競馬 初心者 的中率。 競馬の回収率を上げるには?回収率が高くなる買い方を知ろう!|競馬予想・競馬情報ならJRA

競馬で稼ぐためのレース選びのポイント6ヶ条|大阪競馬ストーリー ~将来を豊かにするための競馬活用術~

競馬 初心者 的中率

こんにちは。 くまなりブログ管理人のなかちゃんです。 競馬を5年ほどやってきた私ですが、 競馬初心者の友人と競馬場によく遊びに行きます。 競馬やったことないから連れてって!! なんて言われたら喜んで連れていきます!笑 そんな中、初心者の友人達が、まぁー同じようなミスをしていることに気が付きました。 何が? と言われるとパッと思いつかないくらい些細な事なんですが、簡単なコツを理解していないだけで、本当に勿体ないことをしているなと。 過去の私も同じミスをしいたので人のことは言えないですが…苦笑い 普段はやらないけど、友人・同僚に誘われて… なんて初心者も多いと思います。 5年前の初心者だった私に向けて書いていますので、同じ境遇の初心者には是非参考にしてほしいと思います。 「 今すぐにできる勝つために必要な簡単なコツ」 「 長期的に見る、競馬で勝つために重要なコツ」 以上のことをシェアしていきます!! 時間がないならお金を投資しよう。 時間がなければ、お金で情報を買ってしまいましょう。 ココナラ、noteというサイトでは予想家の人たちが有料で予想を販売しています。 値段は、500円~5,000円ほど。 自分のサイフと相談して、有料予想の購入を検討してみるのもいいかもしれません。 ちなみに、地方競馬場では予想家が屋台のように並んでいます。 1レース100円~。 1日分の予想で1,000円~といった値段で販売しています。 写真のように、予想家の屋台を囲むようにお客さんが群がっているのをよく見かけます。 自分の予想に自身のない方は、予想家の力を借りてみるのも一つの選択肢です! 時間がないのであれば、お金を投資してプロの意見を取り入れ、少しでも有利に競馬に挑むと違った可能性が見えてくるはずです! 長期的に見る、競馬で勝つために重要なコツ 馬券の収支を記録しよう! 万馬券を取った事や、大きく勝った時の事はよく覚えていると思います。 しかし 負けた時の金額を覚えているでしょうか? 前にでかいの取れたから少しプラスかな?とか ちょこちょこ当たっているから少し負けているくらいかな? なんてその程度だったりしませんよね? 断言しますが、その程度の認識で競馬をやっている人は、全員負けている人たちです。 過去の私もその程度の人間で、もちろん負けていました。 まぁー、びっくりしましたね、年間収支… まさかこんなに負けてるんだと。 自分でも、よくそんな使う金があるなと感心したくらい…苦笑い 今、あなたは馬券の収支を記録してますか? 長期的に見て競馬で勝つためのコツは、小さな積み重ねです。 一つ一つの結果が、次に繋がる投資になっていくのです。 もし何も記録してないなら今すぐに始めましょう。 ・今勝っているのか、負けているのか ・一か月でいくら馬券を買っているのか 何も分からないのであれば、あなたの競馬は一生変わりません。 馬券の収支を記録することによって、あなたの現状とこれからどう競馬に向き合えば良いのかが分かります。 競馬で負け続けているその他大勢(負け組)で終わりたくないですよね。 買い方を記録しよう 今までの自分の買い方は記録していますか? 競馬は多くの馬券の種類があり、複数の買い方をしている人が多いでしょう。 単勝や枠連、馬単、3連単、3連複など。 様々な買い方をしていく中で、自分の購入した馬券の記録を付けていくと、あることに気づくことがあります。 それは… よく当たっている買い方があること!! ワイドは当たらないけど、複勝はよく当たる。 3連単は当たらないけど、馬単は当たる。 などなど。 過去の買い方を記録することで、的中馬券の偏りを見つけることができます。 ということは… よく当たっている馬券が自分の得意な買い方であり、もっとも勝てる可能性が高い馬券になっていることに気づくことができるでしょう! 面倒な収支管理や、勝ち負け分析はすべてネット購入で解決! ここまで、収支や買い方の記録をしよう!と力説してきましたが、 自分でメモ帳に記録を取るなんて面倒なことはしなくて大丈夫です。 JRAの公式サービスである『即PAT』でネット購入をすれば、すべて解決です。 『即PAT』では、自分の購入した履歴がすべて記録され、パーセンテージ(%)で表示されるので、自分の得意不得意が一目瞭然です。 こんな感じですべての記録を見ることが出来ます。 面倒な収支管理はすべて『即PAT』に丸投げしてしまいましょう。 自分と相性のいい騎手、得意な競馬場が一目でわかってしまいます! 自己分析には必須のサービスなので、まだ馬券のネット購入をしたことがない方は是非、この機会に検討してみてください。 【まとめ】• 回収率と的中率を意識しよう• 時間の投資が最重要• 時間がないならお金でドーピング• 収支を毎日記録しよう• 自分の得意な馬券の買い方を見つけよう• 過去の負けを分析しよう• 日々の積み重ねが、次に繋がる 以上!!! 5年前の私に向けて書いてみましたが、5年前にこの事実を知っていれば、より楽しく競馬を楽しむことが出来ていましたね… ギャンブルに絶対はないので、勝つか負けるかは誰にもわかりません。 しかし、毎日ほんの少し努力をするだけで無限に広がる可能性を手に入れることができます。

