ルーシー ブラック マン さん 事件。 「ルーシー・ブラックマンさん」殺人事件 刑事も目を覆った遺棄現場

伊藤詩織さん事件、もう一つの“ブラックボックス”とは?

ルーシー ブラック マン さん 事件

引用: 「ルーシー・ブラックマンさん事件」をご存知でしょうか。 この事件は、イギリス人女性のルーシー・ブラックマンさんが失踪後、遺体で発見された事件です。 失踪に関して、遺族からも多額の懸賞金が提示されていました。 顔画像なども報道されていたため、見覚えがある方も多いのではないのでしょうか。 この事件の犯人として逮捕された織原城二は、以前より昏睡強姦を繰り返していた男で、父親から受け継いだ莫大な遺産で生活していました。 また彼は「金聖鐘」という在日韓国人であることも判明しました。 しかし、この事実が判明したことによってマスコミ報道が下火になってしまい、ルーシー・ブラックマンさん事件を知る人が少なくなってしまったのです。 この記事では、ルーシー・ブラックマンさん事件の概要と、事件解決の経緯、犯人・織原城二の経歴や在日韓国人であること、判決などを調査しました。 ルーシー・ブラックマンさん事件概要 「ルーシー・ブラックマンさん」殺人事件 刑事も目を覆った遺棄現場|デイリー新潮 2019. 4 19年前に起こった「ルーシー・ブラックマン事件」。 金髪の元英国航空CAを凌辱したすえに死に至らしめたのは、織原城二(当時48) Kim Sung Jong Seisho Hoshiyama 在日韓国人 — washima ewashimxa ルーシー・ブラックマンさん(当時21歳)は、元はイギリスで客室乗務員として勤務していた、イギリス人女性でした。 2000年5月に来日し、すぐに六本木のバーでホステスとして勤務しはじめました。 ルーシー・ブラックマンさんの画像はこちらです。 画像からもわかるように、ブロンドに青い目が特徴の英国美女といった見た目であることがわかります。 来日して2ヶ月後の2000年7月1日17時頃、ホステス仲間の携帯電話にルーシー・ブラックマンさんから「今、お客様とドライブデート中です。 これから海岸に向かいます」という連絡が入っています。 この日の19時頃、「あと1時間程度で帰ります」という連絡が再びありましたが帰ってくることはなく、行方不明となってしまいました。 【2】ホステス仲間への電話と捜索願 引用: ルーシー・ブラックマンさんが行方不明になってから1ヶ月以上が経過した2000年8月22日には、ルーシー・ブラックマンさんの妹が記者会見を行ない、10000ポンド(約160万円)という多額の懸賞金を提示し、有力な情報を集めようとしました。 マスコミでも大々的に報じられたため、この時にルーシー・ブラックマンさんの画像を見た方や、画像に見覚えがあるという方も多いかもしれません。 また、2000年9月下旬、警視庁は「ルーシー・ブラックマン周辺で外国人女性2人が失踪している」ということ、また「勤務していたバーの常連客だった不動産会社社長を捜査している」ということを明らかにしました。 この「不動産会社社長」というのが、後の被疑者である織原城二です。 【4】織原城二(金聖鐘)・別件で逮捕 ルーシーブラックマンら連続強姦殺人事件 織原城二こと金聖鐘/薬物を飲ませて少なくとも女性10人以上を暴行、うち英国人ルーシー・ブラックマンさんら2人を殺し。 そして、彼が所有する神奈川県三浦市のマンション、モーターボート等のほか、周辺の海岸が捜索されました。 こちらの画像は大学生の頃の画像とのことです。 画像から分かる通り、当時としては一般的な大学生のルックスですね。 逮捕から1ヶ月が経過した11月17日、ルーシー・ブラックマンさんに対する準強姦罪で、東京地検は織原城二を東京地裁に起訴しました。 このとき警視庁は、真相を追求するDNA鑑定を行なうため、ルーシー・ブラックマンさんの家族に髪の毛を提供してもらっています。 【5】ルーシー・ブラックマンさんの遺体見つかる 引用: ルーシー・ブラックマンさんが失踪して2日経過した2000年7月3日、ホステス仲間から捜索願が出されました。 その後警察による捜索が行なわれましたが、その時に警察の地域係に集まった情報が有力でした。 