陰性 生理来ない。 妊娠検査薬 陰性 生理がこない

「生理が来ない…」生理が予定よりも遅れてしまう原因って?【医師監修】

陰性 生理来ない

この記事の目次• 2週間生理がこない・・・妊娠検査薬は陰性!考えられる原因は? 生理の予定日から2週間生理が遅れ、妊娠検査薬も陰性の場合は、 「検査薬を使うのが早かった」、もしくは 「妊娠はしていないけど何らかの理由で生理が遅れている」ということが考えられます。 生理が来る周期を28日として考えた場合、、周期14日目に排卵が起こり、排卵から2週間後に生理が来ることになります。 生理の予定日から一週間が経過して妊娠検査薬を行い結果が陰性だった場合は、周期14日目に排卵されていないということが考えられます。 排卵されるのが遅れると生理が遅れてくる原因になり、妊娠検査薬で検査をしても陰性の結果が出ることになります。 もしも妊娠をしていた場合、生理の予定日から3週間が過ぎて検査をしても陰性の場合は、妊娠の可能性はかなり低くなります。 排卵がされていないことが理由で生理が遅れている場合、これから排卵されるか、もしくは排卵をされない状態のまま生理が来ることになります。 このことを 「無排卵月経」といいます。 生理の周期が安定せずに長かったり短かったりすることを 「月経不順」といい、色々なことが原因になって月経不順が引き起こされてしまいます。 2週間生理がこない!妊娠検査薬は陰性!この先陽性になる? 女性の体が妊娠をすると、妊娠したことが分かるホルモンが分泌されるようになります。 受精卵が卵子と出会って着床すると、 「hCGホルモン」という物質が尿の中に溶けだしてきます。 妊娠検査薬は子の 「hCGホルモン」が分泌されているかどうかを調べるためのものです。 排卵がきてから3週間が経過したころには検出が出来る十分な量があると言われています。 ですが、この時期にならないと全くホルモンの分泌が行られないということではなく、少量は分泌されています。 生理が起こる周期は排卵から14日前後になります。 ですので、生理が来た日から数えて14日目前後に排卵が起こるため、次の生理予定日に妊娠検査薬を使うと陽性反応が出ることがります。 仕事や家庭のストレスがあると、排卵が大幅に遅れてしあうこともあり、生理予定日を2か月過ぎていたのに、妊娠した床の周期が6週目だったという人もいます。 女性の体はデリーけど。 排卵は、疲れやストレスに影響されやすく、生理の周期が乱れる可能性もあります。 妊娠検査薬が陰性なのに2週間生理がこないのは? 妊娠検査薬で検査をしても2週間生理がこない・・・。 このような経験をしている女性もたくさんいるのではないでしょうか? 妊娠検査薬が陰性を示していても、必ずしも妊娠をしていないというわけではありません。 検査薬を使うタイミングがまだ早かっただけのことも考えられますので、また一週間がたったころにもう一度検査薬を使ってみてください。 下腹部痛や腰痛があり、生理がこない時は 「妊娠」の可能性も考えられます。 妊娠すると生理がこなくなるものですので。 下腹部に痛みがあって生理が遅れている場合は妊娠の超初期ということも考えられます。 こういった症状が出ている方は、一度妊娠検査薬を利用してみてください。 排卵が予定通りに行われていないと、生理が遅れてくる原因になります。 このため、もしも妊娠していてもまだ検査する日が早いと、検査薬が反応しないことも考えられます。 これが尿に溶けだすことで妊娠が分かるのですが、水分を摂りすぎてしまうと尿の濃度が薄くなって反応しないこともあります。 妊娠検査薬で検査できるhCGホルモンは、反応する濃度が決まっています。 ですので、検出できる量の上限を超えてしまった場合は妊娠検査薬が陰性になることがありまう。 2週間生理がこない!妊娠検査薬は陰性!妊娠している可能性は? 妊娠検査薬は、生理予定日の大体一週間後になると正確な検査結果が出ると言われています。 妊娠検査薬が陰性の場合、単純に 「検査をする日が早かった・適正な時期に検査を出来ていない」というこが考えられます。 排卵の14日前後後に生理が来るので、排卵が遅れると反応は出ませんが、妊娠が疑われる時であれば日を置いてもう一度検査をすると陽性反応が出ることもあります。 女性の体はストレスや疲れなど、色々なことが原因でバランスを崩しやすくなっています。 2週間生理が遅れ、妊娠の可能性が無い場合は、病気が潜んでいたり体が疲れを抱えてしまっていることも考えられますので、なるべく体を労わってあげるようにしましょう。 生理の遅れが心配な場合は、婦人科を受診してみましょう。

