トランペット ヤマハ おすすめ。 トランペット |ヤマハミュージック

トランペットのおすすめ人気ランキング10選【初心者必見!】

トランペット ヤマハ おすすめ

リム部分は選び方によって演奏の質が変わります。 特に演奏しやすいものを選びたいのなら、 リムがややフラットなものを選ぶことで、演奏中にリムが唇に食い込んで痛くなったり、疲れてしまうことを防いでくれるでしょう。 1~20までの数字で表すリムサイズは、大きさによって音質を左右します。 1が最も大きく、20が最も小さいサイズとなりますが、 初心者には大きさのバランスが取れた3~7がおすすめです。 しかしながら、リムは奏者の唇が直接当たる部分。 唇の厚さや歯並びによっても最適なサイズが異なるため、フィッティングが最重要となります。 後悔しないためにもマウスピースを購入する前に試して、自分にとって理想的なリムを確認しておきましょう。 トランペット初心者の方には、 マウスピース単体で使える練習用タイプがおすすめです。 練習用タイプは、音感をつけたり、息のスピードをコントロールするなど、トランペットを演奏するにあたって重要となる基礎練習が手軽に行えるようになります。 また、練習用タイプならトランペットが無くても使えるので、トランペットを吹いたことが無い方でも手軽にチャレンジできそうですね。 ポケットにも入るコンパクトサイズで、場所を選ばずどこでも練習ができることも嬉しいポイント。 演奏の上達を目指すなら欠かせないアイテムと言えるでしょう。 ちなみに、練習用マウスピースは音量が小さめの商品が人気です。 気になる騒音をカットできるため、 ご自宅で練習する際にも重宝 します よ。 選択肢が多すぎてどれを選んだら良いのか迷ってしまったときは、 YAMAHA(ヤマハ)やBach(バック)といった有名メーカーのマウスピースを選ぶと良いでしょう。 YAMAHAのマウスピースは、 中高の吹奏楽部でも採用されている定番の商品です。 リーズナブルな価格と吹きやすさを兼ね備えているため、初心者にも最適。 トランペットをカジュアルに楽しみたいとお考えの方におすすめです。 バックはプロから初心者まで、幅広いトランペッターに愛されるマウスピースを扱う老舗メーカーです。 すべてのトランぺッターが一度はバックのマウスピースを使うと言っても過言ではないほど、マウスピースメーカーの中では圧倒的なシェアを占めています。 本格的にトランペットを頑張りたいと思っている方にぴったりのメーカーなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

次の

トランペットマウスピースのおすすめ商品11選|YAMAHA、Bachなど厳選!

