あおり運転三ツ木家族。 モデルガン向けあおり運転の疑い、48歳男逮捕

改正道路交通法であおり運転はどこまで減るのか、越谷市での三ツ木事件から見えるものとは!?: 困った時に役に立つ保険と交通安全のお話!!by戸崎史朗

あおり運転三ツ木家族

とっちゃんです。 まずはこんなご意見からご覧ください。 これだけあおり運転が社会問題になっているのにあおりに急ブレーキ、モデルガンで威嚇とは今まで世間を騒がせた全て網羅してますね。 当然免許取り消しでお願いします。 出典『モデルガンあおり運転、暴行容疑で48歳男逮捕 埼玉(産経新聞)』へのコメント 48歳で軽自動車とモデルガン… 覚えてない?親、家族、友達はどう思ってるのか。 出所しても一人。 また何するかわからない。 被害者が出る前に本当に反省して思い出すまで出所させてはならない。 出典『モデルガン向けあおり運転の疑い 埼玉の国道、48歳男逮捕(共同通信)』へのコメント 数日前のこんな事を覚えていないとしたら、通常ではなく、異常な人なのでしょう。 職業不詳という事なので、即刻刑務所に入り無期懲役として働かせてあげましょう。 その方がこの人の為にも、何より世の中の為になるでしょう。 二度とハンドルを握れない事を心より祈ってます。 出典『モデルガン手にあおり運転か「注意しただけ」(テレビ朝日系(ANN)』のコメント一覧 免許取り消しはもちろんだけどいても迷惑なので一生刑務所にいてほしい 出典『モデルガン向けあおり運転の疑い 埼玉の国道、48歳男逮捕(共同通信)』へのコメント これらはほんの一部ですが、ある事件に対して寄せられたコメントの数々です。 テレビのニュースで報道されてご存じの方も多いと思いますが、その事件の概要とは以下の通りです。 埼玉県警越谷署は8日、同県越谷市内で軽乗用車を運転中の男が他の車両にあおり運転をしたりモデルガンのようなものを向けたりした事件で、暴行の疑いで、越谷市東越谷、職業不詳、三ツ木三広(みつぎ・みつひろ)容疑者(48)を逮捕した。 「そんなことは覚えていない」と容疑を否認。 逮捕容疑は4日午後4時40分ごろ、越谷市の国道4号で軽乗用車を運転中、後方を走行していた男性(20)の乗用車に対し、蛇行運転を繰り返したりモデルガンのようなものを向けたりして進路をふさぎ、急停車を余儀なくさせるなどの暴行を加えたとしている。 引用:産経新聞 かなり衝撃的で異様な映像であり、画面を通じて恐怖さえ覚えた方も多かったようです。 しかも6月10日のFNNプライムオンラインによれば、三ツ木容疑者は「覚えていない」と容疑を否認していましたが、その後の調べであおり運転の際に持っていたモデルガンを近所の店で処分していたことが新たにわかりました。 警察は証拠隠滅を図った可能性があるとみて調べている模様です。 このように極めて悪質でショッキングな事件であることが判明しつつあります。 こうしたコメントは、2017年6月に起きた東名高速の夫婦死亡事故や2019年8月に常磐道で起きたあのガラケー女で有名になったあおり運転などを契機に世間の目が非常に厳しくなってきた証拠でもあります。 今回は未だに無くならないあおり運転の現状と改正道交法について詳しく触れてみたいと思います。 私は保険会社に勤務後、ある特殊法人に転籍し通算40年以上保険に携わってきました。 そして事故の各種調査に加えて、自賠責保険の内容や交通安全のための講習も行ってきました。 皆様の何かお役に立ちたい、そんな思いから今日も情報を発信していきます。 昨年のあおり運転の実態はこうなっています。 全国の警察が、2019年に道路交通法違反(車間距離不保持)で摘発した件数は、1万5065件(前年比2,040件増)。 19年の車間距離不保持による摘発のうち、9割超の1万3787件は高速道路上でした。 あおり運転に対し、より罰則の重い自動車運転処罰法の危険運転致死傷罪(妨害目的)を適用したのは33件で、前年から8件増加しています。 刑法の適用は44件(前年比15件増)で、内訳は暴行34件、傷害7件、威力業務妨害2件、強要1件でした。 残念ながら減るどころか摘発件数も増え内容もより過激になっていると言えます。 施行は6月末からの見通しです。 あおり運転とは「通行を妨害する目的で、交通の危険のおそれがある方法により一定の違反をする行為」などと規定。 