色鉛筆 グラデーション。 色鉛筆画のぼかしやグラデーションにおすすめのカラーレスブレンダー

色鉛筆のグラデーションテクニックの応用編です。

色鉛筆 グラデーション

鉛筆でグラデーションを作成します。 この場合は「階調」と行った方が良いかもしれませんが、表現の引き出しを増す上で必須の練習です。 時間がかかるので毎日はできないと思いますが、最低限ちゃんとしたグラデーションができるまでは頻度を高めて回数を多くこなしてください。 これができないと、あなたのデッサンは非常に薄っぺらく幼稚なものになってしまいます。 鉛筆でグラデーションを作る それでは練習の仕方です。 準備 練習前の準備です。 紙を一枚用意 何でも良いが本番を意識するなら画用紙に近いものが良い• 定規を使い、横20cm縦4cmほどの長方形を作成• 長辺に2cm間隔で点を打て天地を線で結び、長方形の中に10個のマスを作成• グラーション作成用に鉛筆の種類を多めに用意して準備完了 縦横の長さを細かく書いていますが、とりあえず10マスが横に並んでいれば問題ありません。 ただし、広すぎると塗るのが大変ですし、小さすぎると均一な塗りの練習が出来ませんから、極端な大きさは避けましょう。 練習方法 いよいよ練習開始です。 左端のマスを可能な限り黒く濃く均一に塗る• 右端のマスを可能な限り薄く均一に塗る• 残りの各マスを、左から右へと濃さが段階的に繋がるように塗る 左右どちらが黒でも構いませんが、手でこする可能性を考えると、「右利きは左端」「左利きは右端」を黒にする方がよいでしょう。 デッサンではないので、真っ黒にする場合は紙の表面がつぶれても構いません。 10Bを強い筆圧で用いてもよいので、ともかく「黒く見える」ようにしてください。 白い方は、FやH系の鉛筆を使いながら、必ず塗ってください。 ハイライトの白は紙の白で表現するため、この練習ではハイライトの一つ手前の色を作る必要があります。 これで10段階の階調を持ったグラデーションの完成です。 練習時の補足 この練習に関しては、目的や意義の補足です。 俯瞰視点とバランスの重視 最初は隣り合う色の差がバラバラだったり、横のマスとほとんど同じ色になってしまうと思います。 この状態はあなたのグラデーションの引きだしの数を表しており、未熟さを目に見える形で表しています。 最終的には10段階などでは足りないグラデーションを扱えねばなりませんが、まずはこの10段階のグラデーションをしっかりと作れるようになってください。 ポイントは全体のバランスです。 全体を見ながらでないと色の濃さの調整はできませんから、常に全体を見ながら色を調整してください。 表現に必要な鉛筆を知る この練習で使う鉛筆の種類は問いませんので、色の濃さや塗りやすさなどで各自種類を選んでください。 一般的な話はできますが、デッサンに用いる鉛筆の種類に正解はありませんので、あなたの表現に必要な道具は自分で探す必要があります。 このグラデーション作成もその役割を兼ねていますから、本番に活かせるように、色々な鉛筆で試すこともお勧めします。 漫然と練習していても得るものは少ないので、常に頭で考え身体で覚えましょう。 グラデーションをデッサンに活かす さて、このグラデーションですが、これはそのままグレースケールとしてデッサンを描く際の指標になります。 最も暗い部分と明るい部分(厳密に言えば紙の白が一番明るいのですが)を理解していれば、後は全体を見ながらグラデションの各段階を用いて対象を再現するだけです。 グラデーションの調整さえできれば黒くつぶれた絵になりませんし、薄く消えそうな絵にもなりません。 描く人の個性や目的により最終的な印象は変わりますが、どの人でも最低限の整合性をとれているのはこのグラデーションの調整がしっかりしているからです。 近視眼的に見ているだけでは質の低いデッサンしかできませんから、必ず全体を見て階調を整える癖をつけてください。

次の

色塗りが格段に上手に見える!色鉛筆でグラデーションを作る方法!

