マ スティック 口臭。 マスティックの効能 効果と注意点

歯磨き後も口臭がするのはなぜ?消えないニオイの原因5つ

マ スティック 口臭

外出時にマスクをつけることが多くなって、自分が吐く息のニオイが気になります。 口臭は、ワキガや体臭よりも強烈ですから、職場でもスメハラの原因に。 マスクをつけっぱなしにしていることで、他人へのハラスメントにも気付かされます。 マスクを入手しにくい状況で、2日、3日連続で使用することもあると思いますが、マスクとしての効果は別として、ニオイはなんとかしたいところです。 そもそもニオイの原因って、口の中の雑菌が作り出しているわけですから、口腔内の清潔度のバロメーターとも言えます。 マスク内にこもったニオイの強さで、口の中の衛生状態もわかるというわけです。 最近、口腔ケア アイテムとして、マスティックという成分を配合した商品が話題になっています。 中東では、宗教的な儀式や、衣服に焚き込めて香りを楽しむだけでなく、チューインガムのように噛んで口臭を消したりするようです。 また、乳香を噛むことで、虫歯の予防や治療,気管支炎,また腹痛や頭痛にも効果があるとされ、さまざまな用途で日常生活に浸透していることがわかります。 漢方としての歴史も古く、『本草綱目』では「薫陸香」として記され、中国医学では、活血、止血、鎮痛、消炎薬としても使われています。 乳香は、日本では江戸時代に樹脂の形で入ってきたために、採取元の植物については、ウルシ科とカンラン科、両説あったようですが、現在では中国と同様にカンラン科の植物の樹脂と統一されているようです。 健康食品の素材を製造している三生医薬株式会社のHPによれば、地中海沿岸では、5000年も前から植物療法の素材として利用されてきたそうで、次のように説明しています。 マスティック樹脂を乾燥したものをガムのように噛む習慣があり、その習慣を持つ地方の人々は消化器系疾患が極めて少ないことが知られていた。 マスティック樹脂を乾燥したものは、マスティック・ガムと呼ばれ、地域の人々の健康に役立ってきたことがわかります。 ギリシャ大使館の説明では、ソクラテスも利用し、強い殺菌力があるので、消毒薬、傷薬、ミイラの保存などにも用いられていたそうです。 欧米では、現在でも歯周病用歯磨き剤、手術用の糸や軟膏などに応用されています。 日本では、乳香として高級化粧品にも配合される成分ですが、口腔ケアのアイテムとしてもマスティックが配合されるようになりました。 海外での用途を知れば、口腔ケアとして最適の素材であることがわかります。 も、そんな口腔ケアアイテムの一つ。 日本では、まだ馴染みが薄いマスティックですが、ギリシャのヒオス島だけに生息する国立マスティック栽培協会認定の素材を使用しているとのこと。 噛んで食べられる新感覚のかプセルなので、飲み込んでしまうサプリメントとは違った独特の使用感が病みつきになりそう。 食後、仕事や家事の合間など、さらにペパーミントが配合されているので眠気をもよおしたときなどにも使えます。 歯周病が、カラダのさまざまな病気の原因になることがわかってきました。 マスティックは、日本では漢方として配合され、歯周病予防としても開発研究がおこなわれています。 普段の生活のなかで、口腔ケアの意識を高めるためにも、は試す価値のあるアイテムと言えるでしょう。

