フライド ポテト 素 揚げ。 揚げ馬鈴薯(ポテトフライ)

フライドポテト―揚げたのにサラダより低カロリー

フライド ポテト 素 揚げ

フライドポテトのじゃが芋の切り方 フライドポテトを作るときに、じゃが芋の皮をむくかどうかはお好みでOKです。 私は個人的に皮が気になるときがあるので、全部むいてから作ります。 4〜6等分と幅があるのは、芋の大きさに差が大きいので。 その理由は水にさらしてでんぷんを溶け出させることで、 表面はカリッと、中はふんわり(ホクホク)といった揚げ上がりの方向に近づけるためです! 水にさらす、さらさないで揚げてみるという比較もしてみたのですが、水に1時間ほどさらした方が上記のような傾向があったので、 それ以降は水に最低30分、長くて2〜3時間ほどさらしてからフライドポテトにするようにしています。 さらしたじゃが芋は水気をしっかりとふき取り、じゃが芋1個(約100g)に対して大さじ1の薄力粉をまぶします。 中力、強力、小麦粉なしなど、様々試してみた結果、 薄力粉が一番硬さが口に残らずに、軽い感じのカリッと感が出て美味しかったです。 3〜4分ほど揚げたら一度取り出します。 このあと油を高温にして2度揚げすることでカリッと揚げることができるのです!! 2度揚げの時間は『ホクホク感を楽しみたい場合は2分程度』『表面のカリッと感を強くしたい場合は3分以上』を目安としてください。 フライドポテトが揚がったら、広めのバットなどにキッチンペーパーなどをしいて広げ入れます。 塩・胡椒を表面に振りかけ、全体を混ぜ合わせて完成です。 できるだけ揚げたてをいただきましょう!! 好みでケチャップにつけて食べたり、塩・胡椒と一緒にカレー粉を少し振りかけたりしても美味しいです。

次の

諦めてたフライドポテトのカロリーを手作りで3分の1にする方法。

フライド ポテト 素 揚げ

冷凍フライドポテトは油で揚げなくても、コツを押さえれば、カリッと仕上げることが可能だ。 油で揚げるよりも、カロリーを大幅に抑えることができるので、ヘルシー度がアップする点も魅力だ。 揚げずに冷凍フライドポテトを調理するには、オーブントースターまたはフライパンを使用する方法がある。 オーブントースターを使用する場合は、アルミホイルを一度くしゃくしゃに丸めて広げ、その上にポテトをならべて加熱することが、カリッと仕上げるためのコツになる。 くしゃくしゃにすることで、ならべたポテトのすき間に空気の通り道ができ、余分な熱が通り抜けやすくなり、その分カリッと仕上げることができる。 フライパンを使用する場合は、フライパンに冷凍フライドポテトをならべ、その上から適量のオリーブオイルを回しかけて、それぞれのポテトに油を十分になじませる。 それから火をつけて、中火で、箸で時々転がしながら揚げ焼きにしてみよう。 油を十分になじませることと、まんべんなく火を通すために、箸でかき混ぜることをコツとして押さえておこう。 冷凍のフライドポテトを使用せずに、生のジャガイモからフライドポテトを作る場合も可能であれば、下茹で後、一度冷凍してから揚げるとカリッと仕上げることができる。 これは冷凍している間に、余分な水分を飛ばせるためだ。 また、あらかじめ5分程度下茹でしておくと、じゃがいもの余分なでんぷんや糖をとりのぞくことができ、ベタッと揚がるのを防げると同時に、焦げつきも防ぐことができる。 下茹で後に冷凍する際は、じゃがいもの水気を十分にとりのぞいておこう。 冷凍したジャガイモを揚げる際、最初は、150度くらいの低温の油で、時々かき混ぜながらじっくりと揚げ、一度取り出しておき、その後、さらにラードなどの動物性の脂で、190度くらいの高温で1分程度揚げると仕上がりがカリッとするようなので、試してみよう。

次の

冷凍フライドポテトの揚げ方のコツ!カリッと揚がる方法を伝授

フライド ポテト 素 揚げ

cookbuzz. 140度ぐらいから揚げ始め、160度程度で2分。 一回休ませ、170-180度で30秒程度二度揚げすると、カラッと美味しく出来上がります。 人数分 揚げ油... 140度の時に入れると、ジャガイモは沈みます。 【2】 油が150度位になるとアブクが出てきます。 更に160度位まで温度を上げ、2分。 ジャガイモが表面に浮いたら、一旦ザルを上げる。 【3】 一分位予熱で火を通す。 その間に油の温度を170-180度に上げておく。 高温の油で30秒二度揚げ。 キツネ色になれば十分。 ザルを振り、油を切る。 ジャガイモが油の表面に浮けば、ほぼ火が通っているサインです。 その段階で、一旦上げて休ませて下さい。 チャンキーポテト、コロッケなど、大きいジャガイモの場合は、適宜最初に揚げる時間を調整下さい。 cookbuzz. cookbuzz.

次の