色鉛筆 グラデーション

グラデーションの作り方 塗り方をマスターしたなら、グラデーションの作り方を学んでいきましょう。 1本の色鉛筆だけで連続した濃淡をつける単色のグラデーションと、2本以上の色鉛筆を使って異なった色や色相を組み合わせ、濃淡の変化を表現する混色のグラデーションをご紹介します。 単色のグラデーションの作り方 まずは、平塗りで全体を薄く塗っていきます。 ここでは、弱い力で薄く塗ることを意識しましょう。 明るくしたところは、白い部分を残すようします。 次に、ハッチングで色を濃くしたい方から色を重ねていきます。 さらに、濃くしたい部分は、縦、横、斜めとクロスハッチングの技法を用います。 色を濃くしたい部分から薄い部分に向かって塗っていきましょう。 最後に、平塗りで全体のバランスを整えれば完成です。 ポイントは、弱い力で何度も色を重ねることです。 強く塗ってしまうと、自然なグラデーションができないので、時間をかけてゆっくり塗るようにしましょう。 混色のグラデーションの作り方 単色のグラデーションの応用編が混色のグラデーションです。 混色のグラデーションは、色鉛筆1本で塗るわけではないので、色の選ぶ方に気を付けるところが単色のグラデーションとは異なります。 色の明るさや色相環を理解して選ぶことがポイントになります。 同じ色相 単色よりも色の変化が鮮やかになるグラデーションの作り方です。 例えば、空を青色で塗るにしても、「薄い青」「青」「濃い青」で塗り分ければグラデーションが単色よりも鮮やかに表現できます。 色選びのポイントは、「薄い色・明るい色」「純色」「濃い色・暗い色」から選ぶことです。 そうすることで、明暗を表現しやすくなります。 単色のグラデーションと基本的な手順は同じです。 まずは、薄い色で平塗りをし、ハッチングをして単色のグラデーションを作ります。 次に、純色で平塗り、ハッチングをしてグラデーションを作ります。 最後に濃い色で平塗り、ハッチングの順番でグラデーションを作ります。 色を濃くしたい方から順番に塗るようにしましょう。 最後に、薄い色でムラがないように整えると完成です。 異なった色相 異なった色相を使ったグラデーションでは、色相環を意識するときれいなグラデーションができやすいものです。 色循環の色は「赤、黄、緑、青、紫」という順番です。 これを基本5色相と呼びます。 これに中間色相を5つ加えると、「赤、黄赤、黄、黄緑、緑、青緑、青、青紫、紫、赤紫」10色相ができます。 色の明るさは統一しましょう。 塗り方は同じ色相のグラデーションと同じです。 薄い色、明るい色から塗ることを意識しましょう。 例えば、青、青紫、紫で塗る場合は、まず、青でグラデーションを作り、次に青紫、紫へと進めていきます。 基本5色相に対して、間の色を増やせば増やすほどグラデーションは自然で柔らかいものになります。 色相環の順番を意識してグラデーションしましょう。 (参照元:).

次の

色鉛筆で作る同系色のグラデーションの塗り方(上から下方向へ)

