アシカ アザラシ 違い。 アシカとアザラシの違い!!水族館に行った時の見分け方!?

アシカ・アザラシ・オットセイの違い

アシカ アザラシ 違い

アシカとアザラシの違いは? アシカは、現在2種 カリフォルニアアシカ・ガラパゴスアシカ とされていますが、上記の画像のアシカは、カリフォルニアアシカです。 ちなみに、ニホンアシカは絶滅しています。 アザラシは、18種いるのですが、上記の画像はゴマフアザラシです。 アシカとアザラシを別々に見ると、「どっちだったっけ?」という感じになる人は多いと思いますけど、アシカとアザラシを並べると、上記の画像の通り、違いは一目瞭然ですよね。 それでは、まず見た目の違いから説明させて頂きますね。 アシカとアザラシの見た目の違い 上記の画像で、足の部分を赤丸で囲んでみました。 その部分をご覧頂くと、後ろ足の形が全く違うことが分かりますよね。 アシカの後ろ足は、前に曲がっています。 でも、アザラシの後ろ足は、後ろに伸びています。 この足の違いは、陸上での歩行にも違いが出ます。 アシカは、4本の足で陸上を歩くことが出来ますけど、アザラシは、後ろ足が伸びきっているので、陸上では2本の前足だけしか使えません。 ですから、アザラシは這うようにしか移動できないんです。 それが可愛く見えたりもするのですが…。 あと、耳にも違いがあります。 アシカの耳には、「耳たぶ」があるのですが、アザラシの耳には「耳たぶ」がなく、穴が開いているだけです。 それにしても、どうしてこのような違いがあるのか不思議ですよね。 泳ぐときに邪魔になるのであれば、アシカにも「耳たぶ」がないはずですから…。 それで、あれこれ調べてみたのですが、どうやら祖先の違いが「耳たぶ」の有無に関係があることが分かりました。 アシカの祖先は「ピタノタリア」で、アザラシの祖先は「アクロフォカ」という動物なのですが、耳に関しては、以下のような違いがあります。 ピタノタリア:耳介 じかい がある• アクロフォカ:耳介 じかい がない 耳介 じかい とは、耳殻 じかく とも呼ぶそうですけど、「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」には、以下のように解説されていました。 軟骨に支えられ,外耳孔から外後方に突隆している外耳の部分をいう。 外耳道とともに外耳を構成している。 ヒトの場合,聴覚にはあまり役割を果していないが,外観上目立つし,めがねなどをかける場所でもあるので,奇形 小耳症など に対しては耳介形成術を行う。 耳介はまた,凍傷や外傷などを受けやすい。 要するに、私たちが普段「耳」と呼んでいる部分のことを、耳介 じかい と呼ぶということですね。 耳に関しては、アシカの祖先には耳があって、アザラシの祖先には耳がないので、現在のような耳の違いがあるということのようです。 ただ、アシカとアザラシは、「クマに近い動物から進化した共通の祖先を持っている」という説もありますから、それが正解であれば、耳の違いは別の理由になる可能性はありますけど…。 ちなみに、上記の画像では、アシカは茶色で、アザラシはグレーっぽい色をしていますけど、種によって、肌の色は様々です。 アザラシの仲間には、茶色っぽい肌をしている種もいます。 ですから、肌の色だけで、アシカとアザラシを分けることは出来ません。 ただ、アシカは模様がなく、アザラシは斑点などの模様がある種が多いと言えます。 という訳で、ここまでは、見た目の違いについて触れてきました。 それでは、見た目以外の違いについて、次の章で説明させて頂きますね。 アシカとアザラシの見た目以外の違い アシカとアザラシの見た目以外の違いは、いくつかあります。 上記の章でも少し触れましたが、アシカとアザラシは、祖先が全く違います。 アシカの祖先はクマのような動物で、アザラシの祖先はイタチのような動物だとされています。 祖先が全く違うのに、似たような体型になったのは、水中で生活をしているうちに、環境に適応して進化した結果です。 