楽天 エリア。 楽天モバイルUN

【Rakuten Casa】自宅を楽天エリアにできるフェムトセルとは?口コミやメリット・デメリットも紹介

楽天 エリア

基地局数は、現時点で3000を超えた 実際、無料サポータープログラムで楽天モバイルの回線を使ってみると、東京都内の屋外は、エリアがかなり広がっていることが分かる。 山田氏も「屋外については、ほぼつながる状況になっているのではないかと思っている」と自信をのぞかせる。 屋内はauローミングに頼ることも多いが、完全に「圏外」になってしまう場所は思いのほか少ないという印象だ。 急ピッチでエリアを拡大できたのは、楽天グループ総出で用地の確保に動いたことも大きいという。 山田氏は「執行役員まで入れると役員が何十人といるが、それぞれに担当エリアを割り振り、例え楽天証券の役員にもビルのオーナーを見つけてくださいということをやっている」と明かす。 無料サポータープログラムを2万人拡大する根拠は、「総合的に判断した」(同)と明確には示されなかったが、エリアやネットワークの厚みが一定のしきい値を超えたということなのだろう。 東京、大阪、名古屋では、10月時点よりエリアが拡大している ただ、ユーザーのライフラインとして見ると、まだ不安も残る。 2019年12月には早くも通信障害を起こしており、対策を施したばかりだ。 ユーザー数が一気に5倍になれば、楽天モバイル側の想定を超えた負荷がかかり、別のトラブルが発生する可能性もある。 山田氏も「2万人となると、『コーナーケース』と呼ぶ一般的ではない使い方も増えると思っている」と語る。 裏を返せば、ユーザー数が増えたとき、ネットワークを安定的に運用できるのかを実地で確認するのも、無料サポータープログラムを拡大した狙いといえそうだ。 楽天Linkは、RCS(リッチ・コミュニケーション・サービス)を使った統合コミュニケーションサービス。 大手3キャリアが採用する「+メッセージ」と同じ規格を利用したサービスだが、+メッセージでは音声通話機能が除外されている。 規格にはRCSを採用。 コアネットワークとアプリが連動することで、音声通話やSMSも扱える これに対し、楽天Linkでは、通話やSMSも含め、全て同一アプリ内で扱うことが可能。 音声通話もデータ通信の上で行うため、auのネットワークにローミングで切り替わった際にも通話が切断されない。 データ通信限定になっている国際ローミング時にも、音声通話やSMSを利用できる。 +メッセージと同様、回線の種別は問わないため、Wi-Fi接続でも利用可能。 自宅や職場などが圏外の場合でも、Wi-Fiにさえつながっていれば電話やSMSの着信を逃さないのは大きなメリットだ。 特に楽天モバイルの場合、屋内のエリア化がまだ十分ではないため、その補完にもなる。 楽天Linkの開始は、無料サポータープログラムの拡大に踏み切るための重要なピースだったといえる。 山田氏は、「通信の中心になるように育てていきたい」と語る。 データ通信上で、音声通話やSMSの送受信が可能。 データ通信のみの提供だった国際ローミング時にも、これらのサービスを利用できるようになった。 Wi-Fiで音声通話やSMSを扱えるため、圏外対策にもなる ただし、同じRCSでもドコモ、au、ソフトバンクの+メッセージとは相互接続を行っておらず、他社とメッセージをやりとりする際には、SMSが利用される。 技術的な規格は同じだが、その上のレイヤーのサービスが異なるため、スタンプなどの送受信もできない。 他キャリアや海外キャリアと相互接続する「可能性はある」(同)としながらも、現時点での予定は「まだ白紙の状態」だという。 他社との接続については、今後の展開を期待したい。 屋内エリア対策については、フェムトセル(小型基地局)が導入されることも発表された。 ただし、こちらの提供時期は未定。 フェムトセルは小型とはいえ、基地局であることに変わりはなく、自由に移動したり、電源を切ったりできないなど、管理に手間がかかるため一気にエリアを拡大するのは難しいが、自宅で電波が入らない場合の解決策にはなりそうだ。 関連記事• 楽天モバイルが4月にMNOサービスの本格スタートを明言。 それに先だって、無料サポータープログラムの2次募集を開始した。 