とある六本木のクラブの店長によりもたらされた情報は、 『六本木のクラブ・バーで働く外国人女性を口説き、お金をあげる男がいる。 ドライブなどのデートに誘い、外国人女性に薬を飲ませている。 その際に性的な画像・写真を撮影して、外国人女性にゆすりをかけている。 この男は外国人女性から「ユージ」と呼ばれている。 既に外国人女性が2人も被害に遭っている。 この男が、ルーシー・ブラックマンさんが行方不明になっている事件に関係しているか、犯人ではないか。 』 というものでした。 人の口に戸は立てられないと言いますが、既に界隈ではこの男のことが噂になっていて、犯人ではないかと疑われていたのですね。 この情報により、ルーシー・ブラックマンさん事件は真相に近づきます。 【2】織原城二(金聖鐘)の行動が明らかに 引用: 上述の逮捕から1ヶ月後、ルーシー・ブラックマンさんに対する準強姦罪で、織原城二は東京地検に起訴されました。 彼が強姦・死体遺棄の犯人であるという裏付けは少なく、真相がわからなかったため、捜査はとても難しかったものと見られています。 その一因は、ルーシー・ブラックマンさんの遺体が見つからなかったことでした。 織原城二(金聖鐘)が強姦・死体遺棄事件の犯人であることはわかっているのに遺体が見つからない状況が、どれほど歯がゆかったかわかりません。 捜査が難航する中、一つだけ手がかりがありました。 ルーシー・ブラックマンさんが失踪した数日後、織原城二(金聖鐘)が海岸でスコップを持って歩いている姿が目撃されていたのです。 その後、2ヶ月に渡ってルーシー・ブラックマンさんの遺体が捜索されたといいます。 その執念が伝わったのか、2001年2月に三浦市の海岸にある洞窟でルーシー・ブラックマンさんの遺体が発見されました。 遺体はバラバラにされ、浴槽に入れられ、コンクリートで固められ、更に地面に埋められていました。 このような凄惨な死体遺棄の方法こそが、真相解明に時間がかかった一因でした。 行方不明になってから9ヶ月が経過していました。 鑑識の画像を見た方によれば、すでに屍蝋化が進んでいたと言います。 犯人の織原城二の経歴【ルーシー・ブラックマンさん事件】 ルーシー・ブラックマン事件を15年間追ったイギリス人記者が語る「ニッポンの不思議な部分」 日刊SPA! 2015. 18 ルーシーを殺害したとされる織原城二 Kim Sung Jong は、裕福な在日韓国人の家庭で生まれ育ち、準強姦致死罪など9人の事件で無期懲役 — washima ewashimxa 上ではルーシー・ブラックマンさん事件の概要と、事件解決に至った経緯・真相をお伝えしました。 事件の犯人である「織原城二」は、親が築いた莫大な遺産で生活していました。 また、犯人は以前から同様の性犯罪を重ねていたため、早い段階から犯人であることを疑われていました。 ここでは、ルーシー・ブラックマン事件・犯人の「織原城二」の経歴と、織原城二が在日韓国人で「金聖鐘」という名前だったことについてご紹介します。 織原城二の経歴 引用: ルーシー・ブラックマンさん事件の犯人「織原城二」は1952年、大阪に生まれました。 親は在日韓国人であり、織原城二もまた在日韓国人でした。 在日韓国人だった父親は貧乏でしたが、不動産会社、駐車場経営、タクシー会社、パチンコ屋の経営者となりました。 これらを一代で築き上げたというのは驚きですね。 真相はどうあれ商才に長けていたと言えるでしょう。 様々な会社を経営する在日韓国人の父親のもとで、織原城二は裕福に育ちました。 しかし17歳の時、父親は香港で死亡。 在日韓国人であることが関係しているかはわかりませんが、暴力団絡みの事件に巻き込まれたとされています。 残された2人の兄弟と共に巨額の遺産を相続することとなりました。 織原城二は慶應義塾高等学校に入学し、単身で上京しました。 亡くなった在日韓国人の父親から与えられていたのが、田園調布の一軒家でした。 何不自由無い生活を送っていましたが、非道な性的趣味の持ち主でもありました。 それが【昏睡強姦】です。 織原城二は高校生の頃から、アルコール、睡眠薬などを使って女性を昏睡させ、強姦することを繰り返していました。 1995年の時点で、彼の強姦記録ノートには209名の女性が記録されていたと言います。 織原城二は高校を卒業すると、慶應義塾大学へのエスカレーター進学はせず、アメリカやスウェーデンに留学しています。 