このように、同じような生活をしてるうちに外見が似ることを、専門用語で「収斂進化 しゅうれんしんか 」と呼ぶそうです。 ただ、アシカやアザラシの祖先については、今後の研究によって、くつがえされる可能性はありますよね。 それでは、ここからは、くつがえることのない見た目以外の違いについて、説明させて頂きますね。 まず、アシカとアザラシの違いで、絶対に外せないのは泳ぎ方です。 アシカは、前足で水をかいて、左右の後ろ足を同調させて泳いでいます。 ですから、前足は平泳ぎで、後ろ足はバタ足をしてる感じですね。 一方、アザラシは、後ろ足を動かして泳ぎ、前足は体に添えるだけでです。 スキューバダイビングの泳ぎ方と似たような感じですね。 という訳で、アシカとアザラシの泳ぎ方の違いは、前足を使って泳ぐか、後ろ足を使って泳ぐかの違いということになります。 画像で説明すると、以下のような感じになります。 要するに、後ろ足の作りが違うために、泳ぎ方も異なる訳です。 なお、足の違いは、交尾の姿勢や場所にも影響します。 アシカは、陸の上で交尾をするのですが、後ろ足で体を支えることが出来るので、オスがメスの後ろから乗りかかって行います。 しかし、アザラシは、後ろ足で踏ん張ることができないので、アシカのように、陸でオスがメスに乗りかかることが出来ません。 そのため、ほとんどのアザラシの種は、水中で横から抱くような姿勢で交尾をします。 水中だと、息苦しくなると海面に出て呼吸をしないといけないですから、本当はアザラシも陸でしたいのかも知れないですね。 ちなみに、今回紹介したアシカは「アシカ属」に含まれる種についてです。 ですから、アシカ属ではなく、アシカ科として考えると話が違ってきます。 例えば、アシカ科には「オットセイ」も含まれます。 ですから、オットセイとの違いも気になりますよね。 次の章では、その辺りのことを簡単に説明させて頂きますね。 ・アナンキョクオットセイ ・ガラパゴスオットセイ ・グアダルーペオットセイ ・ナンキョクオットセイ ・ニュージーランドオットセイ ・フェルナンデスオットセイ ・ミナミアフリカオットセイ 上記の分類の中で、一番大きなカテゴリである鰭脚類 ききゃくるい とは、海で生活している哺乳類のことです。 いずれにしましても、上記の章で紹介したアシカの情報は、アシカ属 カリフォルニアアシカ・ガラパゴスアシカ・ニホンアシカ の話だということです。 ですから、「アシカ属」より範囲を広げて「アシカ科」の話をすると、「オットセイ亜科」も含まれます。 それでは、オットセイが「アシカ」や「アザラシ」とどのように違うのかをご紹介させて頂きますね。 まず、以下の画像をご覧下さい。 よく見ないと分からないですけど、オットセイは耳が長いですよね。 ですから、耳に関しては、以下のような違いがあるということです。 アシカ:小さな耳がある• アザラシ:耳がなく穴が開いているだけ• オットセイ:大きな耳がある あと、以下の画像をご覧頂けば分かるかと思いますが、オットセイは毛深いという特徴もあります。 他には、足にも少し違いがあります。 以下のアシカとオットセイの後ろ足の先をご覧下さい。 アシカは爪の部分が不揃いですけど、オットセイはキレイに揃っていますよね。 オットセイの特徴をまとめると、「大きな耳がある」「毛深い」「後ろ足の先が揃っている」ということになります。 アシカ・アザラシ・オットセイの違いは、部分的に見ると僅かなモノですけど、いくつもの違いがありますから、水族館などで見たときは、今回ご紹介させて頂いた点に注目して頂くと面白いのではないでしょうか。 最後に いかがでしたでしょうか。 アシカとアザラシの違いは、見た目以外にもいくつかあるということですね。 あと、オットセイと比べても違いがありました。 ただ、似たような体型ですから、どうして後ろ足が全く違うのか気になりますよね。 それで、そのことも調べたのですが、残念ながら分かりませんでした。 でも、何か情報を掴めれば、当記事に追加したいと思っていますので、また気が向いたときにでも、当ブログに遊びに来て下さいね。