この記事では、同プログラムの現況と、MNOサービスの本格スタートに向けた取り組みを簡単にまとめた。 楽天モバイルのMNOサービスにおける「無料サポータープログラム」が2次募集を開始。 1次募集で落選した人を優先する形で、先着で最大2万人を対象に受け付ける。 【追記】• 楽天モバイルのオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」が、全国6店舗の楽天モバイルショップで先行販売されている。 おサイフケータイが使えるスマホとしては世界最小かつ最軽量(自社調べ)で、eSIM専用端末であることも特徴だ。 楽天モバイルが、MNOサービスを試せる「無料サポータープログラム」の2次募集を開始した。 今回は抽選ではなく「先着」2万人が対象となり、前回落選した人は、優先的に契約することができる。 契約のメールが届くのを待とう。 楽天モバイルは、10月からのサービスインを事実上見送り、5000人のユーザーを対象にした「無料サポータープログラム」を開始。 三木谷浩史社長は「高品質のネットワークだ」と自信を見せるが、大手3社の幹部は冷ややかに見る。 エリアだけでなく、料金の面でも不安要素が残る。

次の

Rakuten UN

楽天 エリア

上記の画像は3月時点の評価です。 楽天モバイルがつながらない、それは楽天電波がつながらず、au電波でつながるという意味がほとんどです。 電波自体は繋がってネットや電話もできています。 ここでは楽天モバイルのUN-LIMITのサービスエリアの実体験情報を反映しながら、楽天回線エリア内で繋がらない理由と対処法、パートナーエリアのエリアマップの違いを説明します。 下記は同じ意味です。 格安SIMの管理人の一人の意見だけだとあまり良くないので、実は結構使えるよ!とか、こんな場所で使えなかった等があったらしてくれると嬉しいです。 楽天回線エリアのエリアマップ:楽天回線エリアは徐々に拡大中 楽天回線エリア内でも楽天の自社電波ではなく、パートナー回線のau電波になる場合がある 地下鉄はau電波 楽天回線エリア内でもパートナー回線に繋がることが結構あります。 東京の場合は、かなり高い可能性で楽天電波を掴みますが、その他の地域では楽天回線エリアでもパートナー回線を掴む場合が結構あるので注意してください。 楽天モバイルのアンリミットを契約している人は、があります。 楽天回線エリア内で楽天電波があるのに、パートナー回線を掴んでしまう場合は、場所によってはで、強制的に楽天電波にできる場合があります。 もしくはバンド18 26 に対応していない端末などを使うのも良いかもです。 楽天回線エリア内なのにパートナー回線になってしまう場合は、2ヶ月〜6ヶ月くらいで楽天電波を掴むようになるのではと思っています 完全に予想です。 楽天電波の代わりにauの電波で繋がっています。 楽天電波もau電波も繋がらない場所があるかもですが、そういった場所は結構レアです。 電波が繋がらない心配はあまりしなくても大丈夫です。 ただし、建物内だと場合によっては楽天電波が弱くなる場合がそれなりにあります。 かなり奥まった場所、地下、そして運がかなり悪いと楽天電波でもau電波でも繋がらない可能性が高くなります。 楽天回線エリアの詳細 LTEバンド3を利用 :関東、名古屋、大阪、京都、神戸、その他は細々した場所 2020年6月10日時点、楽天回線エリアは順次拡大中・・ 濃いピンクの場所が楽天回線エリアです。 結構狭いです。 薄いピンクの場所はパートナーエリアでauの電波 月5GBまで、低速は1Mbps が使えます。 楽天回線エリアでは、LTEバンド3を使って通信を行っています。 スマホがバンド3に対応していれば、楽天回線エリアでが使えますが、になる場合もあるので注意してください。 基本的には楽天回線対応スマホを用意するのが無難です。 楽天回線エリアの詳細や進捗情報は、にまとめています。 楽天回線エリアでの使い勝手の動画、改善していると思ったら電波が超不安定に・・、ただし2020年4月8日にまともに使えるようになった 「全国をカバー」とか書いてありますが、実際に使えばわかると思いますが、カバーできていません。 