トランペット ヤマハ おすすめ

【トランペット選びお手伝いいたします】吹奏楽部生徒の親御さま必見! 皆様、こんにちは!島村楽器イオンモール千葉ニュータウン店でピアノインストラクターをしております 伊藤奈央です。 」 「圧倒的に上達していきます!!!」 なぜなら... マイ楽器をもつと自然と練習量が増えます。 そして楽器を大切にします!大切にするという事は、良いコンディションの状態の楽器で練習できる!ということです。 はっきり言ってしまうと、少しでもいい楽器を買われることをおススメします。 ・まだ初めて数カ月なため、最初は音抜けのよい抵抗感が少ない楽器で始めたい!しかし上達するにつれてこの楽器では満足に吹くことができなくなっていきます…。 ・中学生は、中学校の時の部活は高校生なっても続けることが圧倒的に多い。 そして、吹奏楽部は大多数の方が、高校でも吹奏楽部に入部する事が多いです。 以上を踏まえると、買い替えるのは勿体ない! ちなみに... 私も、「買い替えるのが勿体ないので、初めから上位機種を購入する」パターンでした。 小学3年生~小学6年生の時は、学校にある楽器を使用していましたが、周りの友人や先輩などがマイ楽器を次々と購入していくのを見て、私もいつか自分の楽器が欲しいと思っていました。 中学でも吹奏楽部に入ると決めていたため小学校卒業と同時にマイ楽器購入に至りました。 小学生の時に使用していた学校の楽器はヤマハの当時7~8万くらいのものを使用していました。 その後両親に頼んでヤマハの21~23万くらいのもの(現在のヤマハYTR-8335相当のもの)を買ってもらいました! 初めて楽器屋さんで吹き比べをした時の感動は凄いものがありました。 吹き比べで使用した楽器はヤマハ8シリーズとBachの24万相当のものです。 「何これ!!めちゃくちゃ吹きやすい!!!」 吹きやすさ、出てくる音に感動しました!!!今まで使用していたものとは圧倒的に息の通りやすさ、音色、響きが違いました。 当時約3年間トランペットを経験していたこともあり、7~8万くらいの楽器では楽器の出せるパフォーマンス以上に、演奏者の技術が超えてしまっていて、音が本来のトランペットらしい輝かしい音色ではなく、割れ気味の汚い音色でしか鳴らなかったため 「楽器を変えるだけでここまで変わるのか!」と感動しました。 それと同時に 「もっと遠くまで音を響かせたい!もっと輝かしい良い音色を出したい!!」という思いが... こういったことからヤマハの8シリーズを買ってもらいました。 といった様々なメーカがございます。 その中でも圧倒的に人気、シェアを占めているのがBach バック とYAMAHA ヤマハ になります。 それぞれメーカーでの違いをご説明すると... YAMAHA ヤマハ ヤマハ(YAMAHA)は、世界で唯一の日本の総合楽器メーカー。 高価なモデルではバックのシェアが圧倒的なものの、学校の吹奏楽などの初級者向きモデルや、レギュラーモデルではバック同様に安定した人気のあるメーカーです。 車やカメラなどもそうですが、日本のメーカーはキチンと計算された安定感のある作りが魅力。 ヤマハのトランペットも、安定した音程や吹きやすさが特徴です。 実際に私がヤマハを選んだ一番の理由も、圧倒的な音の通りの良さでした! 品番 販売価格(税込) コメント YTR-2330S 店頭展示有 ¥83,215 初心者が吹きやすく、演奏しやすい重さとバランスになっています。 初めてトランペットを吹く方でも音が楽に出せます。 YTR-3335S 店頭展示有 ¥102,850 「YTR-2330と比べると表現力の幅と音色が変わり、自分の出したい音色が出せるようになっています。 伸びやかな音とスムーズな息の流れが特徴です。 吹き込むほどに色彩感を増しトランペット奏者としての感受性を育みます。 YTR-850S 店頭展示有 ¥219,725 力強く輝きのあるサウンドと繊細な音楽表現が出来ます。 自分の求める理想の音色に応えてくれます。 Bach(バック) バックは、トランペットをはじめとする金管楽器をメインに制作している伝統あるアメリカのメーカー。 初心者から、プロまで世界中のトランペットプレーヤーに愛用されています。 ] バックの魅力は、演奏者の個性が引き立ち、豊かな響きと心地よい抵抗感にあります。 ] 日本のメーカーが音程や操作性の正確さを重視しているのに対し、海外のメーカーであるバックは、表現の豊かさを重視する作りです。 ] そのため、誰が吹いても同じような音色ではなく、自分らしい音色を再現するのにはぴったりのメーカーだといえるでしょう。 ] ソロで演奏するなど、独自色を出すならバックのレギュラークラス以上のモデルがおすすめです。 品番 販売価格(税込) コメント TRシリーズ TR400SP ¥112,200 初心者の方でも吹きやすく、扱いやいながらにしっかりとしたサウンドと音色です。 世界中で広く愛用されています。 ] ] Vincent MODEL(ヴィンセントモデル) ¥224,400 吹奏感が良く表現の幅を広げてくれる「ゴールドブラス製です。 プロから初心者まで幅広い層に絶大な人気があります。 クラシック・ジャズなどオールラウンドに活躍します。 今回はYAMAHA ヤマハ とBach(バック)2つのメーカーに絞って演奏しております。 メーカー・機種によっての吹き心地、その場での音、遠くで聞いた時の音、全く変わってきます。 「あれ、なんか吹きにくい。 思った音と違う。 なんか友達の楽器の方が吹きやすい。 同じ機種なのに何で???」 という結果になってしまいます。 同じメーカー・同じ機種でも一本一本鳴りが違うのが楽器です。 日ごろのお手入れ+メンテナンス 定期的 です!! 演奏後の日ごろのお掃除・お手入れは必須です。 管体の水滴を十分に取り除くことが大切です。 お手入れ用品にも、クリーニングスワブ、マウスピースクリーナー等ございます。 」などと原因が分かります。 」という結果になります。 お気軽にスタッフまでご相談下さい! 以上、お付き合い頂きましてありがとうございました。 素敵な楽器との出会いを全力でお手伝い致します! ご来店心よりお待ち申し上げます。 お問合せ 店舗名 島村楽器 イオンモール千葉ニュータウン店 電話番号 ピアノインストラクター 伊藤.

