メッキ の 上 から 塗装。 メッキホイールを塗装してみる。上塗り編

一般社団法人 日本溶融亜鉛鍍金協会 :: 亜鉛めっき上の塗装について

メッキ の 上 から 塗装

タグ 100均 20代 30代 37歳 40代 6月 DIY アイテム アイドリング アイロン アクセサリー アパート アピール アレンジ イケメン イメージ インコ インスタント インド ウサギ エアーポンプ エアコン エビ エンジン おしゃれ おすすめ おもちゃ お腹 カーテン カーテンレール カートリッジ かからない かけっぱなし かけ方 ガス回収 ガス漏れ ガソリン カット カップル カナヘビ カビ キャスター キャリーケース キャンプ キュルキュル グッズ グッピー クローゼット ケージ ゲスト コーデ コーディネイト コスパ コツ コップ コリドラス ご祝儀 ご飯 サイズ サビ サプライズ サングラス シーバス シェーバー ジオラマ ジャズ スーツ スーツケース スイッチ スキンケア ステッカー すね毛 すのこ スパイス スピーカー スピーチ スポーツ ズボン セラミックヒーター セリフ ソイル ダイエット タイミング タンス ダンボール チェーン チェック ツーブロック デート デザイン デッサン ドアノブ ナイロン ヌマエビ ノーマルタイヤ パーティー パーマ バッグ バッテリー バランス ヒーター ビオトープ フィギュア フィルター フライパン フラッシュモブ プラティ ブレーキ ブレーキパッド ブレーキランプ プレゼント ブロック プロポーズ ベタ ベッド ポイント ホコリ ポンプダウン マスク マット マナー ミナミヌマエビ メガネ メス メダカ メッキ メニュー メバル メリット メンズ メンテナンス モテる ヤカン やり方 リズム リセット レイアウト レシピ レンズ ロン毛 ワーム ワックス 一人暮らし 一瞬 上司 上手い 中国人 中指 予算 二次会 交換 仕事 付録 仲直り 休日 会社 会話 似合う 似顔絵 低下 何色 余興 作り方 作り置き 使い方 便利 保存 修理 偏光 健康 兄弟 充電 克服 入院 共働き 兼用 冬 冬眠 冷凍 冷蔵庫 処理 出産後 初心者 別れ 別荘 剃り方 前兆 前日 剥がれる 効果 動かない 匂い 印象 危険性 卵 原因 友達 収納 取り付け 同棲 吸音材 味噌汁 呼ぶ 喧嘩 固定 土台 塗装 塩浴 外国人 外壁 外食 大きさ 大切なこと 大好き 夫婦 失敗 契約 女友達 女性 好意 妊娠報告 娘 嫁 季節 孫 孵化 安い 安全性 定番 実家から 家事 家事しない 家庭菜園 審査 寮生活 対処 対処法 対策 寿命 小さい 履歴書 工具 左手 左手薬指 布団 希望 帽子 年賀状 広い 庭 式なし 引き出し 引っ越し 強度 彼女 彼氏 復縁 心理 必要 必要性 忘れない 怖い 性格 意味 感動 成功させる方法 手作り 手入れ 手紙 手続き 手順 披露宴 押入れ 持ち方 持ち物 指輪 挨拶 掃除 掃除の仕方 描き方 揚げ物 支柱 教師 文鳥 料理 新築祝い 新郎 方法 旦那 時期 時計 時間 暖房 曇り止め 服 服装 朝食 期間 木 木材 未開封 条件 東日本 板 楽しみ 比較 水槽 水漏れ 水草 水道 水道水 汚い 注意 注意点 注文 洗濯パン 洗車 浄水器 浮気 海外旅行 混泳 渡し方 準備 濁り 無精卵 焼き鳥 燻製 爪 物を捨てる 物件 物置 特徴 犬 独身 玄関 理由 環境 生地 生徒 生活 生活費 産卵 甥 田舎 男 男子 男性 男飯 疎遠 病院 痛い 発泡スチロール 目安 目的 相場 眼科 眼鏡 着物 短髪 砂利 礼服 社会人 稚魚 種類 窓 立ち上げ 竹 笑顔 筋肉 節約 簡単 米 粘土 紐 素材 細い 経営 結婚 結婚式 結婚相手 結婚祝い 練習 縁起 繁殖 羽織 肉料理 肥料 肩幅 脱皮 自作 自分で 自動車 自炊 自由 臭い 花 花屋 花束 芸能人 茶色 落ち葉 薄く 薬浴期間 虫 蛇口 褒める 西日本 見分け方 視力 親 解凍 記念日 記憶 設定温度 誕生日 謝辞 豪華 費用 資格 赤口 趣味 足 距離感 車 車検 農薬 進行 運営 運転 道具 違い 選び方 遺伝 那須 部品 部屋 郵便物 都会 重曹 量 金額 金魚 釣り 釣り方 鉛筆 長さ 開店祝い 防止 雑誌 離婚 電圧 電気 電話 面長 革靴 靴 音 顔 顔でかい 顔合わせ 食べられる 食事 食器 食材 食費 飼い主 飼い方 飼育 餌 香水 高圧洗浄機 髪 髪型 髭 魅力 黒 鼻あて 目次• メッキと塗装の違いは?メッキについて メッキと塗装はどちらも製品を覆って色が付くので一体何が違うのかと疑問に思われる方は多いでしょう。 これまで考えてみた事もなかったけれども、いざ違いを尋ねられると答えに詰まってしまう方も多いと思われます。 メッキの特徴 メッキと聞くと金属で硬くピカピカしたものをイメージされる方は多いのではないでしょうか。 そのイメージの通り、メッキとは金属を金属で覆うことです。 どのように覆うのかというと、電気や化学反応を利用します。 