白い悪魔 ポケモン。 トゲキッス : 白い悪魔|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

トゲキッス : 白い悪魔|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

白い悪魔 ポケモン

7〜126. 3% 確定1発 ・ A特化の 125. 1〜147. 2% 確定1発 ・ A特化の 99. 3〜117. 7% 乱数1発(93. 9〜63. 8% 確定2発 ・ A特化ックスドラパルトのダイホロウ 79. 7〜94. 4% 確定2発 ・ A特化ウオノラゴンの先制エラがみ119. 6〜141. 7% 確定1発 ・ チョッキ 過去記事 の 53. 9〜165. 6% 乱数1発(99. 0〜122. 6〜42. 6% 確定3発 ・ 無振りウオノラゴン 44. 2〜52. 7% 乱数2発(18. 6〜53. 8% 乱数2発(44. 1〜96. 2% 確定2発 ・ H振り 71. 3〜84. 7〜84. 2% 確定2発 ・ 無振りウオノラゴン 87. 8〜104. 2% 乱数1発(31. 0〜106. 1% 乱数1発(37. 3〜190. 5% 確定1発 ・ H振り 142. 0〜168. 4〜72. 3〜60. 2% 確定2発なので受け出しを許さなかったりします は優秀なフェアリー技でが効かない相手へのメインウェポンとなります 極振りしているのも 素のの火力がギリギリなことが大きいです 火力目安 ・ 無振り 167. 6〜201. 1% 確定1発 ・ 無振りドラパルト 100. 6〜119. 0% 確定1発 ・ 無振り 115. 2〜136. 4% 確定1発 ・ 無振り 75. 4〜89. 1% 確定2発 ・ H振りオーロンゲ 81. 1〜96. 0% 確定2発 ・ H振り 51. 4〜62. 4〜119.

