鬼 滅 の 刃 202 話 画 バレ。 鬼滅の刃 196話195話ネタバレ速報 私は竈門禰豆子

[B!] 鬼滅の刃ネタバレ205話最新話確定速報【最終回】考察感想+画バレ予想+本バレ休載

鬼 滅 の 刃 202 話 画 バレ

4月27日(月)に発売予定の週刊少年ジャン プ 21・22合併号 で、漫画「鬼滅の刃」最新203話が掲載されます。 禰豆子と炭治郎が涙の再会を果たしたものの、炭治郎自身は全く認識できていない様子。。 それでも心のどこかで無惨の意志と戦っている姿が垣間見えましたね! 伊之助や善逸、義勇の必死の呼びかけに応えることができるのでしょうか。 そして禁術を放ったカナヲの状態はどうなっているのか…。 潜在意識の中で、無惨と炭治郎の最終戦が幕を開けます…! 今回は、漫画「鬼滅の刃」ネタバレ203話最新確定!仲間の声と無惨VS炭治郎の結末!と題して、ネタバレ最新考察予想と確定速報をお届けしていきたいと思います。 漫画「鬼滅の刃」ネタバレ203話の最新確定速報! 第203話のネタバレ最新情報を入手しました! 炭治郎は仲間たちの想いに応え、無事に意識を取り戻すことができるのでしょうか…? 各キャラの生死も非常に気になるところです。 それでは、早速速報をみていきたいと思います! 炭治郎の潜在意識! 前話で泣きながら兄に声をかけ続けていた禰豆子。 その声は、潜在意識の中で炭治郎の耳にも届いていました。 二人で家に帰ろうと 何度も呼ぶ禰豆子、それを聞いた炭治郎も、全く同じ気持ちでした。 もう疲れた、うちに帰りたいんだ。 しかし炭治郎の体は、その想いとは裏腹に動いてしまうようです。 無惨の細胞で覆いつくされてしまった炭治郎は、もう 満身創痍の状態。 侵食してくる無惨を振り払って戦う気力も体力も、残っていません。 意志に反して仲間を攻撃してしまう自分に対し、嫌気もさしているようです。。 無惨の嘘! 炭治郎を鬼の王として、生まれ変わらせようとしている無惨。 自身の体は消滅したものの、その意志は炭治郎を支配し続けています。 すさまじい生への執着を見せる無惨は、死してなお 炭治郎を惑わしている様子。 炭治郎こそ、今の無惨にとっての希望の光なのです。 仲間達の声に引きずられないよう、無惨は炭治郎をだまそうとします。 おまえの仲間も、妹も、みんなお前が殺めた。 もはやお前には何も残されていないんだ。 諦めて鬼の王として君臨するんだ。 炭治郎に嘘をつき、 自我を抑え込もうとする無惨。 見えない力! 炭治郎を自在に操るべく、嘘を並べる無惨。 しかし炭治郎には全てお見通しのようです。 遠くから聞こえてくる禰豆子の呼びかけを信じ、上方へ手をのばしていきます。 自分のそばにいるのは、禰豆子だけじゃない。 伊之助や善逸、カナヲたちも自分の帰りを待っているはず…。 大切な仲間のもとに戻れるよう、 懸命にもがく炭治郎!! そんな彼の体は、突如として浮き上がり始めました。 無惨の細胞から炭治郎を解放するべく、必死に働きかけている力の正体は…? 大切な仲間たち! 今にも取り込まれそうな炭治郎の体を、懸命に押し戻そうとする 見えない力の存在。 炭治郎の視線の先には…、命を落とした仲間や家族の姿がありました!! 同期の玄弥、柱たち、そして亡き父や母もいます…! 自分を守ってくれていたのは、 大切な人たちだったのです。 炭治郎の体をそれぞれが支え、なんとか無惨の力に反発している状態です。 亡き人物たちが炭治郎を引き戻そうとしている様子を見て、無惨は悔しそう…。 悪あがきをするのはやめろ、もう何をしても無駄だ。 またしても炭治郎をあおる無惨!! しかし炭治郎は、そんな無惨には騙されません!! 誰よりも深く、仲間たちのことを信頼してきたからです。 