横書き 行 消し方。 封筒の宛先「行」の消し方・「御中」への直し方・封筒のマナー

往復はがきを返信するときの「行の消し方と御中の書き方」の正しい5つのマナー

横書き 行 消し方

就活やビジネス関連で良く使用するものに 「返信用封筒」があります。 これは、社会人の方や就活生の方には馴染みの深いアイテムだと思いますが、会社関係以外だと、あまり使用しないように思われます。 返信用封筒に初めて触れる機会が、就活のエントリーシートという方も多いのではないでしょうか?返信用封筒は意外にマナーが細かく、こちらから同封する場合でも、返信する場合でも守るべきマナーがあります。 今回は、そんな返信用封筒に関して、返信をする側の対処法やマナーを解説していきます。 返信用封筒の返信の仕方について、宛名は御中にするのか?様にするのか?など細かいルールを紹介していきます。 では、はじめていきましょう。 今回の要点 まずは、当ページの要点から紹介していきます。 「御中」or「様」のマナー• 返信用封筒を返信する場合、「行」や「宛」を書き換える必要がある• 「行」や「宛」は二重線で消し、横or真下に書き換えること 「裏書き」のマナー• 返信する場合は返信用封筒の裏に住所と名前を書く• 郵便番号以外は、漢数字を使用すること 「〆」のマナー• 返信に「〆」や「封」は必要• 個人宛の際は、「〆」を付けないほうが良い 添え状のマナー• 返信用封筒の返信に添え状は必要なし• 返信用封筒の返信は、必要書類以外何も入れない 以上、今回の要点です。 下記、詳細な情報も入れていますので、お時間がある方はチェックしてみてください!では、はじめに「御中」や「様」への書き換えについて解説していきます。 みなさんの手元にある返信用封筒の宛名には、「行」や「宛」という文字が書かれているでしょう。 こちらは、 必ず書き換えをしてから返信していきます。 ただ、この書き換えにも細かいマナーが存在しているため、きちんとルールを知っておきましょう。 まずは、「行」や「宛」の消し方についてです。 「行」や「宛」を消す際には、 「二重線」を用いていきます。 以下、消し方を図解していますので、こちらで二重線の引き方を知っていきましょう。 斜線でもOK! 宛名を消すときは、「二重線」を用いましょう。 1本線では見栄えが悪く、マナー違反と取られてしまう可能性があります。 横書きなら横の二重線、縦書きなら縦の二重線で引くべき!と言う方もいますが、消し方にルールは決まっておらず、二重線であれば、斜線でもOKとのことですね。 「御中」or「様」でどっちを選ぶ? 返信用封筒の返信の際、「行」や「宛」を二重線で消していくわけですが、このあともポイントになっていきます。 二重線で消したあと、 「御中」or「様」のどちらかで訂正をしていきます。 ただ、「御中」と「様」の2つで、どちらを使っても良いというわけではありません。 この部分が、少し細かいマナーになってきます。 また、名前入りの押印がある場合、 「様」と書き換えて、返信をしていきましょう。 「個人」なのか?「複数」なのか?を理解しておくことで、返信もかなり楽になりそうですね。 「御中」や「様」はどこに書く? 返信用封筒の返信の仕方として、御中や様に書き換える必要があることは、理解していただけたかと思います。 では、御中や様の文字は、どこにかけば良いのでしょうか? 以下の図解をご覧ください。 また、担当者の押印が押してある場合は「行」を消し、押印の下に 「様」を付けるようにしていきます。 