沈丁花 歌詞 春よ。 春よ、来い〜歌詞

沈丁花 石川優子 歌詞情報

沈丁花 歌詞 春よ

ジンチョウゲの花 : : : : : : : ジンチョウゲ D. odora Daphne odora 1784 ジンチョウゲ(沈丁花) 英名 ジンチョウゲ( 沈丁花)とは、の。 チンチョウゲとも言われる。 漢名:瑞香、別名:輪丁花。 は南部で、日本では頃にはすでにされていたとされる。 だが、日本にある木は株が多く、株はほとんど見られない。 で増やす。 赤く丸いをつけるが、である。 花の煎じ汁は、・などのとして使われる。 末ないしに花を咲かせることから、のとしてよく詠われる。 は濃であるが、開いた花は淡紅色では、強いを放つ。 枝の先に20ほどの小さな花が状に固まってつく。 花を囲むようにが放射状につく。 葉の形はの葉に似ているが月桂樹よりも軟弱。 名前の由来 [ ] 沈丁花という名前は、の沈香のような良い匂いがあり、丁子(ちょうじ、)のような花をつける木、という意味でつけられた。 学名の「Daphne odora」の「Daphne」はのにちなむ。 「odora」は芳香があることを意味する。 は「」「」「」「歓楽」「」。 品種 [ ] ジンチョウゲの主なは以下のものが掲げられる。 として用いられる。 シロバナジンチョウゲ - 花の色がい。 ウスイロジンチョウゲ• フクリンジンチョウゲ - 葉の縁にが見える。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ジンチョウゲ科には、他に下記などがある。 Daphne mezereum• Daphne miyabeana• Daphne pseudomezereum• Diplomorpha sikokiana• Edgeworthia chrysantha•

次の

春よ来い 歌詞 いとし面影の沈丁花‥

沈丁花 歌詞 春よ

ちょうど家の入り口、 門扉の近くに植えているので 外から帰ってくると、仕事等で嫌なことがあっても の香りで そのストレスから解放されたような気持になります。 花の美しさより、やはり魅力は香りです。 、漢名では瑞香、睡香 あるいは、七里香や千里香とも呼ばれています。 香りはとても強く、どれほど遠くまで香るか 字を当てることでよくわかります。 茶事や生け花の世界では香りが強すぎて 嫌忌され、この花を使うことが差し控えられるほどなのです。 強い香りは好き嫌いがあると思いますが、 わたしは一番好きな匂いです。 この香りを嫌いな人は少ないのではないでしょうか。 開花時期以外でも香りを楽しみたいものです。 入浴剤や家庭用の芳香剤など、 の香りは市販では見かけません。 花の香気成分はたくさんあるのですが、 きっとそのエッセンスを取り出すのが難しいのではないでしょうか。 「うさぎ饅頭」というネーミングの商品、 「舞妓さんの花香水シリーズ」という香水があります。 仕様には と書いていました。 爽やかで清潔感の感じられる優しい香りです。 日本人好みの香りだなーと思ったら、 日本人の大好きな香りを考慮して作られたそうです。 は花からとてもいい香りがします。 外側がピンク、内側が白色の小さな花が塊になって枝先に咲きます。 の花は赤みがかったものと真っ白なものがあります。 の「沈」は(じんこう)から採りました。 代表的な香木の一つで、花の香りがそのに似ています。 の「丁」は、十字型の花が丁子()に似ています。 とはフトモモ科の植物チョウジノキの開花前の花蕾を乾燥させた香辛料の名です。 だから、この香りと形をとって という名にしました。 わたしの大好きな花です。 春が楽しみなのはその香り 挿し木で苗を育て、たくさん植え、 楽しんでいます。 は三大香木(さんだいこうぼく)と言われています。 (金木犀) (梔子) そして ()です。 咲く季節は違いますが、どの樹木も季節の風物詩になっています。 歌詞にも登場することがおおいですね。 tisarou100.

次の

back number 春を歌にして 歌詞&動画視聴

沈丁花 歌詞 春よ

ちょうど家の入り口、 門扉の近くに植えているので 外から帰ってくると、仕事等で嫌なことがあっても の香りで そのストレスから解放されたような気持になります。 花の美しさより、やはり魅力は香りです。 、漢名では瑞香、睡香 あるいは、七里香や千里香とも呼ばれています。 香りはとても強く、どれほど遠くまで香るか 字を当てることでよくわかります。 茶事や生け花の世界では香りが強すぎて 嫌忌され、この花を使うことが差し控えられるほどなのです。 強い香りは好き嫌いがあると思いますが、 わたしは一番好きな匂いです。 この香りを嫌いな人は少ないのではないでしょうか。 開花時期以外でも香りを楽しみたいものです。 入浴剤や家庭用の芳香剤など、 の香りは市販では見かけません。 花の香気成分はたくさんあるのですが、 きっとそのエッセンスを取り出すのが難しいのではないでしょうか。 「うさぎ饅頭」というネーミングの商品、 「舞妓さんの花香水シリーズ」という香水があります。 仕様には と書いていました。 爽やかで清潔感の感じられる優しい香りです。 日本人好みの香りだなーと思ったら、 日本人の大好きな香りを考慮して作られたそうです。 は花からとてもいい香りがします。 外側がピンク、内側が白色の小さな花が塊になって枝先に咲きます。 の花は赤みがかったものと真っ白なものがあります。 の「沈」は(じんこう)から採りました。 代表的な香木の一つで、花の香りがそのに似ています。 の「丁」は、十字型の花が丁子()に似ています。 とはフトモモ科の植物チョウジノキの開花前の花蕾を乾燥させた香辛料の名です。 だから、この香りと形をとって という名にしました。 わたしの大好きな花です。 春が楽しみなのはその香り 挿し木で苗を育て、たくさん植え、 楽しんでいます。 は三大香木(さんだいこうぼく)と言われています。 (金木犀) (梔子) そして ()です。 咲く季節は違いますが、どの樹木も季節の風物詩になっています。 歌詞にも登場することがおおいですね。 tisarou100.

次の