パートナー回線のau電波を含めればカバーしている感じです・・ 格安SIMの管理人は2020年2月から無料プログラムでRakuten Un-LIMITを使っていますが、使い始めた当初は、東京の自宅で全然電波が入りませんでした。 auの電波も入りません。 近所をうろついても、特に建物に囲まれているわけでも無いのに電波が途切れることが、割とありました。。 ただ、2月後半くらいになると、自宅の電波が良くなって、近所をうろついても、電波が切れる回数が減りました。 2020年3月4日にアップ 改善してきたのかなと思っていたら、2020年3月中旬になって、自宅で楽天回線の電波が超不安定になりました。 楽天電波は届くのですが、速度が絶望的に遅くなったり、たまに速くなったりと、まともに使えなくなりました。 楽天モバイルのRakuten UN-LIMITは、下記のサイトでリアルタイムで速度計測を行って結果を公開しているので参考にしてみてください。 楽天回線の電波がまともになれば、速度が超速いですが、原因不明で速度が絶望的に遅くなったりと、まともに計測できていない場合がありました。 2020年4月8日に楽天回線の電波が劇的に良くなった 格安SIMの管理人の自宅 4月7日までは楽天回線の電波がフルバーなのに、ネットに繋がらないこともありました。 それが4月8日のサービスの正式開始日になったら、楽天回線の電波のバーは3分の1くらいになってしまいましたが、普通につながるようになりました。 速度も速くて安定しています。 そして2020年4月10日、楽天電波がフルバーになりました! それ以降、常にフルバーの状態で安定して楽天電波で使えるようになっています。 今までau電波を掴んだことがありません・・ いずれにせよ、この調子で楽天電波が届けば、超良い通信サービスになるので、がんばって維持してもらいたいです。 楽天回線エリアのエリアマップの最新情報と過去情報 2020年6月10日時点、楽天回線エリアは順次拡大中・・ 濃いピンクの場所が楽天回線エリアです。 結構狭いです。 薄いピンクの場所はパートナーエリアでauの電波 月5GBまで、低速は1Mbps が使えます。 ただし、 濃いピンクの場所は楽天回線エリアですが、パートナー回線のau電波を掴んでいる場所が結構あるので注意してください。 楽天回線エリアは、楽天の基地局 アンテナ がカバーしているエリアですが、基地局があっても調整中だったり未稼働だったりする場合があります。 実際に稼働中になっている楽天回線エリアは 住所で記載します。 楽天回線エリアで楽天電波で繋がるのは7割前後な感じがします。 楽天回線エリアでもパートナーエリアから10kmくらいしか離れていない場所だと、掴む電波がパートナー回線のau電波になる可能性が高いです。 楽天回線エリアの宮城のカバー状況 2020年4月23日時点 楽天回線エリアの秋田のカバー状況 2020年4月23日時点 楽天回線エリアの山形のカバー状況 2020年6月10日時点 楽天回線エリアの福島のカバー状況 2020年4月23日時点、初登場 過去のカバー状況 2020年 ・宮城: ・秋田: 新潟、富山、長野 楽天回線エリアの新潟県 柏崎市 のカバー状況 2020年4月23日時点 実際に楽天電波 自社回線 が稼働中の楽天回線エリア 新潟県 刈羽村 過去の新潟県のカバー状況 2020年 下記の新潟、富山、長野の楽天回線エリアはまだ本格稼働していません。 楽天回線エリアの新潟のカバー状況 2020年4月7日時点、初登場 楽天回線エリアの富山のカバー状況 2020年4月7日時点、初登場 楽天回線エリアの長野のカバー状況 2020年4月23日時点、初登場 広島、岡山、鳥取 広島、岡山、鳥取の楽天回線エリアはまだ本格稼働していません。 楽天回線エリアの愛媛のカバー状況 2020年4月23日時点 過去の愛媛のカバー状況 2020年 楽天回線エリアの高知のカバー状況 2020年4月7日時点、初登場 福岡、宮崎、熊本 福岡、宮崎、熊本の楽天回線エリアはまだ本格稼働していません。 薄いピンクのところがパートナーエリアです。 パートナーはKDDI au です。 パートナーエリアはLTEバンド18、またはバンド26を使っていて、auのスマホが使える場所なら使えます。 基本的には楽天回線対応スマホを用意するのが無難です。 