1974年頃に帰国すると、慶應義塾大学法学部に入り直して卒業しています。 この時は、慶應義塾大学をあらためて外部受験したと考えられますので、成績は優秀だったと考えられます。 織原城二は「金聖鐘」という在日韓国人2世でしたが、1971年に韓国籍から日本国籍に変更しました。 また、慶應大学在学中に「整形手術」を行なっています。 このとき、在日韓国人特有の顔立ちを消し去るべく整形していると考えられています。 国籍も日本に変更し、顔も日本人風に変えているということで、日本人として生きていく気持ちがあったのでしょう。 その後、在日韓国人の父親から引き継いだ駐車場の経営や、不動産業で成功しました。 その資産はピーク時に40億円を超えていたと言われています。 しかし、ルーシー・ブラックマンさん事件で逮捕される2000年以前には、これらの事業は失敗に転じていて、自宅の差し押さえ、所有する物件の差し押さえを受けていました。 事業の失敗は強いストレスになっていたのか、1998年には女子トイレ盗撮事件を起こして罰金刑という前科も残っています。 織原城二は在日韓国人だった? 引用: 上の経歴でも触れた通り、織原城二の父親は在日韓国人でした。 そして織原城二も在日韓国人2世でした。 1971年に日本に帰化するまで「金聖鐘」という在日韓国人名を持っていたことがわかっています。 このことが、ルーシー・ブラックマンさん事件の報道があまり行なわれていないことに関係しているのではないか?と推測されています。 ルーシー・ブラックマンさんが失踪した前後は、彼女の画像を映すなど、大々的にマスコミによって報道されていました。 しかし織原城二(金聖鐘)逮捕後、インターネットを中心に「在日韓国人である」という情報・画像が流布しました。 同時にマスコミによる報道が鎮火してしまったと言われているのです。 織原城二が在日韓国人であるという情報・画像が知れ渡ったことで、報道しづらくなったのではないか・在日韓国人に対する忖度が行なわれたのではないかとも推測されています。 織原城二は、整形まで行なって日本人風の顔立ちにしています。 また、親から受け継いできた国籍を自分の意志で日本籍に変更しています。 これらの事を鑑みても、在日韓国人であることにアイデンティティを持っていたと言うよりは、日本人として生きていく覚悟を決めていたのではないか?と受け取れますが、真相はわかりません。 日本ではほとんど報じられなくなっていたルーシー・ブラックマンさん事件ですが、イギリスでは様々な報道が展開されていました。 新しい本を買いました。 「ルーシーブラックマンさん事件」という在日韓国人が起こした英国人女性バラバラ殺人の真相を15年追い続けた記者ロイド・パリー氏のリサーチです。 「黒い迷宮」って名前で日本でも出版されてますが自分は英語版を購入。 犯人の織原城二の犯行動機は? ここまで、ルーシー・ブラックマンさん事件の犯人である織原城二(金聖鐘)についてお伝えしました。 ルーシー・ブラックマンさん事件の犯行動機ですが、いったいどのようなものだったのでしょうか。 これについては、彼がルーシー・ブラックマンさん殺害を認めていないため、犯人によって犯行動機が語られていない状況です。 犯行動機の真相は、今に至るまで正確にはわからないものとなっています。 しかし、ルーシー・ブラックマンさん事件・犯人の織原城二(金聖鐘)は、高校在学中から昏睡強姦を繰り返していたとされていますので、強姦目的が真相ではないかという意見が多く見られます。 また、事件前に事業で失敗していたことも注目する点かもしれません。 自宅・所有物件の差し押さえなどが行なわれていたため、ルーシー・ブラックマンさん事件・犯人の織原城二(金聖鐘)にはストレスがあったのではないでしょうか。 このことも犯行動機につながった可能性があります。 犯人の織原城二の判決は? 引用: 2008年3月、控訴審の初公判が行なわれました。 弁護側(織原城二側)はルーシー・ブラックマンさん事件のすべての罪と、別件の致死罪で無罪を主張しました。 検察側は有罪を求めました。 2008年7月、別件の致死罪の被害者遺族に、お悔やみ金1億円を渡していたことが発覚しました。 2008年12月、控訴審判決が行なわれました。 