お伺いさせていただきたく存じます。。 「お伺いさせて頂きます」という敬語

「させていただきたく存じます」意味と使い方・敬語|メール

お伺いさせていただきたく存じます。

「いただく」と「頂く」の表記の違いについてご存知でしょうか。 ひらがなと漢字の表記で意味も使われ方も異なります。 漢字の「頂く」は「 物を もらう」という動詞として用いられます。 一方、ひらがなの「いただく」は「〜させてほしい」という意味の補助動詞として使われます。 補助動詞はひらがな表記すると文科省でルールとして決められていますので、動詞「 物を もらう」として用いる場合は漢字「頂く」、補助動詞として用いる場合はひらがなの「いただく」と表記します。 なので、「いただきたく存じます」は「〜してほしいと思います」ですが、漢字で「頂きたく存じます」としてしまうと「 物を もらいたいと思います」となってしまい、意味が変わってしまいますので、漢字とひらがな表記の違いをしっかり把握しておきましょう。 敬語について簡単に復習しよう! 敬語は大きく分けて3つの種類に分類することができます。 「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3つです。 「尊敬語」は相手を敬う表現で、目上の方の行動を表す際に用いられる敬語です。 一方、「謙譲語」は自分を下に置くことによって間接的に相手を高めた表現で、主に自分 身内 の行動を目上の人に向かって言う場合に用いられます。 「丁寧語」は文末に「です・ます」が付いた表現のものです。 上述しましたが、本題の「させていただきたく存じます」は謙譲語の表現です。 なので、自分や身内の行動について目上の人に向かって述べたい場合に使われます。 二重敬語とは? 敬語のルールとして、二重敬語は誤った表現になりますのでご注意ください。 二重敬語とは、その名前のとおりですが、同じ敬語の種類が二重に重なって表現したものになります。 たとえば、「お越しになられる」や「ご覧になられる」は二重敬語なので誤った敬語表現です。 「お ご 〜なる」で尊敬語の表現ができているのに、「なる」の部分をさらに尊敬語の「なられる」と表現してしまっています。 「なる」の部分が二重に尊敬語の表現をしているので「お越しになられる」や「ご覧になられる」は二重敬語になり、これは誤った表現になります。 ただし、中には習慣として広く定着しているものもあり、「お伺いする」や「お見えになる」など、これらに関しては二重敬語でも使って良いとされています。 詳しくは以下のリンクをご参照ください。 前述で「二重敬語は誤った敬語」だと説明しましたが、「させていただきたく存じます」は二重敬語でしょうか。 答えはNOです。 「させていただきたく存じます」は前述したように「させていただく」と「存じます」の2つの謙譲語を用いた表現なので、一見すると二重敬語のようにも見えます。 ですが、これは二重敬語ではありません。 「させていただきたく存じます」は「させていただきたい」と「存じます」の2つの謙譲語が連結した表現です。 「ご覧になられる」のような、「なる」の部分で二重に尊敬語が重なってるわけではないので、「させていただきたく存じます」は二重敬語ではなく、正しい敬語の表現をしています。 丁寧語だと「させてほしいと思います」! 「させていただきたく存じます」は謙譲語での表現ですが、もしこれを丁寧語を使って表現するなら「~させてほしいと思います」でOKです。 詳しくは後述しますが、これは目下の人に向けて述べる際に使われる表現です。 「させていただきたく存じます」の使い方 「させていただきたく存じます」の使い方について詳しくご説明します。 誰に向けて、どの言葉を発したらいいのかをご説明しますので、しっかり理解して正しい敬語が使えるようになりましょう。 目上の方にしか使えない! まず、「させていただきたく存じます」は目上の人にしか使えません。 敬語の種類について説明した際にも言いましたが、謙譲語は目上の人に向かって述べる際に使われます。 