地方のイベントで威張ってろ。 フリースタイルダンジョン 初代モンスターR

【神回】フリースタイルダンジョンのR指定vsFORK戦がやばかったので考察してみた。

地方のイベントで威張ってろ

実家の父親の葬儀にも参列できない すると、地方出身者は「実家に帰ればいい」ということになると思えるが、いまはまだ、そう簡単にはいかない。 これまで全国で唯一の感染者ゼロを守り通す岩手県で起きたあるケースを、同県在住ジャーナリストが明かす。 「地元紙の岩手日報に掲載された記事がこちらでも物議を醸しました。 女性は今回の規制がなんらかのルールに抵触する恐れがあるのかと心配になり、県庁に問い合わせたそうです。 埼玉県出身の女性も、高齢でひとり暮らしの母を心配し、緊急事態宣言中は毎日のように実家に電話をし、自粛が明けるとすぐさま帰省した。 ところがだ。 ショックでした」 こんな殺伐とした現状について、東京女子大学教授(情報社会心理学)の橋元良明さんはこう話す。 「まだ大学も対面での授業ができないので、実家に帰っている学生が多い。 ところが、やはり岩手県出身の学生は実家から『周囲の目がある。 放射能検査をクリアしているにもかかわらず、「東北産の農産物は放射能に汚染されている」などという心ない流言が広がった。 今回も連日の報道で『東京=コロナ感染者』という度を越したイメージがつき、いわば中国での『武漢出身者』と同種の視線が向けられている。 『ケガレたヨソ者を排除しよう』という心理が働いていると思います」(橋元さん) このヨソ者排除の「ムラ意識」は、東京を含め日本のどこにでもある意識だと、橋元さんは言う。 他国と地続きのヨーロッパやアメリカは多民族社会であって地域的流動性も高く、こういった意識が低いことと比べると、かなり対照的です」 わが国独特といってもいい状況のようだが、今回のコロナ禍においては特別な事情もある。 目に見えないウイルスであり、無症状感染者も多いことで、「誰が感染者かわからない」と疑心暗鬼を生じる。 こうして、故郷である地方へ帰ることができなくなった人たちは東京に閉じ込められる。 中洲 東京からの客が陽性ー客店員も陽性 ・福岡. 福岡市 陽性者は東京に滞在歴あり ・京都. 京都市 東京からの来訪者が陽性ー会食者も陽性 ・大阪. 53 ID:anX1JV4u0 再び世田谷区K高校クラスター発生したらしいな しかも千葉県、埼玉県から来てる生徒が感染.

次の

働くのが嫌で専業主婦の方、嫌な理由は何ですか?

地方のイベントで威張ってろ

ROUND3(ファイナル) 泣いても笑ってもこれが最後。 finalラウンド。 超高次元バトル。 最後のラウンドからは、 Rが結構やりたい放題自由にやり始めます。 まぁいいやテメぇは同じようなラップしかできねぇから俺がフロウで見せるだけだこれがどうだ 急にいままで出さなかった早口 3連フロウをかましたと思いきや、 お前のラップ 一辺倒 地方の イベントで威 張ってろバカ 急に思いっきり悪口!!! いつもは FORKを尊敬している Rも、バトルステージに上がったらおかまいなし、という本気の覚悟が垣間見えました。 FORKも負けじと、「お前はステージに乗ると急に生意気だ」と指摘した上で、 いきなり 鼻息荒くしてるけど まじで世が世だったら無礼すぎて 腹切して 早死に しちまうような ハヤジニー発言だよ ライムセイバーの真骨頂。 韻でお腹いっぱい。。 ん????? 「ハヤジニー発言ってなんだ??????」 ググっても出て来ませんでした...? なんかこの韻の踏み方、韻の落とし所というか、どことなくFORKに似てるような...。 多分R指定がここでFORKのラップに少しスタイルを寄せて来たのは、 「あんたの土俵でも俺はラップできる。 フロウも韻も、俺は自由にやる。 韻に凝り固まったあんたじゃできない芸当だぜ?」 と言いたかったのではないか。 (と僕は思います。。 ) Zeebraの前だから鼻息荒くもなるわなぁ!! 韻もフロウもガン無視の「言葉の重み」!!!! いやぁバイブス上がりました,,,。 かっこよすぎるだろ...。 そして最後に、 乗せ方なんてどうでもいい 乗り方がどうでもいいと 凝り固まった韻にしっかりと刻んでやる 俺のライムのやり方 と、オールマイティに韻もフロウもバイブスも、 全てが高次元でなんでもこなせるR指定だからこそ納得できる言葉で最後のバースを締めます。。 これに対するFORKの最後のバースもやばかったです,,,。 まるで 宇多田ヒカルの歌詞 疑いなく俺の方がヤバイと言わす。 Automaticにこの勝負は決まる お前のTravelingもここまでだ タバコのFlavorが残ってるうちに終わらす 2時間もかかんねぇバカンスだったな!! 「宇多田ヒカル」と「疑いなく」で踏んでるのやばくない?? リアルタイムだと全然気づかなかった...。 やっぱりFORKすげぇ。。。。 これに加えて、宇多田ヒカルの文脈で、 「Automatic」 「Traveling」 「タバコのFlavor」 「2時間のバカンス」 と続けざまにワードをチョイスし言葉を組み立てるこの頭の回転の速さ。 信じられん。。。 これで2人の最後のバースは終わり、最後の勝負は判定に委ねられました。 判定は??R 指定vsFORK 戦まとめ 勝利したのは.... R指定。 クリティカル(満場一致)の勝利でした。 僕もやはりR指定の勝ちかな、と。 FORKは全然自分のスタイルをブラさず貫きとおし、韻もいう言葉の内容も超ハイレベルで 死ぬほどカッコよかったんですけど...。 やっぱり、R指定の多彩さに軍配があがるというか。。。 想像を超えるラップを、韻からフロウからバイブスから、あらゆる角度で打ち込んでくる あの王者の風格に、最終的には軍配が上がったのかな、と。 どちらにせよ、最強のMCによる最強のバトル! フリースタイルラップの歴史に残るベストバウトだった!といってよいでしょう!! いやぁ今回は神回だった。 終わりに R指定戦はまだ始まったばかりであり、 こっから毎週2代目モンスターをバッタバッタとなぎ倒していくことが予想されます。。 個人的にはやはり一度負けた崇勲とどう戦うのか、 そして、呂布カルマとの再戦が待ち遠しいところです...。 それではまた! ページ: 4.

