ミステリ という なかれ 5 巻。 漫画「ミステリと言うなかれ」が痛快過ぎる!日常を推理する哲学事件漫画がヤバイ

漫画『ミステリと言う勿れ』ネタバレあり感想・考察。哲学的な持論を繰り広げる名探偵・整くん!

ミステリ という なかれ 5 巻

広島編が終わりました。 自分の子達の為に悪習を断とうとして命を失った親の気持ちが切なかった。 一方、共に歩んで来た筈の車坂家と真壁家では悪習を〝崇高な使命〟と信じ子孫に伝えて来て、孫が人を殺してもそれを犯罪と思わない所にゾッとした。 まだ子供だった朝晴が汐路のお父さんたちを事故に見せかけ殺した方法も巧妙。 悪びれる事ない心理が異常で今まで登場した犯人とまた違ったイヤな物を感じました。 広島編だけでも映画作れそうな濃さです。 広島編のラストに東京へ帰途につく駅のホームで整くんの事を「ととろー」って呼ぶ人物が出てきます。 整くんは人違いと否定してましたが知人に間違いないと思われます。 整くんの過去を知る人物なのか?ちょっぴり匂わせただけで次からの話ではまったくこの人物について触れられてません。 誰なんだろう??? 雨が降る中、新章が始りました。 整くん的に雨の日は〝カレー日和〟じゃないそうです。 なので手づくりカレーを作らず、おかずを買いに外に出かけた所で不思議な事件に巻き込まれて行きます。 次々にです。 バラバラな事件でも繋がってそうだし、広島編までが序章で、ここからが本筋のような気がします。 でも4巻読破時点ではキツネに包まれてるような感じで、まだまだ全体像もどう展開するのかも予想がつかないです。 続きが気になって仕方が無い。 どうなるのか楽しみにしてます。 犯人推理よりその謎あかしと人間ドラマと主人公の説法を楽しむ話だと思います。 個人的には短編エピソードは少し味気ない話が多いように感じたのと1. 2巻から少しスピード感が落ちているような…伏線はたくさんあるのでここから盛り上がっていってほしいです。 主人公は所謂アダルトチルドレンで女性的な思考回路を持っている設定のせいか、憤っているレビューがありますが、正直都合の悪いところを突かれて腹がってしまったのかな?という感じです。 考え方の説法はありますが、嘘や筋の通ってないことは言ってません。 このようなことを男性の主人公がとうとうと述べることに対する違和感はありますが むしろ作中ではきちんと理論立てて話してくれるので、怒る前に参考にするべきだと思いますが、、、 いわゆる都合の良いフェミ 男性は女性におごるべきのような 女性にだけ都合のいい話をしているわけではないのに男性よしよし漫画と同種のものと決めつけてしまうような短絡的で理論的な思考ができない方は向いてない作品だと思います。

