戦場のメリークリスマス あらすじ。 映画『戦場のメリークリスマス』動画フル無料視聴!dvdレンタルよりも快適に

映画『戦場のメリークリスマス』動画フル無料視聴!dvdレンタルよりも快適に

戦場のメリークリスマス あらすじ

複数のVODで配信されていますが、• 無料登録の入力項目が少ない• 無料キャンペーン期間が長い• 作品の充実度• 解約が簡単 という理由から、最もオススメな動画配信サイトは U-NEXTになります! 映画『戦場のメリークリスマス』を今すぐ観たい方にオススメはU-NEXT U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。 U-NEXTにラインナップされている作品は• 見放題作品• ポイントレンタル作品 の2パターンが存在します。 『戦場のメリークリスマス』はポイントレンタル作品となり、通常は追加料金がかかってしまいますが、 現在実施中の無料登録キャンペーン登録時にもらえる600ポイントを利用すれば、無料で『セトウツミ』を観ることが出来ます! U-NEXTは映画のみならず、海外ドラマ、韓流ドラマ、国内ドラマ、アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう。 配信状況などはをご確認ください。 スマホで予約• 視聴後、ポストに返却 という簡単3ステップで、家にいながらツタヤの充実した商品ラインナップを楽しめるサービスです。 の説明が少し分かりにくい部分もありますが、 現在30日間の無料キャンペーンを実施しているので、試しに使ってみて自分が想像していたサービスと違う…と感じた場合はキャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。 この機会に試してみてはいかがでしょうか? おすすめは出来ないけど…違法アップロードされた動画を観る おすすめはすることは出来ませんが、最近は動画共有サイトで違法アップロードされた映画を無料で観られたりもします。 ページ読み込みが遅い• 低画質かつ低音質• 怪しいポップアップ広告が出る• ウイルス感染による個人情報漏えいの危険性 といったデメリットとリスクがあるため、自己責任にはなりますが、一応メジャーなサイトへのリンクを掲載しておきます。 なお、アニメ作品の違法アップロードで有名なAnitubeは2018年4月に閉鎖(日本国内からのアクセス不可)となりました。 日本軍捕虜収容所における、極限状況に人間たちの極限状況下での相克を描き出します。 日本軍のエリート士官ヨノイと連合軍捕虜セリアズ少佐の関係を中心に、日本軍人と西洋人捕虜との関係が興味深く描かれます。 出演は、坂本龍一、ビートたけし、デビッド・ボウイなど国内外の異色スターたちが共演しました。 音楽は坂本龍一が担当しました。 ジャワ島の日本軍俘虜収容所で、朝鮮人軍属カネモトがオランダ兵を犯す事件が発生します。 英兵ロレンスと日本兵ハラが事件の処理を担当し、奇妙な友情で結ばれていきます。 一方、冷厳な陸軍大尉ヨノイは、英国陸軍少佐セリアズに魅せられ…。 映画『戦場のメリークリスマス』主要キャスト紹介• ジャック・トンプソン/ヒックス• 内田裕也/拘禁所長• ジョニー大倉/拘禁所長• 室田日出男/ゴンドウ大尉• 戸浦六宏/軍律会議通訳• デビッド・ボウイ/ジャック・セリアズ• 坂本龍一/ヨノイ大尉• ビートたけし/ハラ軍曹• トム・コンティ/ジョン・ロレンス 映画『戦場のメリークリスマス』主要スタッフ紹介• 大島渚/監督• ジェレミー・トーマス/製作• ローレンス・バン・デル・ポスト/原作• 坂本龍一/音楽 まとめ 映画『戦場のメリークリスマス』のフル動画を無料視聴する方法、作品概要をご紹介しました。 動画配信サービスの無料キャンペーン期間を活用すれば、違法アップロードされた動画よりも安全かつ高画質で映画『戦場のメリークリスマス』を無料で見られるので安心ですね!.

