愛子 さま 運動会。 愛子さま、激やせの原因がヤバすぎる可能性…(現在の画像あり)

【朗報】なんJ公認プリンセス愛子、運動会で優勝してMVPを獲得していたwww

愛子 さま 運動会

文/編集部 学習院大学進学を決断された愛子さま 今春、学習院高等科をご卒業される愛子さま。 類まれなる優秀な学業成績ゆえに、東大や一橋大学といった国内の一流国立大学への進学が噂されたが、学習院大学文学部への入学を決められた。 愛子さまの学習院大学への進学に関して、ある皇室記者は次のように語る。 「雅子さまはかねてより、愛子さまには偏差値を重視した難関校を受験するよりも、慣れ親しんだ学び舎で、落ち着いた環境で学業に取り組んでほしいと願っておられました。 」(皇室ジャーナリスト) 「大変優秀な成績なので、内部進学ではもったいない」そのような周囲の声もあったよだが、最後に進学先を決断した決め手は、雅子さまの愛情と思いやりであった。 雅子さまから受け継がれる文武両道 このように大変成績優秀であった愛子さまだが、大変おおらかな性格で御学友も多く、またスポーツにも非常に熱心に打ち込まれてきた。 学習院初等科時代からの愛子さまを知る学習院高等科在学生の保護者は次のように語る。 「愛子さまは初等科の運動会で1年生から4年生までリレーの選手に選ばれ、華々しい活躍をされました。 スポーツ万能で、学業成績も優秀、さらにはそのおおらかな性格から下級生などからも大変慕われ中等科時代からファンクラブが作られていました」(学習院関係者) また、別の学習院関係者は、愛子さまの凄まじい人気に関して、興奮気味に次のように語る。 「高等科時代の佳子さまも可愛らしく大変人気があましたが、愛子さまの人気はその比ではありません。 愛子さまは同級生たちと『BLOOM』というダンスチームを結成されていますが、学園祭では、噂を聞きつけた生徒たちが一目見ようとステージに殺到し、開演が30分も遅れるほどのパニックになってしまったほどです」(学習院関係者) 紀子さま「愛子さんのせいで…」 このように、高まる愛子さま人気に、悠仁天皇をスローガンに掲げ邁進する紀子さまは恐怖を感じられているそうだ。 さる宮内庁幹部は次のように言う。 「紀子さまはお茶の水で相次ぐトラブルに見舞われる悠仁さまを憂い、今ではその進路を選んだ事を後悔されています。 また、愛子さまが国民からの敬愛を受けていることについては『悠仁も学習院に進んでいれば、愛子さんの比ではないほどの人気だったはずです…』と嘆かれ、最近では宮内庁幹部に『なぜ進路決定の段階で止めなかったのか』などとおっしゃることもあるのです。 紀子さまはかねてより学習院への厳しい評価をお持ちでしたが、今は背に腹は変えられないとの思いで、悠仁さまを高校から学習院に進学させる方針です。 『悠仁は優秀なのに、愛子さんがいい子ちゃんアピールで学習院なんかに行くから! こっちはいい迷惑よ!』などと不満を口にされていますよ」(宮内庁幹部) 高まる国民からの「愛子天皇」の声に紀子さまが焦りを感じられるのも無理からぬ事だが、母の方針転換に振り回されてしまう悠仁さまが気の毒に感じられてならない。 格子家のやること為すこと全てがブーメラン返しの状態ですものね 笑 愛子様は皇族の伝統に則りご両親のお考えもあって学習院で学ばれて、大学進学にはご自身の決断により学習院だへの進学を選択されました。 