時効 警察 スペシャル。 時効警察

時効警察復活スペシャル動画配信の無料視聴はこちら!再放送予定も

時効 警察 スペシャル

脚本・監督は第1シリーズからのメイン 監督・三木聡が務め、メインゲストとして 武田真治が出演。 焼け跡から見つかった身元特定の難しい焼死体…。 あれは事故だったのか、殺人事件だったのか、それとも自殺だったのか? 三日月しずか(麻生久美子)とともに新たな情報を求めて事件を調べ始めた霧山はやがて、71歳にして40代の肉体を持つ男・美魔王藤原(武田真治)との関連性を疑う。 しかも舞い戻るや、霧山は24年前に発生した「浦島ガソリンスタンド火災事件」に興味を抱く。 寂れた港町・浦島町のガソリンスタンドが全焼した上に大爆発を起こし、焼け跡から損傷の激しい焼死体が見つかった、この事件…。 警察は当時、死体が握っていた制服のボタンや体格などから、犠牲者は元アルバイトの高校生・沢村浩司と断定し、事故・殺人・自殺の可能性も含めて捜査したが、真相は闇に覆われたまま。 霧山への恋心が再燃した交通課の三日月しずか(麻生久美子)も、下心をちらつかせながら、趣味の捜査のお手伝いを名乗り出る。 さらに新人刑事の彩雲真空(吉岡里帆)も刑事課という自分の本業は二の次で、時効事件の捜査に首を突っ込んでくるのだった。 そんなこんなで週末、霧山と三日月は事件の情報を集めるため浦島町の交番へ。 焼死体が見つかった部屋が当時空き部屋だったこと、沢村の母・加奈子(余貴美子)や離婚した父・新一の現在の消息が不明であることなど、新情報を得る。 しかも、判明したのはそれだけではなかった。 先日、九品仏さやか(菊地凛子)というライターが交番に現れ、事件のことを聞いていったというのだ! なぜ九品仏が自分たちと同時期に同じ事件を調べているのか気になった霧山は、すぐさま本人と接触。 すると、九品仏が追っているのは沢村の事件ではないことが分かる。

次の

『時効警察』は時代を先取りしていた? オダギリジョー×麻生久美子が織りなす独特の空気感|Real Sound|リアルサウンド 映画部

時効 警察 スペシャル

おとぎの国から招待状が届いたような気持ちでした!」とコメント。 また「誰にも頼まれていないトレーニングを長年コツコツと続けてきたことが、この役に僕を導いてくれたのかなと考えると、本当によかったなと思いました」と美魔王を演じることの喜びを語っている。 おとぎの国から招待状が届いたような気持ちでした! 年齢を重ねると、自分自身も夢を見ながら仕事をするのはなかなか難しくなってくるもの。 でも「今回はそれができるんだ!」と、胸が躍りました。 美魔王藤原について 台本を読み進めるうちに、本当に生意気ながらも「これは自分がやるべき仕事だな」と思いました(笑)。 もし別の役者さんがこの役を演じているのを、僕が「時効警察」ファンとして見たら、相当悔しがっただろうなって思いますね。 誰にも頼まれていないトレーニングを長年コツコツと続けてきたことが、この役に僕を導いてくれたのかなと考えると、本当によかったなと思いました。 監督は時に「えっ!? この行間から、それは読み取れませんよね」というムチャな演出もされるのですが、それも事前に絵コンテを渡してくださるし、決してノリだけではやらない方なんです。 ですから、結果的にムチャにはならないのですが、ものすごい振り幅ですよ! きっと僕が出演するラストシーンのオチの付け方も、ご覧になったら驚かれると思います。 回想シーンでの学ラン着用について 46歳にして学ランを着るという違和感よりも、実はカツラの方に違和感がありました(笑)。 坊ちゃん刈りっていうんですかね? 46歳の顔に、すべての毛流れが前に向かっている髪型というのはなかなか…(苦笑)。 皆さんも引っかかるかとは思いますが、ぜひ温かい目で見ていただきたいです(笑)。 オダギリジョー、麻生久美子の印象 オダギリさんも僕も40代。 大きな意味では同世代なのですが、表現者として間違いなく彼はトップランナーの一人だと思います。 「時効警察」が続けられているのはオダギリさんのおかげだと思います。 監督の要望やオダギリさんの演技に、すごく柔軟に軽々と、すいすい合わせて演じられるので「さすがだな!」と思いました。

次の

SPドラマ時効警察・復活スペシャルキャスト相関図あらすじ!武田真治が美魔王に!

時効 警察 スペシャル

脚本・監督は第1シリーズからのメイン 監督・三木聡が務め、メインゲストとして 武田真治が出演。 焼け跡から見つかった身元特定の難しい焼死体…。 あれは事故だったのか、殺人事件だったのか、それとも自殺だったのか? 三日月しずか(麻生久美子)とともに新たな情報を求めて事件を調べ始めた霧山はやがて、71歳にして40代の肉体を持つ男・美魔王藤原(武田真治)との関連性を疑う。 しかも舞い戻るや、霧山は24年前に発生した「浦島ガソリンスタンド火災事件」に興味を抱く。 寂れた港町・浦島町のガソリンスタンドが全焼した上に大爆発を起こし、焼け跡から損傷の激しい焼死体が見つかった、この事件…。 警察は当時、死体が握っていた制服のボタンや体格などから、犠牲者は元アルバイトの高校生・沢村浩司と断定し、事故・殺人・自殺の可能性も含めて捜査したが、真相は闇に覆われたまま。 霧山への恋心が再燃した交通課の三日月しずか(麻生久美子)も、下心をちらつかせながら、趣味の捜査のお手伝いを名乗り出る。 さらに新人刑事の彩雲真空(吉岡里帆)も刑事課という自分の本業は二の次で、時効事件の捜査に首を突っ込んでくるのだった。 そんなこんなで週末、霧山と三日月は事件の情報を集めるため浦島町の交番へ。 焼死体が見つかった部屋が当時空き部屋だったこと、沢村の母・加奈子(余貴美子)や離婚した父・新一の現在の消息が不明であることなど、新情報を得る。 しかも、判明したのはそれだけではなかった。 先日、九品仏さやか(菊地凛子)というライターが交番に現れ、事件のことを聞いていったというのだ! なぜ九品仏が自分たちと同時期に同じ事件を調べているのか気になった霧山は、すぐさま本人と接触。 すると、九品仏が追っているのは沢村の事件ではないことが分かる。

次の