ペンキのように刷毛で塗りつけるような訳にはいかないので、メッキは金属にしか施すことができません。 メッキは専用の機械や設備が必要なので自宅でできるものではなく、メッキを行っている業者に依頼して行ってもらうことになります。 メッキはコーティング材として金属を使用するので、どんな色にでもできるというものではなく限られた色のみになります。 メッキをする目的は「製品の保護」「製品の腐食などの防止」「美観をよくする」「製品にメッキする金属の特性を付加する」などです。 車やオートバイの部品などをピカピカに仕上げることができます。 メッキと塗装の違い!塗装や用途について 塗装はペンキなどの塗料で表面をコーティングします。 刷毛やローラーなどを使用して塗るので、プラスチックやビニール、紙、木材、金属など塗装する素材にあった塗料を使用すると多くの素材に施すことができます。 塗料と刷毛などの道具を用意すると自分でも行うことができます。 家の屋根や壁など広範囲を塗る場合には専門の塗装を行っている業者に依頼する場合が多いですが、自分で塗装する事も可能です。 塗装とメッキは全く異なる作業内容となるので、塗装屋さんでメッキを行う事はできません。 メッキと塗装の違いは、着色する工程に違いがあります 塗装は塗料を刷毛などで塗ったりスプレーで吹き付けたりします。 メッキの工程はいくつかありますが、大きくは金属の液体に浸けて加工する「湿式メッキ」と真空など特殊な条件下で加工する「乾式メッキ」に分かれます。 湿式メッキの「電解メッキ」では液体化した金属に電気を流して金属イオンを製品に付着させます。 「無電解メッキ」は電気を流さずに金属の性質を利用した化学反応により金属イオンを製品に付着させます。 「溶融メッキ」は金属を高温で溶かした液体の中に製品を入れてコーティングする方法です。 乾式メッキの「物理蒸着法」は熱などで金属を気化して付着させる方法です。 「化学蒸着法」は化学反応を利用して気化してコーティングします。 メッキの工程は多くあり、製品やコーティングしたい金属、コーティングの厚みや用途などによって適切な方法で行われます。 メッキ塗装や電着メッキはメッキではありません メッキのように見えるので「メッキ塗装」と呼ばれている塗装技術があります。 製品の表面に下処理をして金属のような光沢を付けてから金色の塗装を行うとメッキのように見えます。 これは塗装なのでプラスチックや木材、ビニールなど多くの素材に施すことができ、色の種類も豊富です。 これは見た目はメッキとほぼ同様で、そう簡単に見分けることはできません。 ただ、メッキは金属にしか施せないことを知っていると、持ってみたり叩いて地の素材が金属ではないと分かると、メッキではないと判断することができます。 他にもメッキと見紛う加工があります。 樹脂を溶かした水に製品を入れて電気の作用で樹脂を付着させ、その後高温で樹脂を固めます。 これは「電着メッキ」と呼ばれます。 メッキか塗装か?どちらが良いか迷ったときには メッキは金属にしか施すことができないので、まずはコーティングしたい製品が金属であるかどうかを確認します。 メッキは自分で行うことは出来ないので専門の業者に依頼する事になります。 そのため、実際には車やオートバイの部品など高価で長く使用したい、また耐久性を求められる製品に施す場合が多いです。 メッキは金属でコーティングするので非常に耐久性が良くなります。 とにかく丈夫に仕上げたい場合に向いています。 ただし色の種類は限られるのと、表面がピカピカになるので仕上がりがピカピカの金属になっても大丈夫な製品に使用が限定されます。 アクセサリー類にメッキを施して美しく見せたり、古くなったものを蘇らせる事もできます。 メッキは自分が加工したい製品に希望のメッキを行える業者を探して、代金を確認して依頼しましょう。 メッキ加工を行ってくれる業者はそう多くは無いので、自宅近くにない場合には郵送して受け渡しを行ってくれる業者を探してみましょう。 ただ、微妙な色合いなどは実物の同加工品を見ないと分からないので、確実に好みとおりに仕上げたい場合には遠方でも製品を持参して訪れることをおすすめします。 また、メッキといえど金属なのでその種類によっては錆びる場合があります。 メッキを長持ちさせる保護剤があるので、長く美しさを保ちたい場合には利用するとよいでしょう。 塗装は塗料と塗る道具などを購入して自分で行うことができるので気軽に行うことができます。 DIYで家具を塗装したりプラスチックの製品を好みの色に変えたりする場合に使用する方が多いでしょう。 塗装する前に錆び止めを塗ったり塗装の上から艶出しや防水加工を行うこともできるので、塗装する製品の用途に合わせて適した加工を行うと長持ちさせることができます。 素材を選ばず建物や塀など取り外すことの出来ないものにも塗装できるので、メッキと違い非常に多様性があります。 フィギュアなど本当はメッキしたい製品は、金属色のスプレーで塗装するとメッキにはかないませんがそこそこの雰囲気を出すことができるでしょう。