次の

ミステリというなかれ最新話ep2.5

ミステリ という なかれ 5 巻

漫画『ミステリと言う勿れ』感想・考察 『このマンガがすごい!2019』の2位なだけあって面白かったです。 ミステリー的にも面白いし、主人公の久能整くんが哲学を語り出すのもいい。 正直、全てに「マジそれ!いいこと言う!」とは思えませんでしたが納得できることを言っている部分もあって興味深かった。 以下、3巻までを読んだ感想と考察になりますので未読の方はネタバレに注意してください。 主人公・久能 整(くのう ととのう)が最高すぎる まず、この漫画の最大の魅力は主人公・久能整くんのキャラだと思う。 「この人いったい何者!?」という感じで読んでました。 まだ整くんの正体や境遇が明らかにされていないのも気になりますね。 両親(実の父親かな?)に対していい感情を持っていないように見えますが、どうなんでしょう。 漫画を読んでいるとついつい忘れがちですが、この人大学生なんですよね・・・。 しかも恋人もいなく友達もいない。 そして一度も人を好きになったことがないようです。 そんな整が警察の風呂光や池本にアドバイスしたり、バスジャックの犯人にまで持論を語り倒す姿はある意味コミカルで面白かった。 ですが、整くんの持論は「ちょっとわたしの価値観と違う」と思えるところや主観のオンパレードで説教くさいと感じるところもありました。 とくにおっさんに対する持論が主観的に思えるのですが 父親と何かあったんでしょうか? まず1巻の【容疑者は一人だけ】での整のセリフ。 刑事の仕事が忙しく家族を顧みず家にはほとんど帰らなかった薮がひき逃げで殺された家族のために復讐をするという話でしたが、 そんな薮さんに 「大事だった刑事の仕事を復讐のためなら捨てられるんですね 復讐のためなら時間を作れたんですか」と言うのはちょっと違う気が。 復讐なんてする意味がないという意味で言っているなら分かるけど、まるで煽っているような言い方に見えました。 いじめに対する考え方や、人を殺してはいけない理由についての意見は素晴らしすぎて脱帽。 【犯人が多すぎる】(バスジャック事件)の考察 正直に言います。 1巻前半のおっさんへの説教で主人公に共感できなかったので、読むのやめようかと思ってました。 しかし1巻後半から始まった【犯人が多すぎる】で、おっさん以外への整くんの持論には感銘を受けたし、更にトリックも面白いときた。 これはもう毎巻買い続ける漫画確定です! この『犯人が多すぎる』は伏線もしっかりしているし、何より設定が好きでした。 バスジャックの犯人がバスの乗客たちに質問をして自分の意見を述べさせるって、喋るのが大好きな整くんにピッタリな舞台だと思います。 バスジャックという恐怖であろう状況にも関わらず漂うシュールな空気感は、整くんの風変わりなキャラクターのおかげですね。 気がついた伏線 読み返しているうちに『犯人が多すぎる』には伏線が多すぎることに気づいた。 整がバスに乗った時に、ガロ、ハヤ、オトヤ、煙草森が整をガン見 (普段は乗るはずのない客が乗車して焦っている様子。 読む前はこのメンバーが知っている側と知らなかったのでなんとも思いませんでしたが、 見返した時に「おおめちゃくちゃ伏線!」と震えた。 ガロは整に「人の癖をまねるとこがあるよね」と言っていましたが、青砥の机を指でつつく癖、池本の舌を出す癖、ガロの頬杖をつく仕草(?)などの真似をしていた。 (ガロの頬杖や顔に手を当てる仕草は真似ているのかはハッキリ分かりません) 他にも乗客たちの身の上の事情を裏付ける伏線などたくさんあってすごい丁寧に描いてあるな〜と感心しかなかった。 あとこれは考察ですが乗客のことを調べているはずのガロが 「主婦の柏さんだってお子さんが待ってるかもしれないじゃん」と言ったのは 柏が妊娠しているのか確認したかったのではないかと思います。 柏は体調が悪そうだったのでもしかしたら妊娠してると思ったのではないかと。 不妊治療のクリニックは産婦人科という名前のこともあるし、不妊治療の末に妊娠したと考えた可能性も。 もしそうじゃないなら意図が分かりません。 その質問の答えが柏が犯人かどうか調べる材料になるとも思えないし・・・不妊治療をしている人に無神経すぎる筆問であると思う。 ストーリーには関係ないシーンですけどちょっと気になりました。 乗客の中では無職の小林大輔くんがツボだったな。 コミュ障が欠点の割に面白いこと言うし1番落ち着いているように見えた。 広島編 広島編は遺産相続をテーマにした話だけあってめちゃくちゃ面白いです。 (実際のところ遺産相続がテーマと言っていいのかは謎) しかし、いいところで次巻に続くということで気になって暴れそうです・・・。 広島編の考察は4巻が出てから書こうと思います。 ところで私も広島出身なんですけど、登場人物の喋る広島弁が違和感ありすぎでした。 作者の田村由美さん広島の人じゃないから仕方ないかな、と思いましたが 広島弁の翻訳は 声優の佐々木望さんが担当したと聞いて驚いてる。 (佐々木望さん広島県広島市出身の声優さんで、同作者の田村由美さん原作アニメ『BASARA』にも出演してます) 未だにあんなに広島弁で話す人がいるとは・・・現代の話なだけあってちょっと違和感がありました。