次の

初心者でもわかる!全競馬新聞の特徴、的中率、値段を徹底比較

競馬 初心者 的中率

どんなに高くてもプラス収支とは限らない。 例えば、1日12レースで馬券を買い、8つのレースで的中したとしましょう。 レース単位でみた的中率は約67%で、これはかなり立派な数字です。 しかし、もし回収率が100%に達していないのであれば「負け」です。 一方、12レース中1レースしか的中できなかったとしても、回収率が101%であったとしたら「勝ち」です。 的中率はわずか約8. 3%ですが、確実に儲かったことを意味します。 したがって、競馬で勝つには、とにかく回収率を上げるしかありません。 そのためには、 より当たりそうなレースを選んだり、効率的な買い方を実践したりと、いろいろな工夫が必要になってくるのです。 0倍の馬券が当たったとしましょう。 この場合、回収率は200%となります。 このように1レース単位で考えた場合は、基本的に回収率のパーセントが高い方がより儲かったと言えます。 しかし、複数のレース、あるいは長いスパンで馬券収支を考えた場合は、回収率だけではどの程度儲かったかはわかりません。 例えば、1年間のトータル払戻金額が110万円で、総購入金額が100万円だったとしましょう。 この場合、回収率は110%となり、純利益は10万円です。 前述した購入例1のケースは、回収率は200%ですが、純利益は1万円。 つまり、この場合の比較では回収率110%でも、回収率200%よりも多くの払戻金額を受けたことになります。 このように具体的にどれぐらい儲かったかは、回収率だけでなく総購入金額により判断する必要があります。 1レース単位であれば爆発的な回収率を叩き出すことも可能でしょうが、1年単位などではそれが難しくなってきます。 しかし、競馬を長く続けるためには、トータルでプラスにすることを目標にしたほうがいいでしょう。 仮に回収率が100%強であっても、総購入金額に比例して、儲けも大きくなります。 毎週馬券を買い、1年単位でそれが達成できれば、立派な成績であると言えるでしょう。 回収率を上げるための買い方はあるの? 回収率UPの買い方:トリガミをしないこと 競馬用語でトリガミという言葉があります。 馬券が的中したにもかかわらずマイナス収支となってしまうことを意味します。 回収率を上げるためには、トリガミは絶対に避けなければいけません。 例えば、18頭立てのレースにおいて、すべての馬の単勝を同一金額ずつ買うとします。 この場合、必ず馬券は的中しますが、単勝の配当が18. 0倍未満だった場合は、確実に損をします。 つまりトリガミとなるわけです。 こうした買い方をする人はいないでしょうが、平均配当が高い3連単であってもむやみに買い目の数を増やすと、起こりうることです。 馬券を買う前には、オッズと購入金額を必ずチェックしましょう。 回収率UPの買い方:期待値の低い馬券を買わないこと 競馬に「絶対」はありえません。 どんなに強い馬でも負けることがあります。 中央競馬における単勝1番人気の勝率は30%程度。 単勝オッズ1倍台の馬でも、勝つ確率は50%強程度で、馬券の期待値としては低いです。 基本的に上位人気馬ばかりを買うと、的中率は上がるけれども、回収率は100%を超えることが非常に難しくなります。 