目下の人に対してはへりくだる必要がないので、目下の人に向かって謙譲語で述べるようなことはしないでください。 ですので、上司や先輩、取引先企業やお客さまなど、自分より立場や年齢などが上の人に対して「~させてほしいと思う」と言いたい場合、謙譲語の「させていただきたく存じます」を用いて表現しましょう。 目下の人には丁寧語で! 目上の人には謙譲語の「させていただきたく存じます」で表現しますが、目下の人には謙譲語が使えません。 尊敬語も目上の人の行動を表す敬語なので、尊敬語も目下の人には使えません。 ですので、目下の人に向けて発言する際には丁寧語を用います。 丁寧語にすると「させてほしいと思います」になるので、部下や後輩などの目下の人に対してだけでなく、同僚のように自分と同じ立場の人に対しても、「訪問させてほしいと思います」「お電話させてほしいと思います」などと丁寧語を用いた表現をしましょう。 メールでも基本的な使い方は同じで、目上の方に向けての言葉だったら「させていただきたく存じます」、目下 もしくは同等 の人に向けての言葉だったら「させてほしいと思います」です。 ただ、「~させてほしい」ということを述べる内容のものなので、メール その内容 を受け取る相手がいます。 つまり、相手の都合もあります。 特にビジネスにおいては相手に一方的な言い方をするのではなく、相手の了承を得るような丁寧な言い方を心がける必要があります。 「~が」になると相手に了承を求める表現! 「させていただきたく存じますが、~」という表現になると、相手に了承を求める言い方になります。 「~させてほしいと思うんですが、よろしいでしょうか。 ご都合は大丈夫ですか」といった感じです。 簡単に言うと「そっちに行くから家にいてね」と一方的な表現になっています。 元々約束をしていて、その約束の確認のために「~ので」と述べるのは何ら問題はありませんが、相手の都合を一切無視した「させていただきたく存じますので、~」という表現はできるだけ避けましょう。 より丁寧な表現を目指すなら、前述した「させていただきたく存じますが、~」の方が相手の都合に合わせてる印象があるので、そちらの方が丁寧に感じます。 「させていただきたく存じます」の例文! 「させていただきたく存じます」とは、直訳すると「~をさせてほしいと思います」です。 これをもっと噛み砕いた表現にすると「~させてほしい」「~するよ」になります。 ですので、「させていただきたく存じます」は「~するよ」「~するからね」といった内容の敬語を使えば言い換えることができます。 これは「~いたします」でOKです。 また、前述したように、「させていただきたく存じますが、~」や「させていただきたく存じますので、~」なども相手に都合・了承を求める内容などの場合は、「~いたしますが、よろしいでしょうか」「~の予定ですので、何卒よろしくお願いいたします」などと言い換えることができます。 このように、「させていただきたく存じます」は「いたします」や「~が、よろしいでしょうか」、「~ので、よろしくお願いいたします」などと表現することが可能です。 正しい敬語と使い分けを! 「させていただきたく存じます」は目上の方に対して使われる言葉で、「~させてほしいと思います」という意味です。 これは謙譲語を用いた表現で、敬語として正しい表現をしています。 この「させていただきたく存じます」は目上の方に向けて使える言葉ですが、もし目下 同等 の人に対して言いたい場合には、丁寧語で表現しましょう。 目下の人に対してはへりくだる必要はありません。 目上の人には「させていただきたく存じます」を、目下の人には「~させてほしいと思います」を使うんだということを押さえておけばOKです。 正しい敬語が使える人は相手からの印象が良くなります。 周囲の印象が良くなると、仕事をする上で好循環が生まれ、円滑に仕事も人付き合いも上手く回るようになりますので、ぜひとも正しい敬語と使い分けができるようにしておきましょう。