次の

アザラシ、オットセイ、アシカ、トド、セイウチの違い!

アシカ アザラシ 違い

生態 [ ] アシカ科のどの種も、繁殖期にはを形成する。 ハレムでは、ハレム・マスターあるいはビーチ・マスターとよばれる1頭のオスが、複数のメスを縄張りに囲い込んでいる。 ハレム・マスターになれなかった「あぶれオス」はハレム周辺に群れをつくり、ときにはハレムのメスを誘拐することもある。 魚を主食としているが、ときに地域的にはによりなどを襲って食すこともある。 知能は高く、飼い慣らすと人間に非常に懐き簡単な芸を覚える事が出来る。 後述の様に動物園や水族館で行われる『アシカのショー』は来園者に非常に人気がある。 ただし、不意に近づくと驚いて人間を襲う恐れがあるので危険である。 アザラシ科との違い [ ] 現生の鰭脚類は、アシカ科・(アザラシ)・(セイウチ)の3科に分かれる。 、、は、いずれもアシカ科に含まれる。 アシカ科は、一見アザラシ科と似ているが、いくつか明確な相違点が見られる。 形態的な特徴を知っていれば、アシカ科とアザラシ科の区別は容易である。 遊泳・歩行 [ ] アシカ科は後ろのひれを前に向けて歩行に役立てることができる。 一方、アザラシ科は後ろのひれ(後肢)を前に向けることができず、陸上では体をうねらせて前進するしかない。 だからアザラシ科は、アシカ科のように上体を高く起こすことはなく、常に腹ばいに伏した状態で前進する。 水中での遊泳方法が大きく異なる。 アシカ科は前脚が発達しており、左右の前脚を同調させてが羽ばたくような動作で推進力を得る。 この遊泳法では前脚が一種の翼として機能しており、前脚を振り下ろすときに翼面にが発生して前方に引っ張る力が生じ、これによってアシカの体は水中を前進する。 このアシカ類の遊泳方法は、やなどと基本的に同じである。 一方、アザラシは後脚が発達しており、左右の後脚を交互に左右に煽って、あたかもの尾びれのように用いて推進力を得る。 この遊泳方法に見られる形態の相違は、陸上での移動方法および歩行能力の違いにも現れている。 アシカ科は強靭で長い前脚と前方に曲げることが可能な後脚とを用いて、身体を地面から持ち上げた状態で、比較的上手に陸上移動を行うことが可能である。 一方、アザラシ科の前脚は身体を支えて持ち上げる程には長くはなく、後ろ鰭(後脚)を前方に曲げることもできず、陸上では前脚で這いずるようにして移動することしかできない。 耳介 [ ] アシカ科には(耳たぶ)がある。 一方、アザラシ科には耳介がなく、が開いているだけである。 ただし、アシカ科の耳介も陸棲獣に比べれば小さく、通常は体にそって伏せられているので、あまり目立つものではない。 分類 [ ] 海生哺乳類の中での位置づけ [ ] 海生の哺乳類には、それぞれ独立に進化してきた大きな3つの現生グループがある。 このほかに、孤立した種としてや、すでに絶滅したごく小さなグループとして、がある。 いずれも陸生の哺乳類から、水中の生活に再適応する形で分化した。 これらの海生哺乳類のうちで最大のグループは、現生、化石種を含めて見た場合でも、クジラ類に属するやの仲間であり、当初の生息場所である沿岸部から外洋への進出を果たしたこの動物群は、個体数の上でも、海の哺乳類の大部分を占めている。 なお、やは、鰭脚類とは別の海生哺乳類のグループであるジュゴン目に属する。 これらは海生哺乳類としては唯一、草食(海藻食)の動物群である。 はさらに別のグループであるクジラ類に属する。 やは、裂脚類のカワウソ亜科、や、は(齧歯類)の動物であり、いずれも、アシカやアザラシの仲間とは、系統的に特に近縁ではない。 上位分類 [ ] アシカやのグループである鰭脚類は、「目」ではなく「上科」の階層(アザラシ上科)としてとらえられている。 鰭脚類の上位グループである「食肉目(ネコ目)」は、陸生肉食動物のグループである「(現及びの陸生群)」と、そこから分化した海生肉食動物(主に魚食)のグループである鰭脚類とをまとめたものである。 鰭脚類は、アシカ科・・の3つに分けられる。 このうちセイウチ科は、かつて北で最も繁栄した鰭脚類のグループであり、化石では10以上の属が確認されているが、現在は、巨大な牙(上顎犬歯)を発達させた現生の(1属1種)しか生存していない。 魚食が多い鰭脚類の中で、セイウチは貝類食に特化している。 セイウチを除くすべての現生鰭脚類は、アシカ科とアザラシ科に二分されるが、より水中での生活に適応したアザラシ類はアシカ類よりはるかに優勢であり、個体数で言えば、現生鰭脚類の約9割はアザラシ科が占めるとまで言われている。 かつては、血清学的な研究などから、アシカ類は裂脚類のクマ科に、アザラシはイタチ科に近く、陸生哺乳類の異なるグループからそれぞれが別々に分化してきたものとする説が優勢であり、両者を鰭脚類という同じグループにまとめるのも、単に便宜的な扱いに過ぎないとされていた。 しかし、その後の分子生物学的な研究などから、現在では、すべての鰭脚類は、単一の系統であると考えられている。 化石の証拠から、祖先はクマに近縁な仲間である類であろう。 アザラシ上科()• アシカ科• 下位分類 [ ] 現生のアシカ科は7属に分かれる。 伝統的には、これらの7属は Otariinae と、 Arctocephalinae に分けられてきた。 その下位分類では、アシカ亜科は5属で構成され、それぞれが1種のみからなり、オットセイ亜科は2属で構成され、キタオットセイ属は北に生息する C. ursinus1種のみからなり、ミナミオットセイ属はに主に生息する8種からなるという分類がされていた。 オットセイ亜科(オットセイ)は豊かな下毛を持つが、アシカ亜科にはそれがなく皮がなめらかである。 しかしそのほかに、一般性のある違いはない。 世間で「アシカとオットセイの違い」として説明されているものは主に、(特に)との違いである。 近年の研究では、それまで見なされていたよりもアシカ亜科の種は系統学的に独立しており、例えば伝統的にのと見なされていたは独立した種であったと見なされている。 これらの研究結果を踏まえた場合、アシカ科は7属16種2亜種で構成されることになる。 ( )• アシカ属 ( 1種のみとすることもある)• トド属• オーストラリアアシカ属• オタリア属• ニュージーランドアシカ属• ( )• キタオットセイ属• pusillus pusillus• オーストラリアオットセイ A. pusillus doriferus• 系統 [ ] 近年の分子系統学的な研究では、アシカ亜科・オットセイ亜科のいずれも、性を否定された。 はアシカ科の中で基底的である(最初に分岐した)一方、ミナミオットセイ属はやに近縁である。 またミナミオットセイ属自体が多起源であるとする説もある。 次のような系統樹が得られている。 南半球クレード 出典 [ ]• 2nd ed. 1989. OED Online. Oxford University Press. Accessed November 2007• King 1983. Seals of the World 2nd ed. New York: Cornell University Press. Brunner, S. 2003. Systematics and Biodiversity 1 3 : 339—439. November 2007閲覧。 Wynen, L. et al. 2001. Mol. Phylog. Evol. 21, 270—284• 2007. BMC Evol Biol 2007, 7:216 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 に関連するメディアがあります。