だからと言って、人気薄の馬ばかりを買うのも問題です。 当たれば配当は大きいのですが、現実的に好走する見込みが薄く、的中率が極端に下がってしまいます。 上位・中位・下位人気をそれぞれ、うまく組み合わせて買う方が回収率UPにつながるでしょう。 回収率UPの買い方:いろいろな式別を使い分けること JRAではさまざまな馬券式別があります。 特殊なWIN5を除いても、単勝・複勝・枠連・馬連・馬単・ワイド・3連複・3連単があります。 どの式別を買うかは人それぞれで、これが「正解」というものはありません。 ただ、いつも無条件に同じ式別ばかりを買うのは得策とは言えません。 例えば、自分が選んだ本命馬が勝つ可能性が高いと判断した場合は、単勝・馬単・3連単を中心に馬券を組み立てるといいでしょう。 自分が選んだ本命馬が、「勝つまでは厳しそうだけれど、2着以内あるいは3着以内ならば可能性大」と考えていれば、複勝・馬連・ワイド・3連複を中心に馬券を組み立てるとよいでしょう。 仮に自分の本命馬が3着以内にきたとしても、買い方によって利益の大きさは違ってきます。 本命馬が勝ったのに2着にノーマークの馬がきてはずれ。 当たり馬券がないというケースなんていうのも多々あります。 しかし、馬券を外すのを恐れて、むやみに買い目を広げるのはよくありません。 自分の思い通りの結果になった時に大きな払戻金が得られるように買い方を意識した方が、回収率UPにつながるはずです。 回収率を上げるためにはレースの選び方も重要! 回収率を上げるためには、実際にどのレースを買うかということが非常に大切になってきます。 狙ったレースの的中率が高ければ高いほど、回収率を上げるチャンスがあるからです。 「目の前にあるレースはとことん参加したい!」というスタンスでもいいのですが、その場合はレース単位で購入金額のメリハリをつけることをお勧めします。 一般的には 「勝負レース」と呼ばれる、自分の中で厳選したレースに多くの資金を投入した方がいいでしょう。 レースの厳選基準は例えば、好走する確率が高いと思われる本命馬がいたり、常々狙っていた馬が出走していたりするかどうかが、よくある考え方です。 もしくは、高配当が出そうなレース条件で絞り込む手もあります。 多頭数や各馬の実力が横一線、ハンデ差や展開の紛れなどにより、人気馬が4着以下に敗れる可能性が高いレースを探すのです。 いずれのやり方にしても競馬に対する豊富な知識、高度な読み・深い考えが必要になってくるでしょう。 この章のまとめ 競馬で勝つためには、回収率を上げることが必要です。 そのためには、他の人よりも豊富な情報を持ったり、違った視点で予想したりすることで、より大きな儲けを得られる可能性が出てきます。 例えば、競馬専門紙やスポーツ紙に掲載されている馬柱からはかなりの情報を得ることができますが、それだけでは限界がありますし、不十分な面もあります。 現在は、インターネット配信のデータベースや競馬ソフトを活用し、より詳しい情報を得るのが当たり前になっています。 では、そうしたニーズに応えるため中央競馬の様々な情報を提供しています。 パソコン・スマホどちらでも対応しており、コアな競馬ファンにとっては欠かせないツールとなっています。