東京高裁は、第一審の判決を破棄した上で、改めて無期懲役判決を言い渡しました。 ルーシー・ブラックマンさん事件について、準強姦致死罪は認められませんでしたが、わいせつ目的誘拐や準強姦未遂などで有罪と認定されました。 織原城二側は、不服として最高裁に上告しましたが、2010年に上告は棄却され、無期懲役が確定しました。 織原城二の現在【ルーシー・ブラックマンさん事件】 引用: 今回の記事では、ルーシー・ブラックマンさん事件の概要や真相、ルーシー・ブラックマンさんの画像、犯人・織原城二(金聖鐘)の経歴、事件の判決内容などをお伝えしました。 2010年に最高裁で無期懲役が確定した、犯人・織原城二(金聖鐘)の現在は、どうなっているのでしょうか。 また、ルーシー・ブラックマンさんの遺体が遺棄されていたのは、織原城二(金聖鐘)が所有していたマンションの近くでした。 現在、このマンションはどうなっているのでしょうか。 マンションの住民によれば「資産価値が大きく下落してしまった」、「織原城二(金聖鐘)が所有していた部屋は、数年前に市によって差し押さえられた」と言われています。 以前から昏睡強姦という非道な事件を繰り返していた織原城二(金聖鐘)。 そんな織原城二が、何の罪もない外国人女性を殺害・遺棄した事件が「ルーシー・ブラックマンさん事件」でした。 日本のマスコミがあまり報道しなかったため、認知度が低く、捜査的にも色々と不可解な点が残る事件となってしまいました。 遺族の方の無念を思うと、いたたまれない気持ちになります。 このような事件が今後起こらないようにするためにも、ルーシー・ブラックマンさん事件を風化させたくないものです。 人気の記事• 新潟少女監禁事件とは? 今から約29年ほど前、新潟県においてとても恐ろしい事件が起こりました。 新潟県 […]• 福岡母子3人殺害事件の概要 2017年6月6日午前9時20分ごろ、福岡県小郡市小板井(ふくおかけんおごおりし […]• 座間9遺体事件とは? この投稿をInstagra […]• 大牟田4人殺害事件とは? 『全員死刑 大牟田4人殺害事件 […]• 埼玉愛犬家連続殺人事件とは? 今回は、1994年に発生した凶悪事件である「埼玉愛犬家連続殺人事件」について、 […]• 西鉄バスジャック事件とは? 「ヒヒヒヒヒ」 【西鉄バスジャック事件 2000 】、少年(HN:ネオむぎ茶) […]• 足利事件とは? 足利事件ってご存知でしょうか?幼い女の子の誘拐殺人事件なのです。 幼い女の子を被害者と […]• 新宿西口バス放火事件とは? 1980年(昭和55年)8月19日の夜、東京都新宿区西新宿1丁目にある新宿駅西口 […]• 奈良小1女児殺害事件の概要 2004年11月17日午後2時ごろ、奈良県奈良市学園大和町の会社員の長女で同立富 […]• 小田求とは?【千葉一家4人殺害事件】 小田求をご存知でしょうか。 有名な千葉市議会議員ですが、実は、バ […]• 実際にあったマインドコントロール事件! マインドコントロールされてしまうと、自分の思考が持てなくなり相手の意 […]• 福岡一家4人殺害事件とは? 2003年6月20日、福岡県福岡市の博多港で一家4人の無残な遺体が発見される事と […]• 松本知子の生い立ち・経歴 「地下鉄サリン事件」や「松本サリン事件」「薬剤師リンチ殺人事件」など、多くの人を恐 […]• 江東マンション神隠し殺人事件とは? 『江東マンション神隠し殺人事件』という名前を聞いたことはありますか? […]• 奥平剛士とは?【日本赤軍】 奥平剛士 日本赤軍の最高幹部。 奥平純三の兄。 1945年生まれ。 京大では全共闘と […]• イラク日本人青年殺害事件の概要 2003(平成15)年5月、イラク戦争が終結した後もイラクの国内情勢は混迷を […]• イラク日本人青年殺害事件とは? イラク日本人青年殺害事件とは、旧政権の残存勢力だった「イスラム過激派」により […]• ドラム缶女性焼殺事件とは? 現在、「ドラム缶女性焼殺事件」という事件をご存じの方はどれくらいいらっしゃるので […]• 仙台女児連続暴行事件とは? 仙台女児連続暴行事件を耳にしたことはありますでしょうか? 仙台女児連続暴行 […]• 三鷹ストーカー殺人事件とは? この「三鷹ストーカー殺人事件」とは、2013年10月8日の午後16時53分頃、 […].