他者のために自らを犠牲にし、共に戦ってきた者たち。 彼らの存在は、 何よりも強い力となって炭治郎を支え続けているのです…! 最後の攻防! 自我を取り戻そうと奮闘する炭治郎を、どうにか引き留めようと必死な無惨。 しかし炭治郎の腕は、現実世界で彼を待つ仲間達の手に引っ張られていきます。 善逸や伊之助をはじめ、義勇や禰豆子も姿を見せています。 その様子を見て、目に涙があふれる炭治郎…。 彼らの懸命の想いが、炭治郎の心にしっかりと伝わったのでしょう。 しがみつく無惨の亡霊を抑え込み、 現実世界へと戻っていく炭治郎。 食らいつく無惨は、しのぶの作り出した藤の花に阻まれ、もう進むことができなくなっています。 自身の夢がついに終わってしまうことを悟った無惨は、半狂乱になって叫んでいます。 そんな無惨の手を振り払い、炭治郎は仲間の待つ場所へと帰っていくのでした…。 炭治郎の帰還! 外の世界へと導かれながら、元の姿へと戻ることができた炭治郎。 意識を取り戻した彼の前には、たくさんの大切な仲間たちの姿がありました。 誰もが 炭治郎の帰還を待ち望み、祈り、涙を流していたのです。 一人ひとりの想いが形となって無惨を滅ぼし、ついに炭治郎を救うことができました…。 炭治郎の体はもうボロボロで、失明している可能性も高い状態。 それでも憎き鬼の姿ではなく、 人間として生きることができることは、本当に喜ばしいことです。 禰豆子と炭治郎も、ここで晴れて感動の再会です!! ここまでみんなで戦い抜くことができたことに、ほっと安堵の表情を浮かべる義勇の表情もみてとれます。 前話でかなりの重傷を負っていたカナヲも、隠たちによる応急処置により一命を取り留めていたようです!! このまま命を落とすのではと危ぶまれていたので、本当に良かったですね(涙) 禁術を使っていたにもかかわらず、視力は失っていないようです。 炭治郎の無事を確認し、カナヲも安心して笑顔を見せています! 炭治郎も、カナヲの命を奪うことなく帰還できたことに泣いて喜んでいます。 鬼殺隊が一丸となって掴み取った「 鬼のいない平和な世」、長年の悲願をようやく達成することになりましたね!! 漫画「鬼滅の刃」ネタバレ203話最新!考察・予想 漫画「鬼滅の刃」前話では、仲間達が涙ながらに炭治郎に呼びかける姿に胸を打たれました。 そこへ現れたのは、しのぶの一番弟子であるカナヲでした。 手にした薬を炭治郎に突き刺し…!? ここでは最新203話のネタバレ考察・予想をしていきたいと思います。 決意の理由は? 無惨の攻撃により立ち上がれなくなっていたカナヲは、間一髪のところで炭治郎に助けられていました。 それから隊員に連れられて、しばらくの間手当を受けていたと思われます。 「無惨討伐」の知らせを受けたものの、その後恩人である「炭治郎の変貌」を知ることになるとは…。 聞いた直後はかなりのショックを受けていたはずです。 一人懸命に戦った炭治郎に対し、自分は何も貢献できなかった…。 前話の最後で、命を投げ打って薬を投与しに行ったのは、そんな 自責の念に駆られていたからかもしれません。 命を救ってくれた炭治郎を家族の元へ帰し、 恩返しをしようという気持ちもあったと思います。 カナヲは炭治郎に淡い恋心を抱いていたという意見もありますので、 大切な人のために自分ができることをしたいと考えていた可能性がありますね。 カナヲは瀕死? 前話の終盤で、まだ見えている方の目を使い炭治郎へ向かっていったカナヲ。 その手にはしのぶが調合した「鬼化を解く薬」がありましたね。 そして失明を恐れずに放った終ノ型により、無事に炭治郎に薬剤を注入することができました。 しかし、その直後に 炭治郎の強力な技がカナヲを直撃してしまいます。 