サンルートホテルチェーン。 サンルートホテルチェーン

【公式】ホテルガーデンパレス 宿泊 ウェディング レストラン バンケットルーム

サンルートホテルチェーン

宿泊特化型ホテルやフルサービスホテルの開発・運営を7社が行っています。 直営ホテル店舗数(計画中含む) 54店舗 客室数 約12,151室• 数値は2019年7月10日時点の集計です。 特に注記のないものは2019年5月31日現在の内容です。 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 横浜駅西口で上質な時間を提供 28階建て348室の客室と5つのレストラン・3つのバーラウンジや約1,000人を収容できる宴会場、神殿・チャペルなどを備えたホテルで、上層階からは美しい横浜の夜景を堪能できます。 世界124の国と地域でホテルを展開するマリオット・インターナショナルが運営するブランド"シェラトン"を冠し、外資系ホテルの合理的・効率的な運営手法で安定した運営を確立すると同時に、シェラトンブランドホスピタリティーに基づき、地域に親しまれお客様に支持されるホテルを目指しています。 2018年9月24日に開業20周年を迎え、ワンランク上の上質な空間の提供とより一層快適なホテルライフを実現するため、2020年までの間で全客室のリニューアルを順次行っています。 その第1期として、2017年4月に24階から27階の客室をシェラトンの最高峰ブランドで高い快適性と高級感を備えた「シェラトンクラブ」に改装しました。 併設した専用ラウンジでは、各種手続きや飲食サービスなどを提供しています。 また、第2期として、2018年3月に20階から23階をラグジュアリーフロアーに改装し、スイートルームも新設。 2019年3月には、第3期70室の改装が完成し、2020年春には全348室の改装が完了する予定です。 また、2019年7月にはホテルの顔ともいえるメインロビーと、ロビーから続くメザニン(中2階)ロビー、2階ラウンジ「シーウインド」が、グローバルホテルならではのリラックスできる新たな空間としてリニューアルしました。 ザ・スプラジール ソウル明洞 フロント ヒノキツイン ホテル開発 海外を含め国内外で100店舗を視野にホテルチェーンを展開 相鉄グループでは、グループの成長戦略の重要な柱として、宿泊特化型ホテルの出店を積極的に進め、海外も含め国内外で100店舗を視野にホテルをチェーン展開しています。 出店にはさまざまな方式を採用し、これまでに培ってきたノウハウと実績で効率的な出店・運営を行っています。 主な出店方式• 建物賃借(期間は20~30年程度)• 借地(事業用定期借地で30年以上)• マネジメントコントラクト• (管理運営受託)方式• 土地購入•

