白菜 黒い点々。 白菜の黒い点々は・・

白菜の黒い点々は美味しさの証拠! 漬物屋さんの言葉に「いいこと知った!」続出

白菜 黒い点々

スポンサーリンク 白菜の点々が気になる……黒い斑点は何? 白菜の点々。 こんなふうに黒い小さなブツブツがついていること、ありますよね。 これは「ゴマ症」と呼ばれるものです。 確かに黒ゴマみたいですよね。 何だか「ゴマ症」と言われると白菜の病気のように感じますが、病原菌ではありません。 カビでもないし、虫がついているわけでもないのです。 ゴマ症は白菜自体の生理反応から発生する生理障害なのだとか。 肥料の窒素成分が多かったり、栄養過多であったり、栽培環境に何らかのストレスがあると、白菜の細胞が反応して栗い点々として現れるのです。 黒い色の正体はポリフェノールなので、食べても何ら問題はありません。 ただその現れ方がちょっと嫌だな、とか、食べるのに抵抗がある場合は、その部分だけカットしても良いと思います。 時々ゴマ症がものすごい白菜なども見かけますが、やはりちょっと抵抗があります。 それにゴマ症の原因は白菜の受けていた【ストレス】です。 黒い点々がたくさんある白菜は、きっとたくさんのストレスを抱えていたということ。 そうするとあんまり黒いブツブツが多過ぎる白菜は、ストレスの多い環境で育ったので、あまりおすすめできない部分もあります。 おいしい白菜の見分け方 おいしい白菜の見分け方を知っておくと、スーパーでお買い物をするときに便利です。 よかったらちょっと、覚えておいてくださいね。 その際、切り口が盛り上がっているものも見かけるはずです。 スポンサーリンク 切り口が盛り上がった白菜は、切ってから時間が経ち過ぎたもの。 盛り上がっていない白菜のほうが新鮮なものです。 それしかなくて選べないのなら仕方ありませんが、白菜はぎっしりしっかり葉が巻かれたものがおいしいです。 葉の間に空間がほぼなく、巻きがしっかりしている。 重たくてずっしりしている。 そんな白菜を選んでくださいね。 白菜の洗い方 50度洗いって何? 白菜の洗い方って知っていますか? 白菜などの葉物野菜を洗わない人がいるそうですが、これは洗っておくことをおすすめします。 結構、葉と葉のあいだには土や虫・ホコリなどが潜んでいるものです。 土の中には病原性大腸菌がいる場合もあり、最悪、食中毒になる恐れもあります。 キャベツやレタスなどもそうですが、葉物野菜は生で食べることも多いので、しっかり洗うようにしましょう。 さて、白菜の洗い方ですが、一般的には葉を一枚ずつ剥がして洗うことが多いのではないでしょうか。 芯の部分を先に切り取ると、バラバラになって洗いやすいですよね。 その名のとおり50度のお湯で洗う方法で、白菜以外の葉物野菜にも使えます。 冷蔵庫でしなびてしまった野菜を新鮮な状態に戻せるという、魔法のような洗い方です。 簡単なので、ご紹介しますね。 そう、とっても簡単なのです。 やってみると分かりますが、面白いように野菜の見た目がシャキッとします。 これはどういう原理なのかというと…… 野菜の表面にある気孔は通常、水分が蒸発するのを防ぐために閉じています。 「ヒートショック」と呼ばれる現象で、開いた気孔から水分が戻ることによって、野菜はみずみずしい新鮮な状態に回復するというわけです。 また、ペクチンと呼ばれる栄養素がお湯につけられたことで細胞を結合させ、固くなります。 そのため、野菜の歯ごたえやうま味までも増します。 そして水で洗うよりお湯であらうほうが汚れが落ちやすくなります。 薬品や雑菌なども流れやすくなるため、野菜自体の鮮度も長持ちします。 つまり栄養はほとんど流れてしまうことはないのだそう。 白菜などの葉物野菜だけでなく、果物やきのこ、生花などにも効果がみられるとか。 「試したいけど、温度計ないし」 なんて人もきっといますよね。 なお、お湯は冷めやすいし、野菜を入れるので急激に温度が下がることもあります。 お湯を多めに用意しておいて、途中お湯を足しながらなんとなく温度を合わせて行くと良いと思います。 やけどには充分注意してくださいね! まとめ 白菜の点々の正体と、おいしい白菜の見分け方、白菜を新鮮に戻す洗い方をご紹介しましたが、いかがでしたか? おいしい白菜は、ビタミンCやカルシウムなどの栄養も豊富。 くたくたに煮込んだ温かい白菜料理は、風邪をひいたときや冷え性さんにも優しいですよね。

次の

白菜の黒い点々は食べても大丈夫?黒い斑点の正体は?