これで、表書きの書き換えは完璧です。 返信用封筒には切手なども貼ってあるため、これらの項目以外は手を付けないで返信するようにしましょう。 返信用封筒の返信!裏書きのマナーとは? 返信用封筒の返信の仕方として、次に確認したいマナーとして「裏書き」があります。 返信用封筒の裏側には、「何も書かれていない」状態が普通でしょう。 これは、返信用封筒を送る側のマナーとして、裏側には何も書かないというルールがあるからです。 そこで、返信用封筒を返信する際、こちらで裏書きをする必要があります。 裏書きに何を書くのか?といいますと、もちろん 「住所」「名前」ですね。 裏書きのマナーとしては、そこまで細かいものはありません。 一般的なルールを守れば良いものになります。 郵便番号以外は漢数字で書くこと• 表書きと同じ方向で書くこと• 日付を書いておくこと 裏書きは、表書きに従って書いていきます。 縦書きの場合は、郵便番号を横書きに、名前と住所を縦書きにしていきましょう。 表と同じ方向で書いていくことを守るだけでOKですよ! 注意したいのは、縦書きの時の「住所」の書き方です。 ここは「数字」ではなく、 「漢数字」を用いていきます。 数字だと、わかりにくくなる場合があるため、漢数字を使いましょう。 返信用封筒の返信!「〆」は入れるの? 続いて、返信用封筒に「〆」の文字は入れるのか?についてです。 基本的に 「〆」は入れておくものだと考えておきましょう。 「〆」の他にも「封」や「緘」(かん)の文字でもOK。 (「緘」の字は、主に男性が使う文字であるため、注意しておきましょう。 ) 反対に、返信用封筒に 「〆」を入れないほうが良い場合も存在しています。 それは、 「個人」に送る場合です。 これは、「〆」や「封」がされていると 「本人以外開けることができない」というルールがあるからです。 例えば、佐藤さんに返信用封筒を送ったとして、佐藤さんが5連休を貰っていたとします。 その際、「〆」がしてあると、佐藤さん以外の人は手紙を開けることができません。 そして、返信用封筒が5日開封されないということが起こりかねません。 この理由から、返信用封筒を個人に送る場合は、「〆」をしないでおきましょう。 返信用封筒の返信!添え状のマナー 最後に、返信用封筒の返信の仕方として、「添え状」について考えていきます。 返信用封筒を返信する場合は、 添え状などは必要がありません。 返信用封筒を送る側であれば、添え状を入れることもありますが、返信用封筒を返信する際には、 必要書類以外のものは入れないようにしましょう。 これは、返信用封筒の切手に問題があります。 返信用封筒には、予め切手を貼っておくものですが、書類の重さなどを量ってから、切手の金額を決めている可能性が高いです。 そのため、必要書類以外を入れてしまうと、 重量オーバーとなってしまい、相手方に迷惑をかける可能性があります。 返信用封筒には添え状などを入れる必要はなく、必要なもの以外は入れないようにしましょう! まとめ 今回は、返信用封筒の返信の仕方として、宛名の書き換えや消し方、「様」「御中」のどちらを使うのか?に言及していきました。 返信用封筒のルールは意外に細かいため、マナー違反にならないように注意していきましょう。 宛名の消し方を始め、〆は入れるのか?添え状は必要なのか?など、初めて送るときは混乱してしまうと思います。 就活のときなどは、こういったマナーを守れるよう、対策をしていきたいですね。