これまでの道路交通法にはあおり運転を取り締まる規定はなく、「車間距離保持義務違反」や「安全運転義務違反」、刑法の「暴行罪」「危険運転致死傷罪」などが適用されていました。 しかし、2日に可決・成立した改正道路交通法では、あおり運転を「妨害運転罪」として新たに規定。 他の車両の通行を妨げる目的の車間距離不保持や急な割り込み、不必要な急ブレーキなど10類型があおり運転としてみなされ、取り締まりの対象となっています。 また、行政処分として一発で免許取り消し、罰則についても重い処分が定められました。 以下抜粋引用 あおり運転(妨害運転)罪の行政処分で、運転免許を取り消されてから再取得できるようになるまでの「欠格期間」を2年とする同法施行令が9日、閣議決定された。 高速道路でほかの車を止めるなどした場合は3年。 過去に免許取り消しなどの処分を受けた人や別の違反で累積の違反点数がある人の上限は、それぞれ5年と10年になった。 また、あおり運転の罰則を3年以下の懲役または50万円以下の罰金、高速道路や自動車専用道路でほかの車を止めるなどした場合は5年以下の懲役または100万円以下の罰金と定めた。 施行令では、行政処分のための違反点数をそれぞれ酒気帯び運転と同じ25点、酒酔い運転と同じ35点としている。 いずれも1回で免許取り消しとなり、都道府県の公安委員会が違反を認定して処分する。 しかしその一方で、「適用基準が曖昧」とか「繰り返すような悪質ドライバーにはもっと重い処分を望む」といった厳しい意見が寄せられているのもまた事実です。 私は「あおり運転」に対して何も処分や罰則の強化のみを推進すべきとの立場には立っていません。 中には「あおり運転を厳罰化するのはいいけど 逆にあおられ運転する奴が増えそう」、また「今後は『あおり運転された』と騙されないためにもドラレコ必須です」とあおり運転の冤罪を狙うケースが増加することを危惧する見方も少なくないからです。 このような現代人の多種多様な考え方から一体何を読み取っていけばいいのでしょうか? その昔より日本では互いに譲り合うという精神が美徳とされてきました。 しかしながらいつしか競い合うことが美徳の地位にとって代わるようになってきました。 競い合いは争いとなり、やがて切磋琢磨するはずの良きライバルは今や敵も同然となっています。 本来こうした事故を無くすはずの法改正が厳罰化の方向に強く動いていっていることに違和感を感じるのです。 つまりこんな時代って本当に良い時代なんだろうかって、そう感じたのです。 「車にはどんな人が乗っているか分からないのでなるべく近づくな」と私も入社直後の頃はよく言われました。 当時、賠償金狙いの当たり屋が流行っていて損保各社が警戒をしていた時期とも合致していたからです。 つまり同時に知っている人以外はたやすく信用するなという意味でもあったのです。 そして時は流れ、ストレスで押しつぶされそうな上に新型コロナとの戦い・・ 今や知っている人でさえ信用できない事件をよく耳にします。 自分以外に目がいかない、身も心も病んでいる、そんな人たちで溢れている社会となってきています。 一方では、新型コロナに対する各種自粛要請への対応には日本人独自の素直な良き国民性を感じるのです。 しかしその実、心の底には何か言い知れぬうっ憤や不満が渦巻いているように感じてなりません。 誤解を恐れずに言うならば、外国メディアが取り上げるようなデモや抗議行動はあまり行わない国民性であるということを指摘しておきたいと思います。 つまり鬱積した不満をどう発散させたら良いのか手段を知らないがために諦めや我慢が先行し、挙句の果てに今回のような個人的な憂さ晴らしとも言えるあおり運転が多発している、どうもそんな社会構造が出来上がりつつあるような気がしています。 もっとも、これが杞憂であれば何よりですが・・ ともかくこうした現代に生きている私たちが今どのように行動すればいいのか、もう一度一人一人が考えてみる良いチャンスかも知れません。 そのためには古き時代にさかのぼってみて歴史から学ぶことも多いはずです。 何故かと言えば・・ 今回の法改正の内容を見るにつけ、やはり政治や法律にはどうしても限界があると改めて感じたからです。 国際的にも更に厳しい時代を生きていかなくてはならないという事だけはどうも確かなようです。 ハイ、では今回はここまでとします。 スポンサーリンク.