白菜 黒い点々

スポンサーリンク 白菜の点々が気になる……黒い斑点は何? 白菜の点々。 こんなふうに黒い小さなブツブツがついていること、ありますよね。 これは「ゴマ症」と呼ばれるものです。 確かに黒ゴマみたいですよね。 何だか「ゴマ症」と言われると白菜の病気のように感じますが、病原菌ではありません。 カビでもないし、虫がついているわけでもないのです。 ゴマ症は白菜自体の生理反応から発生する生理障害なのだとか。 肥料の窒素成分が多かったり、栄養過多であったり、栽培環境に何らかのストレスがあると、白菜の細胞が反応して栗い点々として現れるのです。 黒い色の正体はポリフェノールなので、食べても何ら問題はありません。 ただその現れ方がちょっと嫌だな、とか、食べるのに抵抗がある場合は、その部分だけカットしても良いと思います。 時々ゴマ症がものすごい白菜なども見かけますが、やはりちょっと抵抗があります。 それにゴマ症の原因は白菜の受けていた【ストレス】です。 黒い点々がたくさんある白菜は、きっとたくさんのストレスを抱えていたということ。 そうするとあんまり黒いブツブツが多過ぎる白菜は、ストレスの多い環境で育ったので、あまりおすすめできない部分もあります。 おいしい白菜の見分け方 おいしい白菜の見分け方を知っておくと、スーパーでお買い物をするときに便利です。 よかったらちょっと、覚えておいてくださいね。 その際、切り口が盛り上がっているものも見かけるはずです。 スポンサーリンク 切り口が盛り上がった白菜は、切ってから時間が経ち過ぎたもの。 盛り上がっていない白菜のほうが新鮮なものです。 それしかなくて選べないのなら仕方ありませんが、白菜はぎっしりしっかり葉が巻かれたものがおいしいです。 葉の間に空間がほぼなく、巻きがしっかりしている。 重たくてずっしりしている。 そんな白菜を選んでくださいね。 白菜の洗い方 50度洗いって何? 白菜の洗い方って知っていますか? 白菜などの葉物野菜を洗わない人がいるそうですが、これは洗っておくことをおすすめします。 結構、葉と葉のあいだには土や虫・ホコリなどが潜んでいるものです。 土の中には病原性大腸菌がいる場合もあり、最悪、食中毒になる恐れもあります。 キャベツやレタスなどもそうですが、葉物野菜は生で食べることも多いので、しっかり洗うようにしましょう。 さて、白菜の洗い方ですが、一般的には葉を一枚ずつ剥がして洗うことが多いのではないでしょうか。 芯の部分を先に切り取ると、バラバラになって洗いやすいですよね。 その名のとおり50度のお湯で洗う方法で、白菜以外の葉物野菜にも使えます。 冷蔵庫でしなびてしまった野菜を新鮮な状態に戻せるという、魔法のような洗い方です。 簡単なので、ご紹介しますね。 そう、とっても簡単なのです。 やってみると分かりますが、面白いように野菜の見た目がシャキッとします。 これはどういう原理なのかというと…… 野菜の表面にある気孔は通常、水分が蒸発するのを防ぐために閉じています。 「ヒートショック」と呼ばれる現象で、開いた気孔から水分が戻ることによって、野菜はみずみずしい新鮮な状態に回復するというわけです。 また、ペクチンと呼ばれる栄養素がお湯につけられたことで細胞を結合させ、固くなります。 そのため、野菜の歯ごたえやうま味までも増します。 そして水で洗うよりお湯であらうほうが汚れが落ちやすくなります。 薬品や雑菌なども流れやすくなるため、野菜自体の鮮度も長持ちします。 つまり栄養はほとんど流れてしまうことはないのだそう。 白菜などの葉物野菜だけでなく、果物やきのこ、生花などにも効果がみられるとか。 「試したいけど、温度計ないし」 なんて人もきっといますよね。 なお、お湯は冷めやすいし、野菜を入れるので急激に温度が下がることもあります。 お湯を多めに用意しておいて、途中お湯を足しながらなんとなく温度を合わせて行くと良いと思います。 やけどには充分注意してくださいね! まとめ 白菜の点々の正体と、おいしい白菜の見分け方、白菜を新鮮に戻す洗い方をご紹介しましたが、いかがでしたか? おいしい白菜は、ビタミンCやカルシウムなどの栄養も豊富。 くたくたに煮込んだ温かい白菜料理は、風邪をひいたときや冷え性さんにも優しいですよね。