次の

往復はがきを返信するときの「行の消し方と御中の書き方」の正しい5つのマナー

横書き 行 消し方

「様方」の意味とは? 「様方(さまかた)」は、送付先の住所に住んでいる世帯主を通じて、その同じ場所に住む苗字の異なる人に郵便物を送るときに使います。 簡単にいうと「この住所はAさんの住所ですが、そこに住むBさんに届けてください」という意味です。 様方をつけずに郵便を出すと、その住所にその苗字の人は住んでいないとみなされ、郵便物が届かない可能性もあるので注意しましょう。 「様方」は個人宅にむけて使う 様方を使用するのは、原則的に個人宅の場合に限ります。 施設や企業には使用しないので注意しましょう。 書く場所も間違えやすいため、注意したいポイントです。 「様方」と「様」の違い 普段よく使う「様」は、その住所の世帯主と同じ苗字の個人に送る場合に使用します。 世帯主と苗字が同じなのか違うのかという区別で、「様」と「様方」を使い分けるようにしましょう。 「気付」の意味と使い方 「気付(きづけ)」は受取人が住んでいる住所ではなく、 受取人の立ち寄り先や関係のある場所宛てに送るときに使います。 ポイントは、住所が企業や団体、ホテル等の施設などで、個人宅ではない場合に「気付」を使用するという点です。 例えば、ホテルに滞在している宿泊者宛てに出したい場合などは「気付」を使います。 気付は、住所と宛名の間に記し、文字のサイズは住所よりも大きく、宛名よりも小さめに書きます。 様方、気付、御中、それぞれの違い 「様方」と「気付」は混同しやすいので特に注意しましょう。 「様方」は、その住所の世帯主を通して渡したい相手がおり、 住んでいる相手が「個人」である場合に使用します。 同じように、誰かを通じて渡したい相手がいる場合で、その住所が個人の住宅ではなく、企業や施設、団体などの場合は「気付」です。 住所が個人の住宅かそうでないかという違いで、「様方」と「気付」を使い分けます。 「様」と「御中」も混同しやすいので注意が必要です。 特定の個人名が分かる場合は「様」を使用し、企業や部署宛てに送る場合は「御中」を使用します。 個人名が分からない場合でも、採用担当者など、受け取った企業側で誰宛てか特定できるような場合は「御中」ではなく「様」を使用します。 「行」「宛」の解説 そもそもなぜ行と宛にするのか そもそも「行」「宛」とするのはなぜか知らない方も少なくありません。 差出人が自分や自分の団体に「様」「御中」をあらかじめつけておくと相手に対して失礼な意味になります。 そのため、 宛先を示す方法として「行」「宛」と書くのが慣例です。 送り返す側にとっては、送られてきたときのまま、「行」「宛」で返信するのが失礼にあたるため、書き換えて送るのがマナーです。 書き換える際は、「御中」や「様」を相手によって使い分けましょう。 基本的には、宛名に担当者名や個人名が書かれている場合は「様」に、会社名や部署名、事業部名が書かれている場合は「御中」に書き換えてください。 行・宛の消し方と御中・様の書き方 返信用封筒や返信用ハガキが入っていたとき、宛名に「行」「宛」が添えてある場合がほとんどです。 返信用を送り返すとき、「行」「宛」を書き換えるということは知っていても、どんなふうに修正すればよいのか忘れしてしまう人も少なくありません。 返信用の封筒や往復はがきなどを見ると、相手の宛先の下には「行」と書いてあります。 この返信用封筒をそのまま返信することはビジネスマナーとして適切ではありません。 「行」を消して相手を敬う「御中」に書き換える必要があります。 「行」を消す際の書き換え方の手順を、縦書き・横書き2パターンに分けて説明します。 「行」「宛」の消し方と書き換え方 「行」「宛」の消し方 「行」「宛」を消す際は、もとの文字の上に線を引いて消します。 線は定規で引いてもフリーハンドで引いても、どちらでも問題ありませんが、短い線なのでかしこまって定規を使う必要性は特にないでしょう。 修正後の訂正印も不要です。 また修正する際、修正液や修正テープを使ってもとの「行」「宛」を消してしまってはいけません。 それは相手の元の文面を誤りとする失礼な行為です。 返信時の書き換えは、相手の誤りを正すわけではなく相手への敬意を示すために行うものです。 修正液や修正テープは使わないように注意してください。 修正線は、右上から左下に降りる2本の斜線を「行」「宛」の上に引いてください。 その付近に「様」または「御中」を書きましょう。 横書きの場合 真横に2本引いてもマナー違反とはなりませんが、横書きの場合も縦書きの場合と同じ理由で、斜めに引くことが適切です。 「御中」の書き方 「行」を消した場合 「行」を消した後、どこに「御中」を書けばいいのか悩む人は多いです。 実際には、「ここに書かなければダメ」といった正式な決まりはありません。 基本的には、次のいずれかの場所に書くことがマナーとされています。 「先生」は「様」や「殿」などの敬称を意味的にすでに含んでいるため、様はつけません。 宛名「様方」「様」「気付」「御中」「行」「宛」についてのまとめ• ビジネスシーンでは様々な状況で郵便や荷物を出す場合があります。 その状況に応じた宛名書きをする必要があるためそれぞれをきちんと使い分けられるようにしておきましょう。 正しく宛名を書くことで、受け取った側にも正確に状況を伝えることができます。 意味を理解して混同しないように整理しておきましょう。 「御中」は団体、「様」は個人、「御中」「様」は併用できない。 このポイントを抑えれば、スマートにメールの宛名を書くことができるはずです。 基本的には二重線で「行」「宛」を消し、その付近に「様」「御中」を書き足すというルールです。 返信用封筒やハガキで返信するときに、間違えないよう、ビジネスマナーの一つとしてしっかり覚えておきましょう。