カナヲの体のどの部分に攻撃が当たったのか、詳しいことは本編では描かれていませんでした。 おそらく上半身の急所では無いかと推察します。 薄れゆく意識の中、妹を泣かせないで、と願うカナヲの姿…!(泣) 明らかに 瀕死の状態だと思われます。 かなり出血しているようですので、命を落とすのは時間の問題…? これ以上誰かが亡くなるのは悲しすぎるので、愈史郎の再治療により一命を取り留めてくれることを祈っています。。 自らを犠牲にして飛び込んでいったことから、 何の成果も得られないということにはならないかと思います。 しかし、薬剤調合の技術としては、しのぶも認めている通り「 珠世の方が格上」です。 何百年もの間、無惨を倒すために研究を重ねてきた珠世の方が、効果の高い薬を作れる可能性が高いです。 ここで注目したい点は、無惨には人間化の薬は効いていなかったということです。 急速な衰退を促すことはできたものの、無惨は日光に耐えることなく滅亡してしまいました。 となると、しのぶの薬も 十分な効果を得られない可能性があります。 無惨の細胞に支配されてから間もない炭治郎であれば、ある程度の効き目はあるかもしれませんが、完全に元の状態に戻すのは難しいのではないでしょうか。 蛇&恋柱はどうなった? 炭治郎の豹変を知ることなく、死に至ったかのように見えた伊黒と甘露寺の2人。 最期は想いを伝え合い、結ばれることができていましたね。 来世での結婚の約束までしていた二人は、本当に命を落としてしまったのでしょうか。 ここで気になるのは、悲鳴嶼のときとは違い、決定的な 最期は描かれていないという点です。 伊黒自身も、「もう長くはもたない」と発言していたものの、甘露寺を抱きかかえるだけの体力は残っていたようにもみえます。 ということは、まだ2人の生存説は完全には消えていないと思われます。 もしかすると、最後の力を振り絞って伊黒が炭治郎を止める!という流れもゼロではないかもしれませんね。 伊黒と甘露寺の二人に、ささやかな幸せが残されていることを願います。。 かまぼこ隊の安否は? 前話では、炭治郎の人格を取り戻すべく奮闘していた善逸と伊之助。 豹変してしまった炭治郎に対し、善逸は泣きながらしがみついていましたね。 一方伊之助は、イノシシの被り物から溢れる涙をこらえながら、炭治郎を正気に戻そうと何度も殴りつけていたのが印象的でした。 二人とも、炭治郎のことをどれだけ 大切に想っていたかがひしひしと伝わってきます。。 そんな渾身の説得もむなしく、炭治郎は鋭い攻撃を放ち、二人とも血を流して倒れてしまいます。 伊之助と善逸の安否が非常に気になるところですよね。。 善逸は、近くにいた隠隊員に支えられており、 咳き込む様子を確認できました。 ということは、なんとか一命を取り留めているということになります。 伊之助の方は、体が壁に衝突してしまったのか、周りに瓦礫の山がみえます…。 かなりの大量出血をしており、ピクリとも動きません。 現状では 生死は全く不明の状態です。 ただし、単に衝撃で脳震盪を起こし、一時的に気を失っているだけという可能性も高いです。 野生児並みの強靭な肉体をもつ伊之助、炭治郎が元に戻るまでは死ぬわけにはいかないですよね! 現時点ではピクリとも動かないですが、第203話では 無事な姿が見れることを信じたいと思います。 最後の薬は? 前話のカナヲの回想シーンで、珠世の調合した薬剤が 全部で3つあるということが判明しましたね! しのぶが称賛するほどの効果を持つ 珠世の秘薬ですが、すでに無惨と禰豆子の二人を人間に戻すために使ってしまっています。 無惨への効果は弱かったですが、禰豆子にはばっちり効いていましたね!! そして気になるのは、まだ あと一つ薬が残っているという点です。 