ユリウス ノヴァ クロノ。 『ドリンクの種類が多い』by ユリウスノヴァクロノ : 千年の宴 谷上駅前店

【ブラッククローバー】魔法帝ユリウス・ノヴァクロノは本当に強いのか?

ユリウス ノヴァ クロノ

スポンサーリンク 【ブラッククローバー】目指すは差別のない世界へ ユリウスが 魔法帝を目指したきっかけは、下民初の魔法騎士ザラとの出会いでした。 ユリウスは高い魔力を持っている貴族が、自分の私利私欲のために魔法を使っていることに疑問を感じていました。 そんな時 魔力も弱い下民の出にも拘らず、国民を守ることを最優先しているザラに共感したのです。 ザラこそが本当の魔導士とユリウスは確信していましたが、ザラの活躍に嫉妬した貴族での魔法騎士の裏切りでザラが亡くなってしまったと知り、嘆きました。 ザラの死をきっかけに、ユリウスは差別について考え始めます。 上の階級の者が下の階級のものを当然のように侮蔑し、虐げている現状を見て人の可能性は無限大なのにもったいないとユリウスは考えました。 しかし差別のない国を作るということはそんなに簡単な事ではありません。 自分と同じ志を持つ国民を増やそうと考え、そのためには自分自身に力や地位も必要だと必死に努力し、実績を積んで魔法帝にまで登りつめました。 魔法帝ユリウス・ノヴァクロノが国民を守るために死亡したと言われています。 白夜の魔眼の頭首リヒトとの戦いで、理人が放った王国全体への魔法から国民を守るために、自分の持つすべての力と魔力をで対抗して相殺させました。 国民を守るために魔力を使い果たしてしまったユリウスは、 リヒトに胸を剣で貫かれたのです。 その後駆けつけてきたヤミに跡を託すと告げました。 スポンサーリンク 【ブラッククローバー】少年として復活したユリウス ウィリアムは贖罪のためヤミと一緒にユリウスの眠る場所を訪れます。 しかしそこにはユリウスの姿はなく、森の中から 少年の姿のユリウスがマントを引きずりながら現れます。 「 何とか生きていたよ」と笑うユリウスにウィリアムとヤミは驚いて何も言えません。 ヤミはしばらく何も言えませんでしたが、ふと「 完全に死んでいたよね」と尋ねます。 ユリウスに詰め寄り、パトリとの戦いに敗れたことを思い出しながらオレの決意を返せと言いました。 そして人生やり直せるなんて言い御身分ですねと怒るヤミに怖いと苦笑するユリウス。 ヤミはめちゃくちゃだとため息をついたりもしますが、それは照れ隠しで二度と会えないと思っていたツラ拝めたんだ…悪い気はしねえと照れくさそうに頭を掻きました。 ウィリアムの方は生きていたユリウスに合わせる顔がなく、言葉をかけることもできません。 そんなウィリアムにユリウスは、 いかなる理由があったとしても王腰を裏切った罪は重い…誰もが傷ついていて立ち上がるまで時間がかかるだろうと告げました。 そしてウイリアムにその間君を遊ばせておく気は無いと言いました。 その言葉を聞きヤミはユリウスは甘すぎると反論しますが、ウィリアムを騎士団長にした自分にも責任はあると言います。 そしてパトリとの戦いに負けてしまった自分にも責任はあると自分の姿を思い返すのです。 それからユリウスはウィリアムを真っ直ぐ見据えると「 私と共に怨嗟の逆流を耐え抜き進む覚悟はあるかい?」と尋ねます。 ヤミはその問いを傍で聞いていてあきれるように頭を掻きました。 ウィリアムは問われてしばらく呆然としていましたが、涙を流しながら「 今度こそ…貴方と…王国を共に」とユリウスに向かって敬礼しました。 ユリウスはヤミとともにクローバー城に戻りました。 しかし姿が変わってしまったユリウスにノエルは気がつかず、突然少年に呼び止められて憮然としています。 アスタは気を感じ困惑しながらヤミを読んでいました。 ユリウスはアスタたちに向かって「 魔法帝がいなくなってしまった」と言います。 するとすかさずヤミがここにいるじゃねえかとツッコミを入れます。 ヤミの言葉にみんな驚きますが、アスタだけはやっぱりと叫んでいました。 スポンサーリンク まとめ 魔法帝ユリウス・ノヴァクロノは、 とても気さくで人間としてもとても魅力のある人物のようです。 国王よりも人気も人徳もあるくらいです。 魔法マニアで、何の変哲のない魔法でも他の使い方がないか考え、思わぬ魔法に化けたりしているものもあります。 差別のない世界を作ろうと考え、ひたすら努力をして実績を積んで魔法帝になりました。 時間魔法の使い手で、「未来を奪う魔法」と自分でもいうくらい最強の魔法を使うことができます。 リヒトとの一騎打ちの後、亡くなってしまったと思っていましたが、なんと 少年として復活していました。 これにはヤミを始め皆驚きました。 しかしウィリアムを許し「 私と共に怨嗟の逆流を耐え抜き進む覚悟はあるかい?」と尋ねました。 今度はウィリアムも含めみんなで差別のない国を目指していってほしいと思います。

