アストレイ ミラージュ フレーム。 ガンダムアストレイ ミラージュフレーム セカンドイシュー

【画像あり】ガンダムアストレイミラージュフレームwwwww

アストレイ ミラージュ フレーム

ガンダムアストレイ ミラージュフレームとは、「 」に登場する。 この記事ではイシュー、イシューについても解説する。 概要 ガンダムアストレイ ミラージュフレーム 番 -P05LM 全高. 81m 重量. 8t 搭乗者 ド・・サ() 装甲 ヴァブル 特殊 特殊 武装• ミラージュフレームは製5機のト最後の1機、機にあたる。 経緯は不明だが、遺伝子から作られたの組織「」が回収していた。 登場時には既に独自のが施されており、ミラージュフレームの本来の姿は不明。 最大の特徴は「擬態」。 特殊とヴァブルの併用で、機体外見を自在に変化させる事が可。 『幻』のからくり、そしてその名を冠する由縁である。 作中初登場時はに擬態してフィーニス・ソキウスのヘと共にアメノミハシラを襲撃した。 搭乗者はド・・サ。 自身を殺したへのを為すべく、この機体を操る。 「()」 ミラージュフレームが持つ。 名は上の()を倒したに由来する。 身にはヴァブル材が用いられており、対に合わせて身の性質・色が変化する。 「A()ソード」 足首に装着する状の実体。 蹴りなどに使われるが、移動時や格闘時の安定性も増幅させている。 「B(ブ)ソード」 リのを入手したが対リ用に製造した巨大な実体。 先端部にを内蔵しているため、射撃・格闘をこなせる複合兵装となっている。 「」 ミラージュフレーム通常形態。 通信機が強化された機。 頭部には大、後頭部に2本を装備。 「グラディー」 を研究して作られた形態。 頭部を度回転させる事でもう一つの顔を覗かせる。 後頭部にあった2つのが前面に出ており、近接時はが飛躍的に上昇する反面、中・遠の索敵を犠牲にしている。 脚部ソード(Aソード)をの様に展開。 腕部ブソード(Bソード)を腕に装着する。 ト ミラージュフレーム イシュー 番 -P05L 全高. 81m 重量. 8t 搭乗者 ド・・サ() 装甲 ヴァブル 特殊 特殊 武装• ト基本武装• のの一心からリとのを想定した機体に仕上がった。 特徴的な頭部の一本はを強化した物。 機体肩部アーマーは従来の物からへのサプライを兼ねたに変更した。 しかし既に反応は人体では耐えられない程に上昇しており、コーディネイターのすら操縦は。 だがに囚われたは、この機体を操るために特に惜しむ事なく自らの体をしている。 弱点の遠攻撃に対して極限まで高められた反応で避けるという戦法が可。 近接特化からの言わば「近接特化」であり、それに乗じた強化がされた。 「 ソード」という状の実体を持っており、足の甲の(A)と、手の甲のブ(B)の計4つがある。 イシューには通常の人形態「 」の他に「 ード」と呼ばれる形態が存在する。 トと名がつく機体では初の可変機であり、こそがイシューの頂と言える。 なお上では前にあたる次作『T R』では、「 」という可変が登場した。 人から(歩行)を模した姿に変形した格闘特化形態。 やのを基にしている。 イシューの武装のどはードを前提としているため、では使用出来ない物が多い。 「」 両肩(?)に装備している時のみ使用出来る武装。 イド技術を用いた「曲射」を放つ。 フォビドゥンの曲がる()を良した物。 「」 ードのみ使用可。 頭部 (?)から出る2基のの牙で対を切断する。 「ト・ス・」 敵機周囲を高速で移動しながら仕掛ける攻撃。 対は複数の敵に取り囲まれたかの様なを起こす。 足を止めた間にの餌食になる。 囲まれてしまうと級でも全に回避するのは。 ミラージュフレーム サードイシュー 『操縦者すら蝕む、を越えた最の機体』 劾とのにしたイシューに更なる強化を施した。 イシューの装備を追加しただけだが。 2」 とは言えイシューすら常人には操縦とに評価されていた程。 体を行った様でもこのイシューを乗りこは至難の技である。 からイシューまでの全装備が干渉する事なく収まっており、推測も含まれるがミラージュフレームの開発は本来これをしていたのかもしれない。 ではしか発表されておらず、その他は作例でしか確認する事が出来ない。 関連商品 関連項目• プロトアストレイ単記事リンク• ガンダムアストレイ ミラージュフレーム.