次の

アシカとアザラシの見分け方と、その仲間たち|海の生き物|Marine Diving web(マリンダイビングウェブ)

アシカ アザラシ 違い

海生 の鰭脚類 ききゃくるい に属する 「 」、 「 」、 「 」は、外観が似ているため混同されやすい といえますが、 上別の生き物に分類されており、以下のような違いがあります。 「アザラシ」とは、鰭脚類アザラシ科に属する哺乳類です。 圏から熱帯、 まで幅広い海域に分布しており、体長1. 2m、体重50kgの小型種ワモンアザラシから、体長6. 5m、体重は4tに及ぶ大型種ミナミゾウアザラシまで様々な大きさの種類がいます。 にはワモンアザラシ、ゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシ、クラカケアザラシ、アゴヒゲアザラシの5種類が生息しています。 「アザラシ」の には耳介がなく、目の後方に耳の だけが開いています。 また、四肢には鉤爪のついた5本指があり指の間には水かきが付いています。 前肢があまり発達しておらず、後肢も前方に折り曲げることができないため、陸上では腹這いで這うように動き、水中では左右の後肢を交互に振って泳ぎます。 「アシカ」とは、鰭脚類アシカ科に属する哺乳類です。 広義ではアシカ科の動物の総称ですが、狭義ではアシカ科アシカ属に属するカリフォルニアアシカ、ニホンアシカ、ガラパゴスアシカの3種類のみを指します。 このうちニホンアシカは絶滅したとされており、ガラパゴスアシカは、カリフォルニアアシカに含まれることもあるため、単に 「アシカ」といった場合カリフォルニアアシカを指すことが多いです。 カリフォルニアアシカの成体は、オスで体長2. 4m、体重390kg前後、メスで体長2m、体重110kg前後のものが多いです。 「アシカ」の耳には小さな耳介があり、ヒレ状に変化した前肢と胸筋が発達しています。 陸上では後肢を前方に折り曲げて歩くことができ、水中では前肢を鳥の翼のように使い泳ぎます。 や のアシカショーではカリフォルニアアシカが登場することが多いですが、アシカ科のオタリアが 「アシカ」として登場する場合もあります。 「オットセイ」とは、鰭脚類アシカ科に属する哺乳類です。 「アシカ」と同じアシカ科ですが、北太平洋に分布するキタオットセイ属と、 南岸、 南岸などに分布するミナミオットセイ属に属する種を 「オットセイ」と呼び区別します。 「オットセイ」の代表種キタオットセイの成体は、オスが体長2. 1m、体重270kg前後、メスが体長1. 5m、体重50kg前後と 「アシカ」と比較して小型です。 「オットセイ」の耳には 「アシカ」よりも大きい耳介があり、 「アシカ」同様、陸上では後肢を前方に折り曲げて歩くことができ、水中では前肢を鳥の翼のように使い泳ぎます。 また、全身の硬い剛毛の下に柔らかい が生えており、過去に 目的の乱獲があったことなどから、現在では商業目的の捕獲は禁止されています。 なお、 「アザラシ」や 「アシカ」の成体には、短く硬い剛毛しか生えていません。 「アザラシ」…耳介がない、五本指と鉤爪がある、陸上では這うように移動、体毛は硬い剛毛のみ。 「アシカ」…小さい耳介がある、前肢はヒレ状、陸上で歩行できる、体毛は硬い剛毛のみ。 「オットセイ」…耳介がある、前肢はヒレ状、陸上で歩行できる、硬い剛毛の下に柔らかい綿毛がある。 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 133• 131• 100• 438.

次の