身 に つく 意味。 【中学受験・国語】「身につく」漢字・ことばの勉強法

「身につまされる」の正しい意味と使い方…どんな感情のこと?

身 に つく 意味

もくじ• させられる勉強は楽しくない 理科や社会に比べて、国語は生活や将来に役立つのかどうか分かりにくいよね。 でもキミが「勉強させられている」とか「しょうがなく勉強している」んだとしたら、ものすごく時間が もったいない。 だからできるだけ自分で意味を見つけて、自ら進んで取り組んだ方が有意義だし、そうするとだんだんと勉強も面白くなってくるはず! ということで国語の勉強で身につく読解力や表現力について、どこでどんな風に役立つのか説明していくよ! 国語の勉強は大人になって役に立つの? 最初に紹介したように、読解力があると短い文の中にも相手の伝えたいことや気持ちが表れていることを知り、より理解を深めることができる。 さらに読解力を活用して、自分の伝えたいことを効率的かつ的確に伝えることができる(表現力が身に付く)んだ。 つまり読解力や表現力があると コミュニケーション能力が上がるということ。 具体的には次のようなシーンでその力が発揮されるよ。 ビジネスで活躍できる• 商品を買ってくれるお客さんが増える• 価格や条件の交渉でも有利• お客さんのニーズ(求めてること)が分かる• プレゼンテーションが成功する• 仲間とのコミュニケーションが取れ、楽しく仕事ができる 以上を見てわかるように、読解力・表現力はどんなお仕事をするにも必要な力。 今のうちから読解力や表現力をみがいて、社会を生き抜く力を身につけよう! 恋愛や人間関係もうまくいく キミは好きな子いるのかなぁ? 勉強ができる、スポーツが得意、面白い、優しい・・きっと色々な理由で好きになると思うけど、 「理解し合える」関係でないと長続きしないよね。 読解力があれば相手のことをより深く理解できるし、表現力があればキミの伝えたいことや相手を想う気持ちをきちんと伝えることができる。 実は男性と女性で話し方を変えると伝わりやすくなるという話もあるんだ。 もちろん必ず性別で分けられるってわけじゃないけど、相手の今の状況や年齢など、 伝える相手によって工夫をするというのも表現力のひとつと言えるよ。 顔やしぐさに表れない言葉の意味をくみとったり、相手に伝わりやすいように表現したりすることは 思いやりでもあるんだね。 読解力、表現力をみがくには? じゃあ、読解力や表現力はどうやってみがくんだろう? 次に紹介することを普段の生活でも意識しておくと、国語の勉強もきっと楽しくなるよ! とにかくインプット インプットとは知識や経験を自分の中に取りいれること。 例えば、自分の好きなジャンルの本やブログを読みまくる。 映画を観たり音楽を聴いたり、先生の話を聞くこともインプットになるね。 読解力をみがくには、 色々なカタチでたくさん言葉に触れることが大切なんだ。 とにかくアウトプット アウトプットとは自分の中に取りこんだ知識や経験を成果につなげること。 読んだモノや聞いたモノをまとめて、ノートに書いたり人に話したりすることで記憶しやすくなる。 また、まとめたモノに 自分の感想や意見を加えるとさらに表現力が強化されるよ! 問いを立てる 本を読んだりニュースを見たりしたときに 「どうしてそんな事言ったのかな?」 「なんのためにそんな事したのかな?」 と 疑問をもったり自分に置きかえて考えたりするクセをつけよう。 表面には表れない心の動きや、モノゴトの裏側を考えることが読解力につながるよ! 人間にしかできないこと 単純な作業や考えずにできる仕事はどんどんAIに奪われていくけど、 人の気持ちを考えて行動したり、想像力を働かせてモノづくりをしたりすることは人間にしかできないよね。 未来を生きぬくためにも、国語の勉強や普段の生活を通して読解力・表現力を身につけよう!.

次の

読む力、新聞で身につく

身 に つく 意味

[名]• 1 生きている人間のからだ。 「茂みに身を隠す」「装飾品を身につける」• 2 わが身。 自分自身。 「身を犠牲にする」「だまっている方が身のためだぞ」「身の危険を感じる」• 3 自分が何かをやろうとする心。 「勉強に身が入らない」• 4 地位。 「身のほどをわきまえる」「家族を扶養する身」「他人の身になって考える」• 5 皮や骨に対し、食べられる部分。 「魚の身をむしる」「身の小さな蛤 はまぐり 」• 6 容器の、ふたに対して物を入れる部分。 また、ふた付きの鏡などで、ふたに対して、本体のほう。 7 衣服の・・などを除き、胴体を覆う部分。 身頃 みごろ。 8 刀の、に収まっている刃の部分。 9 木の、皮に包まれた部分。 10 身ぶり。

次の

付く/附く/着く(つく)の意味

身 に つく 意味

スポンサードリンク 『身に着ける』の意味 『身に着ける』(みにつける)の意味は 衣服を着たりはいたりする。 また、体から離さず所持する といった意味のようです。 服を着る、という意味なだけでなく 服以外のもの、アイテムのようなものを体につけるように持っていく のような意味にもなってきそうです。 以外なことに「身に着ける」には複数の意味があり 『身に着ける』 1.衣服を着る 2.からだにつけて持つ。 所持する 3.知識・技術などを自分のものとする といった服を着るとはまるで関係ない意味も持つようです。 最初に紹介した意味は1と2の意味を表していたようですね。 例文としては 「カッパとお守りを身に着けてフルマラソンに参加する」 のような使い方が良さそうです。 スポンサードリンク 『身に着ける』と『身に付ける』の違いとは 『身に着ける』と全く同じ読み方の言葉 『身に付ける』という言葉があるようですね。 見た目から意味に大差がなさそうで どちらでも良さそうな気がしますが。 『身に付ける』は 1.着たり、はいたりする。 また、からだにつけて持つ 2.知識・習慣・技術などを自分のものとする といった意味になるので 1の意味が『身に着ける』の1と2の意味とほぼ同じ 3の意味も『身に着ける』の3の意味と同じ意味を持ちそうなの やはり、意味自体に大差はなさそうですね。 どうやら、『身に付ける』の方はあとからネットで見かけるようになったらしく 新聞社でも「身に着けるしか使わない」と言っている所も多いようなので 『身に付ける』が間違いでないにしても 『身に着ける』が正しい言葉、ということなのかもしれません。 スポンサードリンク 『身に着ける』の類義語 『着る』の慣用句 身に着ける 『着る』のことわざ.

次の