次の

働くのが嫌で専業主婦の方、嫌な理由は何ですか?

地方のイベントで威張ってろ

初代モンスター漢 a. gamiが2代目モンスター"輪入道"と"ACE"、"裂固"を難なく倒したものの、"呂布カルマ"戦で惜しくも4人抜きを逃した前回のフリースタイルダンジョン(5th season Rec 3-5)。 いよいよ残す初代モンスターは現在のMC"サイプレス上野"と伝説の男と化す"R-指定"のみに。 初代モンスターvs2代目モンスター企画が始まって早くも1ヶ月が経つが、もうそろそろ終わってしまうのは何処か寂しい気持ちもある...。 まさに、一夏の思い出のような初代モンスターによる"説教タイム"だが、今回は満を持してサイプレス上野とR-指定が一挙に登場! ということで、早速フリースタイルダンジョンファンが最も見たかったあの神同士のバトルをプレイバックしていこう! 目次• フリースタイルダンジョンのMC"サイプレス上野が呂布カルマと対戦! さて、今回放送された5th season Rec 3-6では、UZIに代わる2代目MCとなったサイプレス上野がバトルステージへ。 そんなサイプレス上野の相手は絶好調だった漢 a. gamiの4人抜きを阻止した男"呂布カルマ"。 サイプレス上野としては初代モンスターでありながら、MCとして2代目モンスターを一番間近で見守ってきたこともあるので、誰が相手だろうと非常にやりにくいバトルになることは間違いない。 そんな中、サイプレス上野は呂布カルマに対し 「呂布カルマは人の話を聞いてちゃんと返すタイプ」、「正論しか言ってこないので正論で返すしかない」と述べており、作戦を練るにも練れない状態を隠しきれていない雰囲気に。 一方で呂布カルマは、 「今回の2連制覇はサ上さんが、ジブさんの補佐に着くようになってから... だからサ上さんが怪しい」、「サ上さんになってからおかしな空気になっているから逆に喝を入れたい」と語っており、何処か余裕の表情を見せつけている... さすが怖いもの無しの呂布カルマ。 A乗んのかこれ怪しいぞ 俺の相手クソダセェ 誰がヤキ入れるって? お前 とっくにヤキ回っちまってんだろ おもしれぇ事やって メジャーいってその後何だ? 芸人風情が俺にデケェ口叩くな スタイルも異なる両者だからこそ、問答無用で言い合えるステージとなった第1試合目。 無論、サイプレス上野は2代目にヤキ入れに来た事を主張するも、呂布カルマはストレートに"ラップ芸人"に説教される筋合いはないことをリリックに込めた。 結果:クリティカルヒットで呂布カルマの勝ち 次回からサイプレス上野はMCとして進行役に回るようだ。 いよいよフリースタイルダンジョンのステージにカムバックしたR-指定だが、この瞬間を待ち侘びたヘッズ達は多くいるかもしれない。 ただ、Creepy Nutsとしてメジャーデビュー後はMCバトルにほとんど出ていないが、R-指定はそのブランクを感じさせないフロウとライムを放出できるのだろうか...。 R-指定はフリースタイルダンジョンの顔でもあり、最も成功を収めた男でもある。 そんな中、R-指定はフリースタイルダンジョンについて 「あの緊張感と恐怖は、中々経験できるもんじゃない。 だからこそ1つまた大きくなれた」と語っており、フリースタイルダンジョンがなければ今の自分はないことを強調した。 また、 「チャレンジャーに対して初代はしっかりビビってた」、「俺たちは常に作戦を立てて戦って来たが、2代目はまだ一枚仮面を被った状態なのかも... 人間の部分で戦ったら今までのチャレンジャーに負けるわけがない」、「良くも悪くも安定してるし、良くも悪くも上手い」、「負け方もちゃんと魅せれる」、「俺らは自分が死んでも相手の目一個潰すぐらいの気持ちでやっていた」と語っており、2代目に対して真剣に向き合っている様子。 このことから、R-指定は2代目モンスターを説教しに来たわけではなく、何かアドバイスとスパイスを注入しにやって来た感覚なのかもしれない。 