次の

【ポケモン剣盾】環境に存在するトゲキッスの型を全て紹介する(多分)【育成論】

白い悪魔 ポケモン

H85 A50 B95 C120 D115 S80 合計545 火力と耐久が高水準でまとまった、フェアリー・飛行タイプのポケモン。 一致技はどちらも通りが良く、更にサブウェポンも豊富なのでどんな相手にも等倍以上で殴れる技範囲の広さを持ちます。 ただし、 一致技の火力は控えめで、能力上昇やダイマックス無しだと種族値の割に火力が出ない印象。 他のポケモンのサポートや持ち物で、上手く火力を補強してやる必要があります。 過去作では、特性てんのめぐみでエアスラ6割怯みを押し付ける型がメジャーでしたが、剣盾においては ダイジェットによる全抜き性能が評価されているポケモンです。 ダイジェット1回で最速ドラパルトも抜けるので、スカーフ持ちを除く全てのポケモンに対して、C120の火力で上から殴ることができます。 耐久も高めなので、ダイマックスをすれば弱点技も余裕を持って耐えます。 そのため、 弱点保険を持たせた型が広く知られており、ドラパルトと同等かそれ以上に弱保と相性が良いポケモンと言えます。 Cは明確な仮想敵がいるなら耐久に回すのもアリですが、 ミラーが多いので最速は妥協しない方が良いと思います。 持ち物はどれも一長一短。 弱保は決まれば強いですが、 有名過ぎて発動機会が少ないのが難点。 ラムのみは欠伸に強いのが長所ですが、悪巧みが無いと火力不足を感じる面も。 命の珠はタイミングを選ばず火力を底上げできますが、欠伸に弱い欠点が残ります。 ピントレンズは強運と合わせて。 技は、エアスラとマジシャが確定。 残り2枠は、 悪巧み@1が使いやすいと思います。 ナットレイやアーマーガアを見るなら火炎放射or大文字、ヒトムを重く見るならげんしのちから、欠伸持ちのトリトドンを刺すなら草結び。 残り1枠は、上記の三つからパーティに合わせて選択。 汎用性が高いのは炎技だと思います。 Hは奇数の最大値、Sは一段階上昇で最速ドラパルト抜き、余りCとなっています。 S調整がかなり有名な調整なので、ミラーでこの型のSを1だけ上回る、抜き抜き調整もあります。 ミラー対面がかなり多いので、個人的にはCを削って最速にするのもアリかと思います。 この型の最大のメリットは、 ダイマックス無しでも弱点技を耐えられること。 つまり 受け出しで弱点技を受け、耐えて弱保を発動という流れが作れます。 弱保を持たせているものの発動機会が無いという悩みを解消できます。 以上のことを踏まえて、持ち物は弱保を推奨。 ラムや珠でも運用はできますが、それなら素直にCSアタッカー型の方が使いやすいです。 技 トゲキッスの技は、型紹介で挙げた7つでほぼ簡潔しているため、ここではその7つの技のみを紹介します。 珍しい技で意表を突く型はまた別の記事で。 げんしのちからと違い、ある程度他に撃てる相手がいるのが魅力。 ただし、威力が相手の体重依存のため安定しない点は注意。 持ち物 トゲキッスの持ち物は、火力を補助する弱保や命の珠か、欠伸で流されるのを防ぐラムのみのいずれかが基本です。 本記事では、上記の三種にピントレンズを加えた四つを紹介します。 じゃくてんほけん AとCを二段階上昇させられるので、一気に火力を高めることが出来ます。 前述の様にトゲキッスは一致技の火力が若干低いため、弱保による火力の補強は効果が大きいです。 ただし、弱保トゲキッスは有名なため、安易に抜群技を撃ってくる相手が少ないのがネックポイント。 前述の通り、耐久型なら受け出しでも抜群技を耐えらえるため、弱保との相性が良いです。 いのちのたま 弱保同様、トゲキッスの火力を補強できるアイテム。 場面を選ばず火力を底上げできるのが強みです。 げんしのちからや草結びを採用する時には持たせることが多く、サブウェポンでもかなりの火力を出せます。 ラムのみ 上記の二つとは違い、 積んだ後のケアとして活躍するアイテム。 ダイジェットや悪巧みで詰んだ後に、欠伸で流されるという流れを防ぎます。 ただし、火力は据え置きのため、他のポケモンのサポートで上手く悪巧みを積める環境を作る必要があります。 ピントレンズ 不安定ですが、相手の計算を狂わせて強引な突破が可能になります。 ダイマックス時には天の恵みの効果が受けられないため強運で運用している場合も多く、特性と合わせて50%の確率で急所を引けます。 画一的な対策がしづらいのも強み。 トゲキッスの対策 強力なポケモンである分、分かりやすい対策があるのもトゲキッスの特徴です。 こちらの記事に書いた通り、 ドリュウズ・ヒトム・カビゴンに加えて、欠伸で流せる カバルドンや トリトドンが分かりやすい対策となります。 ドリュウズは、岩石封じでS上昇を防ぎながらタスキで攻撃を耐え、次ターンのダイスチルで処理することが出来ます。 ただし、 リフレクターが展開された場合はこの流れで処理できないため、選出段階で壁展開かどうかを読む必要があります。 ヒトムはトゲキッスの一致技をどちらも半減で受けることができ、更に電気技で弱点を突くこともできます。 H特化の場合、放電でもダイマックストゲキッスに確3、眼鏡を持たせた場合は確2になります(メジャーなCS型の場合)。 ただし、トゲキッス側にげんしのちからがある場合には注意。 カビゴンは特防の高さから数値受けをすることができ、雷パンチによる有効打も持ち合わせています。 更に、ダイアタックでS上昇を防ぐこともでき、後続につなげることも可能。 個人的には、最も安定して対策できる手段だと思います。 カバルドンやトリトドン等の欠伸による対策は、 積まれた後でも流して対応することができるのが魅力。 しかし、ラムのみ持ちや、確1を取られるほど積まれていると対策になり得ないという欠点も存在します。 また、カバルドンもトリトドンもHDに振ったとしても草結びが確2、悪巧みを積まれたら確1のため、不安が残ります。 先のカビゴンも欠伸が使えるため、欠伸要因としてもカビゴンの方が安定します。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策【白い悪魔!嵌め殺しコンボ】

白い悪魔 ポケモン

極めて強力な戦闘能力を持つ に対するとを込めた呼称。 元祖は『』に登場した最大の敵役とされる。 使用例 名前 登場作品 通称 シリーズ 『』『』 小説版 「連邦はガトーを白い悪魔と呼んでいる」 『白い悪魔があらわれた』 名前の元ネタが。 シリーズ リベリアの白い悪魔 SCEの白い悪魔 下膨れの白い悪魔 別名 対戦で猛威を振るった事から付けられた 白いカラーリングの悪魔型神姫 プリズ魔に襲われた外国人船員の発言より タイトルが「白い悪魔の恐怖」。 星人自体の体色は赤で、「白い悪魔」とは星人の出す泡の事 『旧・白い悪魔』 『新・白い悪魔』 大洗の白い悪魔 作中のイベントシーンにおけるNPCの発言より シリーズ C級の白い悪魔 見た目はだが…? の 箱根名物 白い悪魔(キリ) 白獣魔 はた迷惑な大食らい 星団最悪の白い悪魔 答選坊曰く「四足ノ白イ悪魔」 白い悪魔には違いない• () その他、主な白い悪魔達• () … 異名が「白銀の殺戮者」• () 現実世界における「白い悪魔」• (でロシア人につけられた異名。 「白い死神」とも訳す)• モンテ・チェルビーノ大隊 (の冬季戦部隊)• 松嶋尚美 (お笑い芸人の「白い方」)• (毎年正月には何人もの老人を死に至らしめる危険な食べ物であることから)• ・(納期に追われる営業のとそれを受け止める性能からついた異名が「」「営業の白い悪魔」)• ・・など(俗に「白い粉」とも言われる。 摂取は)• (やの原因となるの仲間)• 白い毒キノコである。 毒キノコの中では毒性が強い• …に恐怖となるもの。 関連イラスト.

次の