次の

【ブラッククローバー】魔法帝ユリウスの強さや正体、魔法とグリモワールの情報も!

ユリウス ノヴァ クロノ

ブラッククローバーの名場面で真っ先に頭に浮かぶシーンは、ユノが伝説のグリモワールに選ばれてすぐ、落ちこぼれとして笑われていた主人公アスタを自分のライバルだと言い切るシーンです。 「そいつは負け犬じゃねえ!そいつは……アスタは俺のライバルだ!」 ユノは他の魔導士よりも能力がとても高く、伝説のグリモワールから選ばれました。 しかし主人公のアスタは、魔力が全くなく他の魔導士にとてもバカにされてしまいます。 そんな主人公のアスタに与えられたグリモワールはボロボロのグリモワール。 そこでもバカにされていました。 グリモワールを会得後、かなり強い敵に襲われていたユノ。 そこで主人公のアスタが助けに入って二人ともボロボロになった時の一言です。 友情を感じられるとてもいいシーンです! ファンタジーバトルアニメ「ブラッククローバー」の続編は? 主人公のアスタが入団した「黒の暴牛」団長。 非常に癖の強い自由奔放な性格のため不祥事をよく起こし、他の団からも煙たがられる最低ランクの団長です。 ですが見た目とは違い冷静に対処する判断力と圧倒的な実力の持ち主でもあります。 煙草を咥え無精髭を生やしているので老けて見えますが実はまだ28歳です。 ヤミ・スケヒロが人気の秘密! ヤミ・スケヒロは子供に好かれる要素が詰まったキャラになっています。 名前の通り魔法属性は闇。 子供は闇属性をかっこいいと思う事が多いようです。 そして武器の刀に闇魔法をまとわせ戦うスタイルがとても人気! 名前が日本人っぽい所からも親近感がわくキャラクターです。 ヤミ・スケヒロの名言• 今ここで限界を超えろ 「ブラッククローバー」ノエル・シルヴァ 本作のヒロインであり主人公のアスタと同じ歳で同時期に入団した銀髪の美少女。 王族として生まれ膨大な魔力量を持っています。 しかしコントロールが上手くできず兄や姉から落ちこぼれ扱いされていました。 それを見返す為に主人公のアスタと同じ「黒の暴牛」に入団し、仲間に支えらえれながら徐々に成長していきます。 ノエル・シルヴァが人気の秘密! ノエルはツンデレキャラなところが人気です。 王族のため高飛車な性格が目立つのですが、根は真面目で優しい女の子。 長年にわたり落ちこぼれと蔑まれてきたせいか、少し褒められただけで頬を赤くしたりします。 アスタの事を「小虫」と呼んだりしていますが、態度からアスタにどういう感情をいだいているのか見え見えなところもかわいいです。 ノエル・シルヴァの名言• こむし……アスタ…… 「ブラッククローバー」ユリウス・ノヴァクロノ クローバー王国最強の魔導士、アスタやユノの目指す魔法帝の第28代目。 王族や下民など分け隔てなく誰とでも気さくに触れ合う人物であり、無類の魔法好きです。 珍しい魔法を見ると子供のようにはしゃぐ一面もあります。 ユリウス・ノヴァクロノが人気の秘密! 「最強」この2文字だけで十分ユリウスが人気だと分かってもらえると思います。 黒の暴牛の団長であるヤミ・スケヒロも自由奔放な性格と紹介しましたが、魔法帝はさらに自由奔放な性格です。 突然いなくなったりしてその度に周りを困らせる42歳のお茶目なおじ様。 登場人物のほとんどが若いキャラなので、貴重なおじ様枠でもあります。 ユリウス・ノヴァクロノの名言• 魔法との出会いは一期一会 「ブラッククローバー」リヒト.

