漢字 の 成り立ち 象形 文字。 漢字(象形・指事・会意・形声文字とは?)

漢字検定1級保持者が解説! あの漢字の意外な成り立ちや由来とは|マナトピ

漢字 の 成り立ち 象形 文字

確かに形が似ていますね。 それでは次に、漢字の意味を確認していきましょう。 どのような使われ方をするのでしょうか? 漢字「耳」の意味 音を聞くための器官 顔の左右端っこにある、音を聞く体の一部。 例:耳元(みみもと)、耳たぶ(みみたぶ)、福耳(ふくみみ)、中耳(ちゅうじ)、耳殻(じかく)、耳朶(じだ)、片耳(かたみみ) 端っこ 例:パンの耳(ぱんのみみ) 聞こえる 例:聞く(きく)、小耳にはさむ(こみみにはさむ)、空耳(そらみみ)、寝耳(ねみみ)、地獄耳(じごくみみ)、早耳(はやみみ)、初耳(はつみみ)、聞き耳(ききみみ) 次は、耳の読み方を紹介します。 スポンサーリンク 漢字「耳」の読み方 音読み、訓読み別で見ていきましょう。 音読み 「ジ」 例:耳鼻科(じびか)、中耳炎(ちゅうじえん)、耳目(じもく)、耳語(じご)、耳輪(みみわ)、耳漏(じろう)、俗耳(ぞくじ)、笊耳(ざるみみ)、心耳(しんじ)、牛耳(ぎゅうじ)、俚耳(りじ)、馬耳東風(ばじとうふう)、飛耳長目(ひじちょうもく) ・耳鼻科で中耳炎の治療をしてもらう。 (じびかでちゅうじえんのちりょうをしてもらう) 訓読み 「みみ」 例:空耳(そらみみ)、耳寄り(みみより)、耳障り(みみざわり)、耳元(みみもと)、福耳(ふくみみ)、耳金(みみがね)、耳年増(みみどしま)、耳学問(みみがくもん) ・耳掃除をしてもらう。 (みみそうじをしてもらう) 「のみ」(常用外) 例:耳(のみ) その他 木耳(きくらげ) 次は、耳を綺麗に書けるようにポイントをお伝えしますね。 漢字「耳」の書き順・書き方 (六画)(部首:耳) 一画目 ・マスの左上から書き始めます。 ・やや右斜め上へ進み、止めます。 二画目 ・一画目の左寄りから下へ真っ直ぐ書きます。 ・一画目から突き出さないようにしましょう。 三画目・四画目 (三画目) (四画目) ・二画目からやや右斜め上に書きますが、空間が同じ大きさになるようにバランスを取りましょう。 五画目 ・一画目の書き始めと同じラインから右斜め上へ進み、最後は抜けるようにはらいます。 六画目 ・一画面からはみ出さないように、下へ真っ直ぐ進み、最後はそのまま真っ直ぐはらいます。 さて、次はお楽しみのうんちくですよ。 今回は「耳」を使った日本のことわざと、中国の詩から生まれた教訓を紹介します。 このふたつは似た意味を持っていますが、時と場合によっては使い分けが必要になります。 さっそく見ていきましょう。 スポンサーリンク 漢字「耳」のうんちく 馬に関することわざからうんちくを紹介します! 「馬の耳に念仏(うまのみみにねんぶつ」 馬の耳に念仏とは、どれだけいい聞かせても話を聞いてくれないから、何の効果もないことを意味しています。 馬に念仏を聞かせてもありがたみが伝わらない様子から、このたとえが生まれました。 「馬耳東風(ばじとうふう)」 こちらは、何を言われても聞かなくて、気にも留めない様子をあらわしています。 8世紀ごろの中国に李白(りはく)という詩人がいました。 その李白の詩に、よい香りのする春風が馬の耳を吹きぬけても、馬にはなんの感動もないという意味の詩があります。 これには実は詩人李白の怒りが込められているんです。 「人々は良い詩に耳を傾けることがない!」という風に。 馬耳東風は、この詩から生まれた故事成語(こじせいご)なのです。 故事成語とは中国で昔から伝わる教訓のことで、現在も使われている言葉がたくさんあります。 馬の耳に念仏と馬耳東風は、両方とも「他人からのアドバイスを聞かないこと」を指していますが、細かい違いもあります。 馬の耳に念仏は「言われたことを理解できない、おろかな人」という意味で、理解する能力が無いことを示しています。 馬耳東風は「言われたことを聞く気がない人」をあらわしています。 ふたつの違いがわかりますか? 「馬の耳に念仏」を目上の人に対して使うのは、あまりおすすめできません。 「理解する能力がない、おろかな人」と見下しているようで、無礼になるからです。 「馬耳東風」のほうが、能力そのものには触れていないので、少しましな印象を与えます。 使い分けには、くれぐれも気をつけてくださいね。 それでは最後に、この記事をまとめますね。 漢字の成り立ち「耳」のまとめ• 耳は象形文字で、耳の形をかたどって生まれました。 意味は、音を聞くための器官、端っこ、聞こえる。 読み方は「ジ」「みみ」「のみ」。 耳は六画で、部首は耳である。 馬の耳に念仏と馬耳東風(ばじとうふう)のうんちく紹介 以上が漢字「耳」のまとめです。 いかがでしたか? 漢字の成り立から覚えていくと難しい漢字も覚えやすくなりますよ。