次の

生理がこないのに検査薬は陰性!2週間生理がこないのは病気かも

陰性 生理来ない

判定間違いをしている• 実は妊娠している• フライングで検査している• 排卵日が遅れている• ストレスでホルモンバランスが乱れている• 想像妊娠の可能性 主にこのような原因が考えられますよ。 それぞれ詳しくご紹介していきます。 判定間違いをしている そもそも妊娠検査薬とは、尿内の hCGホルモン ヒト絨毛性ゴナドトロピン) の量を計測することで、 妊娠しているか どうかを簡単に判定してくれるものです。 hCGホルモンというのは、受精卵が着床 すると体内で分泌され始めるホルモンで、 妊娠すると体内で急激に増えるものです。 妊娠検査薬ではこのhCGホルモンが 尿内に一定以上含まれていると、 判定窓に線が出て、妊娠している と判定してくれます。 しかし、中には例外もあります。 そもそも正しい妊娠検査薬の使い方が できていなかったり、判定の見方を誤ると、 当たり前ですが判定間違いを起こすことも あります。 検査に必要な尿量が足りていなかったり、 決められた待ち時間を待たずに、勝手に 自己判断してしまった場合には、 正確な判定が出来ていないかもしれません。 その場合にはもう1度、 正しく検査をし直してみましょう。 尿中のhCG濃度が低い• 検査の時期が遅すぎた• 双子を妊娠している• 異常妊娠の可能性 妊娠検査薬はhCG濃度が低すぎても 感知できませんが、 逆に多すぎても 正常な判定ができないのです。 尿中のhCGホルモンは、妊娠すると 妊娠8週から12週をピークに急激に 増えていきます。 通常、生理予定日の1週間後、すなわち 妊娠4週目以降に判定するように規定 されていますが、 7週や8週頃になると妊娠検査薬の hCG量感知の 上限を超えてしまうため、 検査の精度が低くなってしまうのです。 生理不順だと生理のタイミングを見分ける のが難しい人もいるかもしれませんが、 もし検査時期が遅かった可能性がある場合 は、妊娠の発覚の遅れを防ぐためにも、 早めに産婦人科にて 正しく妊娠判定をしてもらいましょう。 さらに、 双子などの多胎妊娠の場合や 子宮外妊娠などの異常妊娠の場合なども、 hCG濃度が高くなる傾向があります。 その場合も妊娠検査薬では正しい判定が できていない可能性があり、産婦人科にて 正しく妊娠判定をしてもらう必要があります。 妊娠検査薬で陰性が出ると病院に行く 判断はなかなか難しいですが、 何か体に異変を感じたり、 生理が全く来なくなったという場合には すぐに産婦人科に行くようにしましょう。 フライングで検査している もし妊娠をしている場合、 尿中のhCGホルモンは一般的に生理予定日 (妊娠4週目)以降から分泌され始めます。 そのため一般的な妊娠検査薬では、 生理予定日から1週間後より使用可 とするタイプがほとんどです。 中には 早期妊娠検査薬という、 生理予定日頃から使える種類もありますが、 いずれにせよhCGホルモンがきちんと 分泌され始める時期にならなければ、 正確な結果はわからないのです。 そのため、妊娠検査薬が陰性だったのに 妊娠していたときは「 フライング検査だった」 というケースが多くみられます。 まだhCGホルモンが分泌される時期では ないのに、少し早めに検査してしまった ということです。 早く妊娠しているかどうか知りたい! という妊娠待ちをしている方に 特に多いケースでしょう。 また 生理不順などで生理予定日が 間違っていた場合も、フライング検査 に当てはまるため注意が必要ですよ。 正確な結果を知るためには、 妊娠検査薬が規定する期間に、正しい 使用方法で検査することが大切です。 フライング検査かもしれない場合は、 3~7日あけて再検査してみましょう。 排卵日が遅れている 先程も言いましたが妊娠検査薬は 生理予定日1週間後からが可能。 つまり、 生理予定日1週間後というのは、 排卵日から3週間後ということです。 この排卵日が何らかの理由で遅れて いる場合には、自分が想定している 「生理予定日」がずれてしまうでしょう。 そのため妊娠をしていても、検査薬では 陰性になることがあるのです。 排卵日がずれている場合は生理予定日 の特定が難しくなりますが、3日~7日後 に再度検査をし直してみましょう。 また 排卵日がずれていた場合には、 予定より遅れて生理が来ることも よくあります。 ストレスでホルモンバランスが乱れている ご存知だと思いますが、 女性の生理周期はストレスや体調 によって、とても影響を受けます。 普段月経が順調な人であっても、 少しのストレスや体調不良が原因で ホルモンバランスが崩れ、生理周期 が乱れてしまうことがあります。 その場合には生活習慣を見直して、 少し様子をみてみましょう。 