ステンレス ユニット シェルフ。 【無印良品】ステンレスユニットシェルフの便利すぎる3つの秘密

LOHACO

ステンレス ユニット シェルフ

【無印良品】ステンレスユニットシェルフの組み立て シェルフは大まかに分けて棚板と帆立(ほたて)に分かれており、これを四つ角のネジと金具で留めている構造になっています。 では、組み立ててみましょう。 まず最下段に棚を張ってみまーす。 帆立を立てつつ棚を持たなければいけないので、可能であれば誰かに手伝ってもらうと作業しやすいです。 なるべく両端の帆立を誰かに持ってもらいましょう。 そして棚は少々重いです! 四つ角の先は尖っている部分もあるので、そのまま床に落とすと傷つく可能性があります。 心配であれば床にブランケットを敷いたり、気をつけて作業しましょう。 一人でもできなくはないですが、片方の帆立は壁や家具などに支えてもらう必要がありますね。 好きな位置に棚をはめ込んで収納スペースを作っていきます。 完成っ! じゃあ収納用品を入れてみましょう。 家に余っていた無印良品の収納シリーズをぶちこんでみました。 ワイヤーバスケット、ソフトボックス、ブリ材バスケット。 ワイヤーバスケットの中に、当初の目的だった洋服の一時置き場を作ってみました。 ソフトボックスには下着やパジャマの替えを。 あ!そういえばパジャマ生活がもうすぐ1年になろうとしています。 続いていますよ~快眠生活が。 ブリ材のバスケットは何も入れていませんが… 余白を作り、後に収納したくなった物が出てきてもOKな様にしてます! 余白、大事です。 僕の収納ポリシー。 そしてもう一つの問題点のバッグ置き場。 横にフックをかけ、リュックをかけられる様にアレンジしました。 棚板以外にもアイデアが出来るのがこのユニットシェルフの嬉しい所。 ……完成! 【無印良品】ステンレスユニットシェルフで変わった寝室.

次の

無印のユニットシェルフが揺れるのでサイドクロスバーで改善した

ステンレス ユニット シェルフ

両端を支える帆立もステンレス製なので、 サビに強くキズも付きにくい! サビにくいというのはキッチンや洗面所の水回りでも使用でき、安心ですよね。 だからリビングや寝室だけでなくキッチンなどでも使用でき、非常に使い勝手が良いんです。 ガシガシ使っても丈夫な点は、日常の収納家具として重要なポイントですよね。 この棚と帆立だけ!というシンプルで武骨な感じが男にはたまらない感じです。 もちろん棚板はオーク材とステンレスで選べますので、ナチュラルに仕上げるも良し、スタイリッシュにまとめるも良しな訳です。 先程紹介した通り、家の中のどんな場所にもマッチします。 リビングで本やオーディオを キッチンで食器やキッチン用品を 洗面所でタオルや洗濯機上の収納として 玄関でシューズラックやコートハンガーとして 専用の別売りパーツを組み合わせれば、どんな場所に配置しても遜色ない活躍を見せてくれます。 因みに我が家では リビングでテレビボードとして、キッチンでは食器棚として使用しています。 以前の家では背の高い帆立にワードローブバーを付けてウェアやコートをかけていました。 その背の高い帆立は、今ではこんな感じでキッチンの食器棚として使っています。 そう基本パーツは棚と帆立のみというシンプルな作りだからこそ、生活環境に合わせて自分好みの収納へとアレンジできるんです。 ここがすごくおススメ! 因みに帆立と棚板は解体すれば、スペース的にかなり薄くなりますので使用しなくなったら一時的に収納してもOK。 大きな家具って素敵ですが、住居や部屋内での移動は大変ですよね。 その点このシェルフは移動が楽チン! 生活環境に合わせて姿を変える、まさに今の時代に合った収納なんです。 棚幅は42、56、84、112㎝から選ぶことができます。 そして帆立が邪魔をすることなく棚の両端についている仕様なので、しっかりと物を置けます。 棚板の位置は帆立の溶接が横に入っている部分のラインであれば設置が可能なので、上下の棚板同士の幅を大きく取る事も小さくする事もある程度は可能です。 僕の家でキッチンの収納として使用しているシェルフは、下にダストボックスや収納用品を置きたかったので棚を抜いて広く取っています。 棚間を自由にできる事によって、収納の幅がグッと広がります。 大きくスペースを取ったダストボックス等の箇所は、楽に移動できる様にキャスターをつけたり台車で収納用品を管理してます。 この台車は引っ越しの際に使用した無印良品の台車です。 引っ越しだけでなく、その後の実生活でも様々なシーンで使え本当に便利なやつです。 棚に載せるはもちろん 『しまう、かける、隠す、魅せる』そんな多彩な収納方法があるのも、このシェルフの魅力。 別売りのパーツで、様々な収納にアレンジできます。 そしてこのシェルフは連結ができ、横にどんどん広げる事ができます!連結する場合、連結部の帆立は1本で左右を支える形になります。 ほら!真ん中の帆立が左右棚を支えてるでしょ? キッチンは2連結にして、隣のシェルフには2段の引き出しを入れています。 この中には食器を入れていますよ~。 取り出しやすい位置に設定しています。 こんなパーツもあるんですよ! 左は背の高い帆立で右は背の低い帆立を付けて、収納の高さを変えるなんて事もできちゃいます。 変化をつけたり必要な所だけ棚を作れる様になっているので、変に部屋を圧迫したり無駄なスペースを生みません。 武骨で丈夫な上にスマートときました。 最高です!このシェルフ。 いかがですか?ステンレスユニットシェルフの良さが少しでも伝わってくれていれば嬉しいです! 次回は引越しをした際に、シェルフを実際組み替えた話を紹介しまーす。