次の

象形・指事・会意・形声 三年生: 風船あられの漢字ブログ

漢字 の 成り立ち 象形 文字

漢字の出現 今から3000年以上の前の中国の話です。 漢字の歴史や成り立ちをざっくりとご紹介。 現存する最古の漢字である、「甲骨文字」や、漢字の造字法である「」について理解を深めましょう。 紀元前1300年頃、 「殷」という国がありました。 殷 いん の時代では「甲骨文字」という文字が使われていました。 甲骨文字は現存する資料という点で、最古の漢字です。 記号・符号のようなものは、さらに古い時代から使われていたのですが、漢字の系譜を汲む文字なのかと問われると断定はできないものでした。 それよりもさらに昔、伝説では ソウケツ という人物が、鳥獣の足跡をもとに、漢字を作った…というものがあります。 ただ、伝説ですから実在の人物かどうかはわかりません。 資料には複数記載があるようなのですが。 さて、甲骨文字の世界をもう少し覗いてみましょう。 殷の時代では、亀の甲羅や牛馬の肩胛骨を炙り、発生した「ひび割れ」 をもとに占いを行いました。 甲羅や肩胛 骨に刻まれていた字、だから「甲骨文字」なのですね。 亀の甲羅といっても、お腹側の「腹甲」に刻みます。 また牛馬の肩胛骨は、単純に大きいため、刻みやすかったのでしょうか? 占いの際には、甲骨に占いのテーマを刻んでおきます。 テーマは、雨が降るか、戦争に勝てるかなど、様々です。 甲骨に穴を穿ち、熱した棒を当て、炙ることで、ひび割れが発生します。 このひび割れは「卜兆 ボクチョウ 」と言われます。 この占いのテーマ、すなわち「卜辞」と、卜兆の結果を照らし合わせるのです。 占い師たちは、貞人 と呼ばれました。 占いの結果は、王の行動指針となり、さらには王の政治的権威や神性をも高めます。 占いは儀式的なものへと変わっていくのですが・・・実際には甲骨に細工を施すことで、王にとって都合のよい卜兆を出すことも出来たようです。 ところで、皆さんは「卜」という字を知っていますか?「卜」は「カタカナのト」では ありません。 うらなう、という漢字なのです。 「占」という漢字をよく見てみると、確かに「卜」が見つかりますね。 この「卜」や、他にも「兆」という漢字は、このひび割れをもとにしてつくられた文字です。 なお、「兆」には二つに分かれるという意味もあるため、 「挑」…二つの仲を裂く、 「桃」…二つに分かれた果実、 と繋がるのです。 甲骨文字は5,000字程度発見されていますが、すべての文字が解読されている訳ではありません。 だいたい2,000字程度解読されています。 今後の研究に期待ですね。 なお近代の中国では、農民たちが甲骨を「竜骨」と称し、甲骨を薬として売りさばいていました。 文字が刻まれていると、竜骨として成り立たないため、削り取られ、不要な甲骨にいたっては捨てられてしまいました。 この際に失われた文字も、もちろんあることでしょう。 余談ですが、中国の王懿栄 おういえい という学者が発見の功労者なのですが・・・彼はの際に、することとなります。 とは? 甲骨文字の中には、「絵」のような文字があります。 以下、現代の私たちが使っている文字とは大きく異なりますが、何となく今の字形をイメージできるでしょうか? 漢字の造字法には「」という、実際の物の形や様子をモチーフにしてつくられた文字もあるのです。 こちらに紹介している甲骨文字はあくまでも一例に過ぎません。 デジタルデータ化の際に少し歪んでいますが、実際の甲骨文字は刃物などで甲骨に「刻んで」書くため、直線的な表現となります。 字形の統一もまだされていないので、同じ字でも資料によって異なっているのです。 その統一が施されるのは・・・秦にの時代まで待つこととなります。 今回はここまで。 以下、続きです。 漢字の歴史や成り立ちについて、もう少し勉強したい方はぜひどうぞ。 長いですが・・・。 余談となりますが、古代中国の背景部分を知りたい方には、『漢字-その生い立ちと背景-』がオススメです。 ただかなりマニアックな内容なので、覚悟して読んでくださいね。