楽天回線エリアが拡大して、パートナーエリアが楽天回線エリアになったら電波が悪くなる? パートナーエリアはauの電波が使えるので、速度も速く快適に使えます。 普通の格安SIMのように平日の昼に速度が遅くなることはありません。 ただし、楽天回線エリアが拡大して、パートナーエリアが楽天回線エリアになった時、電波が悪くなる可能性があります。 ただ、これ実際に楽天回線エリアとパートナーエリアの境目にいる人の報告によると、普通に使えるそうです。 境目に近いとau回線を優先するっぽいです。 今までパートナーエリアだったのが、楽天回線エリアが拡大して楽天回線エリアになった場合でも問題なさそうです。 パートナーエリアで楽天回線対応機種以外を使うと「SMSの送受信ができない可能性」が高い、その対策 パートナーエリアで楽天回線対応機種以外使うと、SMSの送受信が出来ない可能性が高いです。 SMSが送受信できない原因はいくつかあります。 ・他社や楽天モバイルMVNOからの乗り換えの場合で回線の開通手続きを行っていない場合 ・Androidスマホの場合はができていない場合 これらの場合は対処可能です。 その場合は楽天回線対応製品を買ってください。 厄介なのがパートナーエリアで、楽天回線対応機種以外のスマホを使うとSMSの送受信が出来ない機種が存在することです。 とりあえずiPhone XR以上だとパートナーエリアだとSMSの送受信ができません。 とパートナーエリアでSMSの送受信ができるようになります。 楽天回線対応製品以外のAndroidスマホの場合は、ほとんどの場合でパートナーエリアでSMSの送受信はできません。 ならパートナーエリアでもSMSの送受信ができるので、SMSの送受信が必須の場合で、パートナーエリアの人は楽天回線対応製品を確保しておくことをおすすめします。 楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。 さらにオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイント、事務手数料3300円相当が全額ポイント還元です。 格安スマホとセットで購入すると、追加で最大20,000ポイントがもらえます。 事務手数料込み&税込み計算でもAQUOS sense3 liteが実質2980円、OPPO A5 2020が実質マイナス980円、Galaxy A7は実質700円で手に入ります。 SMSの送受信ができないと、が使えません。 Rakuten Linkの利用にはSMS認証が必須です SMSが送受信できない場合の対策 楽天Linkアプリを設定できれば、パートナーエリアでもSMSの送受信ができるようになります。 iPhoneだとiPhoneにLinkアプリをインストール出来ないので無理です。 Androidスマホなら可能です 古すぎるAndroidスマホだとLinkアプリがクラッシュして使えません。 データ通信をするために、を確認してください。 楽天回線エリアへ行き、スマホを再起動した後、楽天LinkアプリでSMS認証を行ってください。 SMS認証が通れば、パートナーエリア外でもSMSが使えるようになります。 SMS認証が通らない場合は、楽天Linkアプリをアンインストールして、再度インストールし直してみてください。 楽天回線エリアでも、実はauの電波を掴んでいる場合があるので、何の電波を掴んでいるか確認してください。 auの電波のままだったら、もっと楽天回線エリアの奥まで移動してください。 Rakuten Casaしていると、その店舗内が楽天回線エリアになります。 そこなら楽天LinkアプリでSMS認証ができます。 SMS認証が通れば、パートナーエリア外でもSMSが使えるようになります。 Rakuten Casaを導入しているかどうかは、店舗に電話をかけて聞いてみてください。 楽天回線対応製品ならパートナーエリアでもSMSの送受信ができます。 楽天モバイルショップへ行き、楽天回線対応製品を貸してもらって、対応製品に自分のUNLIMITのSIMカードを入れる。 WiFi接続、またはテザリングでネットに接続した自分のスマホから楽天LinkのSMS認証をする。 対応製品に認証番号が届く。 