カナヲが持っていたのはしのぶが作ったものですので、誰か別の人物が持っているということになります。 候補となる可能性のあるキャラは限られているかと思いますが…。 やはり現時点で最も有力な保有者は、珠世とずっと一緒に仕事をしてきた 愈史郎ではないでしょうか!? 自分にもしものことがあった時のために、一番弟子である愈史郎に託していた可能性が高そうですね。 危険を顧みずに無惨と対峙したときには、すでに珠世は命を落とすことを覚悟していたのかもしれませんね。。 さらに、 薬がもう一つ必要になることを予期していた可能性もあります。 最後の薬を保険として準備していたとは、さすが珠世、用意周到です!! 我に返る炭治郎? カナヲが使った薬の効き目が不完全かもしれない…、という懸念はあるものの、カナヲが危険を顧みずに勇敢な行動に出たことは事実です。 カナヲの涙の一手が全くの無駄だったとはさすがに考えたくないですよね。。 ここでヒントになりそうなのは、前話終盤での一コマです。 炭治郎は鬼としての細胞に取り込まれながらも、首から上だけは 辛うじて原型をとどめていました。 カナヲの「禰豆子ちゃん」という言葉にわずかに反応を示し、大きな鼓動もうまれていました! まだ自身の潜在意識が残っていることがわかりますよね! 体は鬼のままだったとしても、カナヲの貢献により 自我や記憶がよみがえる可能性は十分考えられそうです。 どの程度元に戻るかは定かではありませんが、これ以上仲間を傷つけないようにしてほしいです…。 第203話では、炭治郎の心と体の葛藤が描かれそうですね!! 本編は続く? 本編の終了時期に関しては、皆さん様々な予想をされているかと思います。 もうすぐ終わる派と、まだまだ続く派で、意見は真っ二つに分かれているようです! 憎き鬼の始祖である「鬼舞辻無惨」の消滅により物語が終結するかと思いきや、まさかの 主人公が体を乗っ取られるという展開になってしまいました。 無惨は炭治郎に対し、全ての鬼の頂点に立つ存在となるようにと願いを込めていましたね。 ジャンプの予告でも「無惨編が終了」という表記はあったものの、ストーリー自体が完結するかどうかは一言も触れられていません。 となると、炭治郎を新たな敵として 第2章が始まる可能性もあるかもしれません。 ただ、すでに鬼殺隊側は多くの犠牲を払って無惨討伐を成し遂げており、ここから先の話がそれほど長く続くとは現時点では思えません。 当初の目的はもう達成していることから、もしまだ本編が続くとしたらそれなりに大きなネタが必要となるのではないでしょうか!? 愈史郎が日差しの中へ? 前話で炭治郎が暴れまわっている様子を、建物の陰から見ていた愈史郎。 まさかの事態に狼狽しているようでしたね。 無惨への憎しみがこもった発言をしているものの、日が昇ってしまった今、彼にできることはそう多くはありません。 鬼である愈史郎がつくった目くらましの札も、日の光で焼けてしまっていました。 そんな愈史郎の前を通りかかったのは、 炭治郎の元へ向かうカナヲでした。 この後カナヲが炭治郎に向けて薬を投与しましたが、その一部始終を愈史郎は見ていた可能性が高いですね! 愈史郎は、現時点で珠世が残した薬を手にしていると思われる重要な人物です。 もしまだ夜が明けていなかったら、おそらく愈史郎がカナヲに代わって炭治郎を人間に戻そうとしたはずです! 自分が太陽光に弱いために、身動きのできなかった愈史郎。 カナヲが倒れ込んだ姿を見たときには、大きな後悔が生まれたのではないでしょうか。 もし第203話で炭治郎が元に戻らなかった場合、今度は愈史郎が自らを犠牲にし、 太陽の中を駆け出していく可能性が高そうです!.