次の

アストレイミラージュフレームの平均価格は4,772円|ヤフオク!等のアストレイミラージュフレームのオークション売買情報は5件が掲載されています

アストレイ ミラージュ フレーム

MBF-P05LM ガンダムアストレイ ミラージュフレーム(Gundam Astray Mirage Frame) [ ]• 登場作品:• 分類:試作型• 装甲材質:• 全高:17. 81m• 重量:84. 主動力:バッテリー• 開発組織:• 所属:• 主なパイロット: がヘリオポリスで秘密裏に開発していたの1機。 当初はパーツのままヘリオポリスの崩壊に巻き込まれたが、ライブラリアンがパーツを発見し組み上げられた。 装甲と外部フレームがヴァリアブルフェイズシフト装甲に変更されており、格闘戦に特化した改造が施されている。 形式番号の「LM」はライブラリアン・ミラージュの略である。 登場作品と操縦者 [ ] パイロットはカーボンヒューマンとして再生した。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] の改良型。 装甲に流す電流の量を調整する事でエネルギーの効率的な配分を可能としており、稼働時間の延長等が可能となった。 また、この影響で一部の機体は装備の換装等によってカラーリングが異なる事がある。 可視光線を歪め、レーダー波を吸収するガス状物質。 これを磁気で機体周囲に纏うことにより、視覚的および電波的にも自機の存在を隠匿する事が可能。 さらに本機は、外観を偽装することも可能である。 変形 グラディエーターモードに変形する。 武装・必殺攻撃 [ ] 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」 頭部に2門内蔵されている。 主に牽制に用いられる。 ビームライフル プロトタイプアストレイシリーズ専用のもの。 グラディエーターモードでは使用できない。 ビームサーベル バックパックに2基装備している。 対ビームシールド GAT-Xシリーズに使用されている物と同一デザインの盾。 グラディエーターモードでは使用できない。 天羽々斬 アメノハバキリ 日本刀型の実体剣。 ヴァリアブルフェイズシフト装甲製で刀の硬度に応じて色が変化する。 Aソード アンクレットソード 両脚に装備された爪のような実体剣。 Bソード ブレスレットソード 両腕に装備された長身の実体剣。 先端にビーム砲が内蔵されている。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] 超至近距離の格闘戦に特化した姿。 セカンドイシューにミラージュコロイドアンテナとAソード、Bソードを組み込んだ姿。 プロトアストレイ1号機。 プロトアストレイ2号機。 プロトアストレイ3号機。 プロトアストレイ4号機。 商品情報 [ ]• リンク [ ]•

次の

ガンダムアストレイ ミラージュフレーム セカンドイシュー

アストレイ ミラージュ フレーム

ガンダムアストレイ ミラージュフレームとは、「 」に登場する。 この記事ではイシュー、イシューについても解説する。 概要 ガンダムアストレイ ミラージュフレーム 番 -P05LM 全高. 81m 重量. 8t 搭乗者 ド・・サ() 装甲 ヴァブル 特殊 特殊 武装• ミラージュフレームは製5機のト最後の1機、機にあたる。 経緯は不明だが、遺伝子から作られたの組織「」が回収していた。 登場時には既に独自のが施されており、ミラージュフレームの本来の姿は不明。 最大の特徴は「擬態」。 特殊とヴァブルの併用で、機体外見を自在に変化させる事が可。 『幻』のからくり、そしてその名を冠する由縁である。 作中初登場時はに擬態してフィーニス・ソキウスのヘと共にアメノミハシラを襲撃した。 搭乗者はド・・サ。 自身を殺したへのを為すべく、この機体を操る。 「()」 ミラージュフレームが持つ。 名は上の()を倒したに由来する。 身にはヴァブル材が用いられており、対に合わせて身の性質・色が変化する。 「A()ソード」 足首に装着する状の実体。 蹴りなどに使われるが、移動時や格闘時の安定性も増幅させている。 「B(ブ)ソード」 リのを入手したが対リ用に製造した巨大な実体。 先端部にを内蔵しているため、射撃・格闘をこなせる複合兵装となっている。 「」 ミラージュフレーム通常形態。 通信機が強化された機。 頭部には大、後頭部に2本を装備。 「グラディー」 を研究して作られた形態。 頭部を度回転させる事でもう一つの顔を覗かせる。 後頭部にあった2つのが前面に出ており、近接時はが飛躍的に上昇する反面、中・遠の索敵を犠牲にしている。 脚部ソード(Aソード)をの様に展開。 腕部ブソード(Bソード)を腕に装着する。 ト ミラージュフレーム イシュー 番 -P05L 全高. 81m 重量. 8t 搭乗者 ド・・サ() 装甲 ヴァブル 特殊 特殊 武装• ト基本武装• のの一心からリとのを想定した機体に仕上がった。 特徴的な頭部の一本はを強化した物。 機体肩部アーマーは従来の物からへのサプライを兼ねたに変更した。 しかし既に反応は人体では耐えられない程に上昇しており、コーディネイターのすら操縦は。 だがに囚われたは、この機体を操るために特に惜しむ事なく自らの体をしている。 弱点の遠攻撃に対して極限まで高められた反応で避けるという戦法が可。 近接特化からの言わば「近接特化」であり、それに乗じた強化がされた。 「 ソード」という状の実体を持っており、足の甲の(A)と、手の甲のブ(B)の計4つがある。 イシューには通常の人形態「 」の他に「 ード」と呼ばれる形態が存在する。 トと名がつく機体では初の可変機であり、こそがイシューの頂と言える。 なお上では前にあたる次作『T R』では、「 」という可変が登場した。 人から(歩行)を模した姿に変形した格闘特化形態。 やのを基にしている。 イシューの武装のどはードを前提としているため、では使用出来ない物が多い。 「」 両肩(?)に装備している時のみ使用出来る武装。 イド技術を用いた「曲射」を放つ。 フォビドゥンの曲がる()を良した物。 「」 ードのみ使用可。 頭部 (?)から出る2基のの牙で対を切断する。 「ト・ス・」 敵機周囲を高速で移動しながら仕掛ける攻撃。 対は複数の敵に取り囲まれたかの様なを起こす。 足を止めた間にの餌食になる。 囲まれてしまうと級でも全に回避するのは。 ミラージュフレーム サードイシュー 『操縦者すら蝕む、を越えた最の機体』 劾とのにしたイシューに更なる強化を施した。 イシューの装備を追加しただけだが。 2」 とは言えイシューすら常人には操縦とに評価されていた程。 体を行った様でもこのイシューを乗りこは至難の技である。 からイシューまでの全装備が干渉する事なく収まっており、推測も含まれるがミラージュフレームの開発は本来これをしていたのかもしれない。 ではしか発表されておらず、その他は作例でしか確認する事が出来ない。 関連商品 関連項目• プロトアストレイ単記事リンク• ガンダムアストレイ ミラージュフレーム.

次の