国家 総動員 法 ブログ。 贅沢は敵だ

国家総動員法とは?簡単にわかりやすく!第一次近衛内閣の統制政策

国家 総動員 法 ブログ

「国家総動員法」 戦争遂行に必要な「人的及物的資源ヲ統制運用スル」目的で 制定された。 (昭和13年4月交付) 第一次世界大戦後、戦争に勝利するためには 総動員体制が必要だと考えられるようになった。 要するに軍隊だけが戦っていては勝てない、 国をあげて戦争に協力する体制が必要だというわけだ。 支那事変の勃発を背景に成立した。 軍需産業はもちろん、他の企業も金融も食糧も人も、 すべてが「戦争のため」とあれば統制を受けることとなった。 私の知る、あるおじいちゃんは、南方に海軍設営隊として引っ張られた。 兵士としてではなく、軍属としてである(当時18歳)。 電気関係の仕事をしていた彼は、南方の飛行場で 電気工事をすることになった。 これは、国家総動員法があったからだ。 ある日、身体検査を受けて、徴用令が届いて、 指定日時に指定場所に集合して、そのまま南方に送られ、 いつ死んでもおかしくない状況で何とか帰還した。 今だったらば、とんでもない「人権侵害」である。 私のまわりに、早く緊急事態宣言を出してくれと 言わんばかりの人がいた。 緊急事態宣言が出れば、コロナに感染しないとでも 思っているのだろうか。 ただの宣言で、何かが変わるわけでもない。 ちょっと考えればわかるでしょ? でもこの人は、自分でモノを考えない。 判断しない。 お上がそう言ってくれたら安心、だから早く宣言して、というわけだ。 不安と向き合えないので思考停止、のパターンだ。 不安の要因を作っているのは、メディアである。 毎日感染者数を発表し、都知事なんか毎日ネット動画で会見している。 「コロナ以外に大事なことはこの世にはないのよ!」 「夜の外出しちゃダメよ!」 「ロックダウンよ!!!」 「オーバーシュートよ~~~!!!!」 これだけ毎日毎日コロナのニュースをやっていたら、 大半の人は心配になるだろう。 インフルエンザの感染者数だって、こんなふうに煽られたら 大抵の人はビビるはずだ。 たいして報道もされないから、皆、フツーに生活している。 要するに私たちは、つねに限定された情報にしか 接していないし、接することができない。 不安に煽られた一般市民は、疑心暗鬼で攻撃的になる。 「マスクしてない!」 「花見なんか非常識!」 「東京ナンバーの車はうちの近くに来るな!」 皆で地域を守ろう。 その一致団結はバランスを欠けば管理社会を生む。 そのうち上からの管理を望む。 多少の私権が制限されても、それを望む。 自分たちでモノを考えなくても済むから。 「今は非常事態だからね!」と、嬉々として協力する。 外出しようもんなら、後ろ指をさされる。 現代版「隣組」だ。 異論は封じ込められる。 そのうち「忖度」する「優等生」が出てきて、管理社会が強化される。 なるほど戦争へと向かう「空気」は、 こうして出来上がったのだな、としみじみ思う。 「コロナなんか、かかるときはかかるよ」 「死ぬときゃ死ぬよ」 「経済回すことのほうが大切じゃないの?」 戦時中なら確実に非国民扱い、 特高警察にしょっぴかれているだろう。 緊急事態宣言が出て安心する人、喜ぶ人は、 80年余前の国家総動員法に積極的に協力した人たちだ。 そんなまさか、と思うかもしれないが、 自分の生活が国家権力に統制されることを望む、という意味では 同じである。 いやいや緊急事態宣言には強制力はないから、 要請しかできないのだから違うでしょ、と 言ったところで意味はない。 いきなりあんな総動員体制を構築する法律が 出来上がったのではない。 もともとは「軍需工業動員法」(大正7年)があり、 「戦時」に限定されて 大量の軍需品生産を可能とする 体制があった。 あくまでも「戦時」だから、 最初はそれほど国民の生活に影響がなかった。 そのうち、状況に応じて法律の中身と名称が変わっていき、 より統制されるようになり、最後に行き着いたのが 国家総動員法である。 私権を制限し統制するためのスタートではなく、 いわばゴールだったのだ。 国家権力が私権を統制することの恐ろしさを、 結局のところ、日本人は歴史から何も学んでいない。 自らは思考停止し、結局はお上にすがり、お上に頼る。 そんな人たちがおじいちゃんの世代を批判する資格など 毛頭ないのである。 笹幸恵 昭和49年、神奈川県生まれ。 ジャーナリスト。 大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。 国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。 現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。 戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。 大妻女子大学非常勤講師。 國學院大學大学院在学中。 著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次の