それでも状態が変わらない場合には、 婦人科を受診した方がよいでしょう。 想像妊娠の可能性 妊娠願望が非常に強かったり、反対に 妊娠を恐れていたりすると、 想像妊娠 という現象が起きることがあります。 妊娠という言葉に敏感になりすぎていたり 妊娠を意識しすぎるあまり、 脳が妊娠したと勘違いし、妊娠した時と 同じような症状が起こってしまうのです。 想像妊娠の症状• 生理が来ない• つわりのような吐き気• 胃痛やムカつき• 食欲の減少• 胸の張りや痛み• おりものが増える• 子宮の違和感• お腹が大きくなる このように、妊娠初期症状と 同様の症状ががみられます。 しかし通常の妊娠との決定的な違いは、 想像妊娠の場合にはhCGホルモンは 分泌されないので、検査薬では陰性と なるということです。 またもちろんですが、妊娠症状のため 産婦人科で妊娠検査をしたとしても、 妊娠は確認できません。 想像妊娠は、 全て思い込みからくる症状のため、 気持ちを落ち着かせ、気持ちを コントロールすることが大切です。 場合によってはメンタルケア等が 必要になる場合もあるでしょう。 妊娠検査薬が陰性なのに生理こないときの対処法を解説! 妊娠検査薬が陰性なのに生理が来ない とき、考えられる原因についてお話して きました。 では次に、このような場合の対処法を ご紹介していきます。 妊娠検査薬は陰性だったけのに生理が 二週間来ないという場合、 そのままの 状態を放っておいてはいけません。 必ず何かしらの原因がありますので、 健康な体や心のためしっかりと対処 する必要がありますよ。 基礎体温でチェック 基礎体温とは、 朝起きた瞬間の詳細な体温のこと。 排卵日や体調管理のためにも 毎日測定している人も多いでしょう。 その基礎体温が、 高温期と呼ばれる高い体温を維持し、 生理予定日を過ぎてもキープし続けている ならば、妊娠の可能性も高いと言えます。 もし想像妊娠や ストレスなどで生理が来ない場合には、 生理予定日を過ぎたあたりから体温が 日を追うごとに下がっていきます。 このように 自分で基礎体温を記録する 習慣があると、妊娠に気がつきやすくなり、 誤った判定を防ぐことができますよ。 気になる場合は早めに病院へ行く やはり一番の対処法は、 早めに病院に行くことです。 先程も言いましたが 万が一検査薬では陰性だったとしても、 検査の時期が遅すぎたり、双子や異常妊娠 の場合は、hCG濃度が高くなりすぎるために 正しい判定ができていないことがあります。 また何かの体の異常から、 生理が遅れていたり排卵が起こっていない という場合もあるのです。 本当に妊娠していないのかの確認と、 異常や病気の早期発見のためにも、 気になる場合には早めに病院へ 行くようにしましょうね。 またホルモンバランスの異常が原因で 生理が来ない場合には、 ホルモンバランスの乱れを防ぐため、 健康な生活を送ることが大切です。 特に以下の点に注意しながら 生活習慣を見直し、改善してみましょう。 栄養バランスの良い食事を1日3回心がける• ファーストフードや添加物を控える• 疲れやストレスをため過ぎない• 身体に大きな負担をかけないようにする• 早寝早起きを心がけ、規則正しい生活を送る• 禁煙・禁酒をする 1回程度の生理の遅れであれば、 自然と戻る場合も多くあります。 今までの生活習慣を改善したり、 ストレスの原因を取り除いたりすることで、 正常な生理のリズムに戻ることもあるでしょう。 しかし、 生理が遅れる状態が長く続く状態は、 女性の体には良いことではありません。 妊娠を望むことが難しくなってしまう ケースも珍しくはないのです。 ホルモンバランスを整えるために、 場合によっては病院での治療が必要 になるので、早めに婦人科を受診しましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回は 妊娠検査薬が陰性なのに生理が来ないで 二週間の原因は何か、またその対処法に ついてもご紹介してきました。 判定間違いをしている• 実は妊娠している• フライングで検査している• 排卵日が遅れている• ストレスでホルモンバランスが乱れている• 正しい時期に、もう1度検査をし直す• 基礎体温を付けてチェックする• タイミングや使用方法、 異常妊娠などの妊娠の状況によっては、 正しく判定ができていない場合もある ということが分かりましたね。 妊娠していないのに生理が来ない という場合には、様々な心配や不安が 募ってくることと思います。 しかし、 必ず何かしらの原因があり、 きちんと対処すれば正常な生理に 戻ることでしょう。 却ってその状況がストレスにならないよう、 気になる場合には早めに産婦人科に 相談することをおすすめします。

