。 それは、相手に協力をお願いするときです。 「ご尽力」は「努力して助ける」意味なので、「ご尽力おねがいします」などと言ってしまうと、目上の人に努力することをお願いすることになってしまい、失礼に当たるからです。 【例文】• お力添えを賜りますようお願い申しあげます。 今後ともお力添えのほどよろしくお願いいたします。 類語 「ご尽力」「お力添え」に似ている表現としては、「ご協力」「ご支援」「お手伝い」などがあります。 いずれも力を貸してもらうことを丁寧に表していますので、目上の人に対してお礼やお願いをするときに使うことができます。 【例文】• ご協力賜り、まことにありがとうございます• ご支援のほどよろしくお願いいたします• お手伝いくださいましてありがとうございました 「ご尽力」「お力添え」に比べると、普段から使う言葉ですよね。 メールや書面ではなく、口頭で挨拶する場合にはこちらの方が言いやすいかもしれません。 ただし、これらは決して失礼な表現ではありませんが、耳慣れた言葉なので、どうしても丁寧さの度合いが低く感じられてしまいます。 「ご尽力」「お力添え」の方が書き言葉的で、かしこまった印象になります。 どのような内容の書面か、相手がどのぐらい目上の立場かなど、時と場合によって「ご尽力」「お力添え」を選ぶと良いのではないでしょうか。

次の

尽力の意味とは?相手への使い方と自分への使い方を例文とともに解説

ご尽力 意味

尽力は基本的には「力を尽くす」が本来の意味であり、精一杯努力するというイメージです。 何かに対して、できる範囲のことに精一杯の努力をする意味を込めているのが尽力であり、それに対して尊敬の意味を付加するとご尽力という言葉になります。 そのため、目上の人が努力をしてくれた際にお礼の気持ちをもってご尽力という言葉を使用するのが一般的です。 また、尽力という言葉は自分の努力に対しても使用することができます。 大半の場合には努力という言葉で置き換えができますが、ビジネスシーンでは尽力の方がよく用いられます。 目上の人に対して使用する際には、全力を費やしてくれたという感謝の意味が込められ、自分に対して使用する場合には、ただの努力ではなく全身全霊でがんばっていくんだという気持ちを伝えられるからです。 そのため、基本的には目上の人に対するお礼の文脈と、自分がこれから努力をする決意を示す場面で用いられるのが尽力という言葉であると理解しておきましょう。 「力を添える」というのがもともとの意味であり、より「助ける」に近い意味があります。 手助けをするイメージを持っておくといいでしょう。 力添えは助力、援助、協力といった言葉で置き換えられるのが一般的であり、その謙譲語として目上の人に対して使用するときにお力添えを使用します。 文脈として目上の人に対するお礼やお願いの場面で用いられるのがお力添えの特徴であり、ビジネスシーンではどちらの場合にも頻繁に用いられる言葉です。 ご尽力との違いは自分に対して使用することがない代わりにお願いの文脈でも使用できるという点です。 お礼の文脈ではご尽力とお力添えは置き換え可能な場面がほとんどであり、細かな使い分けを気にする必要はさほどありません。 むしろ気をつける必要があるのが、お願いの文脈ではお力添えを使用し、自分に対して使用する場合には尽力を使用するという点です。 意味の違いから理解しておけば、いざというときに区別をつけて使用できるでしょう。

