長襦袢 たたみ 方。 着物は脱いだ後のお手入れが大切!長襦袢のたたみ方

子供の着物のたたみ方は?七五三 浴衣 羽織 長襦袢 しまい方を動画付きで紹介!

長襦袢 たたみ 方

衿が左になるようにして平らに広げ、両脇の縫い目に添ってまっすぐに伸ばします。 手前の下前の身ごろを、脇の縫い目に沿って向こう側に折り返します。 次に上前の身ごろを同様に脇の縫い目に沿って折り返し、下前身ごろの上に重ねます。 今度は中心部分に手前の右脇の縫い目を合わせて置くように、向こう側に折り返します。 右袖を向こう側から手前に折り返します。 私の襦袢は裄が相当長いのでこのとき畳んだ端から袖がはみ出ていますが、ふつうの寸法の襦袢であればやや内側に収まるはずです。 同じようにして反対側の左脇の縫い目を手前に折り返して重ね、左袖を今度は向こう側に折り返します。 右から左に裾を半分に折り返し、衿の少し手前に重ねます。 畳紙に入れて収めるときなどはここまででOKですが、普通はさらにもう半分に右から左に折り畳んで出来上がりです。 この茶色い長襦袢のように、長着と同じように衿が別に取り付けてある関西仕立ての長襦袢の場合も、ここに紹介した襦袢畳みでいいのですが、長着と同じ畳み方でもいいでしょう。 長襦袢の衿の仕立ては、このように男物にも関東仕立てと関西仕立てがありますが、個人的にはこの関西仕立ての方が胸元が合わせやすいし、着崩れもしにくいので好きです。

次の

振袖のたたみ方。振袖着物と長襦袢の畳み方。|お祝いの着物

長襦袢 たたみ 方

ステップ1 きれいな床に襟を左にして振袖を広げて置きます。 手前の下前を脇線で折り返します。 ステップ2 下前の衽を縫い目に沿って手前に折り返します。 ステップ3 上前の襟〜衽を下前の襟〜衽に合わせます。 この時上部の袖はそのままの位置にあり、脇の縫い目はそろっていませんが、気にしません。 ステップ4 襟肩あきの襟を内側に折り、三角形にします。 襟をピンと張るのがポイントです。 ステップ5 上前側の脇縫い線を持って背縫いで折り、下前側の脇縫い線に重ねます。 襟もきれいに三角に重ねます。 脇が揃い、振袖が半分になった形となります。 ステップ6 上前側の袖を袖付け線で身頃側に折り、たもとの先を折り返します。 ステップ7 裾を持ち上げて身頃を二つ折りにします。 ステップ8 ひっくり返し、下前側の袖を身頃の上に重ねます。 たもとのはみ出た部分を折り返し、完成です。 着物は世代を超えて着られるものです。 といっても、お手入れが悪いとやはり痛んでしまいます。 いい状態で長持ちさせる方法はただ一つ。 お手入れです。 着用後は湿気や汗を抜くために干してから収納です。 振袖だけでなく、長襦袢や帯、小物も忘れずに干しましょう。 帯揚げが水分を吸っていることも多いようです。 そして、収納ですが、このときに着物を点検します。 シミや汚れがある場合はできるだけ早く専門店に相談してください。 早ければ汚れが定着する前に処理できます。 汚していないつもりでも襟元にファンデーションがついていることも。 きちんとたたんだら、たとう紙に包んで保管します。 ビニールは通気性が悪いので使用しないほうが良いでしょう。 保管場所は桐ダンスが最適ですが、多くの着物を重ねないようにします。 着物に適した防虫剤を着物に直接触れないように置けば安心です。 そして、乾燥した天気の良い日を選んで1年に一度は虫干しをしましょう。 このときに着物のチェックを行なって、カビやシミがあったら専門店に相談することをおすすめします。

次の

子供の着物のたたみ方は?七五三 浴衣 羽織 長襦袢 しまい方を動画付きで紹介!