次の

「お伺いさせていただきます」の使い方・間違いなのか|シーン別

お伺いさせていただきたく存じます。

「お伺いさせていただきます」という言葉の意味はまず、「聞く」、「尋ねる」、「訪問する」の3つの意味合いが込められており、それぞれの場面・状況において正確に使い分けることが必要になります。 この「お伺いさせていただきます」という言葉は「お伺い」に含まれる「御(お)」という尊敬語(または謙譲語)を示す接頭辞にはじまり、「させていただき」という謙譲語表現、「ます」という丁寧語表現によって成り立っています。 「させていただきます」と言う場合には、あらかじめ話者と相手との接点があり、そこで「させていただく内容」の取り決め・取り交わしがなされていることが前提となるため、いきなり「お伺いさせていただきます」という表現を使うことはできません。 「お伺い」の意味 「お伺いさせていただきます」という言葉にある「お伺い」の意味合いは先述のように3つの意味があり、それぞれの状況・場面によって使い分けることが必要になります。 そのため、「お伺いさせていただきます」という言葉を使う際には、まず「お伺い」の根本的な意味合いを把握しておくことが必須となるでしょう。 ・それでは、ご感想をお伺いさせていただきます。 ・現在の心境をお伺いさせていただきます。 ・現在の状況を踏まえた上で、展望をお伺いさせていただきます。 この場合も先述の「聞く」の意味合い・用法と同じように使われる様子になります。 ・現在の心境についてお伺いさせていただきたいのですが。 ・受賞のご感想をお伺いさせていただきます。 ・今後の仕事をする上での展望やビジョンをお伺いさせていただきます。 訪問する 「お伺い」という言葉の意味合いにはこの「訪問する」という意味もあるため、そのためにまったく別の用法で使われることがあります。 基本的にはこの「訪問する」という意味合いと「聞く・尋ねる」の意味合いで大きく分かれることになります。 ・それでは、今週末にお伺いさせていただきます。 ・お約束どおりに、明日中にお伺いさせていただきます。 ・今月中にお伺いさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。 「窺う」との意味の違い この「窺(うかが)う」と「お伺い」の用法についてよく疑問にあげられることがありますが、「窺う」と「伺う」の意味はまったく違うため注意が必要です。 ・彼の心の中を必死に窺うクセが身に付きました。 ・そういうときの人の心境を窺うことによって、あらゆる場面に際する人の心理面がわかります。 ・あの子は、すぐに他人の気持ちを窺うフリをします。 このように「窺う」の意味は「心の中を探る」という用法で使われるため、単純に言葉をもって何かを聞いたり尋ねたり、またその人の家に訪問することを意味する「伺う」の用法とはまったく違ってきます。 「させていただきます」の意味 「させていただきます」という表現の意味・用法についてですが、これは先述しましたようにまず謙譲語表現となるため「相手に対して話者が、自分の立場・姿勢をへりくだらせて表現する敬語」となります。 この「させていただきます」という表現を使う際の注意点ですが、「させていただきます」と言う以上は、それまでに話者と相手との接点があることが前提となり、その接点において「何らかの依頼が相手からあったこと」が想定されます。 そのため、いきなり「させていただきます」と言うのは場合によっては失礼になり、きちんとその場の状況とそれまでの流れ(経過)をしっかり踏まえた上での表現方法に配慮しましょう。 「お伺いさせていただきます」の使い方 「お伺いさせていただきます」という言葉・表現はすでに「御(お)」と「させていただき」と「ます」という3つの敬語表現によって成り立っています。 そのため、どの場面においてもそのまま「お伺いさせていただきます」という形で使ってもかまいません。 謙譲語表現 「お伺いさせていただきます」という言葉・表現は基本的に謙譲語表現として認められます。 謙譲語というのは先述でも少し触れましたが、「話者と相手の関係や立場を問わずに、話者が自発的に自分の姿勢や立場をへりくだらせて敬意を示す敬語表現」となります。 そのためこの「お伺いさせていただきます」と言う場合も「お聞きしてもよろしいでしょうか」といったへりくだった姿勢をメインにした表現となり、ビジネス用語としても普通に使われます。 謙譲語と尊敬語の使い方の違い 謙譲語と尊敬語は特に混同されて使われてしまうことが多いため、この2つの敬語表現の違いを明確に把握しておくことが大切です。 まず謙譲語表現の場合は先述のように、「自分の言動や姿勢・立場をへりくだらせて表現する敬語表現」となるため、敬語として修飾するのは「自分の言動」となります。 上記を踏まえた上で尊敬語の場合は、「相手の言動を修飾して敬語表現に置き換える」となるため、「御(お・ご)」という接頭辞を相手の言動に付け、「ご覧になられます」や「ご訪問されます」などと、相手の行動をそのまま修飾することで敬語表現を成り立たせます。 