次の

妊娠検査薬は陰性なのに生理こない!ありえる可能性とやること

陰性 生理来ない

日本産科婦人科学会専門医。 平成5年、日本大学医学部卒。 日本大学附属病院および関連病院で産婦人科医として経験を積み、その間に日本大学総合健診センターで婦人科検診にも力を注いできました。 現在は港区の日野原... 「高温期が長く続いていて、なかなか生理が来ないけれど妊娠検査薬は陰性」という状態を経験したことはありませんか?また、「生理が来たのにまだ高温期が続いている」ということもあるかもしれません。 今回は、妊娠していないのに高温期が長く続く原因や病気との関係性についてご説明します。 「高温期が長い」のは何日以上? 上のグラフは、女性ホルモンが正常に分泌されており、排卵が起こっている場合の基礎体温グラフの例です。 3〜0. しかし、妊娠していないにもかかわらず、高温期が17日以上持続し、低温期に入らないこともまれにあり、この場合は何らかの異常により高温期が長くなっている可能性があります。 関連記事 高温期が長いのに妊娠検査薬は陰性…なぜ? 「高温期が17日以上続いているから妊娠検査薬を使ったのに、結果は陰性だった」と不思議に思っている人もいるかもしれません。 その理由のひとつとして、妊娠検査薬を使うタイミングが早すぎた可能性も考えられます。 一般的に、高温期が14日ほど続いたあとに生理がきます。 そして、妊娠検査薬を使えるのは生理予定日の約1週間後とされています。 これを踏まえると、おおよそ高温期22日目以降でないと、妊娠検査薬で正しい判定結果が得られないことになります。 もし、それより早く検査薬を使って陰性が出たとしても、妊娠していないとは言い切れません。 生理予定日から1週間経ってから、もう一度妊娠検査薬を使ってみてくださいね。 関連記事 生理がきても高温期が続く原因は?黄体依存症(ハルバン症候群)なの? 生理がきて、妊娠していないことが明らかになったにもかかわらず、基礎体温がなかなか下がらない場合、ホルモン分泌がうまく行っていない可能性もあります。 排卵が起きると、排卵を終えた卵胞が黄体という組織に変わり、黄体から「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が分泌されます。 黄体ホルモンは、妊娠に適した子宮内膜の状態を作り、基礎体温を上昇させる作用を持っているため、排卵後はしばらく高温期が続きます。 そのまま妊娠が成立すると、黄体ホルモンの分泌が持続するため、基礎体温は高温期のまま保たれるというわけです。 通常、妊娠しなければ黄体は小さくなって白体に変化します。 白体からは黄体ホルモンが分泌されなくなるため、基礎体温はふたたび低温期となり、子宮内膜が剥がれ落ちて生理が来ます。 しかし、生理がきても高温期の状態が続く場合は、「本来少なくなるはずの黄体ホルモンが過剰に分泌されてしまっている」などの可能性が考えられます。 この状態は、一般的に「黄体依存症(存続症)」「ハルバン症候群」などと呼ばれることもありますが、これらは医学用語ではなく、原因も明らかになっていません。 また、生理のような出血が見られたあとも、基礎体温がはっきりと下がらない、日によってバラバラであるといった場合は、子宮外妊娠や流産の可能性も考えられます。 この場合、妊娠検査薬を試しても陰性が出るか、判定時間を大幅に過ぎてからうっすら陽性になるケースもあるので、自己判断は難しいかもしれません。 いずれにしても、生理がいつまでもだらだらと終わらない、生理が来たあとの基礎体温の動きがいつもと違う、腹痛があるなど気になる症状があるときは、基礎体温表を持って婦人科を受診し、一度検査を受けましょう。 関連記事 高温期が長いのは何かの病気かも? 高温期が長く続き、なかなか下がらないという場合、もしかすると感染症にかかっていたり、自律神経が乱れていたり、甲状腺機能に異常があったりして、平熱そのものが上がっていることも考えられます。 基礎体温の変化だけでなく、動悸がする、体がだるい、手足が震えるといった体調不良があるときは、まず内科を受診し、検査を受けましょう。 高温期が長いときはリラックスした毎日を 高温期が長い場合、真っ先に妊娠の可能性を考える人が多いと思いますが、あまり早い時期に検査薬を使うと正しい判定結果が得られないので、生理予定日の1週間後まで落ち着いて待ちましょう。 妊娠しておらず、生理が来ても高温期が続く場合、ホルモンの過剰分泌が原因かもしれません。 ただし、基礎体温は体調や環境の変化などによって不安定になることもあるので、他に身体的な症状がなければ、2~3周期ほど記録をつけて様子を見たうえで婦人科を受診することをおすすめします。 特に妊活中の人は、生理周期や基礎体温の変動に対して敏感になると思いますが、ストレスを溜めすぎないよう、できるだけリラックスして過ごせるといいですね。

次の