そして バトン は 渡 され た 読書 感想 文。 【感想・ネタバレ】そして、バトンは渡されたのレビュー

「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこ 文藝春秋

そして バトン は 渡 され た 読書 感想 文

そして、バトンは渡された/瀬尾まいこのあらすじと読書感想文(ネタバレ) 2019年11月24日 参照回数: そして、バトンは渡されたのあらすじ(ネタバレ) 森宮優子には3人の父親と2人の母親がいる。 現在、優子は3人目の父親である森宮と一緒に暮らしている。 一見すると複雑で大変そうな家庭に思われるが、優子はそれぞれの父親と母親からしっかりと愛情を注いでもらったので、周りの意見など気にせず元気に暮らしている。 優子の生みの母親は優子が物心つく前に事故で亡くなり、優子は実の父親である水戸秀平に小学生まで育てられた。 優子が小学校2年の頃、水戸が明るい性格で可愛らしい田中梨花という女性と再婚することになった。 優子もすぐに梨花のことが好きになり3人で暮らすことになる。 しかし、優子が小学校4年の頃、水戸がブラジルに転勤することになった。 その頃、水戸と梨花は再婚時よりも関係が悪くなっており、水戸の転勤を機に離婚することになった。 優子はどちらについていくのか悩んだが、日本に友達がいるということもあり、梨花に引き取られることになった。 離婚した梨花は、優子を女手一つで育てはじめる。 しかし、梨花には浪費癖があり、お金を貯めることができずに2人は細々と暮らしていた。 それでも優子は幸せであったが、小学校6年の頃、周りの友達に影響されて、ピアノを習いたいと梨花にお願いをした。 梨花は普段わがままなどを言わない優子の願いということもあって、卒業のお祝いとしてピアノをプレゼントすると約束をした。 楽しみにしていた優子だったが、梨花から急に引っ越しをすると言われて、豪邸に連れていかれた。 その家で優子は、梨花から泉ヶ原という男性を紹介される。 泉ヶ原はお金持ちで梨花よりもだいぶ年上であったが、優しい男性だった。 実は梨花は泉ヶ原とすでに籍を入れており、優子はこの家で暮らすことになったのだった。 家には大きなピアノが置いてあった。 こうして、優子に2人目の父親ができた。 しかし、しばらくすると、梨花はお金に困らない何不自由のない生活を窮屈に感じるようになり、家に帰らないようになってしまった。 そして、優子が中学を卒業するタイミングで、梨花は森宮という男性と結婚をすると報告をしてきた。 梨花は泉ヶ原に別れを告げ、泉ヶ原もあっさりと了承した。 選択権が与えられないまま、こうして、優子に森宮という3人目の父親ができた。 しかし、2か月後、書き置きを残して突然、梨花がいなくなった。 優子はこれまでの梨花を知っているので、梨花に新しく好きな人ができたのだろうと受け入れていた。 森宮は梨花と離婚することになったが、自分が優子の父親になって、優子を大切に育てていくことを決める。 親になることは楽しいことばかりではないかもしれないけれど、自分と優子の分、未来が二倍になると森宮は考えて、優子の親として生きる覚悟を持った。 *** 優子は高校で浜坂という男子に指名され球技大会の実行委員をすることになった。 浜坂は優子に好意を寄せていた。 しかし、優子の友人の萌絵が浜坂を好きだったことがわかり、そこから優子は萌絵を中心としたクラスの女の子たちから孤立してしまうようになる。 