次の

鬼滅の刃ネタバレ205話最新話確定速報【最終回】考察感想+画バレ予想+本バレ休載

鬼 滅 の 刃 202 話 画 バレ

603: アウアウウー Sa47-1Ne1 [106. 128. 361rEBSxwya 202話「帰ろう」 炭治郎を禰豆子が止めて必死に説得 伊之助も泣きながらボカボカ殴りなぐって説得 地面に衝撃波が駆け巡る 炭治郎四つん這いになって背中から触手を出す 義勇に向けてエネルギー弾みたいなのを放とうとする 禰豆子血をそれ出しながら止める 義勇「炭治郎も抗ってるのか」 カナヲ残った左目でひがんしゅがん 炭治郎の攻撃をかいくぐる 触手に刺されてカナヲ倒れてる 炭治郎ドクン 626: ワッチョイ 9a2b-LdNq [27. 127. 128. 381rEBSxwya 1番いい所でコロナかー 610: ワッチョイ b3bf-AglQ [118. 105. 101. 190. 381AiSC3aq0 駄々こねる伊之助が可愛いな 619: ワッチョイ b6ed-UPTZ [119. 172. 148. 90nMIehGQC0 いやここでカナヲ殺すのか?なら無惨戦で殺しとけってなるし。 622: ワッチョイ b3bf-AglQ [118. 105. 58fpRrsptl0 カナヲ殺したら炭地獄行き確定だからさ…生きねば… 631: アウアウウー Sa47-5zvt [106. 132. 987cCGPI95a 禰豆子がカナヲちゃんって呼んでるのなんか新鮮だな 635: ワッチョイ 0b16-1Ne1 [126. 80heL2gWB60 禰豆子左手小指の爪剥がれてる? 痛そう 欠損が当たり前の漫画では軽傷の部類だろうけど 636: ワッチョイ b3bf-AglQ [118. 105. 23fpRrsptl0 カナヲは欠損が無いとか言われてたから、目潰しさせられてるよ… 662: ワッチョイ e316-RE7F [60. 110. 203. 209. 119. 244. 237. 101. 190. 381AiSC3aq0 禰豆子の爪剥がれて描写すぱっと欠損より見てて痛いー。 664: ラクッペペ MMb6-AglQ [133. 106. 43u04XULIjM やっぱ自我が残ってるぽいね、炭治郎 680: ワッチョイ e7ed-5zvt [42. 146. 38ssJfQU6G0 ねずこの「帰ろう、ね お家に帰ろう」だけで泣けてくる 692: ワッチョイ 0b16-8s5K [126. 203. 10y4PcdqkD0 伊之助ギャグ描写のぽかぽかだけど ちゃんと禰豆子って呼んでケガさせるなとか あんな優しかったのにとか、ホント変わったなあとしみじみしてしまった あとカナヲ・・・炭治郎に人殺しはさせんだろうが失明はきついな 695: ワッチョイ ff03-iTKA [210. 171. 57LqYBCk7S0 カナヲ生きてる?責任とって結婚だな 709: ワッチョイ 8316-4Rqv [220. 496dzWv1D80 風がいきなり起きて出てきて 人間に戻ったの気づかず炭の首を落としたりしてな 719: オッペケ Sr3b-elK8 [126. 194. 225. 255. 142. 90EWP11kUBr 炭治郎は尾獣玉撃てるのか 腕ブンブン無惨様より強そうじゃん 745: アウアウカー Sa43-Kroi [182. 249. 106. 35u04XULIjM 無惨の触手まで引き継いじゃったんか 729: アウアウエー Sa52-ELgU [111. 239. 183. 179n5lFDB9a 尾獣化してるやん 731: アウアウカー Sa43-bVF5 [182. 251. 89JB4T5pYC0 やはり炭の自制心働いてたんだな 即殺処分判定下した水は後で土下座な 735: ワッチョイ b347-KRXG [118. 241. 225. 130. 38EWyOY5uMa 今後はカナヲがえぐられた目を隠すために眼帯するようになるのかな? もう片方の目も失明だけど 752: アウアウカー Sa43-LLxM [182. 250. 242. 46EIc22imCa カナヲはまあ長男に惚れているから目を潰すほどの動機があってもおかしくはないか 761: ワッチョイ 9a16-5zvt [219. 95Ms4aYoF20 この終わりから2週間?休み?生き地獄かな 771: ワッチョイ 7321-AglQ [182. 165. 132. 97NfKdSJiu0 カナヲ失明で岩柱みたいになるん? 他の死者、重傷者に比べると遥かにマシだが女の子だから可哀想.

