仮想 通貨 fx。 仮想通貨FX教室

暗号資産FX(暗号資産のレバレッジ取引)

仮想 通貨 fx

投資するのに少し不安があるようじゃの。 それなら デモアプリを使ってみるのはどうじゃ。 ほぼ実際の画面でデモ投資できるものもあるから練習にはちょうど良いぞ。 神様 仮想通貨投資にはデモアプリというのがあって、気軽に仮想通貨投資をしてみることができます。 友達とやったことがないトランプゲームをするときにルールを教えてもらったらとりあえず一回試しでやってみるという感じですね。 デモなので損しても全く問題ありません。 逆に得をしても全く現実世界には関係がありませんw ここでは5つのデモトレードができるアプリを紹介させて頂きます。 それぞれに長所と短所がありますが、 さくっと仮想通貨のデモトレードしたい人は「ぴたコイン」、仮想通貨FXのデモトレードがしたい人は「BitMEXテストネット」がオススメです。 本文を読んでデモトレードを少しやってみて自身をつけてから実際に仮想通貨投資を行いましょう!• BitMEXテストネットの登録方法 BitMEXテストネットはデモ口座を作る必要があるので作っていきましょう。 (デモ口座を作るのは3分でできます。 ) 口座を作るのは無料なので安心してくださいね。 まずBitMEXのデモ口座作成画面にいきます。 リンクをクリックすると下のような画面に行ったと思うのでメールアドレス、パスワードなどを入力して登録をクリックしましょう。 名前は適当でいいと思います。 画面左上にTESTNETと書かれているのがデモトレードの証です。 登録をクリックするとメールがくるので来たメールに書いてあるリンクをクリックしましょう。 下のような画面になれば登録完了です。 入金方法 BitMEXデモは最初お金が入っていないので入金していきましょう。 入金と言ってもデモ用の入金をするので本物のビットコインなどを入金しないように注意しましょう。 おそらく本当のビットコインを入金しようとしたらそのビットコインはどこかに行ってしまいますよ。 まず画面左上の「アカウント」をクリックします。 「入金」をクリックします。 下のような画面が出てくるのでビットコインの入金アドレスをコピーして、上のリンクをクリックしましょう。 リンクはどれでもいいですが、私は一番上にしました。 このような画面が出てくるので先ほどコピーしたビットコインアドレスをコピペしましょう。 そうするとビットコインが入金されると思います。 私は1分で入金されました。 BitMEXテストネットの売買の仕方 画面の左側にある発注のところで注文していきましょう。 今回は成行売りをしていきます。 成行売りをクリックすると次のような画面が出てくるので「売る」をクリックしましょう。 画面の下のポジションに先ほど注文した情報が載っていればOKです。 難しくはないですが、少し面倒なのでいっしょに設定の仕方をみていきましょう。 CryptoGTへの登録 まずはCryptoGTへ登録します。 CryptoGTは最大レバレッジ200倍でアルトコインFXをしたい人におすすめの取引所です。 QUOINEXデモ(現物のみ) QUOINEXにはデモサイトがあるのでそちらの使いかたを見てきましょう。 取引所が運営しているデモサイトなので本当に注文するときと同じように、指値注文や成行注文ができテクニカル分析も使えます。 ただし、 デモサイトなのでほとんど売買されておらずチャートが動いていないので、売買をしてうまく儲けることができるかの練習より注文をする練習ぐらいに思っておいた方がいいかもしれません。 QUOINEXデモの登録の仕方 まず、QUOINEXの公式ホームページにいきます。 ページの上の方にデモとあるのでクリックします。 「新規デモアカウントで進む」をクリック メールアドレスが出てくるので何回もデモトレードしたい場合はメモしておきましょう。 「デモトレード利用」をクリックします。 同意して次へをクリックします。 これで登録完了です! QUOINEXデモの取引の仕方 左上の「マーケット」を押してデモトレードしたい通貨を選びましょう。 今回は例としてビットコインを選びます。 下の図の赤色が売り板、青色が買い板となってます。 価格と数量を入力してビットコインを購入します。 画面下の方で注文中と表示されていればOKです。 BITPointデモ(現物とFX) BITPointの仮想通貨デモトレードは、 FX専用になっていて デスクトップにアプリをダウンロードする形式になっています。 ですので、ダウンロードしたりが少しめんどくさい印象がありますが、 アプリは本格的で実際の価格を使ってデモトレードができます。 BITPointデモの登録方法 まず、BITPointのホームページにいってアプリをダウンロードします。 「デモ版ダウンロードはこちら」をクリックしてアプリをダウンロードします。 アプリをダウンロードして起動させると、最初こんな画面がでてきます。 アプリを起動させると、メールアドレスや電話番号を入力させられますが、適当でいいと思います。 下の口座履歴をクリックすると残高が確認できます。 最初は500万円もっています。 BITPointデモの取引の仕方 BTCJPYと書かれているあたりで右クリックすると「板注文画面」というのがでてくるので板を表示させます。 次に上のメニューにある「新規注文」というところをクリックして注文画面を表示させ注文します。 左下の注文というところに先程注文した内容が載っていれば注文が通っています。