次の

ルーシー・ブラックマンさん殺害事件【織原城二/金聖鐘】

ルーシー ブラック マン さん 事件

犯人として逮捕されたのは織原城二と呼ばれる男性でした。 ルーシー・ブラックマンさんの事件とは別件で逮捕されていましたが、ルーシー・ブラックマンさんにも関わっていることが発覚します。 別件の事件とは、同年10月12日に発生した準強制わいせつの容疑で、外国人女性が3人と日本人女性が2人に対しての暴行を行ったといった内容でした。 これにより、犯人は5度の逮捕を経験することとなったようです。 犯人の自宅を捜索したところ、証拠となる薬物や撮影された映像などが見つかりました。 別件の事件が発覚した後、ルーシー・ブラックマンさんの事件と似ていることが判明したため、ルーシー・ブラックマンの件でも関わっている可能性があるとして捜査が始められたようです。 2001年1月26日、犯人がうろついていたと言われている海岸付近でルーシー・ブラックマンさんの遺体が発見されたようです。 発見当時、ルーシー・ブラックマンさんの体は切断された状態で見つかり、セメントを使用して遺体が埋められていました。 そのセメントと同じものが織原城二の自宅にあったことで犯人だと断定されます。 また、遺体の処理方法の検索履歴が自宅のパソコンにあったことも逮捕に関係しています。 しかし、織原城二は逮捕された際に殺害を否認し続けていました。 これは、その後の裁判でも大きな影響を及ぼすこととなります。 それについては後に詳しくご紹介しましょう。 もしも、織原城二の自宅から多くの証拠が見つかっていなければ、現在もルーシー・ブラックマンさん殺害事件の真相は分かっていなかったのではないでしょうか。 なぜ犯人が証拠を残していたのかは不明ですが、逮捕されない自信があったと言えるのかもしれません。

次の

「LUCY」のスカーレット・ヨハンソンが「何か質問ある?」 Twitterでファン交流 : 映画ニュース

ルーシー ブラック マン さん 事件

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年10月) 経緯 [ ]• 2000年• 7月1日 - 元航空乗務員で、としてで働いていたブラックマンが、友人に連絡後に行方不明になった。 3日には、男からブラックマンの友人に電話があり、不審に思った友人がに願を出した。 ブラックマンが失跡した直後の7月5日ごろ、がこのを訪れて管理人とトラブルになっているところや、スコップを持って海岸を歩いているのが目撃されていた。 8月22日 - ブラックマンの妹がし、1万(当時160万円)の懸賞金をかけて有力情報の呼びかけを行った。 9月下旬には、捜査第一課とがが勤めていたクラブの常連客で管理会社社長の男をしていることが明らかになった。 また、ブラックマンの周辺で新たに外国人女性二人が行方不明になっていることも発覚した。 10月12日 - 別件の準強制容疑で被疑者がされた。 後日、神奈川県三浦市内の所有するマンションの一室やモーターボート付近の海岸などを警察が捜索した。 11月17日 - 同容疑者が再逮捕された。 は同日、ブラックマンに対するで被疑者の男をに起訴した。 警視庁はのため、ブラックマンの家族に毛髪の提供を要請した。 2001年• 1月26日 - オーストラリア人女性に対する強姦致死容疑で再逮捕された。 2月 - 被疑者のマンションから近い三浦市内の海岸にある洞窟内で、地面に埋められた浴槽内で遺体がバラバラに切断された状態で発見された。 裁判 [ ] その後、被疑者はブラックマンを含めた10人の女性(4人と6人)に準強姦をし、そのうち2人の女性(ブラックマンとオーストラリア人女性)を死亡させたとして東京地検から東京地裁に起訴された。 審理は2000年12月の初公判から2007年4月の判決まで61回に及んだ。 被疑者は他9事件については1人の致死罪を除いておおむね認めた。 しかしルーシー・ブラックマン事件については、側が死亡したとする時間の直前に自分のマンションの部屋でブラックマンと会ったことは認めたが、時には死亡していた知人が関与した可能性を示唆した上でを主張した。 