「御(お)」の使い方 「御(お・ご)」の接頭辞の使い方ですが、この使用法においてもよく混同して使ってしまうことが多く見られます。 「御(お・ご)」というのはそもそも「丁寧な言葉遣いによって敬意を相手に示す表現」となるため、これは尊敬語でも謙譲語でも、どちらの表現の場合でも普通に使われます。 謙譲語表現において「御(お・ご)」が使われる場合は、相手に対する敬意を示す姿勢をもって使われており、相手の依頼・要求に対する敬意をそのまま伝える表現となります。 メール まず「伺わせていただきます」と言う場合には、「伺う」という言葉が動詞として活用されているため、「お伺い」と言う場合の名詞的活用とは自ずとその表現方法が違ってきます。 ・ご自宅へ伺わせていただきます。 ・お気持ちを伺わせていただきます。 ・ご自宅へのお伺いを検討させていただきます。 ・お伺いを立てさせていただいた上で、今後のプランを検討させていただきます。 このように、「お伺い」と言う場合には動詞的活用でも名詞的活用でも表現できますが、「伺わせて」と言う場合は基本的に動詞的活用しかできなくなるため、文法上の言葉・表現の活用の仕方において両者の違いが明確に表れます。 「伺います」と「お伺いします」の違い この場合の「二重」というのは主に「重複している(繰り返し使われる)」という意味合いがあり、特に「2つの敬語が使われている」という意味ではありません。 1つの単語やフレーズに3つ・4つの敬語が含まれる場合でも「二重敬語」として扱われます。 上記を踏まえた上で、この「お伺いさせていただきます」というフレーズには尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つの敬語が重複しており、基本的には「三重敬語」となります。 しかし先述のように、世間一般でよく使われている表現であり、その上で相手にとりわけ不快な印象を与えない表現であることから、さまざまな場面においてもこの「お伺いさせていただきます」という表現は多用される結果に落ち着いています。 「お伺いさせていただきます」の英語表記と意味 先でご紹介しました「お伺いさせていただきます」の英語表記を参考にして、「お伺いさせていただきます」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・Then, I will visit you at home this weekend. 「それでは今週末にご自宅へお伺いさせていただきます。 」 ・I'd like to ask your impression of the award. 「受賞されたご感想をお伺いさせていただきます。 」 ・I would like to ask you a bit about the contents of the new business plan. 「新しい事業プランの内容を少々お伺いさせていただきたいのですが。 」 「お伺いさせていただきます」の英語表現(2) 先述しました「お伺いさせていただきます」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「お伺いさせていただきます」の例文をご紹介します。 ・I would like to ask you about the contents of the new project you planned at this point, and would like to inform you in detail about future work vision and future design. 「現時点であなたがご企画された新プロジェクトの内容をお伺いさせていただきます上で、今後の仕事のビジョンと、将来設計について詳細にお伝えいただきたく存じます。 」 ・I will ask about your impressions that were completed. 「完走されたご感想をお伺いさせていただきます。 」 「お伺いさせていただきます」の用法を覚えましょう いかがでしたか。 今回は「お伺いさせていただきます」の使い方・間違いなのか|シーン別と題して、「お伺いさせていただきます」の使い方・間違いなのか|シーン別についての詳細情報のご紹介をはじめ、「お伺いさせていただきます」の具体的な用例をご紹介しました。 「お伺いさせていただきます」という言葉は日常生活でもビジネスシーンでも非常に多くの場面で使われており、どの場合でも「聞く・尋ねる」と「訪問する」という3つの意味合いを含めた慣用句表現として認められます。 特にビジネスシーンでは、誰に対しても失礼のない敬語表現がいつでも求められるため、この「お伺いさせていただきます」という表現をする場合でも確実に敬語表現として認められる用法をもって相手に伝えることが大切になります。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