その認証番号を自分のスマホの楽天Linkに入力すると、SMS認証が通り、楽天Linkが使えるようになる。 自分のUNLIMITのSIMカードは、対応製品から抜いて、自分のスマホに入れる。 これで楽天Link経由でSMSの送受信ができるようになります。 電話もできます。 楽天回線対応製品以外のAndroidスマホだと、大半の機種でフリーダイアルと緊急通報はできません 注意点は、楽天Linkの設定が完了した後に、Rakuten UNLIMITのSIMカードを自分のスマホからまた抜いてしまうと、楽天Linkがログアウトしてしまい、再びSMS認証が必要になります。。 使う前に楽天回線エリアの電波を確認する方法はあるけど、あまり役に立たない。 無理やり楽天回線を掴むのに少しおすすめ 楽天回線エリア内でも、楽天回線の電波が届くかどうかは、実際に使うまでわかりません。 事前に楽天回線の電波が届いているかどうか確認する方法はあるのかと言うと、あるけど微妙です。 スマホの設定で、モバイル通信のネットワークの設定を、自動選択から手動に切り替えると、モバイルネットワークコードの一覧が表示されます。 そのモバイルネットワークコードの一覧の中に、楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT のモバイルネットワークコードが表示されていれば、楽天回線の電波が届いていることになります。 楽天に指定したり、2つ楽天があれば別の楽天にしていしたりすると、楽天回線になるばあいがあります。 楽天回線エリアでギガ使い放題の楽天電波を掴みたい場合は、試してみてください。 ちなみにRakuten UN-LIMITのSIM以外だと、楽天モバイルのモバイルネットワークコードが出てこない場合もあります。 Rakuten UN-LIMITのSIMカード以外を挿入 ドコモ回線の格安SIMを使う SIMを入れ替えて、同じ場所で確認しました。 モバイルネットワークコードで楽天モバイルの440-11が表示されないからといって、楽天回線エリアの電波が使えないとは限らないので注意してください。 Androidスマホの場合のモバイルネットワークコードの表示の仕方は、Androidスマホによって少し変わりますが、大体は下記のようになります。 場所によっては楽天回線の電波が弱く切り替えることが出来ない場合もあります。 AndroidスマホもRakuten UN-LIMITのSIMカードを入れないと、楽天モバイルの440-11 または楽天 がリストに出てこない場合があります。 総務省の基地局情報サイトで、楽天回線エリアの実際のカバー状況をある程度推測できる 楽天回線エリア内なのに楽天電波を掴まず、au電波を掴む・・・。 楽天回線エリアで住所記載もあるのに・・。 そんな場合に確認すると良いのが総務省の基地局情報です。 基地局が少ない場所ほど楽天電波が届きにくいと推測できます。 例えば平成31年1月23日の情報では下記の基地局数が出てきます。 都道府県を指定して検索してみることをおすすめします。 開設局数が多いほど、楽天電波を掴める可能性が高くなるはず・・。 開設局数が数個の市区町村だと、もはや楽天電波で繋がるのがスゴいレベルだと思います。 楽天電波が弱い場所は、よっぽど運が悪くなければau電波で繋がります 既にUNLIMITを契約した人向け:今の場所が楽天回線エリアとパートナーエリアなのか確認する方法 既にUNLIMITを契約中の人なら、Rakuten UNLIMITのSIMカードを入れたスマホで、楽天回線エリアかパートナーエリアか簡単にチェックできます。 Androidスマホの場合はNetMonitorというアプリのウィジェットを使う 楽天モバイルのアプリでも楽天回線エリアかパートナーエリアか判断できるのですが、アプリを起動する必要があるので面倒です。 NetMonitorというアプリを使えば、ウィジェットに使っている周波数を表示してくれるので、簡単に楽天回線エリアかパートナーエリアか判断できます。 L1800:楽天回線エリア L800:パートナーエリア auエリア iPhoneの場合は面倒・・・ Rakuten UNLIMITを入れたiPhoneから、標準の電話アプリで「*3001#12345#*」を入力して発信ボタンをタップする。 