インテリアコーディネーター 過去問題。 インテリアコーディネーター二次試験【プレゼンテーション(製図)・論文】の内容と対策を紹介!

【インテリアコーディネーター資格試験】に独学で一発合格する勉強方法と時間は?

インテリアコーディネーター 過去問題

二次試験 180分 論文 プレゼンテーション インテリアコーディネーターとして、住まいのインテリアに関する与えられた課題について、これを理解・判断し、的確な解答を文章で明瞭に表現できる能力を有していること。 インテリアの基礎知識をもとに、住まいのインテリア空間に関する与えられた課題について、与条件を理解した上でインテリアの計画を行い、図面作成や着彩表現により必要な情報を伝達できる能力を有していること。 【一次試験】 鉛筆またはシャープペンシル(BまたはHB)(万年筆・ボールペンは不可)、消しゴム 【二次試験】 鉛筆またはシャープペンシル(濃度は問わない。 全体が芯でできたもの等は不可。 ミニ鉛筆削り(削りカスが散らからないように注意してください)。 上記以外の型板(テンプレート)は使用できません。 また、当日、会場での筆記用具・製図用具の貸し出しはありません。 詳細は、受験票に記載される「試験当日の持ち物」等をご確認ください。 学科 H27 H28 H29 インテリアコーディネーターの仕事等 4問 4問 3問 インテリアの歴史 2問 3問 2問 インテリアコーディネーションの計画 1問 3問 4問 人間工学 2問 1問 2問 造形 1問 1問 1問 色彩 1問 1問 1問 リフォーム 1問 2問 1問 インテリアエレメント 1問 0問 2問 住宅用家具 4問 2問 3問 造作部品 1問 1問 0問 ウインドートリートメント 2問 1問 2問 カーペット 1問 2問 1問 インテリアオーナメント・アート 1問 2問 1問 その他のエレメント 0問 1問 1問 建築の構造・構法 4問 4問 5問 インテリアの構法 0問 0問 1問 造作と造作材 1問 4問 2問 機能材料と構法 1問 1問 2問 建具 1問 1問 0問 仕上げ材と仕上げ 4問 1問 0問 環境工学 3問 3問 3問 住宅設備 6問 6問 6問 インテリアコーディネーションの表現 3問 2問 3問 インテリア関連の法規・規格・制度 2問 2問 2問 融合問題 0問 2問 0問 その他 3問 0問 2問 合計 50問 50問 50問 1. インテリア商品と販売の基礎知識(旧試験) H23 H24 H25 H26 H27 実務 2問 2問 3問 3問 2問 仕上げ 床・壁・天井 3問 7問 4問 4問 4問 造作・建具製品 2問 2問 2問 3問 2問 塗装 1問 1問 0問 1問 1問 住宅設備機器 4問 2問 3問 2問 2問 照明 2問 1問 2問 1問 2問 家具 2問 3問 3問 3問 3問 ウィンドウトリートメント 2問 1問 1問 1問 1問 寝具 1問 1問 1問 1問 1問 テーブルウエアとキッチン用品 0問 1問 0問 1問 0問 インテリアオーナメント・エクステリア 0問 1問 3問 2問 2問 ICの領域・ユニバーサルデザイン・リフォーム 1問 2問 2問 3問 4問 その他 5問 1問 1問 0問 1問 合計 25問 25問 25問 25問 25問 2. インテリア計画と技術の基礎知識(旧試験) H23 H24 H25 H26 H27 住宅と社会 1問 0問 1問 1問 0問 インテリアの歴史 2問 2問 2問 2問 1問 人間工学 1問 1問 1問 1問 1問 インテリアの計画 1問 3問 3問 1問 2問 造形 2問 2問 2問 2問 2問 建築構造と材料 3問 5問 2問 3問 5問 インテリア構法 4問 4問 2問 2問 4問 環境工学 4問 2問 3問 3問 2問 住宅設備 1問 3問 3問 3問 3問 表現技法 2問 1問 1問 2問 1問 関連法規 1問 1問 1問 1問 1問 その他 3問 1問 4問 4問 3問 合計 25問 25問 25問 25問 25問.