次の

無印良品:スチールユニットシェルフとステンレスユニットシェルフの違い

ステンレス ユニット シェルフ

いまの住まいを選んだ理由はなんですか? 広さと間取りです。 以前の住まいは、ベッドとTVを置いたらあとは何も置けないような部屋でした。 次に住む部屋は、家具レイアウトを自由に変更でき、念願だった大きなダイニングテーブルが置けるところにしようと決めていました。 角部屋で大きい窓も多く、いつも部屋が明るいところも気に入っています。 住まいのこだわりや、お気に入りのものをおしえてください 大きなテーブルのある、明るく広い部屋にこだわり、テーブルの場所を一番に考えました。 以前は床座りのローテーブルを使用していましたが、生活のオンオフを切り替える上でも椅子に座ることはとても重要だと思っています。 無垢材の天板と、黒の3本スチール脚のデザインが好きで、ダイニングテーブルを購入するならSOUDIEUX TABLEと決めていました。 じぶんの部屋にそのテーブルがあるというだけでウキウキします。 目の前には大きな窓もあり、本当に気持ちが良く大好きな場所です。 実際に使っている無印良品の商品で、おすすめをおしえてください ユニットシェルフです。 靴収納、キッチン収納、TV台、本棚、ワードローブ収納全てがユニットシェルフになっています。 同じシリーズの収納を使用することで、部屋に統一感が生まれることはもちろんですが、持ち物や間取りに合わせて編集できることで、この部屋のためだけの形、わたしだけの形にすることが出来ました。 気に入らないところや、持ち物が変わった時にはまた編集すればいいですし、華奢に見えてすごくしっかりとしていて、大容量の収納も可能なところが気に入っています。 住まいでの工夫やポイントをおしえてください レイアウトで、ユニットシェルフの配置を工夫しました。 キッチンと部屋の間仕切りを取り払い、部屋をつなげたこともあり、玄関から入ると部屋のほとんどが丸見えになるのですが、ユニットシェルフを間仕切りのように配置し、目線の高さにはバックパネルを取り付けました。 それにより、丸見えではないけれど、壁はない、広々とした部屋になっています。 コーディネートをご提案するとき、意識していることをおしえてください.

次の