次の

三ツ木三広のFaceBookや会社を特定?顔画像や犯行動機は?

あおり運転三ツ木家族

三ツ木三広 48 があおり運転で逮捕!内容は? 埼玉県の国道で、車内からモデルガンのようなもので威嚇するなどのあおり運転をしたとして、48歳の男が逮捕された。 暴行の疑いで逮捕されたのは、東越谷に住む、職業不詳三ツ木三広(みつぎ・みつひろ)容疑者 48。 逮捕容疑は4日夕方、ので約1,5キロにわたり、20歳男性が運転する普通乗用車の前に割り込んで急ブレーキをかけたり、蛇行運転したりするなどの行為を繰り返したほか、モデルガンのようなものを向けて進路をふさぎ、急停車を余儀なくさせるなどの暴行を加えた疑い。 被害者は、三ツ木容疑者がモデルガンのようなものを発射したと言っており、提出したの映像の解析を進めている。 越谷署によると三ツ木容疑者は、 「そんなことは覚えていない」と否認しているという。 埼玉県内では今年に入り、似た軽乗用車から同様の被害を受けたとの報告が数件あり、関連を調べている。 みんなのコメント これだけ証拠映像があっても認めようとしないのは、かなり悪質だ。 免許取り消し処分が妥当。 この手の奴は、免許証を取り消しにして、2度と免許証を発行しない様にすればいい。 これだけしっかりに記録されて本人が写っているのに容疑を否認できるのだろうか? これを見て思う事は、は必要だね。 動画で自分のであろうカメラを何度か指をさしていましたが、自分が撮られている事は想像しなかったのかな? 映像が切り取りだとか言う方がいらっしゃいますが、事前にどういういきさつがあろうとも わざわざ車を路上に停車て降りて行き恫喝したり、蛇行運転して進路妨害している時点でアウトです。 kininarub.

次の

三ツ木三広(48)があおり運転で逮捕!内容は?