優子は自分が孤立することに対して気に止めていなかったが、事態が悪化し家庭の事情まで噂されるようになり、優子は自分から3人の父親と2人の母親がいることをクラスメイトに打ち明けた。 クラスメイトは驚くが、優子にとっては特に大きなことではなかった。 優子は、学校での出来事をきっかけに自分は人の間で立ち回るのが苦手であることを自覚した。 しかし、それでも気にせずに穏やかに生きていけるのは、これまでの両親の育て方のおかげだなと感じた。 森宮も学校での優子を心配し、家で美味しいごはんを作ってくれ、優子はどんな時も家でご飯を作ってくれる人がいることも、自分に力を与えてくれるのだと感じた。 優子は高校の合唱祭で、中学にピアノを習っていたこともあって伴奏者に選ばた。 各クラスの伴奏者が音楽の先生に指導を受ける場で、優子は早瀬という男の子の演奏の虜になってしまう。 早瀬にピアノを褒められて優子は合唱祭の準備を楽しんでいた。 しかし、合唱祭後、早瀬に彼女がいることが判明し、優子は人知れず失恋気分を味わうこととなった。 この頃、家では優子は森宮とケンカすることが増えていた。 クラスメイトに何か言われても平気なのに、森宮だと同じようにできない事を優子は悩んでいた。 まだ、本音で接していないのではないかと悲しい気持ちになっていたが、それだけ優子は森宮との生活を大切にしていた。 その後、優子と森宮はお互いに本音を話し、これまでよりも一層絆を深めた。 優子にとって今の家族は森宮で、自分も森宮と家族でいる覚悟を持つ必要があると優子は思っていた。 優子は、次に苗字が変わる時は、自分自身で決めるのだと心に決めて、森宮優子として高校の卒業式を迎えた。 優子は高校卒業後、希望していた短大に進み、その後は山本食堂という家庭料理屋に就職した。 そこで優子はイタリアから帰国したばかりだという早瀬に再会をした。 再会を機に、早瀬と優子は交際を始めた。 優子は早瀬と結婚することを決め、森宮の元へ挨拶に行った。 しかし、森宮は早瀬との結婚に反対した。 早瀬は高校卒業後、音楽の道を志していたが一度途中で別の道に行き、イタリアへピザ作りの修行に行っていた。 帰国して優子と交際をした後も、道を変えハンバーグ作りの修行と言ってアメリカへ行っていた。 将来が定まらない早瀬に、優子を任せるわけにはいかないと、森宮は2人の結婚を反対し続けていた。 そこで優子は、まず他の両親たちに報告しようと考えて、連絡先を知っている泉ヶ原の元を訪れる。 泉ヶ原は2人の結婚と優子との再会を喜び、そして優子が知らなかった梨花の居場所も教えてくれた。 実は、梨花と泉ヶ原は、森宮と梨花が離婚した後に再婚していた。 そして、梨花は現在、入院していた。 優子は梨花の病院を訪れ、7年ぶりに梨花と再会を果たした。 梨花は痩せていたがあの頃と同じく、よく笑っていた。 優子は梨花からこれまで何があったのか話を聞くことになった。 梨花は泉ヶ原と暮している時期、会社の健康診断で自分が病気であることを知った。 自分が死んでしまったら優子が悲しんでしまうと考えた梨花は、自分の代わりに優子の親になってくれる人を探そうと考えた。 そこで梨花が選んだのが森宮であった。 優子は森宮と結婚し優子の父親になってもらい、自分は家を離れたのだった。 その後、泉ヶ原は梨花の病気のことに気付いて、支えるために再婚したのだった。 優子は梨花の話を聞いて、早瀬と結婚したいということを伝えた。 梨花は結婚式に行くと約束してくれた。 梨花に会った優子は早瀬にピアノを弾いて欲しいと望んだ。 病気の身体だって、音楽は心に伝わっていくと考えていた。 早瀬はもう一度音楽の道に進むことを決めた。 