次の

鬼滅の刃/きめつのやいば最新202話ネタバレ&画バレ!203話考察!感想・解説も!【週刊少年ジャンプ20号】

鬼 滅 の 刃 202 話 画 バレ

私にはいつも死の影がぴたりと張りついていた 私の心臓は母親の腹の中で何度も止まり、生まれた時には 死産 しざんだと言われ 脈もなく呼吸もしていなかった 荼毘 だびに付されようという 際 きわに もがいてもがいて 私は産声を上げた 私は私が強く念じたことを必ず叶えてきた、実行してきた しかし1個体にできることは限界があった 産屋敷 うぶやしき、お前の言ったことは正しかったと認めざるを得ない 生き物は例外なく死ぬ 想いこそが永遠であり、不滅。 確かにそうだった 肉体は死ねば終わり だがどうだ、 想いは受け継がれ決して滅ばず この私すらも打ち負かしたのだ その後、場面は 炭治郎 たんじろう達との戦いで傷つき、 陽光に照らされて巨大化して 炭治郎 たんじろうを体内に取り込んだ時にまで遡ります。 私はその事実を目の当たりにし 感動して震えた 私の肉体は間もなく滅びるだろう 陽の光によって だが 私の想いもまた不滅なのだ、永遠なのだ 私はこの子供に想いの全てを託すことにする 呼吸も心臓も停止しているが細胞の全ては死滅しておらず生きている まだ間に合う 私の血も力も全て注ぎこもう もしも即死を免れ生きることができたなら 竈門炭治郎 かまどたんじろう、お前は陽の光をも克服し 最強の鬼の王となるだろう なぜならお前は 竈門禰豆子 かまどねずこと血を分けた兄であり あの化け物と同じ呼吸を使うことができた唯一の者 お前は死なない、私は信じる 私の夢を叶えてくれ 炭治郎 たんじろう、お前が お前が滅ぼせ 私の代わりに 鬼狩りを すると… 突然に 炭治郎 たんじろうが目を覚ましたのを見た周りの 隠 かくしの隊員と 冨岡義勇 とみおかぎゆうは「え?」と驚きますが 次の瞬間、欠損していた左腕が肩からまたギュルっと生えてきます! と同時にとなりにいた 隠 かくしの隊員を攻撃しようと手が伸び… 鬼化してしまった 炭治郎 たんじろうが襲うところを 冨岡義勇 とみおかぎゆうが危うく助けます! それを見ていた他の隠しは、「何…ええ?」と状況を把握できずにいます そして、「 炭治郎 たんじろう?」 「なんで?」と問いかけますが、 また 炭治郎 たんじろうの腕がその隠しをおそいそうになり、 冨岡義勇 とみおかぎゆうが「離れろーーーっ!! 」と走って駆けつけます。 その瞬間に陽の光にあたりジュウウっと皮膚が焼ける音がして 炭治郎 たんじろうは「ギャッ」と悲鳴をあげてもがき苦しみますが、 それを見た 冨岡義勇 とみおかぎゆうは大声で叫びます! 「動ける者ーーーっ!! 」 「武器を取って集まれーーーっ!! 」 これを聞いた者はどうしたんだ?と 愈史郎 ゆしろうも遠い物陰でびっくりし、 我妻善逸 あがつまぜんいつは 「何か騒いでる」と… 続けて、 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 「 炭治郎 たんじろうが鬼にされた」 「太陽の下に固定して焼き殺す」と叫びます! 陽の光を嫌がる 炭治郎 たんじろうは急いで日陰を探し、物陰に隠れようとしますが、 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 炭治郎 たんじろうの体に日輪刀を突き刺し、 炭治郎 たんじろうの行く手をはばみ… 「一瞬遅れてたら間違いなく 隠 かくしを殺していた」 「頼むこのまま、 炭治郎 たんじろうのまま、死んでくれ…!! 