ビジネス 返信用封筒。 返信用封筒の返信の仕方!裏に住所や差出人名を書く?宛名の御中・様の直し方も解説!|つぶやきブログ

返信用封筒の折り方のマナーとは!サイズや色に決まりはあるの?

ビジネス 返信用封筒

また、返信用封筒には相手の住所や名前などを書く必要はありません。 宛先を書いたら、切手を貼ります。 切手の貼り忘れは相手に手間を掛けることになるので、忘れずに貼りましょう。 もちろん、切手の金額が誤っていないかも注意。 角2であれば定形外郵便物の扱いになるので、50g以内なら120円、100g以内なら140円です。 書類の場合はほとんど50g以内ですが、内容物が多い場合は「もしも」を想定して、140円切手にしておくといいでしょう。 返信用封筒の準備はこれでOKです。 他には、書類が折れ曲がったりしないように書類をクリアファイルに入れて送ることもポイントです。 クリアファイルは送り返してもらうときにも役立つので、忘れずに入れておくといいですね。 送り返すときの返信用封筒はどのようにすればいい? 次は返信用封筒が相手から送られてきたときに、どのように記入すればいいか、です。 返信用封筒には、あらかじめ送り先の住所や氏名などが書かれています。 このとき、名前の「行」の部分に二重線を引いて消し、その横に企業宛てならば「御中」、個人宛てなら「様」と書きましょう。 ひと手間必要ですが、相手のことを敬った形式にできる大事なマナーです。 最後に、封筒の裏面に自社の住所や自社名、そして自分の名前を書き、相手に送りましょう。 社会人になると返信用封筒を送る機会、送られてくる機会が増えます。 社会人1年目で焦って失敗しないよう、返信用封筒のマナーをしっかりと覚えておくといいですね。 中田ボンベ@dcp•

次の

書類の返送をお願いする際のマナーと注意点

ビジネス 返信用封筒

・氏名よりも少し小さい字で書く。 ・氏名を書く行ではなく、少しずらす。 (横書きの場合は氏名の少し下の行に。 そのために、あらかじめ行をずらして書きます。 よくみかける「行」と「宛」以外の書き方• 氏名だけで、行も宛も書かない• 「様」をつける• 「殿」をつける まず3番の「殿」は間違いです。 そして1番と2番はマナー的には正しいとはいえません。 ですが、「時代の変化」と「相手の気遣い」からこういう方法が、出てくるようになりました。 どういうことかというと、「行」を書くと相手がそれを消して「様」「御中」と書きなおさなければいけないのです。 つまり、「相手が書きなおす手間を初めからなくしておこう」という優しい気持ちの現れなのです。 その結果、初めから「様」をつけたり、「行も宛も書かない」という方法を取る人が増えました。 ですが、 ビジネスシーンで考えた時にはマナーとして「行」を書くのが最も適切です。 返信用封筒 「行」のまとめ• 返信用封筒には宛名のしたには「行」が適切。 「宛」は返信用封筒には使わない。 縦書きのときには、宛名の左の行に「行」を書く。 横書きのときには、宛名の下の行に「行」を書く。 その他の書き方はマナーとして正しくないので、ビジネスシーンでは使わない。 Sponsord Link 返信用封筒の差出人欄の書き方 「差出人には誰の名前を書くのが正しいのか」が、皆さんが1番悩むところだと思います。 そのほかの書き方などについてもご説明します。 差出人欄は相手の名前 差出人欄は、相手が氏名を記入するところです。 (自分は記入しません) 住所も相手が記入するところです。 (自分は記入しません) 親切な気持で書いてあげたくなるところですが、 差し出がましく失礼な行為とされています。 つい、うっかり書いてしまわないようにしたいですね。 返信用封筒と往信用封筒のオモテやウラの書きかた・まとめ 返信用封筒と往信用封筒では、書き方が違います。 書き方と違いを記してあるので見ていきましょう。 ) 相手の氏名が不明で部署に送る場合は「様」ではなく「御中」か「ご担当者様」となります。 ) 返信用封筒に貼る切手 返信用封筒を出すときには切手が必要です。 日本国内に送るときの切手料金は「重さ」と「大きさ」で決まっています。 定形外郵便の切手料金 一辺が最長60センチ以内 縦横厚みの合計90センチ以内 A4サイズが入るような封筒は、定形外郵便になります。 では、間違いを未然にふせぐためには、どのような方法が良いでしょうか。 確認する方法を見ていきましょう。 封筒の大きさが定形郵便か、定形外郵便かを判断する。 返信時に封筒の中に、何をいれるか想定して重さをはかる。 (封筒 + 内容物 + 送付状等)• 想定される重さが、料金設定のギリギリの重さだったら、一つ上の料金の切手を貼る。 3番は特に大事だと思います。 失礼の無いように余裕をもった行動をするのは、社会人としてのマナーです。 返信用封筒の関連記事 他にも返信用封筒の知識をまとめた記事があります。 Sponsord Link.

