効果的な 類語。 効果的なの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

ヴェブレン効果の意味は?広告・マーケティングで使う例や論文をご紹介!

効果的な 類語

「訴求」とは|意味・読み方・使い方 「訴求」とは、「宣伝や広告などで消費者の購買意欲に働きかけること」の意味で、「そきゅう」と読みます。 「訴求」の「訴」の訓読みは「うったえる」で、「裁きを求めるために上に申し出る」や「不満や苦痛など告げ知らせる」の他に、「感覚または心に強く働きかける」という意味があります。 「求」の音読みは、「もとめる」で、「探し求める」「他人に望む」の意味です。 つまり「訴求」は、人の感覚や心に働きかけて、商品やサービスなどを購入することを希望することです。 「訴求」が使われるのは、主にマーケティングに関する事柄です。 さまざまな商品やサービスが氾濫する中で、いかに消費者の購買意欲を駆り立てるかは、企業にとって大きな課題です。 「シニア層に訴求できる商品の開発」など、「訴求」はマーケティングには不可欠な言葉になっています。 また、「訴求」はマーケティング分野以外でも、「うったえて要求する」というニュアンスで使われることもあります。 ・人気タレントを起用したわりには、訴求効果はあまり感じられません。 ・数秒内で視聴者に訴求効果を与えるのが、CM企画の重要なポイントです。 また、マーケティングのテーマとして「 価格訴求」と「 価値訴求」の2つが大きな選択肢として使われます。 「価格訴求」は、商品広告で消費者に対して価格を基本テーマにすることです。 低価格時代には不可欠な訴求の仕方ですが、反面、機能や品質、サービスなどを重視する消費者もいることも事実です。 この基本をテーマにしたのが「価値訴求」です。 企業にとって、どちらの訴求パターンを選択するかは、勝敗の分かれ目になります。 「訴求」の類義語と例文 「訴求」の類語としては、「働きかける」「説得」「アピール」「需要を喚起する」などがあげられます。

次の

ヴェブレン効果の意味は?広告・マーケティングで使う例や論文をご紹介!

効果的な 類語

公開日: 2018. 10 更新日: 2018. 10 「成果」と「効果」の意味の違いと使い分け、英語の違いも解釈! 「成果」という言葉をご存知でしょうか。 「成果をあげる」「成果を収める」などと使います。 「成果」は、日常会話でも比較的使うことが多い言葉ですよね。 では、「成果」について意味をしっかりと理解しているでしょうか。 また、「成果」と似た言葉に「効果」があります。 普段なんとなく使い分けていることが多い2つの言葉ですが、実はそれぞれ意味が異なります。 改めて考えてみると、そこまで違いはないように思いますが、しっかり使い分けることが必要です。 そこで今回は「成果」と「効果」の使い分けについて解説していきます。 違いを正しく知って、上手く使えるようにしましょう! 「成果」の意味と使い方 「成果」は< せいか>と読みます。 「成」は音読みで「セイ・ジョウ」、訓読みで「なる・なす」と読みます。 「成」は「なしとげる。 つくりあげる。 しあがる。 なる」を意味します。 「果」は音読みで「カ」、訓読みで「はたす・はてる・はて」と読みます。 「果」は「原因があって生じるもの」を意味します。 「成果」の意味は 「成し遂げた好ましい結果。 ある事をして出来上がった良い結果。 出来栄え」です。 「成果をあげる」「成果を収める」「研究成果」「成果が出る」「成果を生み出す」「成果が実る」といったように使います。 研究・事業・勉強など、幅広い分野で好ましい結果を残したことを「成果」と表現することができます。 「優れた結果を出す」ということなので、悪い結果になった場合は使うことができません。 例えば、「努力したため、成果をあげることができた」などと言います。 これは「努力したおかげで、良い結果を残すことができた、成功することができた」という意味になります。 例文 ・成果を出す人というのは、途中で諦めず物事に熱中している。 ・プロジェクトが成功したのは、あなたの努力の成果だろう。 ・新しく挑戦してみた実験では、予想を遥かに上回る成果を出すことができた。 ・自分としては精一杯頑張ったつもりだけど、何の成果も得ることができなかった。 ・今までの練習の成果が出て、今年は決勝まで進むことになった。 ・長い期間にわたって行われた研究は、大きな成果をもたらしてくれた。 ・成果を出すことでもらえるお金が異なるので、しっかりと仕事をしなくては。 ・トレーニングを強化したため、筋肉を増やすという成果をあげることができた。 「効果」の意味と使い方 「効果」は< こうか>と読みます。 「効」は音読みで「コウ」、訓読みで「きく」と読みます。 「効」は「力を発揮した結果。 ききめ」を意味します。 「果」は音読みで「カ」、訓読みで「はたす・はてる・はて」と読みます。 「果」は「原因があって生じるもの」を意味します。 「効果」の意味は、 1. ある行動によって得ることができた、期待通りの良い結果 2. 演劇や映画の中で、それに相応しい状況を人為的に作ること です。 ある働きかけによって現れた、望ましい結果・行為の目的にかなっているききめを表します。 「効果が現れる」「効果が出る」「効果覿面(こうかてきめん)」「逆効果」「ダイエット効果」などと使います。 自分が努力しなくても、目的通りの結果が一時的に出るということを「効果」と表現します。 「効果」には「演劇などで、その場面に合う雰囲気や真実みなどを人工的につくり出す」という意味もあります。 この意味では、「音響効果」「舞台効果」「演出効果」などと使います。 例文 ・運動には、体力をつけたり、体重を減らしたりと様々な効果がある。 ・お花の匂いを嗅ぐと、リラックスできるという効果が得られる。 ・この胃薬は腹痛に効果覿面なので、痛くなるといつもこれを飲む。 ・変に何かを施すと、逆効果を招いてしまうこともあるから気をつけたほうが良い。 ・腹筋はダイエットに効果抜群だと言われているが、私には全く効かなかった。 ・最近良いことが立て続けに起こっている。 早速お守りの効果が発揮されているようだ。 ・CM効果で、今まで売れていなかった商品が爆発的に売れるようになった。 ・養命酒には、冷え性を改善したり、美肌になるという効果がある。