対して、悠仁君はどうでしょう? 「自由な家風」を建前とした格子家は、皇位継承者である悠仁君をお茶の水大付属の幼稚園~中学校に在籍させていますが、罰則規制付の報道+身の丈以上のご優秀さアピールにより「本当の悠仁殿下」が国民には一向に見えません。 帝王学を学んだことが無い格子夫妻のなさりようは、はっきり言って悠仁君を愚者に育てているように見えます。 実際、悠仁君の二人のお姉さまは、本来女王だった筈が内親王という身位を授けられたのに、身の丈にあった振舞いが出来てないではないですか。 悠仁君の高校進学まであと二年。 お茶の水以外の高校へ進学せざるを得ないんですから、一般生徒さん同様に忖度無しできちんと外部受験を受けて下さいね。 それと、コロナウィルスで日本国内が汚染されつつあるんですから、大事な手駒である夫君の立格子の礼は中止になさった方が賢明というものですよ? 敬宮さまの母の日によせての詩で、8歳、16歳までの半分になりましたという箇所がありました。 それにつずいて、いつもそばにいてくださるお母様ともかならず別れるときがある、雨の日も雪の日もあると、寂しく、悲しい覚悟の自覚がつずられていて、8才の少女が、おかあさまへの一杯の愛をうたいながら、なんてつらい自覚なんだろうとなみだがでました。 上皇后さまから、なにか酷しいおつたえごとがあったやのはなしどこかでめにしました。 16才になったらとでもいわれていらしたのではないかと、そしてあれほどおやせになられたのがそのお年頃であったのではないかと拝察しております。 あこがれの佳子さま目指してダイエットとか、マスコミやら宮内庁関係者らが勝手なこといっておりましたが、お辛い幼少、少女時代であられましたよね。 何勝手に決めてんの?学習院にはちゃんと了承得たの?あんなに学習院に迷惑かけ、週刊誌でも佳子が中退したのは学習院が悪いって散々週刊誌使って批判させておきながら。 ホント図々しい! どーせ、ツクフへの裏口交換も失敗して、農大付属からも断られたから他に行くところ無いんでしょ? かと言って今の状況じゃ、どこ行っても裏口だと思われるからね。 それに今秋篠宮家と関わると、学校も評判落とすから、どこもお断りだよね! でもね、あれだけ迷惑かけたんだから、先ずは学習院に謝るのが先じゃない? それに幼稚園から一度も学習院に通ったこと無いんだから、高校に行くならちゃんと受験してよね! 確かお茶に入るとき、「皇族だからと言って、特別待遇は良くないから学習院はやめた」って言ってたよね?だったら当然受験して合格してから学習院に入ってよね! 今更、学習院は「皇族の為に作られた学校だから、試験無しで入るのは当然!」なんて勝手な理屈言い出さないでよね! 紀子本人が学習院で浮きまくりだったのに、よくこんな憎まれ口を利けるものです。 生家は静岡、バラックだった。 四年生で学習院初等科に職員割で半額で居候同然に潜り込むも、成績はずっと不良。 アーヤ引っかけに奔走し、大学構内や職員住宅をLoveH・・・状態にして 最後は恫喝婚で貴賤婚に持ち込んだ。 眞子佳子もそんな母親の悪評を知る同級生らから、まともに相手されずにICUへ逃げ出した。 悠仁は知的問題で、罰則付報道規制を敷くために、公務員の守秘義務で「縛れる」お茶へ横入させた。 もうこれだけで誰一人お供も友達もできませんね。 愛子さまに何を言っても、紀子のこれほどの悪行を知れば、虚しいだけですからおよしなさい。