長襦袢 たたみ 方

「振袖を畳まないといけないんだけどどうしたらいいの?」 「振袖のたたみ方を画像や動画で教えてほしい」 なんてあなたは悩んでいませんか? 結婚式や初詣など振袖を着る機会もあると思います。 お母さんから振袖を譲り受けた人も多いともいます。 せっかくの振袖ですからちゃんときれいに畳んでしわなどが付かないようにしたいですね。 結婚式でいざ着るときにきれなくなってしまいますので。 今回は初めて振袖をたたむ、または着物そのものをたたんだことが無いというという方向けに画像で解説します。 参考の動画も掲載するのでご覧ください。 この記事に沿って振袖をたためば必ずきれいに畳めるようになります。 それでは順を追って説明いたします。 どうぞ。 そもそも着物をちゃんと畳んでおかないとどうなるの? 着物は普段の洋服と違い、どうしても窮屈な思いをすることが多いため脱いだ時の開放感は格別なものですよね。 そのまま気持ちまで楽になってしまい、ついつい着物を脱ぎっぱなしにしていないでしょうか? 脱ぎっぱなしの着物を数日放置してからたたんでもシワが取れることはありません。 また、着物を適当にたたんでそのまま収納してしまうと自分ではどうしようもないくらいのたたみじわになることがあります。 次に着る時にひどいシワですぐには着られず、一度クリーニングに出さなくてはいけない状態にならないよう、たたむ時はしっかりと丁寧にたたんで収納する癖付けをしましょう。 もしすぐにたたんでおく時間や場所がない場合は袖たたみでも構いませんので、クシャクシャに脱いでおくのではなく、ある程度たたんでおくのが良いでしょう。 振袖を脱いだらまずすることとは? 振袖を脱いだら、着物・長襦袢・帯・帯揚げ・帯締めは着物ハンガーにかけましょう。 着用後の着物はご自身の体温や汗が付着しているので、そのまま収納してしまうと黄ばみやカビの原因になってしまいます。 着物ハンガーに吊るすことで着用時の汗を飛ばす効果もありますが、着付け時のシワをある程度伸ばす効果も得られます。 振袖の着用時は帯も変わり結びをしていることが多いのでゴムなどで結んである場合は結び目をほどきます。 また着物の衿が糸で縫われていたら丁寧に取り除きましょう。 糸で衿が半幅に縫われた状態でたたんでしまわないように気をつけてください。 そのままたたんでしまうと着用時に一番目に留まる衿の付近にひどいシワが入ってしまう可能性が高くなってしまいます。 長襦袢の半衿も汚れがある場合は外して手洗い、もしくはクリーニングに出しましょう。 すべてを取り除いた状態で半日から丸一日、着物ハンガーにかけた状態で過ごしたらいよいよたたんで収納していくことになります。 振袖をたたむ前の注意点 振袖をたたむ前には着用時にできた染みや汚れがないかしっかりと確認しましょう。 そのままたたんで収納してしまうと黄ばみや虫食い、カビの原因になることもあるため、染みや汚れを見つけたらすぐに着物クリーニングの専門店に出しましょう。 着用ごとにクリーニングに出す方もいらっしゃいますが、できればクリーニングの回数は少ないほうが生地が傷みません。 3回に1回くらいを目安にクリーニングするようにしたり、しみ抜きのみ、アイロンのみなど着物クリーニング専門店とうまく付き合うことが大切なポイントになります。 振袖のたたみ方と手順について 振袖をたたむ時は広い場所で、手をキレイに洗ってからたたみましょう。 衣装敷などがある場合は衣装敷の上でたたむと良いです。 その際、衿も縫い目で折り下げておきます。 下記画像赤丸の衿、衿先、裾がしっかりと重なっているか確認しましょう。 この時、左前身頃は脇線がズレた状態(下記画像赤線)になりますがそのままでOKです。 脇線を合わせた状態で背中心でピッタリ折れるはずです。 ここまでで脇線と背中心でピッタリこない状態であれば面倒でもやり直しましょう。 画像赤線が背中心と脇線になります。 この時、袖に不要なシワが入らないよう注意してください。 そでにたたんだ時についた折れ線がある場合は裾から半分に折る前に折り返しておくのがいいでしょう。 また、きもの枕がある場合は衿先に置いてから裾をたたむと良いでしょう。 衿先を起点に裾をたたんだ状態。 きもの枕がある場合は赤線の部分に置くといいです。 衿先が折れ曲がらないよう気をつけましょう。 振袖をたたむ時のコツと注意点 振袖をたたむ時は必ず広い場所で、着物を十分に広げられる場所で行いましょう。 せまい場所しかない場合はとりあえず袖たたみにして、広い場所が確保できた際にたたみ直すのも一つの方法です。 また、たたむ時は手のひらでしっかりと伸ばしながらたたむとキレイに仕上がります。 手のひらで見えないところにシワがないか感じ取ることもできるのでおすすめです。 タトウ紙に入れる際もシワが入らないよう、細心の注意を払いましょう。 タトウ紙には中に何が入っているか、メモを貼り付けておくと着物を探す時にもすぐ見つかるので便利です。 振袖の保管方法や場所はどうしたらいい? 振袖のみならず、着物はできれば桐たんすのような通気性の良いたんすに保管するのが望ましいです。 桐たんすがないなら和たんすでも構いませんが、プラスチック製の衣装ケースは通気性が悪すぎるのでおすすめできません。 また保管場所は風通しの良い直射日光が当たらない場所がいいでしょう。 着物は湿度を嫌うので湿気が少ない場所を選びましょう。 どうしてもそんな場所がない、または保管場所が心配という場合は年に数回着物の虫干しを行うのがおすすめです。 湿度の低い季節を選び着物ハンガーに半日~一日吊るしておくことでカビを防ぐことができます。 さらに虫干しをすることで万が一たたみじわが入っていた場合でも修正することができます。 一度たたみ方を覚えてしまえば必ずあなたの財産になりますので、正しいたたみ方をこの機会にぜひ覚えるようにしましょう。 今回のたたみ方の説明で分かりにくかった場合は以下の動画を参考になさってください。

次の