護衛艦 あ きづき。 すずつき (護衛艦)

第1護衛隊群:第5護衛隊【あきづき】

護衛艦 あ きづき

護衛艦とは、• 敵のから味方の商船を守る護衛戦のための艦艇。 の保有する艦。 本稿にて記述する。 概要 の保有する艦船()の一種であり、上も「」と見なされるが、の及び解釈上は軍隊でないとされているため、この呼称が用いられる。 、、熕などを備え、領やの防衛、協などに当たる。 分類略号はののもの(DD G,H )を用いているが、・・といった艦種に厳密に対応するものではない。 主な護衛艦の分類 DD(汎用護衛艦) 護衛艦隊のとなる艦艇。 、、など対・対潜・対艦を備えるほか、の運用も可。 の建造終了と後述するMの建造に伴い当面新DDの建造は行われない。 、、など。 (搭載護衛艦) 長射程の を装備し、艦隊全体を経脅威(・)から守る「・ディフェンス」を持つ艦隊の要。 (搭載艦)を含む。 近年では対任務も担う。 、など。 D(搭載護衛艦) の整備運用を持ち、対の軸を担う。 DE(隊配備の小護衛艦) 沿域での警備・対潜に当たる小の護衛艦。 本来の意味での「護衛艦」に近い。 近年は「DEとDDを並行建造した場合、新艦開発に支障が出る」という理由で、あぶくまを最後にDE艦種は建造されず、 お下がりある程度艦齢に達したDDを転用している。 同時に近年、護衛艦は全て護衛艦隊所属となった。 将来的には後述するMによってされる予定。 過去にあった分類 (対潜護衛艦) 対潜任務を務とする護衛艦。 ヘッジホッグやボス対潜など多な対潜を搭載していた。 DDの整備に伴って姿を消した。 みやみねぐもなどがある。 D(多的護衛艦) 対艦、対潜、対といったりの任務をそこそここなせるを持った護衛艦。 DDやの整備に伴って姿を消した。 むら(初代)、きがある。 PF(護衛艦、当初は警備艦と称された) 創設当初にから貸与された艦。 もとはマ級(r te)。 老朽化や産護衛艦の整備に伴って姿を消した。 くすがある。 現役の護衛艦の一覧 DD 計29隻(艦3) 計8隻(装中2) D 計4隻• おおなみ• まきなみ• ゆうだち• いなづま• いかづち• やまぎり• あまぎり• はまぎり• せとぎり• は(除籍)• (艦)• みね(除籍)• さわ(除籍)• はま(除籍)• いそ(除籍)• (除籍)• せと(艦)• しま(艦)• まや 装中• はぐろ 装中• あたご• あしがら• こんごう• みょうこう• ちょうかい• はたかぜ護衛艦• はたかぜ• (除籍)• くらま(除籍) DE 計6隻• あぶくま護衛艦• あぶくま• じんつう• おおよど• せんだい• とね 計画中・建造中の護衛艦• 00t搭載護衛艦(はぐろ) 度予算で1隻、及び年度予算で1隻追加で計2隻建造予定の新。 あたごの良でt大化し、の拡大やCL推進、新の採用、 居住性も強化される。 建造時から防衛()を有し、の迎撃が可。 また共同交戦(C)に初めて対応し射撃に使用できる準の高精度の共有が可。 これにより、C対応艦同士なら、他艦のだけで攻撃が可になる。 が「はぐろ」が、装である。 0t多機護衛艦(M) が新たなの元建造予定の護衛艦。 元々は版という位置づけで一般的な護衛艦より10ノット速いノット、 t~0tを想定していたが防衛事情の変化との迷走を反映しての 増大と引き換えにを従来護衛艦と同等にした。 や嶼戦におけるなど、従来とは別のから練り上げられた 正否が注される。 なお、の一部と艇の代替であり、年2隻のでの建造が予定されている。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• D(搭載護衛艦)• (搭載護衛艦)• DD(汎用護衛艦)• 関連リンク(公式サイト)•

次の

あきづき (護衛艦)

護衛艦 あ きづき

基準排水量 5000t 全長 151m 全幅 18. 3m 喫水 5. 「あきづき」は、帝国海軍の駆逐艦「秋月」にその名を冠して以来、先代の護衛艦「あきづき」を経て、常にネームシップ、1番艦として、その栄えある艦名を継承した艦であり、国産の最新技術を結集した汎用護衛艦です。 艦長就任にあたり、「明るく、楽しく、元気よく、任務完遂」を指導方針に掲げ、乗員一丸となり任務、訓練に励んでおります。 引き続き変わらぬご指導、ご支援を賜りますようお願いします。 先任伍長ご挨拶 皆さんこんにちは。 平成29年6月「護衛艦あきづき」第4代先任伍長に就任しました。 「あきづき」は平成24年3月に就役し、7年目を迎えました。 「強くしなやかな「あきづき」」を目標として、いかなる任務にも柔軟に対応できる部隊づくりを目指しています。 各乗員がそれぞれの持ち場において与えられた責務を果たし、国民の生命と財産を守るべく日々精進してまいります。 引き続き変わらぬご指導、ご支援を賜りますようお願いします。 今日の出来事.

次の

第1護衛隊群:第5護衛隊【あきづき】

護衛艦 あ きづき

すずつき 基本情報 建造所 運用者 艦種 級名 建造費 726億円 母港 所属 第8護衛隊 艦歴 計画 平成21年度計画 発注 起工 進水 就役 要目 5,100 6,800トン 150. 5 最大幅 18. 3m 深さ 10. 9m 5. の3番艦。 艦名は「爽やかに澄み切った秋の月」 に由来する。 この名を受け継ぐ日本の艦艇としてはの3番艦「」に続いて2代目である。 艦歴 [ ] 「すずつき」は、に基づき平成21年度計画5,000トン型護衛艦2246号艦として、で2011年5月18日起工され、2012年10月17日に進水、 2014年3月12日に就役し、第8護衛隊に編入され、に配備された。 、として護衛艦「」と共にソマリア沖・アデン湾へ向けて佐世保基地から出航し 、翌年1月12日に帰国した。 からまでの間、周辺海域に派遣され、米国派遣訓練に参加した。 からまで護衛艦「」、「いなづま」とともにインド太平洋方面派遣訓練に参加し、、、、、を訪問。 にはで「」と合流し、対潜戦の訓練を実施した。 4月21日、創設70周年を記念し付近で4月23日に開かれる国際参加するため青島に入港した。 海自艦艇の訪中は2011年12月以来、約7年半ぶり。 歴代艦長 [ ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 艤装員長 - 恒益俊春 2012. 17 - 2014. 11 29期 大湊海上訓練指導隊副長兼指導部長 すずつき艦長 艦長 1 恒益俊春 2014. 12 - 2015. 3 防大29期 すずつき艤装員長 横須賀システム通信隊司令 2 菊地良勝 2015. 4 - 2016. 17 防大34期 舞鶴海上訓練指導隊船務航海科長 司令部勤務 3 中山健太朗 2016. 18 - 2017. 23 防大32期 佐世保海上訓練指導隊副長兼指導部長 佐世保基地業務隊本部補充部付 4 衣山丈夫 2017. 24 - 2018. 18 防大35期 佐世保海上訓練指導隊船務航海科長 護衛艦隊司令部 5 川田英司 2018. 19 - 2020. 17 防大35期 呉地方総監部管理部総務課長 6 相馬美佳 2020. 18 脚注 [ ] [].

次の