マスコミ9条の会ブログ: 11245 「国家総動員法」を思わせないか

国家 総動員 法 ブログ

中国共産党政府が「支那」をNGワードに指定した。 それ以外にもFacebookは中国共産党政府から突きつけられた様々な規制条件に協力するらしい。 中国共産党政府が日本に注文を付けている。 しかし、 外国の「China」表記には文句をつけないらしい。 China=支那 ではないか。 だがしかし、 どれくらいの日本人が、 中国(支那)に「国防動員法」があり、 池袋のチャイナマフィアに代表されるような、 地下の中国人組織が動いていることを知っているだろうか? ここで2010年に成立した、 中国共産党政府の「国防動員法」について さらっとおさらいをしておきたい。 (2015. 「備蓄物資が国防動員の需要を延滞なく満たすことができなくなったときは民生用資源を徴用できる」。 「金融、交通運輸、郵政、電信、報道出版、ラジオ、映画テレビ、情報ネットワーク、エネルギーや水資源の供給、医薬衛生、食品と食糧の供給、商業貿易などの業種に管制を敷く」 とある。 最悪の場合は日系企業の中国の銀行口座凍結や金融資産接収のほか、売掛金放棄も考えられる。 ビジネスの基本であるカネが危ない。 今、日本国内に多くの中国人社長の企業があり、日本人が従業員として雇われている会社がありますが、 国防動員法が発令されれば、日本にある中国系企業もすべて、 中国軍のスパイ活動や食糧調達、軍備調達に協力する可能性があります。 日本人従業員が退職を願い出ても受理されない可能性がありますよね。 民主党政権が、いかに壊国政権だったかわかりますね。 ですから、元民主党、民進党議員は 国会に入れてはいけないのです。 さて、これを踏まえて中国人の本音の話に入っていきます。 先日、ネットで興味深い記事を見つけました。 詳しくはダイヤモンドオンラインに掲載されています。 先日、帰国したときも、東京の家電量販店では支付宝を使えばなんと15%引きだった。 これは大きい。 中国側で特定店のクーポンを発行している場合もあり、使えないと「損した!」気分になるのだろう。 日本の適正価格という感覚はわからないようです。 だから文句言うのよね。 しかも中国でペーパーレス化が進んでいるのは、偽札が横行しているから。 当然ですが中国の銀行は国営です。 その銀行のATMでお金を引き出したら偽札が紛れて出てきた。 偽札をもって銀行に苦情を言いに行ったら「そんなことはあり得ません」と頑として認めない。 出てきた偽札は預け入れもできない。 結果として偽札の分だけ自分が損をするとなれば、 そりゃあ電子マネーも普及するわなぁ。 「日本で発展したい」、「未来をかけたい」という言葉は、あまり聞かない。 黄河は対岸が見えないし、滝もナイアガラみたいなのがある。 小さいのがぽつんとあるだけ。 「わび・さび」がわかる人は少ない。 』)である。 映画は、壮大な景色の中で中国人たちがおりなす恋愛ドラマ。 登場人物らの旅資金はベンチャービジネスで当てたものであり、旅館の浴衣を着た彼らに、給仕の和服の日本人女性が正座で頭を床につくほど下げるシーンが出てくる。 幻滅するから。 日本で働くのはそんなに我慢しないとダメなのか。 日本人の昼と夜のあまりの違いに中国人は引いてしまう。 中国人は昼もワガママ、夜もワガママなので変化はない。 私だって在中日本人としていろいろ言われるが、お互いそういうことを乗り越えていくのが、グローバルかもしれない。 -------------- 一方、日本人の、中国人に対するビミョーな気持ちも彼らは感じ取っている。 先日、私が日本でホテルに泊まったときに、ふと中国での現住所を宿泊カードに書いたら、それまで笑顔だったフロント係の対応が突然変わり、怒り声で「パスポート、見せてください!! ……私は純ジャパニーズだって。 「 サベツはいけない」というインテリにも多く、私の姉は大学教授だが、中国に来る時は何度言っても冷蔵庫の期限切れ食品を抱えてくる。 でも中国人は世界中で差別されているから。 面子のないことするやつも多いし、しかたないよ」(30代、中国人男性)。 うち、おじいちゃん、手術せず死んだよ」「警官がこっちに道ゆずった!威張っていないんだね」 「不正や賄賂が少ない。 