次の

【公式】ホテルガーデンパレス 宿泊 ウェディング レストラン バンケットルーム

サンルートホテルチェーン

概要 [編集 ]• (45年) - 創業。 の東急イン(現:東急REIホテル)、等と同様にビジネスホテルを展開する。 (59年) - と資本・業務提携を締結(後年関係を解消)。 (26年) - (現:JTB)が保有するサンルートの株式を相鉄ホールディングスへ譲渡し、相鉄ホールディングスの完全子会社となる。 これにより客室数業界第5位のホテルグループとなる。 (平成29年)• - 株式会社相鉄ホテルマネジメント 設立登記• - 相鉄インとサンルートのホテル事業を、相鉄ホテルマネジメントに会社分割(吸収分割) ホテル一覧 [編集 ] 太字は直営ホテル。 他はフランチャイズまたは業務提携ホテル。 東北(青森県、岩手県、福島県)• (ヤマイシ)• (ホテルサンルート五所川原)• ホテルサンルートパティオ五所川原(五所川原温泉ホテル)• ホテルサンルート釜石(釜石総業)• ホテルサンルート一関(斎藤松月堂)• ホテルサンルート福島(川口屋紙店)• ホテルサンルート須賀川(ホテルサンルート須賀川) 関東(栃木県、埼玉県、千葉県)• ホテルサンルート宇都宮(坂本商事)• ホテルサンルート栃木(フォレストフォーシーズン)• ホテルサンルート佐野(ホテルサンルート佐野)• ホテルサンルート熊谷駅前(運営受託:ホテルガーデンパレス)• ホテルサンルート千葉(中央区、ユー・エス) 東京都、神奈川県• ホテルサンルート"ステラ"上野(台東区、ホテルサンルート浅草)• ホテルサンルート浅草(台東区、ホテルサンルート浅草)• ホテルサンルートプラザ新宿(渋谷区)• ホテルサンルート銀座(中央区、阿部商事)• ホテルサンルート五反田(品川区、日本邸宅)• ホテルサンルートパティオ大森(品川区、岡田商事) 東海(愛知県、三重県)• ホテルサンルート新潟(中央区) 近畿(滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、兵庫県)• ホテルサンルート彦根(ティーアールシー)• ホテルサンルート福知山(天狗堂)• ホテルサンルート奈良(ホテルサンルート奈良)• ホテルサンルートソプラ神戸(中央区、神戸ダイトク)• ホテルサンルートソプラ神戸アネッサ(兵庫区、神戸ダイトク)• ホテルサンルート和田山(朝来市、奥建材) 中国(広島県、山口県)• ホテルサンルート徳山(周南市、ホテルサンルート徳山) 四国(徳島県、愛媛県)• ホテルサンルート徳島(猪之津興業)• ホテルサンルート松山(ホテルサンルート松山) 九州(福岡県、長崎県、熊本県)• ホテルサンルート熊本(中央区、ホテルサンルート熊本) 台湾• ホテルサンルート台北(台灣燦路都股份有限公司) サンルートクラブパートナーズホテル(提携ホテル) [編集 ]• フォーレスト本郷(文京区、文部科学省共済組合より運営受託)• 東京グリーンパレス(千代田区、全国市町村職員共済組合連合会より運営受託) 過去のグループホテル [編集 ]• ホテルサンルート白河 - 2017年3月31日をもって加盟契約が終了し、2017年4月1日からは「東京第一ホテル新白河」として営業。 ホテルサンルート瀬戸大橋 - 2017年6月16日から株式会社TROホールディングス・株式会社安心プランニングにより「ホテルアネシス瀬戸大橋」にリブランド• ホテルサンルート八戸 - 2017年11月5日をもって加盟契約が終了し、2017年11月6日からは「ホテルリバティヒル」として営業。 ホテルサンルートプラザ福島 - 2017年11月26日をもって営業を終了し、2017年12月1日からは「」として営業。 ホテルサンルート佐世保(S・R・S) - 2018年6月30日をもって加盟契約が終了し、2018年7月1日からは「サンウエストホテル 佐世保」として営業。 ホテルサンルート高田馬場 - 2018年9月30日をもって営業を終了。 サンルートホテルガーデンパレス - 2019年1月31日をもって加盟契約が終了し、2019年2月1日からは「ホテルガーデンパレス」として営業。 ホテルサンルート小松 - 2019年3月31日をもって加盟契約が終了し、2019年4月1日からは「ホテルビナリオKOMATSUセントレ」として営業。 ホテルサンルート梅田 - 2019年3月31日をもって加盟契約が終了し、2019年4月1日からは「ホテルビナリオ梅田」として営業。 ホテルサンルート博多 - 2019年3月31日をもって加盟契約が終了し、2019年4月1日からは「マースガーデンホテル博多」として営業。 サンルート国際ホテル山口 - 2019年7月29日をもって加盟契約が終了し、2019年7月30日からは「国際ホテル山口」として営業。 サンルートプラザ東京-2019年9月30日をもって加盟契約を終了し、2019年10月1日からは「」として営業。 ホテルサンルート奈良 - 2020年5月31日をもって加盟契約が終了し、2020年6月1日からは「ホテル尾花」として営業。 ホテルサンルート京都木屋町 - 2020年6月30日をもって加盟契約が終了し、2020年7月1日からは「ホテル京都木屋町」として営業。 相鉄フレッサインへのリブランド [編集 ]• ホテルサンルート川崎 - 2019年2月15日より「相鉄フレッサイン 川崎駅東口」• ホテルサンルート品川シーサイド - 2019年2月26日より「相鉄グランドフレッサ 品川シーサイド」• ホテルサンルート上田 - 2019年3月26日より「相鉄フレッサイン 長野上田駅前」• - 2019年3月27日より「相鉄フレッサイン 長野駅善光寺口」• ホテルサンルート新橋 - 2019年4月23日より「相鉄フレッサイン 新橋烏森口」• ホテルサンルート大阪なんば - 2019年6月20日より「相鉄グランドフレッサ 大阪なんば」• ホテルサンルート広島 - 2019年7月10日より「相鉄グランドフレッサ 広島」• ホテルサンルート有明 - 2019年9月11日より「相鉄グランドフレッサ 東京ベイ有明」• ホテルサンルート東新宿 - 2019年12月11日より「相鉄フレッサイン 東新宿駅前」• ホテルサンルート長野東口 - 2020年2月12日より「相鉄フレッサイン 長野駅東口」 過去のサンルートクラブパートナーズホテル(提携ホテル) [編集 ]• ホテルニューカリーナ(安心プランニング、2017年12月17日で契約終了)• ホテルネッツ函館(ネッツマネジメント、2018年4月30日で契約終了)• 厚木アーバンホテル(アーバン、2018年12月20日で契約終了)• APOA HOTEL(アポア、2018年12月20日で契約終了)• スカイホテル魚津(スカイホテル、2018年12月20日で契約終了)• スカイホテル魚津アネックス(スカイホテル、2018年12月20日で契約終了)• スカイホテル滑川(スカイホテル、2018年12月20日で契約終了)• RAKO華乃井ホテル(サンティア、2018年12月31日で契約終了)• サイプレスガーデンホテル(ナカモサンルート、2019年3月31日で契約終了)• ホテルネッツ札幌(ポロス、2019年3月31日で契約終了) 店舗画像 [編集 ]•