あおり運転三ツ木家族

とっちゃんです。 まずはこんなご意見からご覧ください。 これだけあおり運転が社会問題になっているのにあおりに急ブレーキ、モデルガンで威嚇とは今まで世間を騒がせた全て網羅してますね。 当然免許取り消しでお願いします。 出典『モデルガンあおり運転、暴行容疑で48歳男逮捕 埼玉(産経新聞)』へのコメント 48歳で軽自動車とモデルガン… 覚えてない?親、家族、友達はどう思ってるのか。 出所しても一人。 また何するかわからない。 被害者が出る前に本当に反省して思い出すまで出所させてはならない。 出典『モデルガン向けあおり運転の疑い 埼玉の国道、48歳男逮捕(共同通信)』へのコメント 数日前のこんな事を覚えていないとしたら、通常ではなく、異常な人なのでしょう。 職業不詳という事なので、即刻刑務所に入り無期懲役として働かせてあげましょう。 その方がこの人の為にも、何より世の中の為になるでしょう。 二度とハンドルを握れない事を心より祈ってます。 出典『モデルガン手にあおり運転か「注意しただけ」(テレビ朝日系(ANN)』のコメント一覧 免許取り消しはもちろんだけどいても迷惑なので一生刑務所にいてほしい 出典『モデルガン向けあおり運転の疑い 埼玉の国道、48歳男逮捕(共同通信)』へのコメント これらはほんの一部ですが、ある事件に対して寄せられたコメントの数々です。 テレビのニュースで報道されてご存じの方も多いと思いますが、その事件の概要とは以下の通りです。 埼玉県警越谷署は8日、同県越谷市内で軽乗用車を運転中の男が他の車両にあおり運転をしたりモデルガンのようなものを向けたりした事件で、暴行の疑いで、越谷市東越谷、職業不詳、三ツ木三広(みつぎ・みつひろ)容疑者(48)を逮捕した。 「そんなことは覚えていない」と容疑を否認。 逮捕容疑は4日午後4時40分ごろ、越谷市の国道4号で軽乗用車を運転中、後方を走行していた男性(20)の乗用車に対し、蛇行運転を繰り返したりモデルガンのようなものを向けたりして進路をふさぎ、急停車を余儀なくさせるなどの暴行を加えたとしている。 引用:産経新聞 かなり衝撃的で異様な映像であり、画面を通じて恐怖さえ覚えた方も多かったようです。 しかも6月10日のFNNプライムオンラインによれば、三ツ木容疑者は「覚えていない」と容疑を否認していましたが、その後の調べであおり運転の際に持っていたモデルガンを近所の店で処分していたことが新たにわかりました。 警察は証拠隠滅を図った可能性があるとみて調べている模様です。 このように極めて悪質でショッキングな事件であることが判明しつつあります。 こうしたコメントは、2017年6月に起きた東名高速の夫婦死亡事故や2019年8月に常磐道で起きたあのガラケー女で有名になったあおり運転などを契機に世間の目が非常に厳しくなってきた証拠でもあります。 今回は未だに無くならないあおり運転の現状と改正道交法について詳しく触れてみたいと思います。 私は保険会社に勤務後、ある特殊法人に転籍し通算40年以上保険に携わってきました。 そして事故の各種調査に加えて、自賠責保険の内容や交通安全のための講習も行ってきました。 皆様の何かお役に立ちたい、そんな思いから今日も情報を発信していきます。 昨年のあおり運転の実態はこうなっています。 全国の警察が、2019年に道路交通法違反(車間距離不保持)で摘発した件数は、1万5065件(前年比2,040件増)。 19年の車間距離不保持による摘発のうち、9割超の1万3787件は高速道路上でした。 あおり運転に対し、より罰則の重い自動車運転処罰法の危険運転致死傷罪(妨害目的)を適用したのは33件で、前年から8件増加しています。 刑法の適用は44件(前年比15件増)で、内訳は暴行34件、傷害7件、威力業務妨害2件、強要1件でした。 残念ながら減るどころか摘発件数も増え内容もより過激になっていると言えます。 施行は6月末からの見通しです。 あおり運転とは「通行を妨害する目的で、交通の危険のおそれがある方法により一定の違反をする行為」などと規定。 これまでの道路交通法にはあおり運転を取り締まる規定はなく、「車間距離保持義務違反」や「安全運転義務違反」、刑法の「暴行罪」「危険運転致死傷罪」などが適用されていました。 