まじめ。 民度の高さも認める。 ストレス強そうで、人と人との関係が冷たそう」 中国の内陸の安徽省に西逓・宏村という有名な観光地がある。 昔栄えた村で、中国らしくなく、古い建築がそのまま保存されている。 水もきれいで汚染されていない。 交通が隔絶されており、閉じた社会で人々は非常に善良で騙す人がいない。 しかし老人ばかりで、たまにいる若者は足抜けできず不機嫌そうである。 取り残され物価も安い。 ここに発展に疲れた都市部の中国人たちが、近年のひなびた田舎観光ブームで観光バスを仕立てて大挙して押し寄せている。 そして短時間のうちにバーっと消費し、帰っていく。 「いいね、いいね」と言いながら。 中国の桃源郷と呼ばれるここ、私は日本に重なるのだが、どうだろうか。 しかし、国という視点で考えた場合、勘違いをしているように私には見える。 利便性と言う点ではたしかに電子マネーが有利だろう。 しかし、その普及に貢献したのは中国国内で流通する人民元の偽札である。 ご存知の通り、 貨幣と言うのは国が管理し、責任を持つツールの一つである。 そこに偽札が混じっている。 そしてそれを放置というのは、 既に中国が国としての信用を失っていると思うのだが、 J-CASTニュースの記事ではそれを知らぬ顔で官も民もやり過ごしている様子が描かれている。 今はこんな地方の金券ショップでも人民元をよく見かけるが、それは本当に真札だろうか? 「騙したもん勝ち」の弱肉強食の文化で、それがまかり通っているのなら 私達は彼の国と付き合ううえで、自衛の手段として 入国ビザの強化や、あらゆる警戒と規制をしなければならないと思うのだが、どうだろう。 文中の羽田近くのホテル従業員の対応は私は非常に納得できる。 彼らは非常識なことを自分ルールでやらかす。 例えば宿泊施設では1室あたりの宿泊人数が決められていることが多いが、 彼らは平気でそれを破る。 2人でツインの部屋をとって5人で泊まる(ベッドに2人ずつとソファーに1人)。 そこには宿泊施設に対する敬意はない。 ただ自分たちの都合だけだ。 その時さえ良ければ、その時さえ凌げればそれでいい。 と言う本音が垣間見える。 旅館も商売だ。 営業に差し障ると思えば断ることはできない。 そういう弱みにつけこんで、無理難題をねじ込んできたのが中国だ。 結果、どんどん中国人に侵食される。 アパホテルの様に毅然と断ってもいいではないか。 宿泊施設はそこを利用するすべての人に責任がある。 そのために宿泊約款があるのだから。 日本に住んで現体制を批判する中国人だって、 国防動員法が施行されれば日本人を襲うのだろう? だったら、彼らにとやかく言われる筋合いはない。 日本は日本のやり方でいいし、文句を言われたら、 「これが日本のやり方だ。 不満なら帰ってください。 」と言えばよい。 「日本人て、なぜあんなにすぐに初対面の人を信じるの? バカなんじゃないの? 人も思いきって騙せない。 自分と家族とその親戚だけが得をすれば、あとはどうでもよい。 その代わり自分の権利、得をすることには石にかじりついてでも主張してきます。 正直さ、高信頼社会に価値を見出す私達とは全く違う性質だということを 私達は肝に銘じておかねばなりません。 外国人に人道的配慮とかいいますが、 憲法違反の生活保護費も1円たりとも出す必要はありません。 憲法は国の最高法。 そこに、配慮や婉曲した解釈は不要です。 むしろ、国の最高法律に「どうとでも解釈できる」というような穴があってはいけないのです。 なんで日本が譲歩しなければいけない? その必要はない。 日本は日本人の利益を第一として動けばよいのです。 国防動員法を知ったうえで中国に支社を置くなら、それは企業の自己責任だろうし 駐在員の安全を考慮するのは企業の経営者の責任です。 いつの間に日本はこんなに弱くなった? それは日本の歴史をきちんと学ばなくなったからです。 国に対して誇りを持たなくなったからです。 歴史を知らないから国も自分の存在も肯定できないのではないですか? どうか、このブログをご覧の皆さまが 学校で学んだ以外の日本の歴史を学び直ししてくださいますように。 そして家で家族で忌憚なく社会問題の話ができますように。 一人でも多くの人が自分が生きている社会に興味を持ってくれることを願っています。