梨花の病院を訪れて数日後、梨花から荷物が届けられた。 血の繋がった父親である水戸から優子宛に送られた大量の手紙だった。 実は、梨花と水戸が離婚してからも、水戸は手紙を送り続けていた。 しかし、梨花が優子には渡さずに全て持っていたのだった。 水戸の手紙を読んだ優子は、水戸はすでに再婚して別の家族があることを知り、水戸には結婚のことを言わないでおくことにした。 その後、優子と早瀬は改めて森宮に2人の結婚を認めて欲しいと話しをし、森宮も認めてくれることとなった。 そして結婚式の前夜。 森宮は優子に、優子の父親になれたことに感謝していると言った。 そして、それは優子も森宮が父親になってくれたことに感謝の言葉を伝えた。 優子の結婚式当日、連絡をしていなかった水戸が会場に姿を見せる。 実は、水戸の手紙を読んだ森宮が結婚式のお知らせをしていたのだった。 突然の登場でも優子と水戸は月日を感じさせない距離感で親子の会話をしていた。 森宮は水戸を式場に呼ぶにあたって、ヴァージンロードを歩く役割も水戸に変更していた。 しかし、本番になってその役割はやっぱり森宮であると伝えられた。 優子は、「ずっと変わらず父親でいてくれた。 旅立つ場所も、戻れる場所もここだけだ」と森宮に伝えた。 森宮と優子が並んでいる扉が開くと、ヴァージンロードの先に早瀬がいた。 森宮は「本当に幸せなのは、誰かと共に喜びを紡いでいる時じゃない。 自分の知らない大きな未来へと大きなバトンを渡す時だ。 」と幸せな気持ちで包まれていた。 そして、優子と森宮は、一歩を踏み出した。 そして、バトンは渡されたの読書感想文 この作品は、親の死、再婚や離婚などで4度も苗字が変わった主人公の森宮優子が、それぞれの親と関わりながらどのように成長していくのかを描いた物語です。 物語は、優子の小さい頃の話から、大人になり結婚するまでが描かれています。 「親が頻繁に変わってしまう子ども」とだけ聞くと、辛い境遇で育ったのかなという先入観を持ってしまっていましたが、この作品はどこかユーモアもあり明るくて温かい気持ちで読み進めることができました。 親と子、家族の血の繋がり、血の繋がり以上に愛情や一緒にいた時間の大切さを感じ、家族を大切にしたいと思わせてくれる作品です。 特に最後の親である、森宮と優子の関係には何度も温かい気持ちなりました。 森宮が優子のことをどれだけ愛しているのかが会話の中からも伝わってきて、優子自身も森宮との関係を大事にしているからこそ、踏み出せない瞬間もあり、もどかしい気持ちにもなりました。 この2人を見ていて、たとえ親子でもそれぞれ1人の人間同士であり、お互いを思いやる気持ちがないと関係は繋がらないものなのかもしれないと感じました。 私はこれまで、家族は家族だからこそ、どこか離れられない部分があるのかなとも思っていましたが、大切なのは「家族」や「親子」という肩書ではなく、そこに愛情が存在しているかどうかなのだと感じました。 森宮だけではなく、この作品の中で出てくる、優子とそれぞれの親たちの間には、形は違えど、それぞれに深い愛情がありました。 だからこそ優子は、まっすぐに育つことができたのだと思います。 きっと世の中にはその親子の数だけ様々な親子の形があるのだと思います。 そこには、血の繋がりだったり、幼少期を過ごした思い出だったり、お嫁に出す時期だったり、沢山の親子の時間があって、きっと深い愛情があるのだとこの作品を読んで感じました。 喧嘩をすることも、鬱陶しく思うこともあっても、親子の時間、家族を大切にしていきたいと思えた作品でした。