犯人のプロフィール [ ] Oは、生まれ で、の親を持つ 貸しビル会社社長。 貧しい移民 から会社・・会社・の経営者となった父を持ち、裕福な環境で育った。 17歳のときに父を亡くし、2人の兄弟とともに莫大な遺産をした。 は、貧しいから裕福になった家族のもとで甘やかされた経歴がこの犯罪に影響を与えた可能性を示唆するが、「同様の経歴を持つ人は多い」 "But there are many people with similar backgrounds" ためこれだけでは犯行の原因は説明できないとする。 入学とともに単身上京し、父親から与えられたの家政婦つきの一軒家で生活していた。 高校在学中、頃からややの使用による昏睡レイプを始め、まで209人の女性に対する性的暴行をノートに記録していた。 に籍からに変更。 高校卒業後、への内部推薦を辞退し、への在学を経て3年間やに遊学した。 当時、の知遇を得たと自称している。 ごろにへ帰国し、の科と科を卒業した。 30代以降に家業の駐車場経営や不動産業で成功し、総が40億円に達した時期もあるが 、2000年に本事件で逮捕される前にはすでに事業で失敗していた。 1999年には自宅を一時的に差し押さえられたほか 、逮捕されるまでの18ヶ月間に複数の所有物件の差し押さえを受けていた。 この間、には前方のに追突するを起こし、には白浜海岸で女子の盗撮事件を起こしてそれぞれ刑を受けていたほか、1998年以前にも同様の性犯罪によるがあった。 民族的出自 [ ] 犯人は21歳まで韓国籍だったが、21歳のときに日本国籍を取得した。 パリーは「ただ、彼が日本という国で生まれ育った人間であることを考えると、その意味で日本にも何らかの原因はあるのではないか」 とも述べ、該当事件の捜査に関する日本警察の無能さとともに、犯人の出自に関する報道状況に関して「日本社会にはタブーがあるとも気がついた」とコメントした。 逮捕後、民族的出自を報じた。 『』のLaura Millerによれば、犯人が逮捕後も写真撮影を拒んだことなどについて、「民族的出自がコリアンだから反抗的行動をしているのだと日本人は非難した」 "The Japanese blamed... recalcitrant behavior on his Korean ethnicity"。 被告人による訴訟 [ ] 1月、まだ控訴審が始まる前には、(当時は被告人)が『』の版元であると作者のを提訴している。 理由は、• 『』第3巻(2007年8月下旬刊行)p. 187に「1992年2月から2000年7月の間に女性ら10人をマンションに連れ込んで意識を失わせ強姦し、そのうち2人を死亡させたとして有罪判決を受けた」とあるが、判決では1人を死亡させたとしか認定されていない。 「有罪判決」が当時まだ確定判決ではなかったことを明記していない。 「いや実は彼は…元在日なんだ」ともあるが、の文脈でこの情報を記すことは原告への名誉毀損にあたる(のちプライバシー侵害の主張も追加)。 というもので、請求額は5000万円、さらに『嫌韓流』第3巻p. 187の当該記述を削除せよと求めていた。 山野は「2人を死亡させた」との記述については「単純ミス」と認めつつも、「当時すでに彼の社会的評価は最悪だったので、この記述によってさらに評価が低下したとはいえない」と反論。 また「有罪判決」が当時まだ一審判決に過ぎなかったことは広く報じられており、自明であると述べた。 「元在日」との記述については「ある人の国籍を述べることは名誉毀損なんですか? 彼は在日だったことが恥ずかしいのですか? 彼の考え方はおかしいですよ」と抗弁している。 一審では山野側の代理人弁護士が「バックに組織がいるような気がする」「事務所に集団抗議や嫌がらせが来ないとも限らない」との理由で逃げてしまい、山野側は新しい弁護士を立てて争った。 、東京地裁で原告の主張が訴因2を除いて認められ、山野らは慰謝料80万円の支払いを命じられた(ただし削除の要求については却下)。 