色鉛筆 グラデーション

色鉛筆を使ってプラ板を着色する方法を動画で解説 プラ板はツルツルしているので、一般的には油性ペンなどを使って着色します。 そのままでは色鉛筆では色を付けることはできないので、 色を塗る前のひと手間が必要なんです。 まずは色鉛筆を使ったプラ板の着色方法の基本を、動画でチェックしていきましょう。 プラ板に色鉛筆で色付けをするときに必要になるのが、紙やすりです。 目の細かい紙やすりを用意しましょう。 手順はこちら。 プラ板を好きなサイズにカットする• 紙やすりでプラ板全体に細かい傷をつける• 好きな絵を描いて色鉛筆で着色する 油性ペンを使うときと違うのは、 着色する前に紙やすりで細かい傷をつけるという点。 表面に細かい傷を付けることで、色鉛筆でも簡単に色付けをすることができるようになるんですよ。 細かい傷を付けることで透明感は減ってしまいますが、全体的に柔らかい印象になり作品の雰囲気も優しくなります。 じっくり根気よく紙やすりをかける作業をしましょう。 色鉛筆で着色したいけど、紙やすりをかけるのが面倒という場合は、除光液を使って表面のツルツルを剥がすという方法もあります。 においがきついので、お子さんと一緒に行うときにはあまりおすすめしませんが、作業時間は短くなりますよ。 従来の24色入りの色鉛筆にはなかった、和の雰囲気を連想させるような色が12色入って100円! 『にほんの色鉛筆』はほんのりくすみがかった色が多く、 花の色付けやグラデーションを付けるときにもかなり重宝する色味ばかりなんですよ。 塗り絵で使うときにはちょっと色が薄いと感じる人も多いようですが、プラ板なら焼き上げれば色が濃くなり色の薄さは全く感じません。 ありそうでなかった色が12色もそろったセリアの色鉛筆は、基本の色鉛筆にプラスして持っておくのがマスト! 色鉛筆についてはこちらの記事で詳しくご紹介しているのでぜひご覧ください! 100均の色鉛筆は種類が豊富! 一昔前までは単純な多色入りのものしか売っていませんでしたが... sumica編集部 着色に色鉛筆を使ったプラ板のグラデーションの仕方を解説 色鉛筆を使ってプラ板に色付けする最大のメリットは、グラデーションのある作品をきれいに仕上げられるということ。 色鉛筆を使うことで色がきれいに混ざり、 作品に立体感や奥行きを出すことも可能になるんですよ。 塗り絵が得意な人ならグラデーションも簡単に付けられますが、慣れていない人にとっては難しく感じるかもしれませんね。 まずは動画できれいなグラデーションのつけ方を学んでいきましょう。 一番濃くしたいところから 徐々に薄くなるように塗り進めていきましょう。 あとで微調整をするので、初めはちょっと薄いかなというくらいの力加減で塗るのがポイントです。 2色目も塗り始めは少し濃いめに塗り、だんだん薄くなるように塗ります。 これを3色4色と繰り返していくと、だんだんきれいなグラデーションが見えてきますよ。 同系色でグラデーションを付けるときは、 隣り合う色の濃さを見ながら重ねていきましょう。 反対色を使う場合は、隣り合う色のバランスを見て決めてくださいね。 少し離れてみて、色の濃さを確認しながら進めるときれいに仕上がります。 最後に 白の色鉛筆を使って色が重なっている部分を塗ると、きれいに色が混ざり自然な仕上がりになりますよ。 より濃くしたい部分は黒や茶色を使って陰影をはっきりさせるのもおすすめ。 着色にコピックや水彩色鉛筆を使ったプラ板のおすすめデザイン集8選 プラ板は色鉛筆だけでなく、コピックというイラストレーターが使うペンを使っても色付けをすることができるんですよ。 コピックを使うと、色鉛筆と同じようにふんわりとした印象に仕上げることができます。 また、水彩色鉛筆を使って本物の水彩画のような作品を作ることも可能なんです。 ここではSNSで話題の、 コピックや水彩色鉛筆を使った作品アイデアをたっぷり紹介します! コピックや水彩色鉛筆を使う場合は、水にぬれると色が落ちてしまうことがあります。 焼き上がりにはレジンやニスで両面コーティングしましょう。 立体アジサイのピアス• ミモザのブローチ• 透け感のある立体フラワー• グラデーション風船とペンギン• ちょうちょのピアス• カラフルな動物モチーフ• レジンと合わせてぷっくりボタン• ピンクと青、紫がきれいなグラデーションになっていて、 季節感もある素敵な作品ですね。 ミモザの鮮やかな黄色が映える、素敵なブローチです。 レジンで表面をコーティングしてあるので、さらに立体感が出てアクセサリーに加工した時にキラキラと輝きます。 コピックを使えば はっきりした陰影がつけやすいのが魅力ですね。 色鉛筆の淡いイメージを壊さずに、 透明感もしっかり出したいというときは、水彩色鉛筆を使うのがおすすめ。 全体に塗って水でぼかせば、色鉛筆を使っているのにこんなに透明感のある素敵な作品に仕上がります。 立体的なお花に仕上げても、透け感があるので重さを感じません。 風船の部分に水彩色鉛筆を使い、 水で程よくぼかすと水滴のようなイメージが生まれ、まるで絵本の世界から飛び出したような雰囲気になりますね。 水彩色鉛筆だけでなく、油性ペンなどと組み合わせて使うことでメリハリが出て、作品に動きを出すことができます。 いろいろな素材を上手に組み合わせるのも、クオリティをアップさせるポイントになりそうですね。 ちょうちょのはかなさが 透明感のあるグラデーションによって、上手に表現されていますね。 こちらも羽根の模様は油性ペンなどを使って描かれているので、メリハリがあってとっても素敵です。 いろいろな色を使ったグラデーションにしてもかわいいですし、色違いでペアにしてもかわいくなりそう。 水彩色鉛筆を使うと、本当に 水彩画のように仕上がるのが魅力ですよね。 普通の色鉛筆を使った時よりも淡く、柔らかい印象に仕上げたい場合は水彩色鉛筆のほうがイメージに近いものが作れるかもしれません。 コピックや色鉛筆よりも、やっぱり透け感が出るのが水彩色鉛筆の魅力。 ぼかしたいところは水を使ってぼかし、ぼかしたくないときは普通の色鉛筆のように使えるので、 色を塗る場所によって使い方を変えられるのもうれしいポイントです。 コピックや水彩色鉛筆を使うと、透明感のあるプラ板を作ることができますよね。 これを穴あけパンチで小さなパーツを作って焼くと、 さらに小さくなってビーズのような仕上がりに。 三角や四角にランダムに切ったものも同様に小さなパーツとして使えます。 いろいろな色で小さなパーツを作って、これをレジンに閉じ込めて新しいアクセサリーを作るのも人気なんですよ。

次の