例えば、とある楽天回線対応製品以外のスマホの対応状況を確認してみると・・・ データ通信、通話、SMSは使えるマークになっているので、楽天モバイルで使うことができます。 ただし、接続回線の自動切替が対応していません。 おそらくですが、この自動切替が対応していないとau電波を掴む割合が増える可能性が高くなると思われます。 楽天回線対応製品だと、自動切替で楽天電波を掴むことを優先しているようです。 楽天回線対応製品以外のスマホで、自動切替に対応していない場合は、単純に電波の強さや安定性を優先している感じです。 auの電波が安定してて強い傾向が多いので、楽天回線対応製品以外だとau電波を掴む割合が増える可能性があります。 接続回線の自動切替に対応しているかどうかは、楽天モバイルの公式サイトで確認できます。 ただし、動作確認が完了しているスマホは少ないです。。 楽天回線エリアのカバーエリアと今後 楽天の基地局たくさん作ってる・・ 赤い点が楽天の基地局 緑っぽいのが電波の届く範囲だと思われる 2019年6月、ちょっと増える 2019年9月、たくさん増える 8月くらいに総務省に基地局もっと作れと怒られていたような・・ 2019年12月、だいぶ増える 2020年3月、さらに増える ただし、地図上では格安SIMの管理人が使っている場所はばっちり楽天回線エリア内ですが、それでも電波が切れることがあったりです・・。 スモールセルを使うと電波状況が改善するけど、楽天ひかりの契約が必須 Rakuten UN-LIMITの電波が悪い場所でも、Rakuten Casaを設置すると、電波状況が改善しますが、Rakuten Casaの設置には光回線の「楽天ひかり」の契約が必須です・・。 楽天ひかりを既に契約している人なら、Rakuten Casaを導入することをオススメします。 まだ楽天ひかりを契約していない場合、光回線を新たに導入するならチャレンジを検討するもの良いかもですが、今使っている光回線から楽天ひかりへの変更は微妙です。。 光回線の変更自体が面倒なのに加えて、楽天経済圏にどっぷりハマりすぎると、何かあった時に心中してしまいます。。 そもそもギガ使い放題なのに、光回線を導入するとは一体・・・。 予想:半年から1年程度で都市部の電波はそれなりに改善しそうだけど、郊外は相当時間がかかりそう 2021年3月までに基地局を8600にするそうです。 その結果、2021年3月には楽天回線エリアが全国に拡大・・・。 ・・・ 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県などの一部をカバーするのに3490の基地局が必要。。 8600程度で全国をカバーできるのでしょうか・・? 無理だと思う。 基本的に、都市部で使う分にはそれなりに使えるようになるのではと期待しています。 郊外にまで楽天回線エリアが広がるのは、相当時間がかかりそうな気がします。 つながらない対策0:スマホの設定で繋がるようになるかも 楽天電波のせいにする前に、自分のスマホの設定をもう一度確かめたほうが良いかもです。 ちゃんとした設定にすれば繋がる可能性があります。 必要な設定の全ては下記にまとめているので、そちらを参考にしてみてください。 上記の設定でも動かない場合は、対策1,2,3を参考に・・・。 はい、そんな場合に一番良い方法はDSDV対応のAndroidスマホを使って、データSIMを契約することです。 DSDVはSIMカードを2枚使えるスマホです。 を契約して片方のSIMスロットに入れておけば、楽天回線の電波が死んでいる時は簡単にデータSIMでネットができます。 Rakuten Linkを使っていれば、楽天回線が死んでも、データSIM側でRakuten Linkの無料電話ができます。 すでにDSDV対応のAndroidスマホを持っている場合はそれを使えばいいです。 DSDV対応のAndroidスマホを持っていない場合は、を参考にDSDV機種を買うことをおすすめします。 楽天回線対応製品でDSDVにも対応している おすすめ! 、OPPO Reno A、AQUOS sense3、P30 liteあたりを選ぶのが無難です。 