次の

仮想通貨(ビットコイン)のデモトレードアプリ5選|初心者やFXしたい人はデモで自信をつけろ!

仮想 通貨 fx

ビットコインってよく聞くから「仮想通貨=ビットコイン」だと思ってたんですが、単に仮想通貨の種類のことだったんですね 仮想通貨とは、インターネット上だけで存在している通貨のこと。 暗号化されたデジタル通貨なので実態がなく、日本円や米ドルなどのような 紙幣や硬貨はありません。 ただし、お金には変わりがないため、近年はインターネット上だけでなく、実在する店舗でも仮想通貨での支払いができるところもあります。 法律では、以下のように定義されています。 5 この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。 一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。 次号において同じ。 ホリエモンの仮想通貨に対する考え方は、1分2秒あたりから視聴できます。 ただ、仮想通貨での投資は サイバー攻撃なども問題になっています。 2018年1月には、 580億円分の仮想通貨が ハッキングで消失してしまうという事件も起きました。 仮想通貨取引所大手のコインチェックは26日夜の会見で、約580億円分の仮想通貨NEMが外部からの不正アクセスで流出したと公表し、顧客に謝罪した。 補償は検討中だとし、具体的な言及はなかった。 現時点での手元流動性の額についても言明しなかった。 会見の冒頭、和田晃一良社長は「本日、コインチェックで機能が停止する事態が発生した。 皆さまをお騒がせしたことを深くお詫び申し上げる」と謝罪した。 大塚雄介COOによると、26日午前3時ごろ、コインチェックのNEMのアドレスに外部から不正アクセスがあり、5億2300万NEM、約580億円相当が流出。 同11時25分にNEMの残高が異常に減っていることを検知した。 出典: 仮想通貨での投資する場合は、こうした リスクもきちんと理解しておく必要があります。 こうした事件などの影響もあり、2017年12月はピーク時で1BTC ビットコイン = 220万円でしたが、その後みるみる下がり続け1年後の2018円12月12月6日には 36万円となりました。 さらに、仮想通貨がらみの 詐欺事件も発生しているので注意が必要です。 詳しくはこちらのYouTube動画をご覧ください。 【仮想通貨】…相場変動がかなり激しい• 【FX】…初心者でもある程度は分析可能 ただし、最近は仮想通貨バブルとも言われており、 相場変動がかなり激しい状態です。 仮想通貨は、「ビットコイン」、「リップル」、「イーサリアム」、「モナコイン」「ライトコイン」などさまざまな種類がありますが、その中で最も有名な「ビットコイン」では、 1日で10%以上も一気に変動することもあるのです。 かなりハイリスク・ハイリターンな状態なので、初心者がギャンブル感覚で取引して 大損してしまうケースも増えています。 仮想通貨はまだ発展途上であり、現段階ではまだ 多くの問題を抱えていることを把握しておく必要があります。 テレビによく出ている「 億り人」は、ごくごく一部の人って訳ですね もちろんFXも完璧な訳ではなく、近年でも法改正が進められており、多くのトレーダーが安全に取引できるよう体制が見直され続けています。 しかし、仮想通貨と比べると 相場が安定しているため 通貨ペアなどにもよりますが 、これから投資を始める初心者の場合は、知識や経験を積み重ねるほど勝率がアップしていくFXの方が取引しやすいでしょう。 仮想通貨でもある程度過去の値動きから分析することもできなくはないですが、相場変動が激しいため裏切られることもしばしば。 上のチャートは、のチャート分析ツールです。 同様のツールに関しては「」にて紹介しています。 「取引時間」で仮想通貨とFXを比較.

次の

仮想通貨FXのスワップポイントは紛らわしいので徹底解説!