次の

口臭や歯茎のケアにマスティック&アロマ

マ スティック 口臭

[1] マウスウォッシュとは? マウスウォッシュとは、口の中に含みすすぐ事で口臭、虫歯、歯周病などの予防が期待できるオーラルケアアイテムです。 また、デンタルリンスというものもありますが、マウスウォッシュと同義語です。 マウスウォッシュは、大きく「洗口液」と「液体歯磨き」の2つに分ける事ができます。 洗口液 歯磨きなどのケアの後にプラスで使ったり、洗口液のみで使ったりできる手軽なオーラルケアアイテムです。 液体歯磨き 歯磨き粉の代わりに液体歯磨きを口に含んですすいだ後に、歯磨きするものです。 この時、歯磨き粉は付けません。 マウスウォッシュの正しい使い方 マウスウォッシュは歯磨きの後に使うのが正しい使い方です。 忙しい時は、マウスウォッシュだけ使ってもよいですが、なるべく歯磨きの後に使うようにしましょう。 口の中をしっかり清潔に保つことができます。 次に、マウスウォッシュを使う際の注意点を挙げます。 歯磨きの後、マウスウォッシュを使ったら、そのままにしてください。 また、マウスウォッシュを使った後はなるべく飲食を控えましょう。 せっかくマウスウォッシュを使っても、すぐに飲食すると意味がないからです。 少なくとも30分は飲食を控えることをおすすめします。 免疫力が下がり風邪をひいたり、疲れがたまっている場合も、口内トラブルが発生する可能性があるため、使用を控えることをおすすめします。 マウスウォッシュ使用例 < 朝 > 夜にしっかり磨けば良いと思いがちですが、朝こそ寝ている間に増えてしまった菌をしっかりケアしましょう。 朝食後に、しっかり歯磨きしてからマウスウォッシュですすぎましょう。 時間がない場合、マウスウォッシュだけでも使っておくと、口腔内が潤い口臭が軽減します。 関連記事 < 昼 > お仕事の昼休み、時間がない方が多いと思います。 そんな時はマウスウォッシュですすぐだけでも十分口臭ケアできます。 もちろん時間がある方は、歯磨きもしてくださいね。 < 夜 > 朝同様、時間をかけてケアしましょう。 就寝中は口腔内が渇き菌の繁殖が進みます。 しっかり歯を磨いてからマウスウォッシュですすぎ、なるべく口腔内の菌を取り除き、潤してから眠るようにしましょう。 [2] 目的に合わせたマウスウォッシュの選び方 人と会話するなかで「この人ちょっと口臭キツイかも?」と思った事、一度はあるのではないでしょうか。 口臭は自分ではなかなか気づく事ができず、家族ですら言いづらいデリケートな問題です。 「臭い!」と思われる前に、ケアする事が大切です。 マウスウォッシュは店頭にたくさんの種類が置いてあります。 同じメーカーでも数種類のマウスウォッシュがあり、使う側としては一体どんな違いがあるのか分かりません。 自分に合ったマウスウォッシュを選ぶには、どこに注目して選べば良いのでしょうか。 口臭が気になる時に使いたい 忙しくて食後に歯磨きする暇もないという時、急な来客に対応する時、即効性のあるマウスウォッシュを使う事をおすすめします。 即効性のあるマウスウォッシュは、刺激が強めで、アルコール成分入りなので、使用後に爽快感があるのが特徴です。 虫歯・口臭予防の為に普段使いしたい 虫歯や口臭の予防に、毎日の歯磨き後にマウスウォッシュを使用しましょう。 刺激の強いマウスウォッシュは、低刺激のものに比べ酸性が強い傾向にあり、口腔内の良い菌まで洗い流してしまう事があります。 また、酸性が強いマウスウォッシュを日常的に使うと歯が弱くなってしまう可能性もある為、普段使いしたい場合は低刺激・ノンアルコールのものを選ぶようにしましょう。 関連記事 注意点 ・普段のオーラルケア(歯磨きやデンタルフロスなど)のプラスアルファとして使う マウスウォッシュだけでは虫歯や口臭は予防できません。 仕事中など忙しい場合以外は、デンタルフロス・歯間ブラシで歯間の汚れを取り除き、歯磨きをして、プラスアルファとしてマウスウォッシュを使用するのが、虫歯・口臭予防として理想的です。 ・使用頻度に注意 刺激が強ければ強いほど効果があると思いがちですが、刺激があるものほど口腔内の環境を整える役割がある唾液の分泌を低下させてしまい、ドライマウス(口腔内が渇いている状態)になってしまう可能性があります。 ドライマウスは口臭の原因の1つでもあるので、刺激の強いマウスウォッシュの使用頻度には注意しましょう。 Amazonの情報を掲載しています 殺菌に優れた、独自の長時間殺菌システムを採用して作られたマウスウォッシュ。 CPC 塩化セチルピリジニウム という殺菌成分が、お口の中のすみずみまでいきわたることで、ミクロな口臭原因菌を殺菌。 口臭を長時間予防し、爽やかな息をキープできます。 天然ミント配合の爽やかなクリアハーブミント香味も人気です。 朝起きてすぐの口の不快感がこれを使用すると一気に無くなります。 朝使うと昼前ぐらいまでは口臭が気になりませんでした。 リピートさせていただいてます。 国から安全性と効果を認められた薬用成分と植物から採れる成分にこだわって作られている医薬部外品なので安心。 歯ブラシで落としきれなかった汚れを洗い落してくれます。 いつでもどこでも口臭ケアができるので、仕事先や旅行先でも大活躍! 口の中でゆすいで吐き出すと、目に見えて汚れが取れるのでとてもスッキリします。 Amazonの情報を掲載しています 1990年の発売以来、歯科医院シェアNo. 1のマウスウォッシュとして、長年予防歯科を支えてきました。 他のマウスウォッシュとは違い、水で薄める希釈タイプなのでコストパフォーマンスも良く、お出かけ先への携帯にも便利です。 グルコン酸クロルヘキシジンという殺菌剤配合で、高い殺菌力が約12時間持続します。 アルコール成分配合ですが、低刺激なマイルドミント味です。 通っている歯科医院で勧められ、購入しました。 うがい用ですが、私は通常の歯磨後、歯ブラシを洗ってこちらを付けて2-3分磨いています。 奥歯の歯茎が赤く腫れていたのですが、1週間使用したところ綺麗なピンク歯茎になっていました!(歯科衛生士さんが写真を撮って比較してくださいました。 ) 本体も安く、そして減りも遅いのでコスパも良いです。 歯ブラシではケアしきれない部分まで徹底的に洗浄・殺菌してくれます。 リピーターも多い大人気商品です。 使い初めて数日で歯が白くなり始めました笑。 まじですごい。 何よりすごいのは口臭予防力。 なんかの記事で日本人は海外の人に比べて口臭意識が足りないと読んで、実際口臭い人いっぱいいて、そーなりたくなくて、でこれ買って、実感して、もーやめられません。 刺激が強いと聞いていたのでビビり散らかしてましたがそんなにです!みんなで使いましょう! 全国の人が口臭ケア始めますように。 LISTERINE(リステリン)を使ってみたかったけど刺激が苦手で使えなかったという方にピッタリの商品です。 効果や使用感はそのままに、辛さやピリピリ感がなくなった、進化した低刺激タイプです。 リステリンの特徴であるアルコールの刺激がないバージョン。 ほぼ刺激がないので、リステリン嫌いの人にもオススメな品。 ちょいと甘ったるい感じが使用後は残るが不快と思うほどではない。 シシュテックは、歯周病をはじめとした口の中のトラブルを予防するために開発されたマウスウォッシュです。 その効果は7つあります。 医薬部外品でオーガニック処方でつくられているマウスウォッシュなので値段はやや高めですが、確かな効果やしっかりしたお口トラブルを予防したい人にはおすすめです。 薬用成分が長時間歯の表面に吸着コートし、歯垢の付着を防ぎ、口臭や歯肉炎予防も期待できます。 低刺激・ノンアルコールで、優しいソフトミント香味なので、刺激が苦手な小さいお子様にも使いやすい、家族で使えるマウスウォッシュです。 こちらはノンアルコールタイプなので、刺激も少なくてすごく使いやすいです。 ソフトミントの香味も辛くなくてマイルドです。 キャップの内側に線がついているので適量を計れます。 歯磨き後に20~30秒ほどくちゅくちゅとすすいでおしまい。 その後水ですすぐ必要はありません。 歯磨き後の洗口液は、もうすっかり毎日の習慣になっています。 歯肉炎や口臭などの予防になりますしね。 しっかり歯磨きしていても行き届かない部分もあると思うので、洗口液で口中のすみずみまで浄化出来るのは安心感があります。 使用前にA液、B液を調合し、よく混ぜ30分以上おきます。 その液で口をすすぎ、歯を磨き、舌ブラシ(別売)があれば舌も磨き、また液ですすぐのが一番効果的な使い方です。 手順が多く、面倒な点もありますが、リピーターが続出するほど口臭への効果は絶大です。 これ以上のものを未だ知りません。 というか、知らなくても良い位の効果です。 とにかく高校生の頃から口臭には悩んでいました。 いくら磨いても時間が経つと口臭。 これは届いて使ったその日から口臭がなくなったんです、、泣 歯医者に行った時に、口の最近を顕微鏡で見せて貰ったんですが、歯医者さんは他社の商品PRの為にどれだけ口内には細菌がいるかを見せたかったらしいのですが、あまり無いですねぇ、、と。 こちらを使ってる事を伝えたら、これが効いてるのかもねと言っていました。 口に含んですすぐだけなので、就寝前の歯磨き後にマウスウォッシュを使う習慣をつける事をおすすめします。 刺激が強いものは歯への刺激もあるので、忙しい仕事中など簡単に済ませたい時に使用し、普段使いには低刺激で続けやすいものを選ぶなどして、刺激の強さやアルコール成分の有無で使い分けるようにしましょう。