次の

封筒の宛先「行」の消し方・「御中」への直し方・封筒のマナー

横書き 行 消し方

往復はがきの基本の仕組み• 往復はがきを返信する際の5つのポイント• 「行」「宛」の消し方• 往復はがきを返信する際の3つの注意点• 返信時には切手は必要? 返信する前に覚えたい往復はがきの仕組み 通常のはがきとは異なり、2枚のはがきがひとつになって届く「往復はがき」。 そもそも往復はがきはどのような仕組みのはがきなのでしょうか。 返信マナーを学ぶ前に、まずは往復はがきについて詳しくチェックしていきましょう。 返信前に!往復はがきの基本とは? 往復はがきは、名前のとおり 「往信用はがき」と「返信用はがき」がひとつになった郵便葉書のこと。 往信用はがきを送る際には往信先が表に見えるように二つ折りした状態で送り、返信する際には返信部分のみを送り返します。 往復はがきには「往信、返信用が各2〜6g」「縦140〜154mm、横90〜107mm」という規定のサイズと重さがあり、一般的に販売されているものは規定を超えないように作られています。 往復はがきは「往信用はがき」と「返信用はがき」がセットになったもの• 往信用、返信用がそれぞれ2〜6g• サイズは縦140〜154mm、横90〜107mm 押さえておきたい往復はがきを返信するポイント 前述したように、往復はがきを返信する際には返信部分のみを使用します。 次は、往復はがきを返信する際に知っておきたい重要ポイントを5つご紹介します。 ビジネスシーンでも求められる往復はがきの返信マナーをしっかり確認していきましょう。 1.「行」・「宛」を二重線で消す 往復はがきは、すでに返信用宛名が記入されていることが一般的です。 マナーとして自身の敬称を付けずに「行(いき)」や「宛」と記載されていることが多いですが、 返信時には「行」「宛」は 二重線で消す必要があります。 「行」「宛」を消す際には二重線をななめに書き、返信用宛名の下に敬称を書き加えましょう。 「行」「宛」を消した後に記載する敬称は、「個人宛=様」「会社や部署宛=御中」となります。 「様」「御中」の使い分けに迷ってしまったビジネスパーソンは、下の記事をチェックしてみてください。 ビジネスシーンで郵便物やメールを出すとき、宛名に用いる「御中」や「様」。 正しい使い分けが分からず、「〇〇様」で統一している方も多いのではないでしょうか。 本記事では、郵便物の宛名マナーとして知って... 2.自分への敬称を二重線で消す 「行」「宛」が記載されているのと同様に、返信者つまり自分に対する敬称がすでに記載されていることもしばしば。 手紙やはがきを出すときに、自分の名前のあとに「様」はつけないのと同じ理由です。 3.「ご出席」「お名前」などの「お」「御」を二重線で消す 名前の敬称だけでなく御出席の「御」、御芳名の「御芳」、お名前の「お」、ご住所の「ご」など、 先方から自分への敬意を示す言葉も二重線で消すようにしましょう。 一文字だけ消す場合には二重線をななめに引き、二文字以上の文字を消す場合は二重線を縦にまっすぐ引きます。 【覚えておきたい、結婚式に紹介されたときの上級マナー】 ビジネスパーソンは、会社の同僚や親しいクライアントの結婚式に招待されることも多いはず。 結婚式の招待状に返信する場合には、縁切りの意味も持つ二重線は使わずに「寿」の文字を使って文字を消すのもおすすめです。 