」 と 冨岡義勇 とみおかぎゆうも必死になんとかしようとします。 次の瞬間、 炭治郎 たんじろうの顔や体の皮膚を焦がしていた音がピタリととまします! 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 「 陽光灼 ようこうやけが止まった!! 馬鹿な…」と驚きますが、 その瞬間に 炭治郎 たんじろうの拳が目の前まで迫ってきて、 冨岡義勇 とみおかぎゆうの 頬 ほほを殴ろうとします するとそこへ駆けつけた 嘴平伊之助 はしびらいのすけがかけつけて 冨岡義勇 とみおかぎゆうを助けます。 嘴平伊之助 はしびらいのすけが 「何してんだーーーっ!! 」と止めに入り、 「 半々羽織 はんはんばおりだぞ、仲間だぞ!! 」と叫びます! そこへ 我妻善逸 あがつまぜんいつもようやくかけつけ、ようやくその場の状況を 把握 はあくでき 「嘘だろ… 炭治郎 たんじろう」 「もうみんな戦えないよ、ボロボロで」 「こんなのあんまりだ」 「 禰豆子 ねずこちゃんどうするんだよ」 「 炭治郎 たんじろう」 と悲しみます。 嘴平伊之助 はしびらいのすけの声が聞こえないのか、わからないのか、 炭治郎 たんじろうは 嘴平伊之助 はしびらいのすけめがけて 攻撃をしかけ、 嘴平伊之助 はしびらいのすけも 炭治郎 たんじろうの攻撃をかわしていますが… ふと、以前3人で話していた出来事を想い出してしまいます。 伊之助 いのすけは飛びかかってくる 炭治郎 たんじろうを見て、以前共に修行した日に 「俺たちは仲間だからさ、兄弟みたいなものだからさ」 「だれかが道を踏み外しそうになったら止めような」 「どんなに苦しくても、つらくても、正しい道を歩こう」 という言葉を想い出しています。 「どんなに苦しくてもつらくても」 「正しい道を歩こう」 と話していた言葉を思い出してしまいますが、 そこへ、 伊之助 いのすけに飛びかかる 炭治郎 たんじろうを見た 我妻善逸 あがつまぜんいつは 「 炭治郎 たんじろうやめろーーーっ」 と叫びますが、 伊之助 いのすけは 「俺が斬る、俺が止める」 「俺が…っ」 と、 炭治郎 たんじろうの首を日輪刀で斬る寸前までしますが・・・ 思い出が邪魔をしているせいか・・・ 「斬れねえ」 「できねえ」 ・・・ ーー鬼滅の刃201話【 鬼の王 おにのおう】おしまいーー seiyuuotaku. 嘴平伊之助 はしびらいのすけは血を吐きながらも鬼化して暴れる 炭治郎 たんじろうを止めようとしますが… 我妻善逸 あがつまぜんいつと 隠しも心配そうに見ていたその時でした! 炭治郎 たんじろうの妹の 禰豆子 ねずこが暴れる 炭治郎 たんじろうを正面から抱きしめます! 禰豆子 ねずこは強く抱きしめ、 「お兄ちゃん」 「帰ろう、ね」 「うちに帰ろう」と 炭治郎 たんじろうを必死に取り戻させようとします。 それを間近で見ていた 伊之助 いのすけは 「ガーガー言うな」 「 禰豆子 ねずこに怪我とかさせんじゃねえ」 「お前そんな…そんな奴じゃないだろ」 と、目から涙を溢れさせながら気持ちをぶつけます。 「あんなに優しかったのに…!! 」 「元の 炭治郎 たんじろうにもどれよぉオオオ!! 