英雄ポロネーズ 解説。 幻想即興曲・英雄ポロネーズで解説!黒鍵白鍵が入り交じるフレーズや跳躍のポイント

ショパンの「ポロネーズ」主要7曲を解説!【意味/曲/難易度】

英雄ポロネーズ 解説

「英雄」の副題とフランス2月革命 ショパンが亡くなる1年前の1848年、フランスでは2月革命が勃発していた。 かつてショパンと深い関係を持ったフランスの女流作家ジョルジュ・サンドは、当時小規模な新聞を発行しており、エッセイ等で政治的なメッセージを精力的に発信していた。 次々と銃弾に倒れていく革命の労働者たち。 彼女はショパン『ポロネーズ第6番変イ長調』を聴きながら、ショパンへの手紙の中で次のように書き記したという。 L'inspiration! La force! La vigueur! 霊感!武力!活力!疑いなくこれらの精神はフランス革命に宿る!これより、このポロネーズは英雄たちの象徴となる! ショパンは自身の作品に副題をつけることを嫌っていたが、フランス革命当時の知識人や演奏家らはこぞって同曲を「英雄ポロネーズ」として喧伝していったそうだ。 このエピソードの真偽にについては不明だが、時代背景も説得力があり、なかなか筋の通った興味深い逸話と思われる。 ドラマやアニメで使われた英雄ポロネーズ ショパン『英雄ポロネーズ』は日本でも知名度が高く、テレビアニメやドラマなどでピアノ演奏のシーンでの演奏曲やBGMとして度々用いられてきた。 アニメでは、1980年代に放送された往年の高校野球ラブコメ「タッチ」でヒロインの浅倉南が新体操を演じるときにBGMとして使われた。 ドラマでは、1996年放送の「ロングバケーション」にて、 木村拓哉が演じる主人公の瀬名秀俊がピアノを演奏するシーンで『英雄ポロネーズ』が用いられた。 水谷豊主演の刑事ドラマ「相棒」では、第3シーズン第14話「殺しのピアノ」で水谷豊が『英雄ポロネーズ』を演奏するシーンが見られる。 水谷豊は、1977年のドラマ「赤い激流」でも同曲を演奏している。 関連ページ 『幻想即興曲』、『ノクターン』、『別れの曲』など、フレデリック・ショパンのショパンの有名な曲・代表曲まとめとYouTube動画の試聴 『森へ行きましょう』、『歌うよカッコー(カッコウ)』、『おしゃべりあひる』など、ショパンの祖国ポーランドの有名な民謡特集 バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴.

次の

ショパン ポロネーズ 全7曲

英雄ポロネーズ 解説

ポロネーズ polonaise は、「ポーランド風の」という意味です。 (フランス語) ポーランド起源のダンスや舞曲を指し、4分の3拍子の音楽特徴的です。 リストやチャイコフスキーなどの「ポーランド人以外の作曲家」もポロネーズを作曲しています。 ショパンは生涯で全18曲のポロネーズを作曲しました。 ポーランド愛国主義者だったショパン ショパンはワルシャワ音楽院を卒業してから間もなくしてポーランドを離れます。 そして多くの時間をフランスのパリで過ごし、パリで生涯を終えました。 そんなショパンですが、母国ポーランドには熱い想いがありました。 1831年のロシアによるワルシャワ侵攻(11月蜂起)の時期に作曲された、「スケルツォ第1番」「革命のエチュード」では母国への悲痛な想いが表現されています。 ちなみにショパンの死後、彼の遺志により彼の心臓はポーランドに持ち帰らました。 20歳でポーランドを離れ、ポーランドに戻ることのなかったショパンでしたが、ポーランドへの愛は生涯忘れることはありませんでした。 第2次世界大戦のポーランドに響いた音楽 第2次世界大戦で、ワルシャワはナチスにより壊滅的な被害を受けました。 その中で市民を勇気づけたのは「ショパンの音楽」でした。 ラジオ局は「軍隊ポロネーズ」を流し、ワルシャワ陥落の際には繰り返し流し続けたそうです。 ショパン「軍隊ポロネーズ」の演奏.

次の

ショパン「軍隊ポロネーズ」解説と無料楽譜

英雄ポロネーズ 解説

ショパン「幻想即興曲」から 黒鍵と白鍵が入り交じるフレーズでは、 白鍵に「1」の指(親指)がくるように指づかいを考えると良いですよ。 それは何故だと思いますか?それはね、親指は他の指よりも短いからなのです。 親指で黒鍵を弾こうとしたら、向こう側へ(鍵盤の奥へ)持っていかねばなりません。 ということは、余計な動きが必要になるのです。 普通にポンと手を鍵盤に乗せると、自然と親指は白鍵の上に置かれるでしょう。 他の指は黒鍵の上かもしれないし白鍵の上かもしれないけれど。 だから、指づかいはあくまでも自然に。 どのように指を使うのが自然で無理がないのかを考えてみましょうね。 決して綱渡りをしないように。 音階のフレーズも同じ事です。 黒鍵白鍵が入り交じるフレーズでは、「1」の指の使い方を考えてあげればいい! ピアノで跳躍のポイントは、動きの捉え方にある! これは、2016年8月に開催した熊本地震チャリティ・リサイタルの演目から。 ピアノはシゲルカワイでした。 幻想即興曲・英雄ポロネーズで解説!黒鍵白鍵が入り交じるフレーズや跳躍のポイントのまとめ• 黒鍵白鍵が入り交じるフレーズでは白鍵に1の指を持っていくようにするのがポイント• 跳躍を弾きやすくするポイントは、動き方をどう捉えるかで変わる!• 目的地の音には、簡単に登らない!登山は簡単じゃないのを想像しよう どれも大してむずかしい事ではありません。 ちょっとした意識の持ち方を変えるだけ。 捉え方を・視点を変えるだけで、ぐん!とピアノは弾きやすくなりますよ。 あなたのピアノ・ライフがもっともっと豊かになることを応援しています! メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 メールアドレス 登録 今週の人気記事• ピアノのレッスンをしていると、多くの学習者さん達がお悩みの奏法にアルペジオがあることが目立ちます。 和音を分... 同音連打ってねぇ、ピアノで弾きにくいものの5本指に入っちゃうかもしれませんね。 自分の手なのに、自分の指... ピアノを弾くのは大好きなんだけど、人前で暗譜で演奏するのって、怖くありませんか? 暗譜に困らない人もいますが... ピアノでトリル(隣同士の音を交互に弾く)やトレモロ(音程が離れた音を交互に弾く)を弾くのは、ちょっと厄介な奏法... ピアノを楽しく弾きたいのに、何だかしっくりしないフレーズがあったり弾きにくいと感じたりすることはありませんか?... 日々のピアノ練習の中で、弾きにくいとか辛い、あるいは何度練習してもうまく弾けるようにならない、そんな風に感じる... トリルやトレモロにうねるアルペジオが続くフレーズをピアノで弾く時に、手や腕に力が溜まりやすくて疲れやすく弾きに... ピアノ学習者なら、割けて通るのはむずかしいバッハ。 中にはバッハと聞くだけでパタッと楽譜を閉じて見なかったこ... 長くピアノを弾いている人も、ピアノを始めたばかり・再開した大人のピアノ愛好家さんのみならず、子どもたちも憧れる... ピアノを弾く時にあなたが考えるのはどんな事でしょうか?あなたが大事にしていることは何でしょうか? そこにスタ...

次の