「様」や「御」などの消したい文字の上に、朱色や金色などの筆ペンで丁寧に「寿」を重ねましょう。 4.選択肢がある場合は、選ばなかったものを消す 「御出席、御欠席」のように、返信用はがきに選択肢が記載されている場合には、選ばなかったものを消すのもビジネスマナーのひとつです。 選択肢の敬称を消したうえで、 選ばなかったものを二重線で消しましょう。 選択肢は二文字以上の場合が多いので、二重線は縦にまっすぐ引きます。 5.相手への一言を書き添える 返信用はがきを返信する際には、単に選択肢を囲むだけでなく、送ってくれた相手を思いやる気遣いを一言書き加えましょう。 下記の例文を参考に、返信用はがきに記載する文面を考えてみてくださいね。 <返信用はがきに書き添える文面>• 〇で囲んだ出席の下に「(出席)させていただきます」や「(出席)致します」と書き加える• 〇で囲んだ出席の横や斜め上に「謹んで」「喜んで」を書き加える• 〇で囲んだ欠席の下に「(欠席)させていただきます」や「(結成樹)致します」と書き加える• 欠席の場合には余白に「大変残念ですが、所用があるため~」「次回はぜひ参加させてください」と添える• 「行」や「宛」は二重線をななめに引いて消す• 自分への敬称は二重線で消す• 「御(出席)」「お(名前)」「御芳(名)」など、「御」や「お」は消す• 選ばなかった選択肢は二重線を縦に引いて消す• 相手を思い遣る一言を書き添える 往復はがきを返信する際の注意点 往復はがきを返信するときには、注意すべきポイントがいくつか存在します。 受け取った相手に「ビジネスマナーを知らないのかな?」と思われないように、返信時の注意点はしっかり守るようにしましょう。 最後に、往復はがきを返信する際の注意点を3つご紹介します。 1.送るのは返信部分のみ 往復はがきを返信する際には、往復はがきをふたつに切り分けて 「返信部分」のみを投函しましょう。 往信用はがきを一緒に送り返してしまうのはビジネスマナー違反なので要注意です。 また、往信用はがきに「〇日までにお返事いただけると幸いです」といったように締切が記載されていることもしばしば。 もちろん締切日までに返信すれば問題はありませんが、ビジネスシーンではできるだけ早めに返信することが好ましいでしょう。 返信期日ギリギリの投函にならないよう、余裕をもって返信するように心がけてくださいね。 2.切手は不要 日本郵便株式会社から発行されている往復はがきを含め、一般的に往復はがきには「往信用に水色の切手(料額印面)」「返信用に緑色の切手」がすでに印字されています。 返信時に 切手の用意は不要なので、上から新たに切手を貼ってしまわないように注意しましょう。 3.書き損じてしまった場合は郵便局で交換してもらえる うっかり返信用はがきを書き損じてしまった場合、訂正してそのまま投函するのは厳禁。 受け取った相手に失礼な印象を与えてしまう可能性もあるので、書き損じた場合には 郵便局で交換してもらいましょう。 書き損じた往復はがきは規定の手数料を支払うことで、新しいはがきに交換できますよ。 【郵便局で切手やはがきを交換する場合にかかる手数料】 郵便切手・通常はがき=1枚につき5円 往復はがき・郵便書簡=1枚につき10円 レターパック=1枚につき 42円 10円未満の郵便切手や郵便はがき=合計額の半額分.

次の