次の

白菜の黒い点々は・・

白菜 黒い点々

とある市場のサービスセンターに白菜に黒いものがたくさいついているというクレームが殺到したことがあるという話がある。 実際に担当者が確認しにいくと、それはカビではないと判断された。 当時のこのサービスセンターに、この問い合わせはたくさん寄せられて、消費者は白菜にできる黒い点々について何もわかっていなかったということと、それとカビも見分けられないのかと市場の人は言っていた。 確かに白菜について消費者であり知識も素人同然の我々にはわからないことであるのは、専門家でないのだから当然である。 実際に、 一部の白菜において、切って中をみると黒い点々があることがわかるが、今回はこれが何なのかということを調べていきます。 白菜に付いている黒い点々は何!?カビなの? 実際に見てみないとわかりませんが、問い合わせの結果一番多いのが 「ゴマ症」と呼ばれる症状です。 白菜を切ってみると、黒い点々があることがあり、一瞬カビが生えているかと思います。 しかし専門家にみてもらうと、「ゴマ症」であると言われます。 ここからはカビではなく「ゴマ症」について書いていきます。 黒い点々ができる原因とは? この黒い点々の正体は、「ポリフェノール」と言われています。 ポリフェノールは、 植物特有の成分で苦み・渋み・色素の素となる物質で、植物が光合成するときに作り出される成分の一つです。 これ自体には、 血圧降下や殺菌作用や抗酸化作用があると言われています。 なぜ黒い点々ができるのかというと、まず考えられるのが 環境のストレスが原因と言われます。 この症状は白菜の生理現象の障害とも言われており、 害虫や菌類の被害ではなく、栄養失調や栄養過多・低温度・高温度などが原因となります。 こちらは白菜を栽培する農家では普通に起こりえることですので、特別なことでもないようです。 あと考えられるのが収穫前、つまり栽培中の環境や収穫後の保存環境があります。 やはり 環境によって白菜に異常なストレスが与えてしまったため黒い点々が生じると言われています。 このストレスによって、白菜の中に含まれるポリフェノールが固まって、ゴマのようなものとして白菜に発生するので「ゴマ症」と呼ばれています。 スポンサードリンク 黒い転々は食べても大丈夫なの? 黒い点がポリフェノールの塊ならば食べても害はありません。 黒い点々がカビならば食べるのは避けましょう。 ゴマ症の白菜とそうでない白菜では味に大きな変化があるそうです。 葉の成分結果を比較して見たところ、ゴマ症の方はホウ素と鉄分が少なく糖分も少なくなっていると調査結果が出ています。 調査結果を踏まえると、 やはりゴマ症の白菜は味が落ちていると言えます。 ゴマ症の白菜は水分を多く含んでいるので日持ちしないことが多く、もし食べるならば保存せずにすぐにでも食べるのが良いでしょう。 白菜が腐っている時の見分け方とは!? 腐っていく白菜は、中心部分から黒ずんできて、全体が溶けて茶色い汁が出てきます。 あとは異臭を放つので、腐っていればすぐにわかります。 特別な見分け方はなく、 ゴマ症ならば黒い点々があるだけで異臭はしません。 腐っていれば全体が溶け始めてきたり、異臭がします。 異臭とは、消毒のような臭いで、白菜に含まれているイソチオシアネートと呼ばれている辛味成分が原因となります。 これとは別に、ワサビのような鼻につんと来る臭いはアリルイソチオシアネートと呼ばれる白菜に含まれる成分です。 さらにタクアンのような酸っぱい匂いには、ジメチルジスルフィドという成分が含まれています。 腐ったものを食べるのは、人にも因りますが影響が出る人とそうでない人がいるので、絶対に食べてはいけないとも言えませんし、食べた方が良いともいうことができません。 腐ってしまった白菜を食べるのは、個々の判断に任せるほかありません。 すべては自己責任となります。 スポンサードリンク 白菜をカビさせない為の上手な保存方法とは? カビさせない方法は、 カビの繁殖条件を揃えないことです。 温度と湿度とカビの繁殖に必要な栄養源を揃えないことですが、白菜の表面はカビが繁殖するにはもってこいの栄養源を含んでおり、こちらはどうすることもできないので、あとは温度と湿度の管理をして繁殖させないことです。 温度はおそらく室温か冷蔵庫内で保管するので問題ないのですが、湿度に関しては白菜自体に水分をたくさん含んでいますので、 保管の際には新聞紙に包むなどして水分を吸収させながら保管するのもいいでしょう。 水分が出すぎたり、茶色い水分が漏れ出して来たら、それは腐ってきたという信号であるので、すぐに対処するようにしましょう。 冷蔵庫など他の野菜などと一緒に入れた際には他にも腐ってきたりする被害が広がりますので、何らかの対応をするようにしましょう。 白菜ではカビが生えるよりも腐ることの方が多いらしく、あまりカビに対しての情報は見かけませんでした。 黒い点々がカビの場合には、その該当部分を切り落として、調理に使えば問題ないです。 腐っていれば異臭がし、すぐにわかるので調理には使わずに捨てることにしましょう。 まとめ 白菜にできる黒い点々の多くが 「ゴマ症」と呼ばれているポリフェノールが固まったものが白菜表面に浮き出ているものです。 ただしこのようになっているものすべてがゴマ症というわけではありません。 中には黒カビの可能性もあります。 購入直後にこのような点々があった場合には、カビを疑うことはありませんが、購入後にしばらく保管していた場合にはカビの繁殖も疑うようにしましょう。 白菜の周囲のものがカビが生えていたら、白菜もカビが生える危険性がありますので、周囲のものにも注意してカビが生えないように環境を整えるように気を付けましょう。 腐っていれば見た目にも臭いでもすぐにわかると思いますので、そこまで特別なことは知らなくてもいいでしょう。 腐っていても食べられるという人がいたり食べてはいけないという人もいますので、自己責任で選択しましょう。

次の