次の

瀬尾まいこ「そして、バトンは渡された」読みました

そして バトン は 渡 され た 読書 感想 文

Contents• 「そして、バトンは渡された」あらすじ 優子はたくさんの親達にリレーされて育った高校3年生の女の子です。 優子には父親が三人、母親が二人いて名字も3回変わり、家族の形態は十七年間で七回も変わりました。 新しい父親や母親に緊張したり、その家のルールに順応するのに戸惑ったり。 そして一緒に暮らして馴染んだ人と別れるのが切なくなったり。 周りから見たら、どれだけ大変で嫌な思いもたくさんしたんだろうなと思ってしまいますが、本人は特別な事としてとらえていなくてあっけらかんと明るいのです。 そして、現在の父親の森宮さんがとぼけていていい味を出しています。 この森宮さんは子供っぽくて少しずれているけど、一緒にご飯を食べてくれます。 餃子、かつ丼、ラーメン、オムライス、ドライカレー、そしてスイーツは数知れず出てきます。 これらがすべて本当に美味しそうで幸せそうです。 一緒に食事した分、時間だけ二人はかけがえのない家族のになっていきました。 大人になった優子はある事をきっかけに、親めぐりをして今だからこそわかるそれぞれの愛の深さ、そして彼らが去って行った理由知ることになります。 ネタバレ感想 この物語の設定はとても重いものですが、読み終えた後はとてもすっきりとした感情になります。 主人公の女の子もぐれずに順風満帆な生活を送っていったというのも、この子に関わる親が、いい人たちであったということが一つの理由となるかなと思います。 多少現実離れした内容ではありますが、とても良いストーリーであると思います。 親子の形はその都度変わっていきますが、どの親子になっても、その本質というものが保証されていた物語でした。 瀬尾 まいこ せお まいこ) 本名 瀬尾 麻衣子 大谷女子大学文学部卒業。 中学校国語講師を9年務めた後、2005年に教員採用試験に合格。 2011年に退職するまでは中学校で国語教諭として勤務する傍ら執筆活動を行なっていました。 自身の中学校勤務を元にしたエッセイも執筆しています。 受賞歴 ・2001年「卵の緒」坊っちゃん文学賞大賞受賞 ・2002年『卵の緒』作家デビュー ・2005年『幸福な食卓』吉川英治文学新人賞受賞 ・2008年『戸村飯店 青春100連発』坪田譲治文学賞受賞 他の作品に『おしまいのデート』『春、戻る』『あと少し、もう少し』『君が夏を走らせる』などがあります。 いくつかの作品が映像化されていますが、2017年には「僕らのごはんは明日で待ってる」が中島裕翔主演で映画化され、 糸谷良子の作画でコミカライズもされています。 まとめ 読後感のさわやかで温かい物語で、人前で読むよりも自宅でゆっくりと読みたい本です(泣いてしまうので) 本屋大賞に選ばれるかはわかりませんが、この機会にぜひ読んでもらいたい一冊です。

次の

おとなの読書感想文6|半熟|note

そして バトン は 渡 され た 読書 感想 文

私は、この言葉に弱い。 無類の読書好きは、自分の直感だけを頼りに、素敵な本に巡り合えるのだと思う。 しかし私は、図書館では運命をいつも求めているが、本屋さんではできるだけ失敗を避ける。 そう、ケチで小心者である。 今回、この本を選んだ理由は二つある。 まずは、2019年を受賞。 全国書店員が選んだ本なら間違いない。 そして、本の主人公が、親は何回も変わったけれど幸せに過ごしている話ということ。 大抵、お涙頂戴ものは、苦労がつきものだ。 それがない。 にもかかわらず、著者の感動作だと??どういうことだ???なんだ???と思って本を購入した。 まず、読んでみての感想。 すごく幸せな気持ちになった。 これは現代においては、あり得ないおとぎ話なのかもしれない。 それでも、子供の人生は親が誰であっても幸せでいてほしいし、幸せな人生を歩んでほしいものだ。 私は両親以外の人にも支えられて、ここまできたということを思い出すこともできた。 家族や親族、友人や職場の人だけではない。 思い返せば、私の人生には、一人暮らしの時のアパートの管理人のおじさん、のバイト先のパートのおばさん、コンビニの店長さんとその家族、同じアパートで過ごしおかずや野菜をおすそわけしあった看護師さんや学校の先生、いきつけの美容室のご夫婦、よく家にお邪魔してお話を聞いたりご飯をごちそうになったおばあさん。 たくさんのたくさんの出会った大勢の人に支えられて、今まで来た。 この本を読んだだけで、色々な優しさの思い出がよみがえり、心があたたかくなった。 それに、家族との懐かしい夕食の時間。 必ず集まれる時は皆で集まって食べた夕食。 友達とけんかしたこと、テストが難しかったこと、面白かった本やドラマの話、ニュースや政治のことまで。 私達家族はおしゃべりが好きだから、めいめいに話したいことを話していた。 そんな家族の時間を、風景を、思い出した。 その時食べたものは、ほとんど覚えてないけど、お母さんのそば米汁、茶碗蒸しは今でも大好物だし、寒い時期は受験勉強の時に作ってもらった鍋焼きうどんが食べたくなる。 この本の中にも、美味しそうなご飯の場面がたくさん出てくる。 愛情あふれる、特別なご飯と家族の時間。 私はこれから子供を生む。 母親になる。 その時、 「母親になってから明日が二つになった。 」 「自分の明日と、自分よりたくさんの可能性と未来を含んだ明日がやってくるんだって。 親になるって、未来が二倍以上になることだよって。 明日が二つにできるなんて、すごいと思わない?」 親になった幸せを、こんな素敵な言葉で伝えられる母親になりたい。 hm0609.

次の