次の

愛子さま、宮内庁病院で診察か 体調不良、運動会も欠席signup.schoolbook.org..

愛子 さま 運動会

3月22日、天皇皇后両陛下の長女、敬宮愛子さま 18 は学習院女子高等科の卒業式に臨まれた。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、両陛下は出席を控えたが、晴れの日を迎えた感想を文書で寄せられた。 両陛下のご感想全文 本日、愛子が学習院女子高等科卒業の日を迎えることができましたことを感慨深く思います。 愛子には、女子中等科入学から6年間にわたり、たくさんのお友達にも恵まれ、日々通った女子部での学校生活を始め、運動会、八重桜祭などの学校行事や、初めての海外短期留学、修学旅行などを通じて、貴重な経験を重ねながら様々なことを学び、楽しく実り多い日々を送ることができたと思います。 科長先生を始め、御指導いただいた学年主管や教科担当の先生方、養護、事務、用務、守衛の方々など、学習院女子中高等科の全ての関係者の皆さん、また、警備にあたられた地元警察署の方々に深く感謝いたします。 そして、この機会に、国民の皆様に愛子の成長をこれまで温かく見守ってきていただいていることに、改めまして感謝いたします。 あわせて、現在、新型コロナウイルスの感染が拡大していることを案じ、我が国の国民、そして世界の多くの人々が直面している様々な困難や苦労に深く思いを致しています。 この感染の広がりが早く終息に向かうことを心から願っております。 愛子さま学習院高等科入学式 2017年4月 愛子さまのご感想全文 学習院女子中高等科では、多くの素晴らしい友人たちに恵まれて、とても楽しく充実した学校生活を送ることができました。 恵まれた環境の中で様々なことを学び、皆と笑い語り合った日々、力を合わせて臨んだ運動会、八重桜祭、学芸会、そして修学旅行や、イギリスの文化に触れたイートン校サマースクールなど、かけがえのない思い出がたくさんできました。 愛子さまがイートン校で撮影した写真 本日、例年より規模を縮小した形での開催になりますが、高等科卒業式に出席し、旅立ちの日を迎えることができましたことをありがたく思います。 同時に、たくさんの思い出の詰まった女子部にお別れを告げることに寂しい気持ちもしております。 この6年間、温かくお導きいただきました先生方を始め、学校生活に関わっていただいた全ての方に、心からお礼を申し上げます。 4月から進学する学習院大学では、これまで学んできたことを生かし、より広い視野に立って、色々な分野に取り組んでいくことができればと思います。 最後になりましたが、今、私たちが直面している新型コロナウイルスの感染拡大が1日も早く終息することを切に願っております。

次の

俊足巧打の愛子さま ソフトボール大会で安打重ね打点も記録(2019年6月28日)|BIGLOBEニュース

愛子 さま 運動会

学年でトップの成績 「愛子さまは、学業が大変優秀で、通信簿はほぼオール5。 常に学年でトップクラスの成績だそうです。 特に国語がお好きで、放っておいてもご自分で本を読み、読めない漢字は漢和辞典を引いて勉強されています。 ややもすると、午前0時を回っても本を読んでいることがあって、皇太子殿下が苦笑しながら早く寝るよう促すこともあるとおっしゃっていました」 こう語るのは、皇太子家に近い元皇族だ。 ここ最近、愛子内親王の勉学の才能が、周囲を驚かすほど目覚ましく花開いているという。 元皇族が続ける。 「漢字のテストは毎回ほぼ100点です。 何度か満点をとれなかったことがあるのですが、読めなかった漢字、書けなかった漢字をそれぞれノートに100回書くことを、自らに課しているようです。 また英語の実力も相当なもので、皇太子殿下が『愛子は私よりきれいな英語を話す』とおっしゃっていました。 科目の中では算数があまりお好きではないらしく、教えるのがお上手な雅子さまが、つきっきりで指導することもあるそうです。 ただ、好きではないだけで苦手ではなく、成績は5の評価。 何でもできて、本当に優秀でいらっしゃいます」 一時、不登校問題などもあって、学校にうまくなじめていないのではと心配されていた愛子内親王だが、最近では同級生の間で〝浮く〟こともなくなったという。 愛子内親王と同じ学年に息子を通わせる父兄が明かす。 「低学年の頃、愛子さまの周囲には、皇室とお近づきになりたいと思っている父兄の子どもしかいませんでした。 ところが、今は多くのお友だちができて、楽しく快活に過ごされているようです。 また、先頃の初等科の運動会では、愛子さまは自分たち6年生の前に座っている1年生に声をかけたり、一緒にリレーを応援したりと、面倒をよく見ておられました。 雰囲気もずいぶんと変わりましたね。 運動会の日は髪を後ろで束ねていたのですが、両頬に髪の一部が垂れるようにして縛ってありました。 『ああ、オシャレする年頃になられたのだな』とほほえましく拝見していました。 以前の運動会は警備の数も半端ではなく、どこかピリピリしていたのですが、今年はとても穏やかな運動会でした」.

次の