次の

書類の返送をお願いする際のマナーと注意点

ビジネス 返信用封筒

Contents• 返信用封筒は、中身が空の状態で書こう! 返信用封筒の返信の仕方についてですが、 まず一番基本的なことを抑えておきましょう。 それは、「封筒の中身が空の状態で書く」です。 返信用封筒は中に入れる書類が大事なので、 先に書類の記載をすると思います。 そして、「うっかり中身を入れ忘れて封をしないように」 中に書類を入れてから返信用封筒の宛名などを書く人がいます。 ですが、それでは返信用封筒が中の書類で膨らんで 字が書きづらくなってしまいます。 返信用封筒で大事なのは中の書類なので 書類さえしっかりしていれば問題ないですが、 宛名などの文字ががぐにゃぐにゃよがんでいるとそれはそれで失礼です。 ですから、返信用封筒に宛名などを書く時は 書きやすい中に何も入っていないぺったんこの状態で書きましょう。 スポンサーリンク 関連記事: 返信用封筒の宛名の「御中」・「様」の直し方 返信用封筒と普通の封筒で一番違うのは、 「すでに宛名が印字されていること」です。 ですが、印字されているからと言って 「だったら宛名については何も書く必要ないね」と思うのは早急ですよ。 予め指定して書いてある宛名には、とある部署名だったり個人名だったりしますが、 ほとんどの場合その部署名や個人名の下に「〇〇行」と書いてあります。 普通、宛名の下には御中や様をつけますよね。 でも、送り主が自分宛ての郵便に御中や様と書くのはおかしいので 印字では「行」と書かれてあるんです。 ですからこちらから送る場合は当然「行」のままでは失礼になりますので、 御中や様にしなければいけません。 でも、すでに「行」と書いてあるのに どうやって御中や様に変えるのでしょうか。 ではここではすでに印字されている行を 御中や様に変える直し方を説明します。 まず「行」の上にボールペンで2行線を書き、行を消します。 この場合横線で消すのか縦線で消すのかという問題ですが、 基本的にはどちらでもかまいません。 ですが行という字は縦線が多いので、 縦線で消すと字に紛れ込んでしまい消しているのか分かり辛いという欠点があります。 相手に分かりやすくするなら、横線で消す直し方がオススメです。 また、2行線はフリーハンドではなく 定規などでキレイに平行に書くのがマナーです。 行の字を消したら、次は御中か様を書きます。 ここで注意ですが、御中と様はどちらでも良いという訳ではありません。 「御中」は、係や部署、会社など組織や「グループ」の宛名に送る時に使う言葉です。 一方「様」は、個人名など「個人宛て」に送る時に使います。 ですから印字された宛名を見て、 組織名だったら行を消して御中に、 個人名なら行を消して様を書き足すのが正しい直し方です。 ちなみに「〇〇担当者」という宛名もありますよね。 これは組織の宛名なのか個人の宛名なのか迷う所ですが、 「担当者」だけなら組織ということで「御中」にする直し方になります。 もし「担当者」の後ろに「〇山〇太」のような具体的な名前が来れば、 当然「様」の直し方になります。 また、返信用封筒の宛名が縦書きの場合と横書きの場合がありますが、 縦書きの場合は消した行の左側か下側に、 横書きの場合は消した行の右側か下側に書くのが無難な直し方です。 スポンサーリンク 続きは次のページへ.

次の