埼玉県コロナ死亡。 【埼玉】感染13人「コロナ死」除外、「退院者」に含める…県「死者数少なくする意図ない」(読売新聞オンライン) [爆笑ゴリラ★]│エンがちょブログ

【埼玉】感染13人「コロナ死」除外、「退院者」に含める…県「死者数少なくする意図ない」(読売新聞オンライン) [爆笑ゴリラ★]│エンがちょブログ

埼玉県コロナ死亡

県内の陽性確認者数:1,617人(7月16日新規公表分:49人) 【内訳】入院:213人(うち重症者:4人) :84人 自宅療養:43人 退院・療養終了:1,161人 死亡:67人 うち新型コロナウイルス感染症を死因とする死亡:54人 調整中:49人• 陰性確認のための検査数は含まれておりません。 市及び民間検査機関等による検査数は速報値のため、後日修正になる可能性があります。 なお、死亡には東京都が公表した1人を含みます。 具体的には、「過去7日間に判明した陽性者数」を「過去7日間に判明した陽性者数と陰性者数の和」で除した値を、その日の「陽性率 移動平均 」としています。 陰性確認のための検査は含まれません。 今後、追加の報告により、遡って数値を修正する場合があります。 3月1日以降のPCR検査の陽性率 移動平均 はこちらをご確認ください。 新型コロナウイルス感染症総合サイト 各種相談窓口、知事メッセージ、中小企業等の支援金等に関することは、をご確認ください。 新型コロナウイルス感染症に関する基本情報• これまでのお知らせ•

次の

<新型肺炎>男性死亡 入院待ち208人 さいたま、所沢、三郷、伊奈、東松山など感染者…歯科医師ら(埼玉新聞)

埼玉県コロナ死亡

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。 重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。 特に ご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。 新型コロナウイルスは 飛沫感染と接触感染により感染します。 空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。 飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを 口や鼻などから吸い込んで感染します。 接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。 他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。 まずは 手洗いが大切です。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、 咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ 人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。 正しい手洗いの方法、マスクの付け方については、季節性インフルエンザと同様の方法が効果的です。 ビデオ・ポスターもあわせてご参照ください。 (出典:政府インターネットテレビ、首相官邸HPより) 少なくとも以下のいずれかに該当する方はすぐに「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

次の

「自宅待機中に2人死亡」埼玉県は経緯発表せず…1人でも多くの命を救うために必要な情報と報道のあり方とは

埼玉県コロナ死亡

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。 重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。 特に ご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。 新型コロナウイルスは 飛沫感染と接触感染により感染します。 空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。 飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを 口や鼻などから吸い込んで感染します。 接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。 他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。 まずは 手洗いが大切です。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、 咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ 人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。 正しい手洗いの方法、マスクの付け方については、季節性インフルエンザと同様の方法が効果的です。 ビデオ・ポスターもあわせてご参照ください。 (出典:政府インターネットテレビ、首相官邸HPより) 少なくとも以下のいずれかに該当する方はすぐに「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

次の