次の

ミステリと言う勿れ(5巻)ネタバレ!感想・考察|虐待から守る天使の炎

ミステリ という なかれ 5 巻

田村由美先生の「 ミステリ と 言う 勿 れ 」 6巻 まで一気に読んでしまったわ!!面白い!整くんはお友達にはなれなさそうな子だけど、こんなこだわり強い子がいたら面白いよね。 完全巻き込まれ型なのも。 ぷぷぷ。 いろんな事件や過去の糸がどう絡み合ってくのか期待。 犬堂トリオいいわ。 ———————————————— ミステリ と 言う 勿 れ 6巻 読みました。 田村由美さんのマンガ読む と 何故か手に汗を握ってしまう。 後半のある人物の目がマジ怖くてヒッてなりましたわ。 最初おっちゃんが絡んでるか と 思ったのに見捨てたの?本当に?猫呼んでないの? ———————————————— 『ミステリと言う勿れ6巻』は無料の漫画村やzip、rarで全ページ読むことはできるの? 『ミステリと言う勿れ6巻』を完全無料で読む方法! と、言われましても、一体どうやって完全無料で読むのか、いまいちイメージできませんよね……。 そこで、もしかしたら、 「 漫画村」や「 zip」「 rar」といった違法サイトを使用して、読むんじゃないか? そう思われてしまっているかもしれませんが、 実は、「漫画村」や「zip」「rar」を利用する方法ではないありません。 と、いうよりも、「漫画村」や「zip」「rar」は、利用したくても、 現在ほとんど利用することができない状態なんですよ。 なぜなら….. 『ミステリと言う勿れ6巻』を無料読破の神様・漫画村で読めない理由  『ミステリと言う勿れ6巻』を「漫画村」で読めない理由….. それは単純に、あなたもご存知の通り、漫画村は現在、 完全にサイトが廃止されているからです。 漫画村は、その圧倒的違法性から、ネット上で大きく話題になっていたり、国がかりでコテンパンにされたりと、2018年4月11日には、もう跡形もなく消え去ってしまったわけなんですよ。。。 (笑) そこで、なぜ「zip」や「rar」では、『ミステリと言う勿れ6巻』を無料で読むことができないのかといいますと、 ・ 「zip」や「rar」は圧縮されているファイルだから解凍しなくてはいけない ・ スマホには、解凍ソフトが入っていない という究極の2つの条件が揃ってしまったからです。 ですので単純に、「zip」や「rar」では、『ミステリと言う勿れ6巻』を絶対に無料で読むことができない、というわけですね。 電子書籍・漫画好きからしたら、悲しい現実ですよね…….。 『ミステリと言う勿れ6巻』を完全無料で読む方法は、令和現在になっても普通に存在するので。 もしかしたら、お聞きしたことはあるのではないでしょうか?? そこで、この内のどちらかで、 『ミステリと言う勿れ6巻』を漫画村やzip、rarの力を使わずに完全無料で読むことができる、ということですね。 ……………………. つまり、『ミステリと言う勿れ6巻』を書店で買うときと同じ値段がかかるということですね。 そこで、そう考えました際に、まず、 「eBookJapan」だとポイントをもらうことができませんので、もう、その時点で、 『ミステリと言う勿れ6巻』を無料で読むことができないわけなんですよ。 しかし、 「U-NEXT」の場合、登録時に600円分のポイントの無料で全員もらうことができるため、 『ミステリと言う勿れ6巻』が無料で読めてしまう、ということです。 かなり太っ腹なサービスですよね >< そして、続いてなのですが無料での利用に関してですが、実はどちらも、本来有料のサービスなんですね。 月額で料金がかかってきます。 そこで「 eBookJapan」をみてみますと、 サービスの無料体験期間というものが設けられておらず、初月から費用が固定で発生しまうわけなんですよ。 ですが「」は、そこも徹底されていました。 なぜなら、「 U-NEXT」の場合、 31日間無料お試しキャンペーンを実施しており、さらに 期間内に解約してしまえば、料金が一切発生しないんです。 そして、そんな「U-NEXT」では現在、 アニメや 映画、 ドラマの新作・旧作合わせて、 14万作品。 さらに、今回のメインである、 電子書籍が 計33万冊という超膨大な作品が配信されている、 のにも関わらず、31日間無料で使い放題ですので、もう使用するこちらにとっては、もうメリットしかないわけなんですよ(笑) 解約方法も電話ではなくて、サービス内から、1分ほどの簡単な入力だけで、できてしまうので、 「解約のし忘れ・やり方が分からない」なんてことも一切ありません。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 ————————————————.

次の