次の

マスティック情報局 マスティック歯磨き 洗口液

マ スティック 口臭

マスティック歯磨き マスティックには歯周病菌に対して優れた抗菌効果が有り、なおかつ歯に良い影響をもたらす菌に対しては影響を及ぼさないので、非常に優れた歯磨きの原料とされています。 ここでは、マスティック使用製品を幾つか紹介します。 マスティック デンタルリンスジェルMJ マスティック歯磨きの中で、もっともポピュラーでシンプルな歯磨きです。 値段もお手頃で、初めての方にはコチラがお勧めです。 マスペリオ マスティックに加え、4種の天然成分を配合。 歯の汚れをしっかり落とすペーストタイプ。 マスティマスト マスティックに加え、長鎖ポリリン酸を配合、歯周組織の再生と修復の促進が期待できます。 マスティマスト くちゅぺ マスティックと長鎖ポリリン酸を配合し、口臭予防や口腔内の抗菌作用に優れたマウスウォッシュです。 マスティマスト ばらのくちゅぺ オーガニックローズを使用したバラの香りの洗口液。 マスティマストくちゅぺの効果を残しつつ、おしゃれな息を演出します。 マスティカ洗口液 マスティックを使用したマウスウォッシュのパイオニアです。 口腔内隅々に行き渡り、歯周病の原因菌を逃がしません。 ラクトフェリンも配合したことで、相乗効果が期待できます。 キャンペーン情報!!! 現在、キャンペーンは開催しておりません。

次の