シュレーゲル アオガエル 鳴き声。 風流ある鳴き声!シュレーゲルアオガエルの生態と飼い方

シュレーゲルアオガエルの特徴と生態は?販売値段と寿命はどれくらい?

シュレーゲル アオガエル 鳴き声

シュレーゲルアオガエル…北摂の生き物 シュレーゲルアオガエル…北摂の生き物 2013年6月15日…兵庫県川西市 説明をしたくないカエルです…?モリアオガエルとよく似ているからです。 よくニホンアマガエルとアオガエルのなかまの区別は書かれています。 アマガエルの目の前後には黒い帯のような部分があります。 アオガエルにはこれがありません。 しかし、アマガエルにもこの線のはっきりしないものがけっこういます。 口の先がとがっていればアオガエルのなかまです。 アマガエルは、鼻の先の部分が絶壁状になっています。 絶対にここを見ればシュレーゲルアオガエルとモリアオガエルの区別ができるというような方法は知りません。 よく虹彩の色がモリアオガエルは赤っぽいとありますが夜に見ると赤っぽいのですが昼は金色っぽく見えます。 シュレーゲルアオガエルも金色っぽく見えます。 やや緑がかっているときはシュレーゲルアオガエルの可能性が高いと考えていいと思います。 もっと違うのは大きさです。 シュレーゲルアオガエルの方がモリアオガエルよりもずっと小さいのです。 でも子どもは困ります。 体は全体としてシュレーゲルアオガエルの方が肌がきめ細やかで斑点のあるものはいません。 また、体の下半分、腹部はシュレーゲルアオガエルは白か模様が少しあってもだいたいが茶色っぽいことが多いようです。 モリアオガエルは腹部の模様はほぼ黒です。 またシュレーゲルアオガエルの方がやや透明感のある部分が多いように感じます。 2011年5月15日…大阪府池田市五月山 卵や鳴き声の区別は簡単です。 上の写真はシュレーゲルアオガエルの卵塊です。 ふつうは湿った地面の穴の中に産卵されます。 モリアオガエルは木からぶらさげます。 鳴き声はシュレーゲルアオガエルは水田に水を入れるころに美しい声で鳴きますが、モリアオガエルは夜や雨の日にしぼり出すな声で鳴きます。 2005年5月16日…大阪府池田市五月山 こちらも水田の横にあったシュレーゲルアオガエルの卵塊です。 以上の説明でもわかりにくいと思いますので、大阪自然史博物館の観察会で水田にいた間違いなくシュレーゲルアオガエルと思われるカエルの写真をのせておきます。 2018年5月19日…兵庫県川西市黒川トンボ池 兵庫県川西市黒川のトンボ池での作業中に見つけたしゅれーげーアオガエル卵塊の写真です。 かった草が少しかかっています。 作業で見やすくなったのかもしれません。 2010年5月16日…兵庫県川辺郡猪名川町 この3枚の写真は同一のカエルでシュレーゲルアオガエルのメスだと思います。 2016年7月23日…兵庫県川西市黒川 シュレーゲルアオガエルが葉の上で休んでいました。 兵庫県川西市黒川トンボ池の周辺でした。 2015年12月20日…大阪府池田市五月山 土の中でシュレーゲルアオガエルが越冬していました。 すぐに薄目を空けました。 初めて見たカエルの越冬です。 シュレーゲルアオガエルはモリアオガエルと区別が難しいので写真を載せておきます。 比較してみてください。 2018年5月18日…和歌山県産 シュレーゲルアオガエルの包接の写真です。 和歌山県のものです。 2018年5月18日…和歌山県産 シュレーゲルアオガエルを腹部側から見た写真です。