次の

メッキ加工方法について!【専門家が語る】メッキされるまでの工程が丸わかり!

メッキ の 上 から 塗装

今作業依頼が来ているのは、メッキに塗装する作業です。 メッキにも種類がありますが、普通メッキの上にそのまま塗料を塗っても喰いつかずにぺランとはがれてしまいます。 高校生の頃はそのことを知らずに、プラモデルのメッキ部分をブラックアウトして悦に入っていたら、触れただけではがれてしまいがっくりきました。 それ以来プラモデルのメッキパーツははペーパーで全て削り取ってから塗装をしていましたが、クルマのパーツのメッキを塗装という蛮行(笑)はやったことがありませんでした。 そこでメッキの上に塗装する方法を調べたところ、下地にはテロソンのミッチャクロンが最適であるとの情報を得たので、さっそくスプレーの方を取り寄せてみました。 まだ使用していませんが、能書きを読む限りではプラスチック部品のメッキにも上塗り塗装が可能とあります。 並行して依頼人から部品と共に渡されたのが、カンペハピオの密着スプレーです。 これまた能書きはほぼ同じです。 ホームセンターで売っていたとのことですが、不勉強で知りませんでした。 今回は依頼人の意思を尊重して密着スプレーを使用してみました。 脱脂するだけでOKとありますが、上塗りは普通の塗料なので2000番のペーパーで足付けをして塗りました。 来週本塗装に入りますが上手く行くかな。 請け負ってこれではいけませんが、未知の領域に挑戦なので。 一方、自分用の作業は です。 また、シルバーウイーク中の出来事は です。