、東京高等裁判所は山野らに20万円の支払いを命じた。 東京高裁は、原告が元在日韓国人だったとの事実は2007年8月下旬当時広く知れ渡っていたとはいえず、山野の記述はプライバシー侵害にあたると認めつつ、重大事件で有罪判決を受けた者に関しては民族的出自を公表する利益が公表しない利益を上回ると判示した。 その後、原告は最高裁への上告を断念し、高裁判決が確定した。 ザル勘定でプラスマイナスゼロ。 ただしこの裁判費用については、版元の方が多く負担してくれたことは記しておきたい」と述べている。 このほか、受刑者(当時は被告人)は『週刊新潮』を名誉毀損で提訴したり、「」のブログの記述に訂正を要求したりしている。 また『タイムズ』紙のも名誉毀損で提訴されている。 訴えの内容は「被告人がで服を脱ぎ、独房の洗面台にしがみついて出廷を拒否したとの報道は事実無根」というもので、この時の損害賠償請求額は3000万円であった。 パリーは勝訴したものの、『タイムズ』紙は約1200万円の弁護士費用の負担を余儀なくされた。 被告人個人は2004年に238億円の負債を抱えて破産していたものの 、タクシー会社やパチンコ屋を経営する 家族が高額の裁判費用等を負担していた。 被告人による自作自演の「冤罪」キャンペーン [ ] 、「真実究明班」名義で「ルーシー事件の真実」と称するウェブサイトが開設された。 いずれも検察の立証の疑わしさを主張し、被告人(当時)の冤罪の可能性を訴える内容であった。 『ドキュメンタリー ルーシー事件の真実』p. 31には「真実究明班は、ジャーナリスト、法科大学職員、元検事を含む法曹界会員などで構成されている」と記されていたが、この本の実態は被告人から委託された弁護士による自費出版物であり、飛鳥新社としては、被告人の命令と監督で作られた本と認識していた。 2月、飛鳥新社が被告人とその弁護士に対して民事訴訟を起こし、1314万6481円の未払金の支払を求めた。 訴状には、『ドキュメンタリー ルーシー事件の真実』が被告人の「刑事事件を有利にするためのキャンペーン活動の一環として…書籍の出版、広告等の業務委託が行われ」たものであること、「被告らは、上記キャンペーン活動を中立性ある活動であるかのように装うために、同キャンペーンの担い手が第三者からなる特定の団体であるかのように装」ったこと、「『真実究明班』はもとより法人格を有する法人ではなく、権利能力なき社団に該当する程度の社団性もなく、その実体は、被告ら個人に過ぎない」ことが書かれていた。 ウェブサイト「ルーシー事件の真実」には被害者の日記の一部や遺族の署名した書類、公判速記録などが裁判所の許可なく掲載されていた。 このため警視庁は立件を検討したが、ウェブサイトのサーバーが日本国内ではなく領に置かれていたため、捜査は行われなかった。 状況証拠 [ ] 以下のをどう評価するかが焦点となった。 髪の毛などから、被害者が被疑者のマンションにいたこと• 被害者が死亡したとされる時期の直後に、遺体の損壊・遺棄に使ったとみられる・などを購入していたこと• 被疑者のパソコン記録では、被害者が死亡したとされる時期の直後にで死体の処理方法が検索されていたこと• 遺体の損壊が激しかったため、の代謝物が検出されたものの死因が特定できず、や被疑者のが検出されなかったこと• 被疑者が起こした他9事件に、ルーシー・ブラックマン事件と類似の犯罪性向があること• 他9事件では存在した、薬物を使って女性への乱暴を撮影したビデオテープが、ルーシー・ブラックマン事件では発見されなかったこと• 死亡したとされる時期の後にブラックマンの生存を偽装する電話をブラックマンの友人にかけたのは被疑者である可能性が高いこと 直接証拠に乏しいこの事件に対しては、2006年9月に被疑者の無罪を訴える内容のホームページが「真実究明班」名義で開設されており 、それらの主張は後に書籍としてまとめられている。 「真実究明班」は、被疑者の行為は被害者と金銭において合意の上で行われたものであるとしているが、そのホームページには、裁判関係者でしか入手し得ないはずの資料も使用されている。 