次の

戦場のメリークリスマスのあらすじと感想~俘虜収容所での戦争と平和~ | 映画鑑賞後の一言〜月額動画・DVD・BD〜

戦場のメリークリスマス あらすじ

戦場のメリークリスマスのネタバレあらすじ:クリスマスプレゼント セリアズとロレンスは無線機を無断で所持し、ヨノイ大尉に独房入りを命じられます。 その日はクリスマスで、セリアズとロレンスはハラに呼ばれました。 ハラは大変酔っぱらっていて、「ファーゼル・クリスマス」と叫び、セリアズとロレンスを釈放します。 ハラは自分をサンタクロースだと言い、これはプレゼントだと言います。 戦場のメリークリスマスのネタバレあらすじ:セリアズ、ヨノイへキス ハラの対応に怒りを覚えたヨノイ大尉は、捕虜の全員集合を命じます。 そこには病棟の捕虜も含まれていて、これはジュネーブ条約に違反していました。 捕虜が1人倒れ、亡くなりました。 捕虜を庇おうとする捕虜長を、ヨノイ大尉は刀で斬ろうとしました。 そこへ、セリアズが歩み寄り、ヨノイ大尉にキスをしました。 予想外の展開に、ヨノイ大尉は倒れこんでしまいます。 戦場のメリークリスマスのネタバレあらすじ:セリアズ、処刑 ヨノイ大尉は更迭され、新しい大尉はセリアズを首だけだして生き埋めの刑罰に処しました。 セリアズは過去のことを思い出しながら、亡くなりました。 戦場のメリークリスマスの結末:メリークリスマス、ミスターロレンス 大戦は終わりました。 日本軍は負け、ヨノイ大尉は処刑されてしまいます。 1946年のクリスマス、処刑前日を迎えたハラの元へロレンスがやってきます。 4年前のクリスマスのことを思い出し、2人は笑い話に花を咲かせます。 ロレンスが立ち去ろうとしたとき、ハラはロレンスを呼び止め、「メリークリスマス。 メリークリスマス。 ミスターロレンス」と叫びました。 以上、映画戦場のメリークリスマスのあらすじと結末でした。

