カタオモイ歌詞。 【Aimer/カタオモイ】歌詞の意味を徹底解釈!「片想い」ではない!正体は感動の結婚式ソング!?

カタオモイ Aimer 歌詞情報

カタオモイ歌詞

Aimer エメ 「カタオモイ」歌詞の意味を解釈 それでは『カタオモイ』の歌詞を、タイトルとのつながりも考えながら見ていきましょう。 たとえ年老いて君の顔にしわが増えても、僕がギターを上手く弾けなくなってしまっても、僕の心は、いつでも君でいっぱいに溢れています。 高いキーが出なくなって、音程も外してばかりになって、僕の歌はお世辞にも上手なんていえません。 だけどそんな歌でも、君が並んで歌ってくれたら、その瞬間は、どんな素晴らしい場所で多くの人に聴いてもらうよりかけがえのない時間です。 告白して恋人になったり、プロポーズされて結婚したり、そんな幸せな光景が思い浮かびます。 この幸福は、言葉で表現することができないほどです。 ただ「 愛している」とだけ言葉にします。 この状況は幸せいっぱいで、 切ない 片想いという言葉とは相いれないような気がしますね。 その幸せを味わうのは、まるで豪華なフルコースを楽しんでいるかのよう。 記念日の今日は、例えるならフルコースの中のメインディッシュのような日です。 最後の日まで、あまずっぱいデザートを味わう日まで、この幸せを堪能しようと思います。 そんなフルコースには、気の利くセリフも特別なサプライズもいりません。 ただ君が一緒にいてくれたら、それが僕の願いです。 時間が過ぎれば過ぎるほど、不思議なことに、僕の気持ちはどんどん強くなるようです。 まるでずっと片想いしてるみたいに、君のことばかり想っているのです。 君と一緒にいるという夢が叶ったあとも、僕の気持ちはどんどん大きくなっていきます。 それはやっぱりちょっと悲しい。 だけど 僕の想いはこれからもずっと変わらないでしょう。 でももし君が僕を置いて先に亡くなってしまったら、君を恨むことになるでしょう。 また生まれ変わって、たとえ第一印象が最悪でも、君に恋せずにはいられないんだろうなと思います。 いつまでも君に片想いし続けているみたいです。 僕の想いが届いても、君が僕のことを嫌いでも、この気持ちが変わることはありません。 ため息のように「 愛してる」という言葉が零れ落ちました。

次の

カタオモイ 歌詞『Aimer』

カタオモイ歌詞

Aimer エメ 「カタオモイ」歌詞の意味を解釈 それでは『カタオモイ』の歌詞を、タイトルとのつながりも考えながら見ていきましょう。 たとえ年老いて君の顔にしわが増えても、僕がギターを上手く弾けなくなってしまっても、僕の心は、いつでも君でいっぱいに溢れています。 高いキーが出なくなって、音程も外してばかりになって、僕の歌はお世辞にも上手なんていえません。 だけどそんな歌でも、君が並んで歌ってくれたら、その瞬間は、どんな素晴らしい場所で多くの人に聴いてもらうよりかけがえのない時間です。 告白して恋人になったり、プロポーズされて結婚したり、そんな幸せな光景が思い浮かびます。 この幸福は、言葉で表現することができないほどです。 ただ「 愛している」とだけ言葉にします。 この状況は幸せいっぱいで、 切ない 片想いという言葉とは相いれないような気がしますね。 その幸せを味わうのは、まるで豪華なフルコースを楽しんでいるかのよう。 記念日の今日は、例えるならフルコースの中のメインディッシュのような日です。 最後の日まで、あまずっぱいデザートを味わう日まで、この幸せを堪能しようと思います。 そんなフルコースには、気の利くセリフも特別なサプライズもいりません。 ただ君が一緒にいてくれたら、それが僕の願いです。 時間が過ぎれば過ぎるほど、不思議なことに、僕の気持ちはどんどん強くなるようです。 まるでずっと片想いしてるみたいに、君のことばかり想っているのです。 君と一緒にいるという夢が叶ったあとも、僕の気持ちはどんどん大きくなっていきます。 それはやっぱりちょっと悲しい。 だけど 僕の想いはこれからもずっと変わらないでしょう。 でももし君が僕を置いて先に亡くなってしまったら、君を恨むことになるでしょう。 また生まれ変わって、たとえ第一印象が最悪でも、君に恋せずにはいられないんだろうなと思います。 いつまでも君に片想いし続けているみたいです。 僕の想いが届いても、君が僕のことを嫌いでも、この気持ちが変わることはありません。 ため息のように「 愛してる」という言葉が零れ落ちました。

次の

カタオモイ/MACOの歌詞

カタオモイ歌詞

今は何もいらない、あなただけが手に入れば。 それはおそらくあなたが側にいてくれれば、他の全てが手に入りそうな予感がするからかもしれません。 そしていつか手に入れたもの全てを失ったとしても、君が側にいてくれるだけで、その全てを手に入れられていると想像することができるのかもしれません。 君という存在は無限の可能性をくれるのです。 だからというわけではありませんが、僕は君にずっと側にいて欲しいと思っているのでしょう。 恋心が僕の夢だったのでしょうか。 君を愛していると思えること、それだけで夢みたいな気持ちになれると言っているのかもしれません。 恋をするということは生きていると実感できる瞬間なのかもしれません。 君との日々が楽しさだけでなく、辛さを導いたとしてもその全てが幸せな経験だと言っている気がします。 一緒にいたいと思ってしまうことが恋なんだ。 だから僕は君の側にいるんだよ。 特別なことは何もいらないから、どうか側にいて欲しいのです。 もうこの想いは弾けてしまいそうなほど実っているのに、どうして気づいてくれないのかと嘆いています。 これは初めて経験する感情だから、どうしてもうまく表現できないのかもしれません。 そんなこととは裏腹に、どんどんどんどんあなたのことを考えてしまうのではないでしょうか。 まだカタオモイの状況ですが、その想いはもう付き合っているのかもしれません。 この歌のカタオモイとは何を指しているのでしょうか。 歌詞を見ていると、片想いなのに、もう付き合っていると思わせるような言葉が出てきます。 この歌のカタオモイとは恋する気持ちを言っているのかもしません。 お似合いの言葉が見つからないと言っています。 自分の恋心を適切に表現する言葉がないから、カタオモイとつけたのかもしれないと思いました。 カタオモイは片想いではなく、恋する今の僕の気持ちを表現した言葉なのかもしれません。 僕が君を愛する気持ちの方が強いから、いつもカタオモイなのではないでしょうか。 それほど君と付き合うことは嬉しかったのです。 でもたとえ一緒になれたとしても、僕のカタオモイは続いていくのではないでしょうか。 MV考察 なぜか初めての感覚を伝えようとしているように思います。 今まであまり感じたことのない感覚ばかりを映し出しているような気がします。 レンズを除く感覚も、靴を履いたまま玄関を超える瞬間も全てが、新しい感覚のように思えます。 動画の主人公はそういったことを楽しんでいるように思います。 初めて自分の声をマイクに通す瞬間、食べたことのないほど甘いケーキを食べることなどなど。 そして恋というものもそれらと同じように、私たちが味わったことのない新感覚なのかもしれません。 それはシャボン玉が野原を舞うような、とても心地いい気分を連れてきたと言っているのでしょうか。 このMVの後半は恋に落ちている人の感情を映像で表現しているのかもしれません。

次の