ポケモン剣盾 タイプ一致。 ポケモン剣盾 相性補完チェッカー

【ポケモン剣盾】ダイマックス対策で順位を上げる方法【徹底解説】

ポケモン剣盾 タイプ一致

剣盾ランクマッチシーズン7にて突然解禁された特性リベロのエースバーンの対策を考察してみました。 今回紹介するのはスカーフヌメルゴン。 リベロエースバーンとは 特性リベロにより攻撃するときにタイプを変えすべての技をタイプ一致で攻撃できて、攻撃力と素早さが高く、耐久も低くはない。 現剣盾ランクマッチの環境では最強の能力を持っていると考えられる。 XYのガルーラも相当強かったが、他にもメガシンカできるポケモンがいたり、準伝説等高種族値のポケモンが多くいたりした為ガルーラ一強とまでは思えなかったが、今の剣盾環境で考えるとドラパルトがいるとはいえエースバーン一強だと思える。 冠の雪原で解禁される強すぎるポケモンが1体だけ迷い込んだのかな。 シーズン7はこの強すぎるエースバーンをどのように使うかがポイントになりそう。 一般的なエースバーン対策 エースバーンがどれだけ強くてもすべてのポケモンが勝てないということは無い。 エースバーン自体みずやこおり技などを覚えないなどすべてのタイプに変わることができないことや特攻は低めなので弱点でなければ物理耐久の高いポケモンで受けられるなど対策の取りようはありそう。 こう考えるとフェアリータイプ以外にタイプを変えられたゲッコウガが強く感じる。 エースバーン対策の一般的なポケモン インテレオン:素早さで勝っていてタイプ相性有利。 ドヒドイデ:高い耐久で受けきれ特性によりサイクルで有利。 しねんのずつきに注意 ウィンディ:特性いかく攻撃力を下げ、ほとんどの場合弱点攻撃されない。 ヌオー:特性により積み技無効。 弱点攻撃されない。 ギャラドス:特性いかく攻撃力を下げられる。 エレキボールに注意。 ミロカロス:高耐久とタイプ有利で戦えそう。 バンバドロ:特性で耐久を上げることができる。 弱点攻撃されない。 ドータクン:たいねつならダイアーク以外弱点攻撃されない。 スピードスワップで素早さ逆転できる。 ちょうはつに注意。 サダイジャ:てっぺきボディプレス型で行けそう。 へびにらみ覚えたり、特性でダイバーンの晴れを防いだりできる。 少し考えた結果それなりの数対策ポケモンは考えたが対策で考えたポケモン全てウォッシュロトムに不利か型次第で良くて互角くらいだった。 シーズン7は強すぎるエースバーンとエースバーン対策で出てきたポケモン全員を相手にできるウォッシュロトムのウォッシュバーン構築が環境トップになりそう。 真面目にエースバーン対策考察してみた エースバーンとウォッシュロトムの構築が強いといっても使用するプレイヤーが多くなれば結局プレイングが強い人が有利になる。 そこでエースバーン対策でウォッシュロトム対策を考察することにした。 スカーフヌメルゴンがウォッシュバーンに強そうかな。 基本性能 ダイマックスしてダイアジットで特攻を上げながら攻撃してダイマックスが解除されたタイミングでこだわりスカーフにより無双する構成。 こだわりスカーフを持たせることで本来不利になるドラパルトに一方的に勝てる可能性がある。 対エースバーン性能 スカーフでエースバーンよりも早く行動できて、ハイドロポンプで弱点攻撃ができる。 但し補正無ハイドロポンプだと耐久無振りのエースバーンが乱数50パーセントなので奇襲が成功しても40パーセントなので注意が必要。 600族だけど思ったより特攻低くないか。 耐久は無振りでもエースバーンの補正無とびひざげりまで確定耐えできるので最低限の耐久はある。 600族だけど思ったより耐久低くないか。 対ウォッシュロトム性能については特殊耐久の高さと耐性によりウィッシュロトムから有効打が無く、数回受けだせるくらいの有利対面と言える。 使用感 未使用で机上論なので強そうに見えるが強さは未知数なのでご了承ください。 まとめ シーズン7は最終日良くて最終日深夜数時間対戦できるくらいなのでよほどのことが無い限り今期は上位を目指せないがエースバーン一強なのはシーズン7だけなので対策だけは考察したかったので本記事を作成しました。 鎧の孤島が公開されればマリルリや原種ヤドランなどエースバーンに強いポケモンも増えるためさすがにエースバーン一強は無いと思われる。 あれマリルリやヤドランもウォッシュロトムに弱いような。 ボーマンダくらい解禁されなければ冠の雪原までウォッシュバーン環境になりそうかな。 tenku64.