次の

尽力(じんりょく)の意味と正しい使い方

ご尽力 意味

注力と尽力の違い 注力と尽力の違いを分かりやすく言うと、 注力はある物事に対して力を入れること、力を入れて集中することを意味していて、尽力は、ある物事に対して持っている力の全てを尽くして取り組むことを意味しているという違いです。 注力というのは、物事に対して力を注ぐことを意味しています。 この言葉は、もともとは現代で作られた造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 何かの物事を集中して行う際などに使用される表現です。 しかし、この注力という言葉を使った場合には、どの程度の力を注いでいるのかというのは、人によって異なるものです。 注力という言葉には、力をかける具合の程度を示す意味は含まれていません。 そのため、注力という言葉を使う際には、程度を示す言葉と共に使われることもあります。 例えば「精一杯に注力して」などのように使用されることもある言葉です。 ただし「注力を注ぐ」という表現はしません。 これは注ぐという意味が重複しています。 一方の尽力というのは、物事に対して持っている力の全てを注ぎ切るという意味を持つ言葉です。 尽力の「尽」という字は、尽くすという意味を持つので、尽力という言葉だけで、全部の力を尽くすという意味になります。 尽力という言葉は、ビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です、「御社のご尽力に感謝いたします」などのように使われ、相手側が全力をかけてくれたことに感謝をするような場面で使われる表現です。 他にも「ご尽力を賜り」「ご尽力をいただき」などのように使用されます。 「尽力を尽くす」という表現はしないので注意が必要です。 これは「注力を注ぐ」と同じように重複の表現になります。 注力の意味 注力とは、 有る事に力を入れること、力を入れて集中することを意味しています。 注力という言葉は、物事に「力」を「注ぐ」ことを意味している言葉です。 注力の「注」というのが「注意」や「注目」の「注」であると考えると分かりやすいでしょう。 注力という言葉は、何かに力を注ぐこと、力を入れて集中して行うことを意味している言葉です。 例えば「問題の解決に注力する」や「わかりやすい表現になるように注力する」などのように使用されるものです。 この注力という言葉は、現代語として登場した表現であり、辞書によっては載っていない場合もあります。 注意して力を入れることを示して「注力」と使用されたのがはじまりであり、本来は造語でした。 注力というのは、それだけで「力を注ぐ」という意味を持つ言葉なので、「注力を注ぐ」という表現をすると意味が重複してしまうので注意が必要です。 物事を集中して行う時や、力を入れて行う際に「注力する」という表現で使用するようにします。 注力というのは、物事に力を集中させる意味を持ちますが、全力を注ぐという意味は持ちません。 力の入れ加減は人によって異なるものです。 注力というのは、なるべく集中して行うという意味を持つものであると覚えておくようにしましょう。 注力の「注」という字は、そそぐ、流し込む、一点にむける、集める、解き明かすなどの意味を持つ漢字です。 つまり、注力とは、力を一点にむける、集める、流し込むなどの意味を持つ言葉であるとわかります。 注力の「注」という字を使った別の単語としては、注意深くじっと見ることを意味する「注視」、注意して見つめることや関心をもって見守ることを意味する「注目」、本文に注を加えて意味を説明することを意味する「注解」などがあります。 尽力の意味 尽力とは、 目的の実現のために力を尽くす事や、力を注ぎ切ることを意味しています。 尽力という言葉は、「力」を「尽くす」ことを意味している言葉です。 尽力の「尽」という漢字が、全てを出し切るという意味を持つと考えると分かりやすいでしょう。 尽力というのは何かの目的を実現させるために、持っている力を全て尽くすことを意味している言葉です。 例えば「地元の活性化に尽力する」などのように使用されるものです。 この尽力という言葉は、社会や人のために役に立つことを意味する「寄与」(読み方:きよ)や、わが身を犠牲にして尽くすことを意味する「献身」(読み方:けんしん)などと類語であるとされています。 このように、自分の身を犠牲にしても力を尽くしきることを意味するのが「尽力」という言葉です。 覚悟を持って、物事に全身全霊で向かっていくような意味を持つ言葉であると覚えておくようにしましょう。 尽力の「尽」という字は、つくす、出し切る、ことごとく、すっかりなどの意味を持つ漢字です。 つまり、尽力とは、力を出し切る、力をことごとくつくす、などの意味を持つ言葉であるとわかります。 尽力の「尽」という字を使った別の単語としては、忠義を尽くすことや、国家や君主に対して真心を尽くして仕えることを意味する「尽忠」、月または年の末日や終日を意味する「尽日」などがあります。 注力の例文 10.その小学校では予防歯科に注力しており、生徒の虫歯発生率の低さは全国ランキング1位である。 この言葉がよく使われる場面としては、ある物事に力を入れることや、集中して力を注ぐことを表現したい時などが挙げられます。 注力という言葉は、現代で使われるようになった造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 注力というのは、物事に力を注ぐことを意味している言葉ですが、どの程度の力を注ぐのかということについては、その人それぞれに個人差があります。 また対している物事の重大さによっても力をかける程度は変わってくるものです。 注力という言葉を使った場合には、力を注ぐことしかわからず、その程度については言葉だけの意味ではわからないものであると覚えておくようにしましょう。 尽力の例文 10.山田氏は長年に渡ってこの地域の発展にご尽力いただきました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 この言葉がよく使われる場面としては、ある目的を達成するため、力を尽くして実現させることを表現したい時などが挙げられます。 尽力というのは、持てる力を全て注いで目標達成に向かっていくことを意味しています。 尽力という表現は、例文にあるようにビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です。 目上の人や立場が上の人に力を貸して貰った場合などに「ご尽力を賜り感謝いたします」などのように使用します。 これは最大限の力を尽くしてもらって、ありがとうございます、という意味を示すものであり、感謝の言葉などと共に使われるものであると覚えておくようにしましょう。

次の