次の

戦場のメリークリスマス

戦場のメリークリスマス あらすじ

もくじ• 作品情報• 優秀作品賞• 優秀監督賞 — 大島渚• 優秀助演男優賞 — ビートたけし• 優秀音楽賞 — 坂本龍一• 優秀美術賞 — 戸田重昌• 作品部門・話題賞 最優秀作品賞をとってそうなイメージがある映画ですが、日本アカデミー賞では6部門ノミネート、残念ながら受賞まではいきませんでした。 確かに評価が人によってかなり変わる難解作品ですから仕方ないかもしれませんw公開当時もかなり賛否両論だったそうです。 あらすじ 1942年、英国陸軍中佐ジョン・ロレンスは日本統治下にあるジャワ島レバクセンバタの捕虜収容所にいた。 ロレンスは日本語が少し話せた為、他の捕虜と日本陸軍の兵との間に入る事が多く、所長のヨノイ陸軍大尉やハラ軍曹と不思議な人間関係を築いていた。 そこに新しく捕虜となった英国陸軍少佐ジャック・セリアズがやってくる。 セリアズは反抗的な態度ながら、その魅惑の容姿と雰囲気にヨノイは彼に惹かれていってしまう・・・。 キャスト、スタッフ 原作 — ローレンス・ヴァン・デル・ポスト 監督 — 大島渚 脚本 — 大島渚、ポール・メイヤーズバーグ 製作 — ジェレミー・トーマス 音楽 — 坂本龍一 ジャック・セリアズ — デヴィッド・ボウイ ヨノイ大尉 — 坂本龍一 ハラ・ゲンゴ軍曹 — ビートたけし ジョン・ロレンス英軍中佐 — トム・コンティ ヒックスリー俘虜長 — ジャック・トンプソン 金本 — ジョニー大倉 デ・ヨン オランダ軍兵士 — アリステア・ブラウニング フジムラ中佐 — 金田龍之介 イワタ法務中尉 — 内藤剛志 イトウ憲兵中尉 — 三上寛 拘禁所長 — 内田裕也 女性が1人も出てこないというのもこの映画の1つの大きな特徴と言えますね。 ホモセクシャルがメインテーマではない• 今の日本人こそ観るべき1本• 全てを洗い流す坂本龍一の音楽 描いたのは同性愛ではない 邦画でも屈指の難しさを誇る映画だと思う。 どういった解釈が正解なのか?そもそも正解の解釈があるのか?今作品の批評はまさに十人十色・・・当時の映画評論家でさえ感想が全く違う。 面白いのは意見が対立してるのではなく 違う感想になっているという点だ。 この映画は序盤に、朝鮮軍属の 金本という男が捕虜のオランダ人兵士を犯してしまい、それにより罰せられるというシーンがある。 これにより 同性愛=禁忌という認識を観客はすりこまれる。 その上で裁判のシーンにて、 セリアズに見とれてしまう ヨノイ・・・別に作中で説明があったわけではないけど、この時ヨノイはセリアズに 一目惚れしてしまったのだろう。 これは 二・二六事件で死ぬはずだった事を、ある意味で誇りとして生きているヨノイにとって、あまりにも衝撃的な 自我の目覚めになってしまう。 同時に日本人の高尚な精神性を守り、軍律に準じて生きている中で強い 自己矛盾と 葛藤を覚えてしまった。 剣術に勤しんでいたのは、抑えても無限に湧き上がってきてしまう欲情を拭い去る為・・・なんて 育ちの良い若者の青春なんだw 一方、 ハラと ロレンスの不思議な関係性が同時進行で描かれていく。 ハラは攻撃的で短気、 品性など生まれる前に捨ててきたような男だが、どこか子供っぽさを持っていて、日本語が話せるロレンスと少しずつ仲良くなっていく。 「 メリークリスマス!」ハラは、唯一覚えた英語をロレンスに何度も何度も嬉しそうに言っていた。 ヨノイや他の陸軍兵士には絶対に見せない純真無垢な笑顔で・・・。 なんと 粗雑な男の青春だろうかw 確かに舞台は戦時中のジャワ島だけど、見せられているものはまるで 学生達の群像劇だ。 今作品はあまりにもヨノイとセリアズの同性愛というイメージが強いが、それはあくまでも禁忌を犯してしまいそうなヨノイの心の揺れ動きを表現する為に使われた1つに過ぎない。 ヨノイの不器用な愛情と、 ハラの子供っぽい友情・・・そして、その対比をしつつ描かれた 日本人の愛らしくも奇妙な人間性こそ今作品の本質だと僕は解釈した。 1人で勝手に自己矛盾と戦い自制したり、愛情表現の仕方がわからず悩んだり、外国へのコンプレックスからくる憧れが強く、そこからにじみ出るミーハー気質、反面素直な吸収性・・・全て日本人らしさがあるよね。 そして何よりもラストシーンのハラの笑顔・・・ここにこそ 日本人の本質がよく描かれていた。 ラストシーンの真意 「 メリークリスマス、メリークリスマス!ミスターロレンス」 あまりにも印象的なラストシーンだよね。 