次の

サンルートホテルチェーンとは

サンルートホテルチェーン

宿泊特化型ホテルやフルサービスホテルの開発・運営を7社が行っています。 直営ホテル店舗数(計画中含む) 54店舗 客室数 約12,151室• 数値は2019年7月10日時点の集計です。 特に注記のないものは2019年5月31日現在の内容です。 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 横浜駅西口で上質な時間を提供 28階建て348室の客室と5つのレストラン・3つのバーラウンジや約1,000人を収容できる宴会場、神殿・チャペルなどを備えたホテルで、上層階からは美しい横浜の夜景を堪能できます。 世界124の国と地域でホテルを展開するマリオット・インターナショナルが運営するブランド"シェラトン"を冠し、外資系ホテルの合理的・効率的な運営手法で安定した運営を確立すると同時に、シェラトンブランドホスピタリティーに基づき、地域に親しまれお客様に支持されるホテルを目指しています。 2018年9月24日に開業20周年を迎え、ワンランク上の上質な空間の提供とより一層快適なホテルライフを実現するため、2020年までの間で全客室のリニューアルを順次行っています。 その第1期として、2017年4月に24階から27階の客室をシェラトンの最高峰ブランドで高い快適性と高級感を備えた「シェラトンクラブ」に改装しました。 併設した専用ラウンジでは、各種手続きや飲食サービスなどを提供しています。 また、第2期として、2018年3月に20階から23階をラグジュアリーフロアーに改装し、スイートルームも新設。 2019年3月には、第3期70室の改装が完成し、2020年春には全348室の改装が完了する予定です。 また、2019年7月にはホテルの顔ともいえるメインロビーと、ロビーから続くメザニン(中2階)ロビー、2階ラウンジ「シーウインド」が、グローバルホテルならではのリラックスできる新たな空間としてリニューアルしました。 ザ・スプラジール ソウル明洞 フロント ヒノキツイン ホテル開発 海外を含め国内外で100店舗を視野にホテルチェーンを展開 相鉄グループでは、グループの成長戦略の重要な柱として、宿泊特化型ホテルの出店を積極的に進め、海外も含め国内外で100店舗を視野にホテルをチェーン展開しています。 出店にはさまざまな方式を採用し、これまでに培ってきたノウハウと実績で効率的な出店・運営を行っています。 主な出店方式• 建物賃借(期間は20~30年程度)• 借地(事業用定期借地で30年以上)• マネジメントコントラクト• (管理運営受託)方式• 土地購入•

次の