次の

インテリアコーディネーター試験問題┃問題集.jp

インテリアコーディネーター 過去問題

「お金をかけずにインテリアコーディネーターの資格を取りたい!」と思っていらっしゃる方は多いです。 スクールに通ったり、通信講座を利用したりせずに試験に合格できるといいですよね。 インテリアコーディネーター試験は1次と2次があり、• 1次試験:マークシート式• 2次試験:論文、製図 となっています。 建築やインテリアを学んだこともなく、インテリア業界で働いているわけでもない人にとっては、1次も2次もそれなりに難関です。 ですが、独学でもやってやれないことはありません。 そんな事態だけは絶対に避けましょう。 まずは必要な書籍をひと通り揃えてくださいね。 通信講座を受講した方が割安感もありますし効率的だと思います。 検討される方はこちらもどうぞ。 ステップ1 教科書を一通り読みインプットする• ステップ2~4 7年分の過去問を3回繰り返す• 専門用語や人の名前、サイズなど、覚えづらい個所もたくさんありますが、インプットとアウトプットを繰り返しながら、必要な項目を徹底的に記憶していきましょう。 ステップ1 教科書をひと通り読みインプットする まずはどんなことが出題されるのかを把握するために、教科書をひと通り読み終えます。 1次試験の出題範囲は9つの章で構成されています。 インテリアコーディネーターの誕生とその背景に関すること 2. インテリアコーディネーターの仕事に関すること 3. インテリアの歴史に関すること 4. インテリアコーディネーションの計画に関すること 5. インテリアエレメント・関連エレメントに関すること 6. インテリアの構造・構法と仕上げに関すること 7. 環境と設備に関すること 8. インテリアコーディネーションの表現に関すること 9. インテリア関連の法規、規格、制度に関すること それぞれの項目について、教科書の 太字、 赤字部分を覚えるつもりで教科書を読んでくださいね。 ひとつの章を読み終えたら、テキストの各章の最後にミニテストがついていますので、それを解きましょう。 たぶん、100点はとれないはずです。 自分が間違えた問題は教科書の該当箇所に戻って、次は間違えないぞ!と思いながら用語などをしっかり覚えていきます。 2-1 過去問を解いてアウトプット 過去7年分の過去問を解きます。 なぜ過去7年分かというと、分量的にちょうどいいからです。 もちろん、8年以上前の過去問にトライしてもよいですが、古過ぎる問題は現在の出題傾向に沿っていない可能性がありますのでご注意くださいね。 解答は別の紙(ノート)に書きます。 問題集は繰り返し使いますので、解答を書き込まないようにしましょう。 解答は別の紙(ノート)に書きます。 1回目のトライで自分がどのような解答をしたのか残しておきます。 答え合わせをします。 答え合わせをすると、あまりにたくさん間違えているので落ち込みます。 初めはそれでOKです。 2-2 間違えた問題をインプット 間違えたところは教科書できちんと確認します。 マーカーを引くなりしてしっかり覚えましょう。 ワンポイントアドバイス 過去問集を効率よく使うために、わたしは解答を冊子から切り離してバインダーに綴じていました。 問題と解答がひとつの冊子に綴じてあると、前後にページをめくりながら答え合わせをしなくちゃいけないのでとっても手間なんですよね。 その手間を解消するために、バインダーを買い、冊子から切り離した解答に穴をあけて綴じます。 それだけですが、答え合わせがずいぶん楽になりました。 1回目と同様に、問題集には書き込まず別の紙やノートに自分の解答を書きます。 あとで見返すことができるよう捨てないでくださいね。 3-2 間違えた問題をインプット 覚えたはずなのに……、再び間違える問題があるんですよね。 残念ながら。 2回目もまた間違えたところを教科書で振り返りながら復習します。 ステップ4 間違えてしまった問題を解く(過去問トライ3回目) ここまで来ればあと一息です。 過去問を解くことに飽きてきますが、一発合格を目指して頑張りましょう。 4-1 間違えてしまった問題を解いてアウトプット 2回目で間違えてしまった問題を解きます。 4-2 間違えた問題をインプット 答え合わせをします。 ここでも間違ってしまった問題があれば、自分の弱点が分かるはずです。 弱点部分を教科書で振り返りしっかり記憶しましょう。 ステップ5 語呂合わせで用語を覚えながら最終チェック 「どうしても暗記できない!」という用語や数字が出てきます。 そんなときにおすすめなのが「インテリアコーディネーター受験スーパー記憶術(出版社:彰国社)」です。 インテリアコーディネーター試験に出てくる用語を語呂合わせで覚えることができます。 ちょっと古い本なのですが、現在でも十分に使えるので、暗記が苦手……という方は1冊持っていても損はないと思います。 わたしはこの本を試験直前に使いました。 電車の中や空いた時間に開いて、呪文を唱えるようにブツブツ言いながら語呂合わせで用語を覚えました。 個人的にはすごく役に立ったのでおすすめです。 学習を進める上での注意点 ・教科書の内容をまとめるためのノートを作る必要はありません。 脳みそをノートだと思ってインプットしましょう。 ・テキストに書かれていない内容については、テキストの余白に書き込んでください。 オリジナルのテキストになるくらいに徹底的に使い込みましょう。 ・過去問のうち、時事問題はその年にしか出ないので飛ばしてもOKです。 ・過去問を解く際、時間を測る必要はありません。 まずはじっくり取り組んでみましょう。

次の

【インテリアコーディネーター資格試験】に独学で一発合格する勉強方法と時間は?