つながらない対策2:eSIM対応のiPhoneの場合は、eSIMに変更してデータSIMを契約 eSIM対応のiPhoneを使っている場合は、Rakuten UN-LIMITをeSIMにして、新しくを契約してSIMスロットに入れます。 これで楽天電波が繋がらない場合や、通信障害などで死んでいるときは、データSIM側で簡単にネットができます。 iPhoneで楽天モバイルのアンリミットのeSIMを使う方法は下記にまとめているので参考にしてみてください。 つながらない対策3:諦めて他社へ乗り換える Rakuten UN-LIMITがつながらなくて、色々考えるのが嫌になったり、新しいスマホを買いたくない場合は、諦めて他社へ乗り換えです。 初期化してもおそらくは変わらないかと。 楽天回線非対応製品だと、パートナー回線を優先して掴む傾向があるのですが、逆に掴まないとなると結構レアです。 東京都23区は基本的にパートナー回線が使えないのですが、そこに非常に近いとなると機種によってはパートナー回線を掴まないという状況があるのかもしれません。 auのスマホを使っていて、地方に行ったら使えなくなったというのは今のところ聞いたことないです。 念のため一番近いパートナーエリアへ行って試してみると安心かもです。 もし電波が切れたら、機内モードのオンオフ、またはスマホの再起動で電波を掴むと思います。

次の

楽天モバイルの回線エリアはどこ?注意点や繋がらない時の対処法を確認しよう

楽天 エリア

Contents• 楽天モバイルエリアの現在の状況 楽天モバイルのアンリミットのエリアについての現在の状況はどうなっているでしょう。 現在、楽天エリアは都内・東名阪の都市部にのみ拡充されています。 関東地方の楽天エリアマップ。 濃いピンク色で表示されているのが、楽天エリアです。 非常に狭いのがわかります。 薄いピンクの部分はパートナーエリアです。 auの回線を利用して繋がるエリアです。 このエリアでほぼ郊外のユーザーはカバーされています。 私の住んでいるのは〇で囲んだあたりです。 (ざっくりですみません。 ) この辺りなら車で移動できる範囲なので、濃いピンクと薄いピンクのあたりを色々移動して回線をつかむことができるかどうか、しらべています。 境目あたりの通信はどうなる? 回線を契約してから半月ほど境目のあたりの通信がどんなものなのか、早速みてみましょう。 繋がっているのは楽天回線かパートナーエリアかを調べるには まず、自分の今いる位置で繋がるのが楽天回線なのか、パートナーエリアなのかを判別する必要があります。 調べるためには、my楽天モバイルを起動しましょう。 楽天ユーザーならこのアプリは必須なので、必ずダウンロードしておきましょう。 ログインしてホーム画面が下の画像です。 画面の中央付近、赤枠の部分を見れば繋がっている回線が楽天エリアなのか、パートナーエリアなのか一目瞭然でわかります。 エリアの境目はなかなか楽天回線をつかまない 契約してから数日、意気揚々と楽天エリアに移動して通信速度を測定しよう! と意気込んでいたものの・・。 いっこうに繋がらない楽天回線。 濃いピンクのエリアにいるはずなのに、全然つながらない。 全く意味がわかりません。 そこで、マップでいう〇円の真っピンクの部分へ移動してきました。 『ここならつながるだろう・・。 』 しかし、つながらない・・! ここまでくるとイライラMAXです。 いくらなんでも、ここまで繋がらないのはおかしい。 ちょっと設定を確認してみることにしました。 APN設定を確認してもあっていますが、念のため再度設定しなおして接続しなおしてみました。 ちなみに楽天モバイルのAPN設定値は以下のとおり。 APN名 楽天 rakuten. jp APN rakuten. 繋がりました! やっと先ほどの緑色のステータスバーになりました。 パートナー回線のステータスバーは灰色です。 ちょっとテンションあがりました💦 しばらく回線速度など調査していましたが、その後移動したところ、数百メートルも行かないうちにパートナーエリアに戻ってしまいました。 そこではいくらAPN設定や、信事業者の再選択をしても戻りませんでした。 真っピンクのエリアでも差がある。 ここまでで分かったのは、真っピンクの楽天エリアにいたとしても繋がるかどうかは回線の状態によって違うということでした。 