次の

【単体考察】リベロエースバーン対策を考察してみた

ポケモン剣盾 タイプ一致

【ポケモン剣盾】スピンロトムの育成論と対策【万能扇風機】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はスピンロトムの育成論と対策を考えていきたいと思います。 あまりランクバトルでは見かけないものの、普通にマスターボール級3桁以上の上位勢も使ってる強ポケですね。 スピンロトムの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【スピンロトムの特徴1】攻守ともに強い超優秀な電気飛行複合タイプ スピンロトムは電気飛行という非常に優秀な耐性を持っています。 この複合タイプをもつ強力なポケモンといえば一番にサンダーやボルトロスが思い浮かぶトレーナーも多いと思いますが、解禁前なのでスピンロトムしか使えるポケモンがいません。 「特性のふゆうがあるのでそもそも飛行じゃなくても地面が効かないから意味ない」というわけではなく、特性を無効化してくるかたやぶりドリュウズの地震も無効化できるのが強いですね。 鋼・飛行・格闘・地面といったランクバトルで頻繁に飛び交っているタイプを半減以下で受けられるので受け出しもしやすい性能です。 また攻撃方面でみてみても、今作で非常に強いダイジェット使いである飛行タイプの弱点をつける上にこちらは半減で受けられる電気、自分はダイジェットをタイプ一致でうてる飛行という複合タイプはちょっと過小評価されすぎではないかというくらいに優秀です。 【スピンロトムの特徴2】最高にバランスのいいステータス スピンロトムは他のロトムとステータスは同じなので中の上〜上の下レベルの耐久と火力をもつ非常にバランスのいいポケモンです。 ドリュウズのいわなだれなどタイプ不一致弱点くらいなら一発耐えてくれる耐久があるので初心者でも扱いやすいポケモンです。 さらに攻撃面も1回わるだくみを積めればエースとして十分な火力を出せますし、積まなくても丁度他のポケモンが削りきれるくらいまでの削りを入れてくれます。 すばやさも86族と速くはありませんが激戦区の80族は余裕で抜いているので使いやすいです。 ロトムはどのパーティにも一台入れると立ち回りが柔軟になりますから、特に初心者にはいずれかのロトムをパーティに入れるのは必須級でおすすめです。 【スピンロトムの特徴3】ダイジェットが使えるロトム スピンロトムはロトム系なのにタイプ一致ダイジェットをうてます。 ダイジェットが使える=1回わるだくみを積んでしまえば全抜きを狙いやすく、積みエースとして強力なポケモンの1体だといえるでしょう。 ダイジェットが使えるということは、他のロトムと違ってアタッカー型でも素早さに全振りする必要がなくその分耐久に回す調整も可能ということを表します。 ただしダイジェットを積まないと上から殴られる可能性がある、つまり1ターンのスキを見せることがあるので、わるだくみによる1ターンのスキと重複させた上で火力UPアドで相殺するのがメジャーな使い方です。 スピンロトムの育成論と戦い方 スピンロトムは他のロトム同様アタッカーと受けの両方がいますが、どちらかというとカットロトムのようにアタッカー型の方が多い印象ですね。 【スピンロトムの育成論】積みエーススピンロトム• 特性:ふゆう• 個体値:A抜け5V• もちもの:ラムのみ・鋭いくちばし・オボンのみ• わざ:エアスラッシュ・ほうでん・わるだくみ・あくのはどう 特徴 ダイジェット前提のエーススピンロトムです。 耐久に振っているのと飛行+電気+悪の技範囲があるのでわるだくみ+ダイジェットまで決まれば広範囲の相手を殲滅しきるでしょう。 トゲキッス、カビゴンなどラムのみを持っていそうなポケモンと一緒に組むと相手の読みをずらせる可能性が出てきます。 積みのスキを作るのが苦手なパーティ構成のときに採用したい。 スピンロトムは弱点が少なくこの型は耐久に振っているのでそこそこ役立つ機会はあります。 スピンロトムの対策 バンギラスやギガイアス、ドサイドンなど岩には弱いです。 砂をまいて特防を上げた上にタイプ一致で弱点を突くことができるのでスピンロトム対策として手軽なポケモンです。 てんねんピクシー、ヌオーもおすすめです。 積みポケモン対策の鉄板ですね。 まとめ:【ポケモン剣盾】スピンロトムの育成論と対策【万能扇風機】 いかがでしたでしょうか。 エースとして活躍できるスピンロトム、ヒートロトムやウォッシュロトムなど人気ロトムの影に隠れてランクバトルでは少ないロトムですが、強いので育てて使ってみるのもいいかもしれませんね。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】スピンロトムの育成論と対策【万能扇風機】