次の

象形・指事・会意・形声 三年生: 風船あられの漢字ブログ

漢字 の 成り立ち 象形 文字

確かに形が似ていますね。 それでは次に、漢字の意味を確認していきましょう。 どのような使われ方をするのでしょうか? 漢字「耳」の意味 音を聞くための器官 顔の左右端っこにある、音を聞く体の一部。 例:耳元(みみもと)、耳たぶ(みみたぶ)、福耳(ふくみみ)、中耳(ちゅうじ)、耳殻(じかく)、耳朶(じだ)、片耳(かたみみ) 端っこ 例:パンの耳(ぱんのみみ) 聞こえる 例:聞く(きく)、小耳にはさむ(こみみにはさむ)、空耳(そらみみ)、寝耳(ねみみ)、地獄耳(じごくみみ)、早耳(はやみみ)、初耳(はつみみ)、聞き耳(ききみみ) 次は、耳の読み方を紹介します。 スポンサーリンク 漢字「耳」の読み方 音読み、訓読み別で見ていきましょう。 音読み 「ジ」 例:耳鼻科(じびか)、中耳炎(ちゅうじえん)、耳目(じもく)、耳語(じご)、耳輪(みみわ)、耳漏(じろう)、俗耳(ぞくじ)、笊耳(ざるみみ)、心耳(しんじ)、牛耳(ぎゅうじ)、俚耳(りじ)、馬耳東風(ばじとうふう)、飛耳長目(ひじちょうもく) ・耳鼻科で中耳炎の治療をしてもらう。 (じびかでちゅうじえんのちりょうをしてもらう) 訓読み 「みみ」 例:空耳(そらみみ)、耳寄り(みみより)、耳障り(みみざわり)、耳元(みみもと)、福耳(ふくみみ)、耳金(みみがね)、耳年増(みみどしま)、耳学問(みみがくもん) ・耳掃除をしてもらう。 (みみそうじをしてもらう) 「のみ」(常用外) 例:耳(のみ) その他 木耳(きくらげ) 次は、耳を綺麗に書けるようにポイントをお伝えしますね。 漢字「耳」の書き順・書き方 (六画)(部首:耳) 一画目 ・マスの左上から書き始めます。 ・やや右斜め上へ進み、止めます。 二画目 ・一画目の左寄りから下へ真っ直ぐ書きます。 ・一画目から突き出さないようにしましょう。 三画目・四画目 (三画目) (四画目) ・二画目からやや右斜め上に書きますが、空間が同じ大きさになるようにバランスを取りましょう。 五画目 ・一画目の書き始めと同じラインから右斜め上へ進み、最後は抜けるようにはらいます。 六画目 ・一画面からはみ出さないように、下へ真っ直ぐ進み、最後はそのまま真っ直ぐはらいます。 さて、次はお楽しみのうんちくですよ。 今回は「耳」を使った日本のことわざと、中国の詩から生まれた教訓を紹介します。 このふたつは似た意味を持っていますが、時と場合によっては使い分けが必要になります。 さっそく見ていきましょう。 スポンサーリンク 漢字「耳」のうんちく 馬に関することわざからうんちくを紹介します! 「馬の耳に念仏(うまのみみにねんぶつ」 馬の耳に念仏とは、どれだけいい聞かせても話を聞いてくれないから、何の効果もないことを意味しています。 馬に念仏を聞かせてもありがたみが伝わらない様子から、このたとえが生まれました。 「馬耳東風(ばじとうふう)」 こちらは、何を言われても聞かなくて、気にも留めない様子をあらわしています。 8世紀ごろの中国に李白(りはく)という詩人がいました。 その李白の詩に、よい香りのする春風が馬の耳を吹きぬけても、馬にはなんの感動もないという意味の詩があります。 これには実は詩人李白の怒りが込められているんです。 「人々は良い詩に耳を傾けることがない!」という風に。 馬耳東風は、この詩から生まれた故事成語(こじせいご)なのです。 故事成語とは中国で昔から伝わる教訓のことで、現在も使われている言葉がたくさんあります。 馬の耳に念仏と馬耳東風は、両方とも「他人からのアドバイスを聞かないこと」を指していますが、細かい違いもあります。 馬の耳に念仏は「言われたことを理解できない、おろかな人」という意味で、理解する能力が無いことを示しています。 馬耳東風は「言われたことを聞く気がない人」をあらわしています。 ふたつの違いがわかりますか? 「馬の耳に念仏」を目上の人に対して使うのは、あまりおすすめできません。 「理解する能力がない、おろかな人」と見下しているようで、無礼になるからです。 「馬耳東風」のほうが、能力そのものには触れていないので、少しましな印象を与えます。 使い分けには、くれぐれも気をつけてくださいね。 それでは最後に、この記事をまとめますね。 漢字の成り立ち「耳」のまとめ• 耳は象形文字で、耳の形をかたどって生まれました。 意味は、音を聞くための器官、端っこ、聞こえる。 読み方は「ジ」「みみ」「のみ」。 耳は六画で、部首は耳である。 馬の耳に念仏と馬耳東風(ばじとうふう)のうんちく紹介 以上が漢字「耳」のまとめです。 いかがでしたか? 漢字の成り立から覚えていくと難しい漢字も覚えやすくなりますよ。

次の