次の

国家総動員法の現代版?

国家 総動員 法 ブログ

国家総動員法とは? (第1次近衛文麿内閣 出典:) 国家総動員法とは、 1938年 昭和13年 に第1次近衛文麿内閣のもとで制定された戦時法です。 1937年に始まった 日中戦争の拡大に対応するために定められました。 戦時には国防のため、国内のすべての人的資源・物的資源を統制・運用する権限を政府に与えるという内容で、事実上「白紙委任状」に近いものでした。 政府はこれをもとにさまざまな勅令を定め、 国民生活のすみずみまで統制する総力戦体制を整えていきました。 1945年に第2次世界大戦が終わると、国家総動員法は廃止されました。 国家総動員法の制定理由 国家総動員法を制定した直接の理由は、1937年に始まった 日中戦争が長期化していたことにあります。 中国側の抵抗が予想以上に激しく、戦争終結に向けためどが全く立たない中で、財政的な負担だけが膨らんでいきました。 日中戦争が始まった直後から、第1次近衛文麿内閣は臨時資金調整法や輸出入品等臨時措置法を制定し、国内の経済統制を強めてはいたのですが、戦争が長期化したため、国内の統制をさらに強めなければならなくなります。 そうした中で、第1次近衛文麿内閣は、国民全員に戦時意識を植え付けるキャンペーンとして 国民精神総動員運動を提唱し、貯蓄や国債応募、国防献金、物資節約などを呼びかけ始めます。 これがのちに 「ぜいたくは敵だ!」や 「欲しがりません勝つまでは」といった戦時中の有名なスローガンにまで発展していくことになるものです。 (銀座の立て看板 出典:Wikipedia) また、これと同時に、 企画院という内閣直属の官庁が設置されます。 この企画院が実際に戦時経済の計画や調整を行うことになります。 国家総動員法も企画院が中心となって立案したものです。 (企画院 出典:Wikipedia) 1 兵器、艦艇、弾薬などの軍用物資 2 衣服、食糧、飲料、飼料 3 医薬品、医療機器、医療器具、その他の衛生用物資、家畜衛生用物資 4 船舶、航空機、車両、馬、その他の輸送用物資 5 通信用物資 6 土木建築用物資、照明用物資 7 燃料、電力 8 上に挙げたものを生産・修理・配給・保存するのに必要な原料、材料、機械、器具、装置、その他の物資 9 上に挙げたもの以外で勅令で指定する物資 このように、政府が統制・運用できるものが事細かに書かれています。 しかも、9つ目の項目にあるように、 政府が勅令さえ定めれば、統制・運用できるものの範囲を後から拡大することができます。 このあたりが「白紙委任状」と呼ばれる理由の一つです。 実際、国家総動員法に関連する勅令として、さまざまな勅令が定められました。 例えば、 国民徴用令。 軍需工場などの労働力を確保するために、厚生大臣に対して強制的に国民を徴用できる権限を与えた勅令です。 はじめは建築技術者850人が徴用される程度でしたが、1941年以降は大規模になります。 さらに、1945年には他の法令と統合され、 国民勤労動員令となり、敗戦時には徴用された国民は総計616万人に上っていました。 また、 生活必需物資統制令では、米や燃料などの生活必需品の生産・配給・消費・価格が全面的に統制されました。 これによって、国民は配給割当ての切符で生活必需品を入手しなければならなくなります。 そして1941年にアジア・太平洋戦争が始まると、 物資統制令に引き継がれました。 この他にも、 価格等統制令、 新聞紙掲載制限令、 国民職業能力申告令など、さまざまな勅令が定められました。 このようにして、国家総動員法は国民生活のすみずみまで統制していくことになります。 国家総動員法の問題点 (昭和13年法律成立を報じる新聞 出典:) 国家総動員法の問題点は、大きく2つ挙げることができます。 実際の法律の運用がかなりの部分で政府の自由な裁量にゆだねられていたため、政府にとって都合の良いようにこの法律が使われ、これ以後の戦争拡大を止めることができませんでした。 この点は、当時すでに帝国議会で問題になっていました。 企画院が中心となって提出した国家総動員法の法案を議論する中で、衆議院の議員からは 「前例のない広範な委任立法で政府は猛省を必要とする」「非常時に名を借りた天皇大権干犯の法案である」といった厳しい批判が起こりました。 また、法案の審議中に政府側の説明委員として発言した陸軍省の役人が、議員から発言資格を疑問視する意見が出たときに「黙れ!」と叫んで問題となった場面もありました。 このように前代未聞の白紙委任状のような法案だったため、審議は大きく荒れましたが、結局は軍の圧力に押し切られて、衆議院では全会一致で法案が通過します。 また、貴族院でも一部の議員が反対したものの賛成多数で通過してしまい、国家総動員法は成立することになりました。 国家総動員法そのものは、政府が国内の資源、資本、労働力から貿易、運輸、通信に至るまで、すべての人的資源・物的資源を統制する経済政策に関わる法律でした。 ですが、 さまざまな勅令が追加された結果、国民を軍需工場に徴用したり、ストライキを禁止したり、言論や集会を制限したりするなど、国民からさまざまな自由を奪うものになっていきます。 この法律のせいで戦争に反対する言論は封殺され、全国民が強制的に戦争に協力させられる体制ができあがっていきます。 まとめ.

次の