知ってた?FORKとの戦いはこれが初めて! そんなコメントを残した初代モンスター"R-指定"だが、その相手は初の対戦となるFORK! え?マジで?というヘッズ達もいるはずだが、実は私もその中の1人。 言われてみれば戦極MCBATTLEやTHE罵倒を始め、UMBやKOKですら実現していなかったのは確か...。 つまり、この最強同士の戦いはフリースタイルダンジョンだからこそ可能となったバトルとなる。 そんな初のFORK戦となるR-指定は、 「冷静に淡々と上手い言い回しを続けていく」、 「一番モンスター感がある人」とFORKの戦い方やリスペクトすべき点が多くあることを語っており、やはり最強の男"R-指定"でも一目置く存在であることは間違いなさそう。 対してFORKは、 「あいつのやってきた事は凄い、認めている」、 「ただ、やった事はないから実際どんなもんなのか初めてわかる」とR-指定の想いを述べたが、2代目モンスターとしてバッチバチに戦い結果を残すことをアピールした。 歴史的なバトルに!1stBATTLE ROUND1 バトルビート「」 【R-指定】 ただいま 久しぶり戻って参りました 2006でDVDで観てた人と 今こうやって戦ってる事に上がってる 別に俺たちは説教しに来た訳じゃねぇ お前らが若ぇ子に手も足も出ねぇから ぶつかり稽古しに来てやっただけの話 FORKストレートで来いよ 【FORK】 R 理由はどうあれ お前はダンジョンのモンスターという役割から逃げたんだ 放棄した現場 今更戻って来ても 席は用意されてねぇんだよ Rメンバー やるのは初めてだな 存分に楽しめ やるからには潰すのがモンスターの使命だよ やってやるよ 見たいんだろう? ダジャレとライムの違いだよ 【R-指定】 OK 潰すのが俺の使命 いや こいつらまだ手のかかる赤ん坊のオシメ履いてるようなもんや 俺はダンジョンの場から逃げたんじゃない 次の場へ羽ばたいたんだ なのにな お前らが出て視聴率下がって その ケツを拭きに来ただけや分かるか? 温存しすぎて燃えカスになってるやんけ それで超えるだけか? 【FORK】 分かってないな ダジャレとライムの違いも分かんないのか? 布団が吹っ飛んだ これはダジャレだ 布団が俺に吹く強烈な追い風に乗って吹っ飛んだ これはライムだ 分かるか?ライムっていうのは踏んでる部分だけじゃない そこまでのプロセスに全てを賭けなさい 分かってんだろ モンスターに戻って来い ついでに今吹っ飛んだ布団も取って来い ちょっと... ちょっとちょっと!と言いたくなるような衝撃的かつ濃厚なパンチラインが大放出した第一ラウンド。 お腹いっぱいになる夢のようなバトルだったが、どちらも神の領域すぎて勝敗を決めるのが逆に難しい展開に...。 これは満場一致でFORK!と言いたいところだが、まだまだ見たいので審査員も空気を呼んだ結果を下した。 結果3:2でFORKの勝利 鳥肌が止まらない!1stBATTLE ROUND2 バトルビート「」 【FORK】 羽ばたいてるだと?今何をやってるかじゃねぇ 今 何人のB-BOYがお前を見て格好いいと言ったかだ 考え方の違い イコール畑違い 俺の畑じゃ そういうもんは育たない 俺は俺のやり方で耕す 継続は力 必ず分からす それが希望だ それが理想だ この勝負で残念ながら終わりそうだな 【R-指定】 分かったじゃあその耕した畑ってやつを 俺が思いっきし荒らしてやるぜ つまり畑荒し お前はまるでガキのアンパンマンの絵本だな やなせたかし 嫌な話 お前が寝てる布団が吹っ飛んだだと? お前が寝てんのは薄っぺれぇ煎餅布団 俺がFORKぶっ殺すと宣戦布告 【FORK】 くるっと回って決めにいくなよ みっともない それを格好いいと思った事は一度もない あまりにもライムを強調したそのフロウ まるで客にSayHoって言ってるみてぇだ それで騒がしたって何も意味がない 俺は自然に湧き上がる歓声が聞きたい 迎えに行かねぇ こっちに来させる その分 何倍にもして期待に応えるんだよ 【R-指定】 そんぐらい本気でやってくれねぇと兄ちゃん 視覚からボン グレネードランチャーみたいなもんだ 分かるか?