現代映画の方程式が1つもハマらない 大島渚独自の論法で描かれていく今作品は、理解に苦しむ人も多いかもしれない。 それでも、このラストシーンに ビートたけしが笑って放った名ゼリフと、その直後に流れ出す 坂本龍一の名曲によって深く考えさせられてしまう。 「なんだろう?この映画・・・」 もはや大半の人は何について考えさせられてるのかさえもわからないのに、深く深くこの映画について考えてしまう。 僕は僕なりに1つの解釈に着地して今こうして書いているけど、他の全く違う解釈をした人を否定するつもりは全くない。 何なら「そういう解釈もあるのか!」と意見交換したいくらいだ。 それぐらい今作品は人によってとらえ方が変わると思う。 もし大島渚が狙って作ったとしても、天然でこうなったとしても・・・どちらにしても素晴らしい監督だ。 ちなみにラストシーンでのハラの笑顔、僕はロレンスに対する 感謝と 悔しさ・・・そして 悔しさを見せない為の気概を感じたよ。 ハラとロレンスの間には戦時下でも嘘偽りなき友情が育まれていた。 次の日に処刑が決まっているハラの所に会いに来てくれたロレンス・・・ハラは嬉しさもあるが、反面あまりにもやりきれない辛く悔しい気持ちも持っている。 でもその悔しさを友人であるロレンスには見せるべきではないんだよね。 だからこそハラは目を赤くするも涙を流さず、全力の笑顔でおちゃらけたんだ。 友人に気を遣わせまいとするその気概・・・これこそ日本人らしい相手への敬意の表し方であり、 最大限の礼儀だと言えるんじゃないだろうか。 坂本龍一、素晴らしすぎ 僕は 大島渚監督がこの映画を作って残してくれた事に感謝したいし、最大限の拍手を贈りたい。 今の日本人というのは老若男女問わず、僕も含めて腑抜けてしまったよねw景気が下がっただの、格差が広がっているだの、たまにストレスがたまると社会批判という大義名分を使って八つ当たりをしてみたり。 自身でもあまりよくないよな~と思いつつも、つい低俗な思考になったりしてしまう。 でもこの映画に出てくる日本人のヨノイとハラは全く違う2人だけど、どちらも 高貴な精神性を持っている。 それは現代の日本人が忘れてしまったものだ。 つまり今作品を誰も観なくなり、観ても理解できなくなってしまった時こそ、日本人という民族の消滅なのかも・・・なんて 三島由紀夫みたいな事を思ってしまった。 三島と対談した事がある大島渚監督もどこかで意識していたんだろうか。 余談が過ぎたけど、最後に 坂本龍一について。 まるで映画全体を優しく包み込むような名曲だ。 特にエンドロールへの入り方は異常な余韻を作り出している。 この映画で描かれる同性愛、友情、戦争、人間の生き方など様々な物事全てにフィットする不思議な旋律、もはや天才という言葉じゃ安っぽく感じるレベル。 それもたった1曲の音楽で・・・どういう感性をしてるんだか、素晴らしすぎるよね。 この曲を「映画の音楽なんだ!」と言えるのはシネフィルにとって、そして日本人にとって 大きな財産だよ。 評価、視聴方法 これぞ異色のキャスティング 大島渚監督は生前に「俳優は演技よりも人物そのものが大切なんだ」みたいな事をおっしゃったそうです。 この映画の為の言葉と言っても過言ではありませんよねw デヴィッド・ボウイ、 坂本龍一、 ビートたけし・・・確かに3人とも俳優が本業ではないですし、決して演技が上手なわけではありません。 ですが 三者三様の異彩を放っているというのは、さすがであり何とも不思議な光景でしたね。 この作品で坂本龍一は初めて映画音楽を手掛け世界にその名を轟かせました。 ビートたけしは後に 世界の北野と呼ばれる素晴らしい映画監督になっていきましたが、大島渚監督にはかなり影響をうけたそうです。 これ程まで異色の才能が集った映画は他にないかもしれません。 今は令和の時代ですが、是非若い世代にも昭和の名作を堪能してもらいたいと思います。 心地よい見応えがありますよ。 「戦場のメリークリスマス」の視聴方法 Amazonプライムなら 年間プラン4,900円(税込)または 月間プラン500円 税込 で映画の他にも 松本人志のドキュメンタルや アニメ、 primeオリジナル作品なんかも見放題なのでお得ですよ! 大島渚監督の事を「僕と大島は戦友だった」と語った 篠田正浩監督のも、今作品と同じく戦時中のお話を綴った映画でかなり素晴らしい名作なので心よりオススメしますよ! では、良き映画の時間をお過ごしください。

次の