次の

車のエンブレムをマッドブラックに初心者が塗装する簡単DIY方法公開|英会話と英検とTOEICと

メッキ の 上 から 塗装

スポンサーリンク 昔ながらのメッキ剥がしの方法を紹介 で、この記事はここで終わってしまってもいいのですが、せっかくなので「昔ながらのメッキ剥がし」の方法についても紹介していきます。 模型用の「メッキ剥がし剤」とかが、存在しなかった時代からある方法ですね。 わざわざうちのブログで紹介しなくても、他を調べたらもっと詳しく解説してくれているサイトがたくさんあります。 メッキ剥がしの検証で使うプラモデルはこちら。 HGの「百式」です。 ガンプラですね。 全身のボディが金色で有名なモビルスーツです。 プラモデルでも金色を再現するため大量のメッキパーツが使われています。 このメッキを剥がしていくわけですが、その前に「メッキパーツがどのように作られているのか」について少し解説しましょう。 メッキパーツはこのように「3層のコーティング」によってつくられています。 一番上から、「クリアーイエロー層」「メッキ層」「クリアー層」の順に塗装されているという感じです。 この塗装を上から順番に落としていくというのが、今回のメッキ落としの方法となります。 クリアーイエロー層を落とす もし、メッキパーツがシルバー以外の「色」が付いていた場合、それはメッキ層の上からクリアー塗料で塗装してある場合があります。 このパーツの金色も、シルバーのメッキの上からクリアーイエローで塗装して「金色」に仕上げてあります。 上からクリアーが塗装されているかの確認の仕方は、「ラッカー系薄め液を含ませた綿棒で擦ってみる」という方法で確かめられます。 擦って色が落ちればクリアー塗料で塗装されているというわけです。 このパーツはすべてゴールドなので、メッキを落とす前に「クリアーイエロー層」を除去する必要があります。 ここで使用するのは「ラッカー系薄め液」です。 各メーカーが販売している「塗装剥がし剤」でもいいですね、ペイントリムーバーとかです。 ちなみに、私はガイアカラーの薄め液を使いました。 (ガイアカラーの薄め液は少し強いので、どちらかというとクレオスの薄め液がオススメ) Amazonの情報を掲載しています メッキ層を剥がすのには「ハイター」を使います。 細かいことは分かりませんが、とりあえず「塩素系の洗剤」を使えばメッキが落とせるみたいです。 ハイターの原液は濃いので、水で2倍~3倍に薄めます。 それからハイターの原液は素手で触らないようにしましょう。 強アルカリ性なので皮膚が溶けます。 あと指がプール臭くなります。 ハイターを薄めた液にメッキパーツを漬け込みます。 あと、この作業も漂白剤の匂いがキツイので風通しのいいところでしましょう。 私は塗装ブースの前で作業しました。 すると メッキ(アルミ)が溶けます。 小学校の時などの理科の授業で「強アルカリにアルミ板を入れたらどうなるのか?」なんて実験をしたことがないでしょうか。 多分それと一緒なんでしょう。 塩素系漂白剤も強アルカリ性なので、アルミのメッキも溶解してしまいます。 こちらも1時間も経たないうちに完全にメッキが落ちました。 最後はハイターを水で綺麗に洗い流しましょう。 そして水が完全に乾くまで再度乾燥させましょう。 クリアー層(光沢出し)を落とす いよいよ最後の工程です。 メッキパーツの中には、アルミ蒸着メッキの光沢感を増すために「クリアー塗装」がされていることがあります。 この写真から「うすい黄色がかった塗料」が塗装されているのが分かりますでしょうか? 最近は金型技術も向上していて、初めから光沢感のあるパーツを作れるので、中にはこの「クリアーコート」がされてないメッキパーツもあるようです。 最後の「クリアー層」も、1層目のクリアーイエローで使用した「ラッカー系薄め液」に漬け込むことで落とすことが出来ます。 しかし、最後に塗装されているクリアー層は、ラッカー系うすめ液では溶け出さないタイプの塗料なので、数時間ほど漬け込んでおく必要があります。 数時間漬け込むと、パーツが脱皮したみたいな薄い膜が出てきます。 これが剥がれたクリアー層ですね。 この剥がれ方からして、最後に塗装されていたクリアー層は「ウレタン系の塗料」なんですかね? 最後は、薄い膜を歯ブラシなどを使って綺麗に除去して終わりです。 メッキ落とし作業終了 これで全パーツのメッキが落とし終わりました。 で、思ったこと。 この作業をするくらいなら、ハセガワの「メッキ落とし剤」に漬け込んで、その間に他の作業を進めておくほうが効率良さそうですしね・・・ というわけで、今回はメッキ落としのやり方についての紹介でした。 それでは。

次の