次の

風流ある鳴き声!シュレーゲルアオガエルの生態と飼い方

シュレーゲル アオガエル 鳴き声

好きなところに飛べます• シュレーゲルアオガエルの特徴 シュレーゲルアオガエルは、両生類無尾目アオガエル科の生き物です。 北海道を除くほぼ日本全土に分布する固有種ですが、オランダの動物学者ヘルマン・シュレーゲルを名前の由来としています。 体長は3cmから5cm、雌の方が一回りほど大柄です。 おなかは白く、背は鮮やかな緑と、カエルと言われて誰もが思い浮かべるような肌の色をしています。 くりくりと愛らしい大きな目をしていて、足には水かきが、さらに指先には吸盤がついています。 このことから泳ぐ以外に木登りも得意としており、葉っぱの上などで見かけることもあります。 外見はモリアオガエルに似ていますが、目の周りの虹彩の色で判別できます。 虹彩が黄色だったら、シュレーゲルアオガエルです。 シュレーゲルアオガエルの生態 Sponsored Link シュレーゲルアオガエルは水田や森林に生息し、小型の昆虫や節足動物を主な食べ物にしています。 繁殖期は4月から5月にかけての一か月ほどですが、地域によって2月から8月までバラつきがあります。 雄は岸辺で喉元の鳴嚢を膨らませ、「コロロ、コロロ」と甲高い声で鳴いて雌を誘います。 この時、シュレーゲルアオガエルは物陰の奥や地中にいることが多く、なかなか姿を見せてくれません。 卵は水中ではなく、岸辺の地中や水上に産み付けられます。 まずメレンゲのような泡を用意し、その中に数百個ほどの卵塊を産むのです。 この泡は孵化するまで乾燥から卵を守り、雨などと共にオタマジャクシを水の中へと導きます。 水場がすぐ側にある田んぼの畦道は、彼らにとってとても都合のいい産卵場所です。 水田の縁や稲の根元に泡に包まれた卵塊がある様は、一頃の日本では非常に有り触れた光景でした。 シュレーゲルアオガエルの販売値段 シュレーゲルアオガエルは、ペットショップなどで1000円前後で購入が可能です。 分布も広く、個体数も全体的に見れば安定しているのですが、水田の喪失に合わせて地域によっては姿を消しつつあります。 大阪府、兵庫県、栃木県、千葉県などでは準絶滅危惧種に、東京都では絶滅危惧II類に指定されています。 その独特の産卵方法から、飼育の難度はやや高めとされています。 購入を検討されている方はどうか大切に育ててあげてください。 シュレーゲルアオガエルの寿命 シュレーゲルアオガエルは完全に大人になるまでに2年ほどかかり、寿命は5年から7年くらいだと言われています。 こんな小さな体で、意外なほど長生きです。 愛情をこめて世話をすれば、耳に心地いい綺麗な鳴き声を何年も聞かせてくれるでしょう。 まとめ ・シュレーゲルアオガエルは江戸時代に海外の学者に命名された日本の固有種。 ・シュレーゲルアオガエルは泡に包まれた卵を陸地に産み付けるという珍しい生態を持つ ・シュレーゲルアオガエルは地域によって姿を消しつつあるが、一匹1000円前後の値段で購入できる 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

カエルは雨が降る前にケロケロと鳴いて知らせない?雨を予知する鳴き声とは!

シュレーゲル アオガエル 鳴き声

似たような種類 モリアオガエル、アマガエルなど。 見つかる場所は? 水田や森林などに生息し、繁殖期には水田や池沼に集まる。 昼間鳴き声を聞いても姿を見掛けないのは、物陰や土中に身を潜めているからである。 分布 日本の固有種で、本州、四国、九州とその周囲の島に分布する。 大きさ 体長はオス30~40mm、メス40~55mm。 捕れる時期 4~6月。 捕まえるコツは? 鳴き声を頼りに捜す。 警戒心が強いので、静かに近づくのがポイント。 ジャンプ力は高くないので、捕まえるのは難しくない。 生活史 繁殖期はおもに4~6月で、あぜなどの水辺の岸辺に泡で包まれた3~10cmの卵塊を産卵する。 泡の中には200~300個の卵が含まれるが、土中に産卵することも多く、あまり目立たない。 孵化したオタマジャクシは雨で泡が溶けるとともに水中へ流れ落ち、水中生活を始める。 7月ごろには、小さなカエルの形になる。 指先には発達した吸盤を持つので、繁殖期以外は樹上生活が中心と考えられている。 エサ 昆虫類、節足動物などを食べる。 特徴 名前はオランダのライデン王立自然史博物館館長だったヘルマン・シュレーゲルに由来する。 「シュレーケルアオガエル」とも呼ばれる。 腹側は白く背中側は緑色をしているが、保護色で褐色を帯びることもある。 虹彩(目のまわり)は黄色い。 「コロロ、コロロ……」と鳴く。 その他 水田のあぜだけで産卵するわけではないが、あぜは産卵には適した場所である。 そのため近年の水田の圃場(ほじょう)整備などで土のあぜがなくなることは、個体数に影響するだろう。 東京では絶滅危惧II類、千葉と兵庫では準絶滅危惧種に指定されている。

次の