次の

吹奏楽部必見!【トランペットの選び方!小学校・中学校・吹奏楽部編】初心者のための楽器選び

トランペット ヤマハ おすすめ

モデル名・シリアルナンバーとは? モデル名とは、スマホでいう「Xperia Compact」「iPhone7」などと同様、そのメーカーが販売しているモデルをいう。 一方でシリアルナンバーは、数字やアルファベットを組み合わせた文字列で、中には製造元、製造年月日などを意味するものもあるようだ。 このシリアルナンバーの意味がわかると、お手持ちのトランペットの価値まで知ることができる。 シリアルナンバーはどこに書かれている? トランペットのシリアルナンバーはほとんどの場合、 第2ピストンのバルブケーシング(植込菅)を横から見た所に記載されている。 保証書にも記載されている トランペットを購入した際についてきた 保証書にもシリアルナンバーとモデル名は記載されている。 トランペット本体にはモデル名が記載されていないことがほとんどなので、モデル名は保証書から確認してみよう。 Bach(バック)のモデル名 ヴィセント・バック社(Vincent Bach Corporation)はアメリカで設立された金管楽器の製造会社だ。 2006年から2009年に従業員によるストライキがあり、その間は品質が落ちたことで知られているが、最近はまた質が向上しているようだ。 まずはバックのトランペットのモデル名から紹介していこう。 バックのモデルはたくさんあるため、今回は一部のモデルとシリーズのみの記載とする。 詳しくはに記載されている確認してほしい。 Stradivarius COMMERCIAL こちらのシリーズは、クイックレスポンスで吹きやすいことが特徴的だ。 《モデル例》• LT1901B、LT190L1B、LT190S1B、LT190SL1B Stradivarius 180シリーズ このシリーズの特に人気のモデルが180・MLボア・37ベル・25マウスパイプSP(シルバープレート仕上げ)になる。 こちらは 初心者からプロまで誰にでも使いやすいことが特徴だ。 《モデル例》• 180ML37SP、180ML37GL、180ML37GB、180ML37GBSP、180ML37GP、180ML37 Sterling plus Bell、180ML37 Sterling plus Bell SP Artisan Collection このシリーズのモデルは、エレガントなデザインが特徴で、シリーズ専門に入れられている。 《モデル例》• AB190、AB190S、AB190GB、AB190GB-SP Vincent こちらのシリーズは、レスポンスの速さの向上を実現しており、コスパも大変優れている。 《モデル例》• Vincent Artisan Collection このシリーズは、バックの伝統的な設計により美しいデザインが特徴的だ。 《モデル例》• AP190、AP190S ヤマハのモデル名 次にYAMAHA(ヤマハ)のトランペットのモデル名を紹介していこう。 ヤマハは日本の大手楽器メーカーで、 特にトランペットはアマチュアに大変人気がある。 ヤマハもモデルがたくさんあるため、今回は一部のものを紹介する。 詳しくはを参考にしてほしい。 Bb トランペット こちらのシリーズはオーケストラやジャズなど、一般的に広く使われている。 このシリーズは 4つのモデルに分けられる。 《モデル例》• Xenoアーティストモデル、カスタム、プロフェッショナル、スタンダード C トランペット このシリーズは主にオーケストラやソロ演奏をする方向けに使われている。 現在は世界中のオーケストラで使われている有名なシリーズだ。 《モデル例》• Xenoアーティストモデル、Xeno ピッコロトランペット こちらのシリーズは、オーケストラ、吹奏楽、アンサンブルなどで使われている。 《モデル例》• YTR-988、YTR-9825、YTR-9835、YTR-6810S シリアルナンバーについて バック、ヤマハのモデル名を一通り紹介したところで、次はシリアルナンバーの構成と特徴を紹介しよう。 