ポケモン剣盾 タイプ一致

純粋な攻撃性能以外にも「カウンター」「コートチェンジ」「いかりのまえば」「ちょうはつ」など補助的な役割を持つ事が可能なのも特徴の1つです。 耐久面が低めなのでエースバーンよりも速いポケモンで攻める、スカーフ持ちのポケモンで攻めると仕事をさせずに倒しやすいですが、ダイマックスを使用されると耐久も上がるので ダメージレースにおいて非常に厄介なポケモンです。 火力を上げる積み技が「ビルドアップ」のみなので1手で火力を大幅に上げる手段は存在せず、抜群を取られない高防御のポケモンであれば比較的受けが安定しやすくなります。 エースバーンの対策 高い素早さを持ちますが、より速いポケモンを使用する事で低耐久のエースバーンに仕事をさせずに倒すのが最も有効な手段となります。 「きあいのタスキ」で耐えて「カウンター」を行ってくる可能性がある事を考慮すると特殊アタッカーであればより良い対策と言えます。 また、高威力の先制技である「ふいうち」も使用可能なのでふいうちを喰らっても確実に倒せるポケモンを選択していきましょう。 様々な攻め手や択がある以上どれか 単一では対策が成り立ちづらく、状況に応じてどのように対応していくかを選択する必要があります。 先制してエースバーンを倒せるポケモン タイプが変化する前に先制して高火力で弱点を突けば倒せる可能性が高いです。 スカーフを持たせる、こちらも高速ポケモンを使うなどで対応しましょう。 相手がダイマックスを使用した場合でも、 多くの場合ダイマックスターンを消費させる事が可能となり、その後こちらのダイマックスで切り返しがしやすくなります。 ダイジェットを使用可能なポケモンや、ダイジェットを使用して飛行タイプに変化したエースバーンに抜群を取れるタイプであればより効果的です。 素早さダウンを利用する 「こごえるかぜ」「がんせきふうじ」と言った確定素早さダウンの効果を持った技を使用すると エースバーンの強みの一つである高い素早さを活かしづらくする事が出来ます。 ダイマックス状態を考慮すると大ダメージを食らってしまう前提の動きとなるので、 「きあいのタスキ」と併用するとより安定度が高まります。 「ダイジェット」で素早さを上げられた場合でも、可能な限り素早さアップを抑える事でこちらの後続ダイマックスアタッカーが全抜きする態勢を整えやすくなります。 「ダイジェット」を半減する為対面で撃たれづらい「ドリュウズ」などの鋼タイプや岩タイプ、「ダイジェット」後に抜群技で大ダメージを取られる事を考慮させられる「マンムー」などの氷タイプであれば「ダイナックル」で攻撃を上昇させられとしても素早さダウンは行いやすいのでおすすめです。

次の