次の

「有用性」の意味と使い方、類語、「有効性・実用性」との違い

効果的な 類語

公開日: 2018. 10 更新日: 2018. 10 「成果」と「効果」の意味の違いと使い分け、英語の違いも解釈! 「成果」という言葉をご存知でしょうか。 「成果をあげる」「成果を収める」などと使います。 「成果」は、日常会話でも比較的使うことが多い言葉ですよね。 では、「成果」について意味をしっかりと理解しているでしょうか。 また、「成果」と似た言葉に「効果」があります。 普段なんとなく使い分けていることが多い2つの言葉ですが、実はそれぞれ意味が異なります。 改めて考えてみると、そこまで違いはないように思いますが、しっかり使い分けることが必要です。 そこで今回は「成果」と「効果」の使い分けについて解説していきます。 違いを正しく知って、上手く使えるようにしましょう! 「成果」の意味と使い方 「成果」は< せいか>と読みます。 「成」は音読みで「セイ・ジョウ」、訓読みで「なる・なす」と読みます。 「成」は「なしとげる。 つくりあげる。 しあがる。 なる」を意味します。 「果」は音読みで「カ」、訓読みで「はたす・はてる・はて」と読みます。 「果」は「原因があって生じるもの」を意味します。 「成果」の意味は 「成し遂げた好ましい結果。 ある事をして出来上がった良い結果。 出来栄え」です。 「成果をあげる」「成果を収める」「研究成果」「成果が出る」「成果を生み出す」「成果が実る」といったように使います。 研究・事業・勉強など、幅広い分野で好ましい結果を残したことを「成果」と表現することができます。 「優れた結果を出す」ということなので、悪い結果になった場合は使うことができません。 例えば、「努力したため、成果をあげることができた」などと言います。 これは「努力したおかげで、良い結果を残すことができた、成功することができた」という意味になります。 例文 ・成果を出す人というのは、途中で諦めず物事に熱中している。 ・プロジェクトが成功したのは、あなたの努力の成果だろう。 ・新しく挑戦してみた実験では、予想を遥かに上回る成果を出すことができた。 ・自分としては精一杯頑張ったつもりだけど、何の成果も得ることができなかった。 ・今までの練習の成果が出て、今年は決勝まで進むことになった。 ・長い期間にわたって行われた研究は、大きな成果をもたらしてくれた。 ・成果を出すことでもらえるお金が異なるので、しっかりと仕事をしなくては。 ・トレーニングを強化したため、筋肉を増やすという成果をあげることができた。 「効果」の意味と使い方 「効果」は< こうか>と読みます。 「効」は音読みで「コウ」、訓読みで「きく」と読みます。 「効」は「力を発揮した結果。 ききめ」を意味します。 「果」は音読みで「カ」、訓読みで「はたす・はてる・はて」と読みます。 「果」は「原因があって生じるもの」を意味します。 「効果」の意味は、 1. ある行動によって得ることができた、期待通りの良い結果 2. 演劇や映画の中で、それに相応しい状況を人為的に作ること です。 ある働きかけによって現れた、望ましい結果・行為の目的にかなっているききめを表します。 「効果が現れる」「効果が出る」「効果覿面(こうかてきめん)」「逆効果」「ダイエット効果」などと使います。 自分が努力しなくても、目的通りの結果が一時的に出るということを「効果」と表現します。 「効果」には「演劇などで、その場面に合う雰囲気や真実みなどを人工的につくり出す」という意味もあります。 この意味では、「音響効果」「舞台効果」「演出効果」などと使います。 例文 ・運動には、体力をつけたり、体重を減らしたりと様々な効果がある。 ・お花の匂いを嗅ぐと、リラックスできるという効果が得られる。 ・この胃薬は腹痛に効果覿面なので、痛くなるといつもこれを飲む。 ・変に何かを施すと、逆効果を招いてしまうこともあるから気をつけたほうが良い。 ・腹筋はダイエットに効果抜群だと言われているが、私には全く効かなかった。 ・最近良いことが立て続けに起こっている。 早速お守りの効果が発揮されているようだ。 ・CM効果で、今まで売れていなかった商品が爆発的に売れるようになった。 ・養命酒には、冷え性を改善したり、美肌になるという効果がある。

次の