お前そんだけ本気で出来るんだろ そんぐらい本気で毎回毎回出てろ な? お前の寝てるベット 万年床 やめとけ真似事 お前に浮かべてるぜ薄ら笑い 誰1人として4人目の器じゃないんだよ そりゃ第二ラウンドも白熱した展開になりますよね...。 もはや甲乙付け難いバトルになったが、何と言ってもFORKの 「考え方の違い イコール畑違い 俺の畑じゃ そういうもんは育たない」のライムに対して、R-指定の 「俺が思いっきし荒らしてやるぜ つまり畑荒し」、 「お前はまるでガキのアンパンマンの絵本だな やなせたかし」の切り返しはウマすぎる... ERONEのワイプのライム読みも見どころ。 よくそのフレーズが出るなと感心してしまうほどの内容だった。 結果 4:1でR-指定の勝利 最終ラウンドは一体どうなる?1stBATTLE ROUND3 バトルビート「」 【R-指定】 上がれ M. P モップじゃなくて竹ぼうきで大掃除 これがやり方 分かるか 神奈川から出て来た まぁいいやテメェは同じようなラップしか出来ねぇから 俺がフロウで見せてやるか これがどうだ ダジャレかどうかなんて分かんねぇ お前のラップ一辺倒 地方のイベントで威張ってろバカ 【FORK】 乗り方なんて必要ねぇ 俺のラップは極上のライムと比喩表現だ お前はステージに登ると急に生意気 いきなり鼻息荒くしてるけど マジで世が世だったら無礼すぎて切腹して早死 しちまうような ハヤジニー発言だよ 問題だ荒れるぞインターネット 今日はお前がターゲットだよ 【R-指定】 俺がターゲット その荒い言葉使いに絶句するCheckする 切腹せずライムとSEXする それが俺のやり方 Zeebraの前だから鼻息も荒くなるわな お前がなんだ 乗せ方なんてどうでもいい 乗り方がどうでもいいと 凝り固まった頭にしっかりと刻んでやる 俺のライムとやり方 【FORK】 やり方が全然入ってこないぜ 限界超えてやる 常に全開だよ まるでシェイクスピアも驚きの展開 まるで宇多田ヒカルの歌詞 疑いなく俺の方がヤバいと言わす Automaticもこの勝負は決まる お前のTravelingもここまでだ 煙草のFlavorが残ってるうちに終わらす 2時間もかかんねぇバカンスだったな R-指定の「上がれ M. P モップじゃなくて竹ぼうきで大掃除」から入った最終ラウンド。 もはやこのライムで始まるのがエモいが、 「俺がターゲット その荒い言葉使いに絶句するCheckする 切腹せずライムとSEXする それが俺のやり方」もかなりエモい。 FORKの 「お前はステージに登ると急に生意気 いきなり鼻息荒くしてるけど」からの 「Zeebraの前だから鼻息も荒くなるわな」の返しも"あーそう来たか"となるワードに。 これでなんとなくR-指定の勝ちが見えたが、FORKの宇多田ヒカルフレーズきっかけの 「Automaticもこの勝負は決まる お前のTravelingもここまでだ 煙草のFlavorが残ってるうちに終わらす 2時間もかかんねぇバカンスだったな」も秀逸すぎる...。 結果 クリティカルヒットでR-指定の勝利 R-指定の勢いはどこまで続く? 濃厚な戦いが繰り広げられた今回のフリースタイルダンジョン。 まさに神の領域とは彼らのことをいうのだろう。 もはやサイプレス上野のバトルが消えつつあるが... (いい意味で)、R-指定は2代目モンスター全て食い散らかすのか?今後のバトル展開にも注目していきたいところだ。 どうやら8月16日の放送では未公開シーンも含むスペシャル番組が放送される模様だが、これで一先ず初代モンスターvs2代目モンスター企画は終了になるかもしれない。

次の