仮想 通貨 fx

仮想通貨FX ビットコインFX とは? 仮想通貨FXとは? 仮想通貨FXとは仮想通貨を用いたFX取引のことです。 FXとはドルやユーロなどの外国通貨を売買する為替取引を行ってその差益を得ることを目的とした金融商品です。 通常の為替では外国通貨を日本円で購入して保有し、任意のタイミングで売却する事によって日本円を得ます。 つまり価格が低いタイミングでドルを購入し、高値で売却すると利益が出ますが、FXではこの利益分のみ資金の移動が発生します。 購入したタイミングと売却したタイミングでは実際には資金の移動は発生せず、ドルも実際には手に入れることはできません。 この仕組みを「差金決済」と言います。 通常のFXではドルやユーロの外国通貨と日本円をトレードしますが、仮想通貨FXではビットコインやイーサリアムと日本円を取引します。 仮想通貨FXについてより詳しくは以下の記事を参照してください。 FX最大の特徴・レバレッジとは? レバレッジとは「てこの力」という意味で保有している資金以上の金額を売買することのできるFXの仕組みです。 レバレッジをかけることで投資した証拠金の数倍の資金で取引をすることが可能です。 例えば100万円の証拠金を保有している場合、10倍のレバレッジを掛けることで1000万円までの取引をすることが可能になります。 適用できるレバレッジの倍率は取引所によって異なります。 ロスカット・追証とは? トレードによって損失が発生した場合は証拠金から引かれていきますが、何倍にもレバレッジをかけていると預けている証拠金ではまかない切れなくなる可能性があります。 そのためFXでは 一定の水準 証拠金維持率 を下回る損失が出るとロスカット 強制決済 が執行されます。 ロスカットラインが近づくと取引所から マージンコールという名の警告がされ、証拠金を追加してロスカットラインを下げるよう促されます。 追加で支払う証拠金のことを 追証 追加証拠金 と呼び、FX取引において最も避けるべきことでもあります。 急激な価格の暴落ではロスカットがうまく働かないこともあり、その場合は証拠金を下回ったマイナス分の追証を支払う必要があります。 FXの失敗によって借金を背負うリスクを避けるのであれば、証拠金をゼロで止める「追証なし」の取引所を選択するのも一つの手です。 売り注文からでも利益をあげられる ショートとは? 通常の仮想通貨取引では購入してから売却という流れになりますが、FX取引では売却してから購入といった取引も可能です。 空売りしてから同量の通貨を買い戻す事によって行われ、資金の移動が決済の時のみ発生するFXならではの取引方法です。 下げ相場でも利益を期待できる ショート取引では価格が下がると利益を得ることができるため、下げ相場においては特に有効です。 2018年の仮想通貨相場は全体的に下げトレンドにあるため、ショートもうまく使うことによって臨機応変に利益を上げることが可能です。 仮想通貨FX ビットコインFX のやり方 ビットバンクトレードを例に仮想通貨FXのやり方を解説していきます。 ビットバンクトレードは追証なしの取引所なので不要なリスクを避けるにはおすすめです。 トレード画面が表示されます。 ビットバンクトレードのビットコインFXは先物取引なので、取引期限満了日 満期 があります。 「今週物」「来週物」「四半期物」の3種類があり、ポジションを持ったまま期限を迎えると強制決済されます。 トレード画面から3種類の期限のうち任意のものを選び、タブを切り替えます。 執行条件を選択します。 指値は値段を指定して注文する方法で、指定した価格になった際に自動的に注文が成立します。 BBO ベスト・ビッド・オファー 注文は値段を指定しない注文方法で、市場価格に最も近い買い注文もしくは売り注文が自動的に執行されます。 市場価格で取引を行う成行注文に近いですが、価格が急に変動した際には約定しない可能性もあります。 次に指値注文では注文価格を入力します。 右側の取引板の気配値をクリックすることでその価格を簡単に入力することもできます。 数量 取引枚数 を入力します。 注文価格、注文数量 取引枚数 を入力します。 取引パスワードを入力して、ロングの場合は[新規買注文]、ショートの場合は[新規売注文]を選択します。 注文すると注文内容はトレード画面下部の[FX注文状況]に表示されます。 注文が約定すると下のポジション状況の欄に執行した注文内容が表示されます。 ここまでの流れを「ポジション 建玉 をとる」と呼びます。 FXではとったポジションを利確、もしくは損切をして決済するまでが1連の取引です。 決済を行うポジションに対して[買決済]、もしくは[売決済]をクリックします。 