」 と今度は 炭治郎 たんじろうの頭をボカボカと叩きはじめましたが、 炭治郎 たんじろうは… 「ドン」という音と共に衝撃波のような攻撃を繰り出してしまいます! そして、容姿も変化し始め、背中からは何本も硬い触手のようなものが生えて出てきて、 口からはなにやら、エネルギー弾のようなものを構え、 辺り構わず攻撃しそうになります。 それを見た 禰豆子 ねずこは必死に 「誰も殺さないで!! 」 「お兄ちゃんお願い!! 」 と叫ぶ 禰豆子 ねずこの腕からは血が滴ってきていました。 そして、 炭治郎 たんじろうが再び同じ技を繰り出そうとした時、 禰豆子 ねずこは必死に抱きつき 「だめ!! 」 「もう今のやったら」と叫びます! その端治郎と 禰豆子 ねずこのやりとりを見ていた 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 「何故 禰豆子 ねずこを殺さない?」 「血の滴る食い物が目の前にあるというのに」 「先刻の攻撃は何故それた?」と 炭治郎 たんじろうの不可解な行動を察知して、 「抗ってる、 炭治郎 たんじろうお前も」 「 炭治郎 たんじろうの自我を取り戻すことができれば…!! 」 と、 炭治郎 たんじろうの可能性を模索します。 その後、遠くからその様子を見ていた 栗花落 つゆりカナヲが懐から木の箱のようなものを取り出し、 無残 むざん戦の前に 胡蝶 こちょうしのぶが話していた時のことを思い出します。 胡蝶 こちょうしのぶは 栗花落 つゆりカナヲに 「これを カナヲに預けておきます」 「 禰豆子 ねずこさんに使う薬が足りなければと思って」 「藤の花から作ったものですが…」 「鬼を人間に戻す薬は 珠世 たまよさんが3つも作ってくださったので」 「これはもう必要なかった」 「 あの人はすごい方です、尊敬します。 」 と言っていたのを思い出し、 「私の目を片方残してくれたのはこのためだったんだ、姉さん」 と、目から涙をこぼします。 が、 炭治郎 たんじろうの触手の前にあえなく倒されてしまい・・・ 禰豆子 ねずこはカナヲちゃん、と悲しみます・・・ ーーー鬼滅の刃202話【帰ろう】おしまいーーー 鬼滅の刃 きめつのやいば202話【帰ろう】の感想と解説、次週 鬼滅の刃 きめつのやいば203話のネタバレ考察と今後の展開について! とうとう 炭治郎 たんじろうも鬼化して暴れるだけではなく、 無残 むざんの触手のようなものが生えてきてしまいました。 見た感じ、 無残 むざんの触手よりも硬そうで強そうですよね!? そして、肝心の物語のキーマンとなっている 禰豆子 ねずこの登場ですが、今度はまったくの逆の立場となってしまっています。 そして、 冨岡義勇 とみおかぎゆうが思っていたように確かに 炭治郎 たんじろうは妹の 禰豆子 ねずこは攻撃しようとしていません。 この辺に今後の展開の鍵が隠されているような気がします。 ちょっと使って欲しくなかったんですけど… このままもしも 栗花落 つゆりカナヲが持っていた薬が 炭治郎 たんじろうに投与され 炭治郎 たんじろうがそのまま人間に戻ってしまうと、そこで鬼滅の刃ー完ーとなってしまいそうな気がするので簡単には人間に戻らないと思います。 なんとか鬼殺隊総出で試行錯誤して戻ったとしても、 無残 むざんの細胞の関係でどこかに 無残 むざんの細胞が残っていて、またそこから展開されるのではないでしょうか!? やはり、 無残 むざんが死ねば 無残 むざんに鬼化された鬼は、 無残 むざんの呪縛のようなものを取らない限り死んでしまうので 無残 むざんの細胞はまだどこかに残されてると思います。

次の