バックのシリアルナンバーは数字のみ バックは1918年にマウスピースの製造が行なわれ、1924年にトランペットが完成しているが、シリアルナンバーがつけられたのは1926年からだ。 バックのシリアルナンバーは 数字のみで構成されている。 シリアルナンバーは以下の通りだ。 シリアルナンバー 製造年 500〜 1926年 600〜 1927年 900〜 1928年 1450〜 1930年 2250〜 1935年 4650〜 1940年 5500〜 1941年 6500〜 1945年 9100〜 1950年 12000〜 1953年 13600〜 1955年 19500〜 1960年 21000〜 1961年 24000〜 1964年 30000〜 1965年 50000〜 1970年 100000〜 1974年 112000〜 1975年 175000〜 1980年 200000〜 1981年 230000〜 1983年 250000〜 1985年 336000〜 1990年 420000〜 1994年 436000〜 1995年 452000〜 1996年 468000〜 1997年 484000〜 1998年 500000〜 1999年 525000〜 2002年 615998〜 2004年 644207〜 2006年 646013〜 2007年 1982年までに製造されたヤマハのシリアルナンバーについて 次にヤマハのシリアルナンバーについて紹介しよう。 ヤマハはバックとは異なり、 アルファベットと数字で構成されている。 《例》• 頭文字のYはヤマハの「Y」。 TRはトランペットの「TRUMPET」からだ。 そして その次の数字はトランペットのグレード、2桁目の数字は調性となる。 《1桁目 グレード》• 1,2:カレッジ• 3:インペリアル• 6,7:プロモデル• 9:カスタム 《2桁目 調性》• 3:Bb• 4:C• 5:D• 6:Eb Eb-D• 7:F-G• 8:A-HighBb Picc. 3桁目の数字は、製品企画順の可能性が高いようだ。 例えば1972〜1977年に販売されていた「 YTR-135」であれば、ヤマハのトランペットでグレードはカレージ、調性はBb、そして5番目に企画された製品ということになる。 1982年以降のシリアルナンバー 1982年以降の製造品は、 一部のモデルを除いて数字が4桁になる。 1桁目の数字は上記同様、 グレードを指す。 1、2、3、4:スチューデント• 6:プロモデル• 8:カスタム• 9:特殊品(カスタム) 2桁目は 調性を表す。 表記も上記と変わらず。 3桁目は ボアを表す。 例えばトランペットBb菅のケースは• 1:Mボア、127mmベル仕様• 2:MLボア、127mmベル仕様• 3:MLボア、123mmベル仕様• 4:Lボア、123mmベル仕様• となる。 4桁目は一般的には 0か5が使用されている。 さらにシリアルナンバーの末尾に付随するアルファベットは以下の意味がある。 H:ヘビータイプ• U:ゼノ系• F:ファンファーレ• G:ゴールドブラスベル・モデル• R:主管クルークモデル• S:シルバープレートモデル• T:トリガー付 おすすめの買取業者 モデル名・型番・シリアルナンバーが知りたいということは、買取に出したいという人も多いだろう。 なので、おすすめの楽器買取業者を紹介する。 検討してみてほしい。 【PR】トイズキング ホビー系買取で知られるトイズキングだが、実はトランペットの買取も得意としている。 楽器買取を積極的におこなっているが、 トランペットに関して専門的な知識をもつ担当者が在籍しており、高価買取を実施している。 査定は無料で、最新の相場と専門スタッフの細やかな知識から高額買取が可能なのだ。 「宅配」「出張」「店頭」買取に対応しており、楽器の買取におすすめの宅配買取では 無料の宅配キットが利用でき、もちろん送料は無料。 自宅で待っていればOKの出張買取も出張費は無料で、査定後はうれしい現金払い。 店頭買取も全国に支店があるので、自宅から近い店舗に持ち込むだけでで良い。 地域で限定されず、 全国どこからでも利用できるのは同社の強みでもある。 