注文時同様に執行条件、注文価格、数量、パスワードを入力し、[買決済注文]、もしくは[売決済注文]をクリックします。 注文すると注文内容はトレード画面下部の[FX注文状況]に表示されます。 無事約定すると[FX注文状況]から注文内容は消え、一連のトレードが完了となります。 仮想通貨FX ビットコインFX は要所で使え! スプレッドの存在 FXにはスプレッドといういわば「見えない手数料」が存在します。 実はFXでは買値と売値の間に百円~数千円程度の価格の開きがあります。 この価格差のことをスプレッドと言い、取引所の利益になっています。 スプレッドは常に変動しているため、 スプレッドの大きさにも注目して少ないタイミングを狙ってトレードする事が重要です。 スプレッドは価格変動の激しい時に広がりやすいので、急な暴騰に便乗する「イナゴ」と呼ばれるようなトレードの際はスプレッドによるマイナス分が最初からあることも考慮する必要があります。 またあまりにも短期のトレードを繰り返しているとスプレッドによる損失がかさむので、そのようなトレードスタイルの場合は極力スプレッドの小さい取引所を選ぶことも重要です。 利益を上げるコツは? 自分の取引ルールを作る ポジションを取るタイミング、利確ライン、損切ラインなどの「取引ルール」を決めて取引の際には絶対に破らないことが最も重要です。 世界一な投資家、ウォーレン・バフェットも投資に対して次のように言っています。 「ルール1:絶対に損をするな。 ルール2:絶対にルール1を忘れるな。 」 FXにおいても自分で作ったルールを絶対に破らない事、例外を作らない事が大前提です。 トレードを分析して取引ルールをアップデートしていく FXでは試行錯誤し、PDCAサイクルを回して取引ルールを作っていく事が必要です。 その日のトレードを振り返り分析して、 「なぜ負けたのか?」「なぜ勝ったのか?」を徹底的に分析します。 分析して仮設を立て、それを取引ルールに組み込んで次回のトレードで実行してみます。 この流れをひたすら繰り返すことがFX取引において安定的に利益をあげる唯一の正解です。 取引する銘柄を絞る 仮想通貨には様々な種類がありますが、ある程度取引する銘柄は絞るべきです。 通貨によって値動きのパターンや傾向は異なるので、その傾向を掴んでいく必要があります。 あれもこれもとトレードしていると分析の制度が落ちる上、情報収集量も増えてトレードにおいて出遅れる可能性もあるのでまずは特定の銘柄に絞って取引した方が良いでしょう。 仮想通貨FX ビットコインFX 負ける人の特徴 取引ルールを破ってしまう 仮想通貨FXで負ける人のほとんどが自分の作ったルールを守れていません。 「もう少ししたら上がるかも」などと考えだらだらとポジションを持ち損失を膨らませてしまいます。 1度決めた取引ルールを絶対に守り、ロボットのごとく淡々と取引しなくてはなりません。 ポジションを取った段階で、損切ラインまたは利確ラインに対して逆指値注文を出してしまう方法がルールを守る上で確実です。 根拠のない運感覚でポジションを持つ 「なんか上がりそうだから」と丁半博打のような感覚でポジションを取ることは厳禁です。 何度か運だけで勝って味をしめてしまうとまともなトレードができなくなり、いつか大きな損失を被ります。 FXで本当に大金を稼いでいる人の中に運だけで勝ってきた人はいません。 自信がなくても 自分で仮説を立て、根拠に基づいてトレードしましょう。 ポジションをもったまま放置する ポジションをもったまま 損切ラインへの指値注文をせずに放置したり、寝たりすることは絶対に厳禁です。 仮想通貨は急な暴落も日常茶飯事です。 寝ている間に大暴落してロスカット、追証が発生、退場や場合によっては借金を被ったという人も数多くいます。 仮想通貨FXでは基本的にポジションを次の日には持ち越さない方がベターです。 常にポジションを持とうとする 常にポジションを持っていないと落ち着かないことをFXでは「ポジポジ病」と呼びます。 根拠なしになんとなくポジションを持っておくことは博打でしかありません。 ポジションを持つ理由を探すのではなく、値動きが予測できないときは「 参入しない勇気」も必要です。 まとめ 仮想通貨FXのやり方と勝つ人、負ける人の特徴について解説しました。 仮想通貨FXに限ったことではありませんが最も重要なのは「無思考トレードにならない」ことです。 研究、分析を怠らずコツコツ努力した人のみが安定した利益を得ることができます。 2018年からは仮想通貨も下落が相次ぎ、ただ投資しているだけでは利益を上げる事が難しくなってきています。 下げ相場でも利益をあげられる仮想通貨FXも上手く使って臨機応変に投資することが重要になりそうです。

次の