特に境目(楽天エリアとパートナーエリアの境。 )ではまず繋がりません。 真っピンクの楽天エリアに入ってきても、繋がるところと繋がらないところの差はハッキリしています。 ここまでくると、このマップ情報もちょっと誇張してかかれているのではと疑いたくなってきます。 楽天エリアに入らないとメリットが得られない 楽天エリアで回線がつながったところというのは、ある程度安定して接続されていましたし、通信速度も大手キャリアに引けをとらない速度がでていました。 この速度で無制限でつながるのであれば、都内など安定して楽天回線がつながる人はうらやましい限りです・・。 楽天がつながらない時の対処法 楽天回線がつながらない時の対処法をお知らせします。 APN設定を見直す まず、先ほど紹介したAPN設定を確認しましょう。 基本的には楽天モバイルの動作確認端末であれば、自動的に設定されます。 動作保証端末以外では手動で設定する必要があります。 わたしの端末は確認端末のOPPO RenoA128GBです。 それでもAPN設定を入力しなおしてつながるようになりました。 通信事業者を選択しなおす APN設定ともうひとつ 『通信事業者』の設定を見直すこともやってみました。 基本的にはこれも自動的に選択する設定にしていますが、手動で 『Rakuten 4G』を選択することでつながることがあります。 アンテナを設置する 楽天モバイルの利用している通信バンド(周波数帯)はband3のみです。 このバンドは高速通信が可能な反面、建物内や障害物のある状況では電波がまわりこまず、不安定になります。 『楽天エリアに住んでいるのに、家の中だと繋がらない。 』 このように感じた場合、楽天モバイルでは屋内でつなえるホームルータを配布しています。 それが、この『楽天casa』です。 こちらは自分でLANケーブル・電源などをつないで設置する形ですが、無料で利用することができます。 (事務手数料3,000円がかかります。 ) ただ、利用には以下の条件がありますので注意してください。 楽天モバイルを契約していること• 楽天ブロードバンドを契約していること 二つ目の楽天ブロードバンドとは、家で利用する光回線のことです。 対象は• 楽天ひかり ファミリープラン(戸建て)• 楽天ひかり マンションタイプ(集合住宅) になります。 改善希望をだす my楽天アプリから通信の改善希望を送信することができます。 画面の下の方までスクロールすると『ご要望』と書かれたフォームに進む画面が出てきます。 利用しているエリアや状況を書き込むことができるので、もし楽天エリアなのに繋がらない・・・。 という状況があればこちらから改善の要望をだすのもひとつです。 どのような対応になるかは分かりませんが、要望が多ければ優先的に改善に着手するかもしれません。 一年様子をみるor解約してしまう。 なにせ今回の楽天モバイルについては、1年間無料キャンペーンまで打ち出して契約者を募っているわけですが、裏をかえせば 『ちゃんとしたサービス提供まで1年間猶予をください!』 といっているようなもの。 ハッキリ言ってまだまだ、3大キャリアに大きく及ばない安定感なのは否めません。 最初から過度な期待をもって契約するのは、現時点ではNGといえます。 無料期間で改善がみられないようなら、スパッと切ってしまうのが良いかと思います。 これから契約したいんだ! という人はあくまでサブ回線としての契約を。 現状ではメインとしての運用はおススメできません。 まとめ:今後の対応に期待 ここ2週間くらい電波を求めてさまよった結果、確実に楽天エリアとして表示されているところでも繋がらない、不安定なエリアがあることは間違いありません。 境目あたりに住んでいるんだけど・・・。 という人は過度な期待は禁物です! とにかく現時点で 『うちでは安定してつながるし、高速通信で快適だよ!』 という人はラッキーです。 まだ契約数自体も多くなく、繋がりさえすれば高速に快適に使うことができるでしょう。 この一年間でエリア・通信の安定感が増せば、固定回線の代わりとしても検討できるほどのポテンシャルを秘めているといえます。 是非、設備の拡充に力を入れてもらいたいと思います。 あくまでこの初期に契約する方はお試しとして・・!.

次の