買取メーカーも多岐にわたり、本記事で紹介したBach(バック)やヤマハはもちろん、その他さまざまなメーカーのトランペットを積極的に買い取っている。 トランペット本体のみならず、不要になった 付属品もセットで売却すれば、さらに査定額がアップするので、まとめて無料見積もりを依頼してみよう。 楽器の買取屋さん 楽器買取専門の買取業者。 高額査定と丁寧な対応が評判の買取業者となっている。 買取へのこだわりとして、納得できる買取金額、スピーディーな出張査定、買取品目の多さなどがあげられる。 東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に最短30分で 出張買取を行ってくれる。 見積もりは無料、その場で現金化してもらえるので非常に人気のサービスとなっている。 まずは電話で申し込みをする。 メールでも対応しているが、早い対応を求めるなら電話の方がいいだろう。 出張日を決定し、その日にスタッフが実際に見て鑑定を行ってくれる。 楽器の状態を見て、 付属品などがついているとさらに高い買取額が見込めるので、それも一緒に準備しておこう。 鑑定が終わり取引成立となると その場で現金支払いとなる。 即日の対応が可能なので、すぐに現金が必要な人にはおすすめのサービスだ。 宅配買取も同じようにまずは電話で申し込む。 集荷日を決定し、その日にスタッフに来てもらって梱包してもらう。 必要書類の準備だけをして待っていればいいので、忙しい人でも利用しやすいだろう。 商品が到着し次第査定が行われる。 査定額に納得すればその代金が24時間以内に振り込まれる。 梱包に自信がない人、時間がなくて買取できない人でも利用しやすいので、おすすめだ。 イシバシ楽器 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を中心に買取を行っている。 東京都は御茶ノ水本店、池袋店、渋谷店、新宿店、立川店、町田店。 神奈川県は横浜店。 埼玉県はミュージックキャッシュ大宮店。 千葉県はミュージックキャッシュシティ津田沼店。 関東近郊を中心とした複数の店舗を中心として店頭買取や出張買取、宅配買取などを行って中古品の買取を行っている。 創業77年の老舗楽器買取業者だ。 たくさんあるサービスの中から、自分に合ったサービスを選んで利用することができる。 2分でできる事前査定、出張買取、宅配買取と、買取に出したい人も、査定額を知りたいだけの人もどちらも利用しやすいだろう。 サービスの中から事前査定というサービスを紹介したい。 最初に、ホームページの問い合わせフォームから査定の問い合わせをする。 「 査定金額を知りたい」という項目を選択し、買取楽器の種類、機種名、型番、メーカー名、付属品の有無、楽器の状態などを入力すると、査定額を調べることができるのだ。 簡単にできるので、忙しい人でも少し時間を取れば行えるのが魅力的だ。 LINE査定も行っており、買取へのハードルが非常に低いことが伺える。 まずは買い取ってほしい商品を撮影する。 一枚の写真だけではなく、全体、表面、キズがついてしまっている場合にはその部分や、シリアルナンバーがわかる箇所などを撮影すると正確な査定額が提示してもらえる。 LINEという簡単なツールで査定が利用できるのは、非常にニーズが高いサービスといえるだろう。 撮影した写真を「 イシバシ楽器買取」のアカウントに送信する。 この際、LINEで友達追加をする必要があるので、しておいてほしい。 この 写真を送る際に、メーカー名などもその時に一緒に送ることをおすすめする。 オンラインでの査定で注意してほしいことがある。 写真を撮影する際には、 キズを隠して撮影しても、実際に見てキズが発見された時の心象が非常に悪くなり、買取価格に影響を及ぼすことが考えられるので、隠すことは絶対にしないようにしてほしい。 オンラインでの査定の場合は、実物を見ての鑑定結果と変わってくることがあるのは理解した上で申し込もう。 買取は出張買取と宅配買取は全国からの買取を受け付けているので、近くに行くことのできる店舗がなくても利用できる。 楽器買取専門店 CANADEL GAKKI.

次の