インテリアコーディネーター 過去問題

他コースをご受講でも過去問題集単品での購入が可能。 試験対策の心強い味方です。 総合コース、実技コースでは、2次試験対策としてインテリア製図、パースの描き方まで、 基本からていねいに学習できます。 そんなときは、 産能大の講師に質問しましょう。 Webや郵送で気軽に質問ができます。 二次試験(実技)対策講座を受講しました。 産能大の確かな伝統と、試験主催元であるインテリア産業協会 編集テキストに安心感が持てたので受講を決めました。 教材が届き、まず感じたことは 効率的かつ効果的に学習を進められる理想的な教材だということ。 また、鋭いご指摘を頂けた通信添削課題は、実際の二次試験で 採点者が受けるであろう「答案の出来映えや印象」を客観的に フィードバックしていただける貴重な情報となりました。 特に赤ペンでのご指摘の数々は、点数の大小や正答例との比較では 決して得られないものだと思います。 テキスト、添削によるアドバイスも満足できるものでしたが、 付属の「インテリア製図のトレーニング」は 過去問と予想問題の丁度あいだのような編集がなされており、 基本レベルから応用レベルまで無理なくステップアップできる 素晴らしい問題集だと思います。 私は、この「トレーニング」を3回転させて試験に臨むよう、 スケジュールを組みました。 真っ先に学習スケジュールをたて、 地道に実行することを心がけてきました。 この講座を受講してほんとうに良かったと思っています。 インテリアコーディネーター実技対策講座を受講しました。 一次試験をパスしたのは第27回試験でした。 当時妊娠中だった為 2次試験の受験は難しく、出産後受験からも遠ざかっていましたが 一次試験免除期間が今回で最終となる為、最初で最後のチャンスで申し込みました。 テキストは基本を押さえるのにわかりやすかったです。 ただ、実技の練習シートの方は、少しわかりにくく 手本の作図も個人的には大雑把に思えるところもありました。 なので、練習問題については過去問なども併用して行いました。 試験までには何とか2つの課題の提出・添削まで 終わらせることができたので、何度も添削結果の先生のコメントを読み返して試験に臨みました。 コメントは、わかりやすく、自分の欠点やさらにレベルアップ できるようなアドバイスが参考になり、自信にもつながりました。 おかげさまで先日、合格通知を受け取ることができました。 やはり、課題を提出することが大切なのですね。 一次試験の際は受講していなかったので、最初から活用していればよかったと後悔しています。 (通信講座を受講する前に使っていた教材では、合格した今となっては、あまり今後活用していけるものではなさそうなので 残念です。 ) 何はともあれ、良い結果を報告できて嬉しいです。 ありがとうございました! 学生の時に目指していたインテリアコーディネーター。 その当時は年齢制限があり、25歳になってから受験しようと思っていました。 でもその後インテリア関係の職場を離れ…健康・出産と、心のどこかで引っかかったまま、時間は過ぎていきました。 そして、子育てがひと段落した時、一念発起し「夢」だったインテリアコーディネーターを目指す決意をしました。 ただ、主婦である立場上、家を離れて講座に通うことは無理で、独学に頼るしかありませんでした。 なんとか、一次試験は合格したものの、二次試験の実技となるとやはり独学では難しく感じました。 時間的な制限もある中、ポイントを絞った、確実に身につく勉強法はないかと考えたところ、通信教育…しかも実績のあるところで教えていただくという結論にたどりつきました。 実は学生時代に筆記・実技の両方の講座に申し込んでいたのですが、当時は一度もレポートを提出することなく終わらせてしまいました。 今回は、同じ失敗を繰り返さないよう…目標は高く持っていました。 結局、課題は提出期限ぎりぎりになったりもしましたが、テキストの内容はしっかり学習することができました。 また、提出した課題に対しては適切なアドバイスをいただけ、評価に少しだけ安心感も頂きました。 実際、二次試験を受験した感想は、テキスト・課題をしっかりとやっていれば、手に負えない…ということはない、ということです。 まだ合否結果は届いていませんが…どんな結果であれ、この講座を受講して、確実に技術は身に着いたと実感しています。

次の