刑事裁判 [ ]• 第一審・東京地方裁判所• 東京地検は被告人が失踪前のブラックマンと行動していた点・遺体を固めるのに使用されたものと同種のセメントが被告人の部屋から発見された点などの状況証拠を積み重ねて有罪を主張し、法定刑の上限の無期懲役を求刑した。 2007年7月24日に開かれたで東京地裁(裁判長)はにを言い渡した。 東京地裁はブラックマン以外の女性9人に対する準強姦致死罪などをしたが、ブラックマンの件に関しては「合理的疑いが残る」として無罪を言い渡した。 東京地検・被告人ともに判決を不服として東京高裁に控訴した。 控訴審・東京高等裁判所• 2008年3月25日 - 初公判。 側は、当事件の被害者に関する全ての罪とオーストラリア人の致死罪に関して無罪を主張した。 検察側は、有罪を求めた。 2008年7月 - 一審で致死罪が認定されたオーストラリア人女性の遺族に、被告人が見舞金1億円を支払っていたことが明らかになった。 被告人はこの見舞金を「お悔やみ金」としており、女性に対する殺害は関係ないと主張している。 2008年12月16日 - 控訴審判決公判にて東京高裁(裁判長)は第一審判決を破棄した上で被告人に改めて無期懲役判決を言い渡した。 東京高裁はブラックマン事件について準強姦致死罪を認めなかったが・準強姦未遂・死体損壊・の各罪を有罪と認定した。 被告人・弁護人側は判決を不服として最高裁に上告した。 上告審・第一小法廷• 2010年12月7日付で最高裁第一小法廷(裁判長)は控訴審・無期懲役判決を支持して被告人のを棄却する決定をしたため無期懲役が確定した。 関連書籍 [ ]• 松垣透『ルーシー事件 闇を食う人びと』彩流社。 ルーシー事件真実究明班『ドキュメンタリー ルーシー事件の真実 近年この事件ほど事実と報道が違う事件はない』真実究明班。 出典 [ ] 以下の出典において、記事名に実名が使われている場合、その箇所を伏字とする• 2007年4月24日. の2007年5月3日時点におけるアーカイブ。 2019年2月18日閲覧。 270. 毎日新聞: p. 2001年4月6日東京夕刊• BOOK. asahi. com. リチャード・ロイド・パリー 2005年8月17日. タイムズ: p. 2011年7月15日閲覧。 Jeff Kingston 2011年2月22日. ジャパンタイムズ. 2013年10月4日閲覧。 , p. 289. , pp. 317-318. , p. 302. 301. , pp. 301-302. , p. 308. , p. 309. 377. , p. 259. 週刊朝日: p. 146. 2000年10月27日• 2016年10月20日閲覧。 週刊新潮 2000年10月26日号 [ ]• Laura Miller 2012年5月20日. Salon. com. 2013年10月4日閲覧。 283-320• , p. 455. , p. 435. , p. 455-456. , p. 300. , p. 456. 439. 513. AFPBB. 2007年4月24日. の2019年2月18日時点におけるアーカイブ。 2019年2月18日閲覧。 2010年12月8日. の2019年2月18日時点におけるアーカイブ。 2019年2月18日閲覧。 AFPBB フランス通信社. 2007年5月1日. の2019年2月18日時点におけるアーカイブ。 2019年2月18日閲覧。 2008年12月16日. の2008年12月19日時点におけるアーカイブ。 2019年2月18日閲覧。 2008年12月16日. の2019年2月18日時点におけるアーカイブ。 2019年2月18日閲覧。 AFPBB フランス通信社. 2008年12月16日. の2019年2月18日時点におけるアーカイブ。 2019年2月18日閲覧。 伊藤一郎 2010年12月9日. の2010年12月15日時点におけるアーカイブ。 2019年2月18日閲覧。 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ]•

次の