次の

競馬で初心者は回収率を気にした方がいい、その理由

競馬 初心者 的中率

どんなに高くてもプラス収支とは限らない。 例えば、1日12レースで馬券を買い、8つのレースで的中したとしましょう。 レース単位でみた的中率は約67%で、これはかなり立派な数字です。 しかし、もし回収率が100%に達していないのであれば「負け」です。 一方、12レース中1レースしか的中できなかったとしても、回収率が101%であったとしたら「勝ち」です。 的中率はわずか約8. 3%ですが、確実に儲かったことを意味します。 したがって、競馬で勝つには、とにかく回収率を上げるしかありません。 そのためには、 より当たりそうなレースを選んだり、効率的な買い方を実践したりと、いろいろな工夫が必要になってくるのです。 0倍の馬券が当たったとしましょう。 この場合、回収率は200%となります。 このように1レース単位で考えた場合は、基本的に回収率のパーセントが高い方がより儲かったと言えます。 しかし、複数のレース、あるいは長いスパンで馬券収支を考えた場合は、回収率だけではどの程度儲かったかはわかりません。 例えば、1年間のトータル払戻金額が110万円で、総購入金額が100万円だったとしましょう。 この場合、回収率は110%となり、純利益は10万円です。 前述した購入例1のケースは、回収率は200%ですが、純利益は1万円。 つまり、この場合の比較では回収率110%でも、回収率200%よりも多くの払戻金額を受けたことになります。 このように具体的にどれぐらい儲かったかは、回収率だけでなく総購入金額により判断する必要があります。 1レース単位であれば爆発的な回収率を叩き出すことも可能でしょうが、1年単位などではそれが難しくなってきます。 しかし、競馬を長く続けるためには、トータルでプラスにすることを目標にしたほうがいいでしょう。 仮に回収率が100%強であっても、総購入金額に比例して、儲けも大きくなります。 毎週馬券を買い、1年単位でそれが達成できれば、立派な成績であると言えるでしょう。 回収率を上げるための買い方はあるの? 回収率UPの買い方:トリガミをしないこと 競馬用語でトリガミという言葉があります。 馬券が的中したにもかかわらずマイナス収支となってしまうことを意味します。 回収率を上げるためには、トリガミは絶対に避けなければいけません。 例えば、18頭立てのレースにおいて、すべての馬の単勝を同一金額ずつ買うとします。 この場合、必ず馬券は的中しますが、単勝の配当が18. 0倍未満だった場合は、確実に損をします。 つまりトリガミとなるわけです。 こうした買い方をする人はいないでしょうが、平均配当が高い3連単であってもむやみに買い目の数を増やすと、起こりうることです。 馬券を買う前には、オッズと購入金額を必ずチェックしましょう。 回収率UPの買い方:期待値の低い馬券を買わないこと 競馬に「絶対」はありえません。 どんなに強い馬でも負けることがあります。 中央競馬における単勝1番人気の勝率は30%程度。 単勝オッズ1倍台の馬でも、勝つ確率は50%強程度で、馬券の期待値としては低いです。 基本的に上位人気馬ばかりを買うと、的中率は上がるけれども、回収率は100%を超えることが非常に難しくなります。 だからと言って、人気薄の馬ばかりを買うのも問題です。 当たれば配当は大きいのですが、現実的に好走する見込みが薄く、的中率が極端に下がってしまいます。 上位・中位・下位人気をそれぞれ、うまく組み合わせて買う方が回収率UPにつながるでしょう。 回収率UPの買い方:いろいろな式別を使い分けること JRAではさまざまな馬券式別があります。 特殊なWIN5を除いても、単勝・複勝・枠連・馬連・馬単・ワイド・3連複・3連単があります。 どの式別を買うかは人それぞれで、これが「正解」というものはありません。 ただ、いつも無条件に同じ式別ばかりを買うのは得策とは言えません。 例えば、自分が選んだ本命馬が勝つ可能性が高いと判断した場合は、単勝・馬単・3連単を中心に馬券を組み立てるといいでしょう。 自分が選んだ本命馬が、「勝つまでは厳しそうだけれど、2着以内あるいは3着以内ならば可能性大」と考えていれば、複勝・馬連・ワイド・3連複を中心に馬券を組み立てるとよいでしょう。 仮に自分の本命馬が3着以内にきたとしても、買い方によって利益の大きさは違ってきます。 本命馬が勝ったのに2着にノーマークの馬がきてはずれ。 当たり馬券がないというケースなんていうのも多々あります。 しかし、馬券を外すのを恐れて、むやみに買い目を広げるのはよくありません。 自分の思い通りの結果になった時に大きな払戻金が得られるように買い方を意識した方が、回収率UPにつながるはずです。 回収率を上げるためにはレースの選び方も重要! 回収率を上げるためには、実際にどのレースを買うかということが非常に大切になってきます。 狙ったレースの的中率が高ければ高いほど、回収率を上げるチャンスがあるからです。 「目の前にあるレースはとことん参加したい!」というスタンスでもいいのですが、その場合はレース単位で購入金額のメリハリをつけることをお勧めします。 一般的には 「勝負レース」と呼ばれる、自分の中で厳選したレースに多くの資金を投入した方がいいでしょう。 レースの厳選基準は例えば、好走する確率が高いと思われる本命馬がいたり、常々狙っていた馬が出走していたりするかどうかが、よくある考え方です。 もしくは、高配当が出そうなレース条件で絞り込む手もあります。 多頭数や各馬の実力が横一線、ハンデ差や展開の紛れなどにより、人気馬が4着以下に敗れる可能性が高いレースを探すのです。 いずれのやり方にしても競馬に対する豊富な知識、高度な読み・深い考えが必要になってくるでしょう。 この章のまとめ 競馬で勝つためには、回収率を上げることが必要です。 そのためには、他の人よりも豊富な情報を持ったり、違った視点で予想したりすることで、より大きな儲けを得られる可能性が出てきます。 例えば、競馬専門紙やスポーツ紙に掲載されている馬柱からはかなりの情報を得ることができますが、それだけでは限界がありますし、不十分な面もあります。 現在は、インターネット配信のデータベースや競馬ソフトを活用し、より詳しい情報を得るのが当たり前になっています。 では、そうしたニーズに応えるため中央競馬の様々な情報を提供しています。 パソコン・スマホどちらでも対応しており、コアな競馬ファンにとっては欠かせないツールとなっています。

次の