しかし、2日に可決・成立した改正道路交通法では、あおり運転を「妨害運転罪」として新たに規定。 他の車両の通行を妨げる目的の車間距離不保持や急な割り込み、不必要な急ブレーキなど10類型があおり運転としてみなされ、取り締まりの対象となっています。 また、行政処分として一発で免許取り消し、罰則についても重い処分が定められました。 以下抜粋引用 あおり運転(妨害運転)罪の行政処分で、運転免許を取り消されてから再取得できるようになるまでの「欠格期間」を2年とする同法施行令が9日、閣議決定された。 高速道路でほかの車を止めるなどした場合は3年。 過去に免許取り消しなどの処分を受けた人や別の違反で累積の違反点数がある人の上限は、それぞれ5年と10年になった。 また、あおり運転の罰則を3年以下の懲役または50万円以下の罰金、高速道路や自動車専用道路でほかの車を止めるなどした場合は5年以下の懲役または100万円以下の罰金と定めた。 施行令では、行政処分のための違反点数をそれぞれ酒気帯び運転と同じ25点、酒酔い運転と同じ35点としている。 いずれも1回で免許取り消しとなり、都道府県の公安委員会が違反を認定して処分する。 しかしその一方で、「適用基準が曖昧」とか「繰り返すような悪質ドライバーにはもっと重い処分を望む」といった厳しい意見が寄せられているのもまた事実です。 私は「あおり運転」に対して何も処分や罰則の強化のみを推進すべきとの立場には立っていません。 中には「あおり運転を厳罰化するのはいいけど 逆にあおられ運転する奴が増えそう」、また「今後は『あおり運転された』と騙されないためにもドラレコ必須です」とあおり運転の冤罪を狙うケースが増加することを危惧する見方も少なくないからです。 このような現代人の多種多様な考え方から一体何を読み取っていけばいいのでしょうか? その昔より日本では互いに譲り合うという精神が美徳とされてきました。 しかしながらいつしか競い合うことが美徳の地位にとって代わるようになってきました。 競い合いは争いとなり、やがて切磋琢磨するはずの良きライバルは今や敵も同然となっています。 本来こうした事故を無くすはずの法改正が厳罰化の方向に強く動いていっていることに違和感を感じるのです。 つまりこんな時代って本当に良い時代なんだろうかって、そう感じたのです。 「車にはどんな人が乗っているか分からないのでなるべく近づくな」と私も入社直後の頃はよく言われました。 当時、賠償金狙いの当たり屋が流行っていて損保各社が警戒をしていた時期とも合致していたからです。 つまり同時に知っている人以外はたやすく信用するなという意味でもあったのです。 そして時は流れ、ストレスで押しつぶされそうな上に新型コロナとの戦い・・ 今や知っている人でさえ信用できない事件をよく耳にします。 自分以外に目がいかない、身も心も病んでいる、そんな人たちで溢れている社会となってきています。 一方では、新型コロナに対する各種自粛要請への対応には日本人独自の素直な良き国民性を感じるのです。 しかしその実、心の底には何か言い知れぬうっ憤や不満が渦巻いているように感じてなりません。 誤解を恐れずに言うならば、外国メディアが取り上げるようなデモや抗議行動はあまり行わない国民性であるということを指摘しておきたいと思います。 つまり鬱積した不満をどう発散させたら良いのか手段を知らないがために諦めや我慢が先行し、挙句の果てに今回のような個人的な憂さ晴らしとも言えるあおり運転が多発している、どうもそんな社会構造が出来上がりつつあるような気がしています。 もっとも、これが杞憂であれば何よりですが・・ ともかくこうした現代に生きている私たちが今どのように行動すればいいのか、もう一度一人一人が考えてみる良いチャンスかも知れません。 そのためには古き時代にさかのぼってみて歴史から学ぶことも多いはずです。 何故かと言えば・・ 今回の法改正の内容を見るにつけ、やはり政治や法律にはどうしても限界があると改めて感じたからです。 国際的にも更に厳しい時代を生きていかなくてはならないという事だけはどうも確かなようです。 ハイ、では今回はここまでとします。 スポンサーリンク.

次の