次の

【ブラッククローバー】魔法帝ユリウスの強さや正体、魔法とグリモワールの情報も!

ユリウス ノヴァ クロノ

オリキャラ設定 サリエル・ノヴァクロノ ・ユリウスの姉 ・情緒不安定で口調も安定しない。 くせっ毛。 眼は赤い。 上は白い巫女のような衣装で、下は黒の短パン。 背は低い。 が、5種類しか技が無い。 「終極エンゲージ」の主人公の片割れの女の子。 あれをもっと幼くした感じです。 「魔法帝ッッッ!!」 ドンッ!!!!!!!!! 突然、そこにいた全ての者の意識の外から、何かが飛来し、着地した。 「何者だ!?」 「魔法帝から離れろ!!」 ゆらりと黒い影が動き、ランギルスの方へ向いた。 「誰だろうと関係ない……!!僕の邪魔をするなあああッッッ!…ゴフッ……!…!?」 「どうした!?」 状況から分かるのは、土煙の中心にいた人物が、ランギルスに何らかの攻撃をして飛ばしたようだ、という事だけだ。 焦げ茶色の霧が徐々に晴れ、光の反射でキラキラと輝く銀の髪が目に止まった。 誰もが見惚れる美しさだった。 「き、貴様は……誰だ!」 「………」 魔法騎士の質問にも答えず、少女は仰向けに倒れたランギルスの方へ、スタスタと近づいてゆく。 「くっ……!」 「……」 少女が掲げた両手の間に、小さな影が現れた。 「なんだ、あの禍々しい魔力は……」 「くそ、もう、体が……」 「アスタ、お前はもう良い……!…しかし、何だありゃ…!?すげぇパワーだ…」 「……死ね」 「ッッッ!!」 「待って!!」 「え………… 魔法帝ッッ!?」 「………?」 少女が、手を下げて振り返る。 途端、ユリウスが少女を抱きしめ、叫んだ。 「姉さんッッッ!!……またこうして会えるなんて……!」 「ユリウス………?」 「姉さん…姉さん……心配したよ……!」 「………。 すまない。 少しやり過ぎたようだ」 ぽんぽん、と彼女が自分の顔の横にあるユリウスの頭を撫でているのを、魔法騎士たちは呆然として見ていた。 サリエルはユリウスの両肩に手を当て、身体を一旦離し、直ぐにもう一度くっ付けた。 今度は唇と唇を。 「ッッッ!!!」 驚きが連続し過ぎて声も出ない。 サリエルは再度身体を離し、ランギルスの方へ振り返る。 ランギルスの体の上に大人しく鎮座していた黒に向かって唱えた。 「……!」 魔法騎士たちが目を開けても、特に体に有害な変化は無いようだった。 知らず知らずの内にほっと息を吐く。 では何が変化したのかと言うと………それは負傷者だった。 気付かね間に、ランギルスやフィンラル、アスタ等の傷が癒えている。 「どういう事だ…!?」 「それは何に対しての質問だ?」 少女が口を開く。 姉だからって心配し過ぎだよね〜。 …変わってなくて安心したけど。 」 アスタ「えええッッッ!……そういえば姉さんって言ってたな」 サリエル「何だお前ここらでは珍しく物分かりがいいな……。 気に入ったぞ」 というかアスタと魔法帝がほのぼのしてんのくれ。 切実 ……アスユリも良いな…… 覚醒.

次の