頂きたいと存じますの意味・例文13選|教えて頂きたく・いただきたく?

お伺いさせていただきたく存じます。

「伺わせていただきます」は誤用 「伺わせていただきます」は二重敬語のため避けるべし 「伺う」は、「聞く」「伝え聞く」「尋ねる」「訪問する」「行く」の謙譲語です。 「伺わせていただきます」とすると、「訪問する・行く」の謙譲語になります。 謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示します。 「訪問する」ときの「伺う」は、自分から目上の相手に出向くことを表します。 この場合は、自分の都合で相手が時間を割いてくれていることに対しての敬意を示していることになります。 「伺わせていただきます」は、 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「〜させていただく」という表現は、相手の許可を受けて行う場合、それを行うことによって相手から恩恵がある場合に使用します。 「伺わせていただきます」には謙譲語が二つ含まれているので、 二重敬語となります。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため、なるべく使用は避けた方が良いでしょう。 「伺います」が正しい敬語 「伺います」は、 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「伺います」だけだと丁寧さに欠けるのではと思うかもしれませんが、 「伺います」は謙譲語+丁寧語のため、非常に丁寧な表現になります。 訪問することを何て言えば良いのか迷った場合は、シンプルに「伺います」と使うことが無難になります。 例えば、「伺います」は取引先などを訪問する際のメールで多用されます。 訪問するときに、「〜行きます」というよりも「〜伺います」といった方が丁寧です。 また「伺います」は、「よろこんで伺います」「ぜひ伺います」といったように、「伺います」の前に 「ぜひ」「かならず」「よろこんで」を付けることによって、柔らかい印象を与えることができます。 例文 ・今日ですか?よろこんで伺います。 「伺わせていただきます」以外の間違った敬語 「伺わさせていただきます」も二重敬語 「伺わさせていただきます」は、 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 助動詞の「させる」は「いただく」を一緒に使用することで「〜させていただく」という謙虚な姿勢を表現することができます。 「伺わさせていただきます」は、謙譲語が二つ含まれているので二重敬語になります。 「伺わさせていただきます」は二重敬語でありながら、 サ入れ言葉にもなります。 サ入れ言葉とは、本来「せる」を付けなければいけない動詞に「させる」を付けてしまう誤った表現のことを言います。 五段活用の動詞には、助動詞の「させる」ではなく「せる」を付けることが原則になります。 「伺わせていただきたく存じます」も誤用 「伺わせて頂きたく存じます」は、 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 「存じる」=「思う」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「伺わせていただきたく存じます」には、謙譲語が三つ含まれているので 二重敬語になります。 二重敬語でもあり、少々くどい表現でもあるので「伺わせていただきたく存じます」はなるべく使用を避けた方が良いでしょう。 「伺わせていただきます」の正しい敬語表現 「伺ってもよろしいでしょうか」は面接時など質問するときに使う 「行く」の謙譲語として「伺う」を使うときは、自分から目上の相手に出向くことを表しています。 目上の相手に「行ってもいいか」と質問するときは、「伺ってもよろしいでしょうか?」と聞くようにしましょう。 例えば、面接の時に「面接日時は来週も水曜日の午後か木曜日の午後」と言われた場合に「それでは水曜日の14時に伺ってもよろしいでしょうか?」など使います。 「お伺いしてもよろしいでしょうか?」は二重敬語になりますので、注意しましょう。 「伺いたく存じます」はビジネスメールなどで願望を伝えるときに使う 目上の相手に「そちらへ行きたい」といったことを伝える際に「伺いたく存じます」と使います。 「お伺いたく存じます」は二重敬語となるので注意しましょう。 例文 ・明日の打ち合わせではこちらの商品について、伺いたく存じます。 ・部長、先日出席できなかった会議につてい、伺いたく存じます。 「伺うことができません」は「行けない」ということ 目上の相手に、行けないことを伝える場合は「伺うことができません」と使いましょう。 また「お伺いできません」は二重敬語になるため避けるべきですが、よく使われています。 例文 ・申し訳ございません、あいにく明日は予定があり、伺うことができません。 ・大変申し訳ございませんが、予定していた15日の会議ですが出張となり伺うことができなくなりました。 14日もしくは16日であればどの時間帯でも伺えます。 ご都合はいかがですか? 「お伺いします」も本来二重敬語だが、定着している 「お伺いいたします」は、 「お」=謙譲語 「伺う」=「訪問する」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 そのため「お伺いします」は厳密には 二重敬語になります。 本来は誤用になりますが、「お伺いします」は慣習的に多く使われています。 そのため「お伺いします」は使用しても問題ではありません。 ただ相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性もあるので、注意して使用するようにしましょう。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の