ポケモン ウーラオス 育成論。 【ポケモン剣盾】ウーラオスいちげきのかたの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!【鎧の孤島】

【ポケモン剣盾】ウーラオス(いちげきの型)の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポケモン ウーラオス 育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるウーラオス れんげきのかた の育成論と対策について掲載しています。 ウーラオス れんげきのかた のおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 様子見や縛り解除など多くの用途で使用される安定行動を無視して攻撃る点が魅力です。 また、キョダイマックス個体の場合にはダイウォールすらも貫通する強力なポケモンです。 専用技によるタスキや特性のケア 専用技「すいりゅうれんだ」によって 相手のきあいのタスキやミミッキュのばけのかわを貫通して攻撃が可能です。 素早さラインが高めのことから抜き性能も高く、環境を整えることで高い突破性能を誇ります。 技範囲も広めで、苦手とするひこう、フェアリー、くさタイプに対しても打点を持てるため多くのパーティで活躍が期待できます。 ゴリランダーやトゲキッスに対してもフィールド書き換えやダイジェットで有利盤面を維持できるためそれらの対策ポケモンを餌として全抜きを狙えます。 耐性の関係でダイジェットから入られることも多いので素早さ関係を維持しつつ後続の上を取り続けるのがいいでしょう。 相手のダイマックス技に対してみきりで軽減をしつつ保険起動も見込めます。 またHPは191になっており、あらゆる定数ダメージに強いのが特徴です。 これ以上はHPを伸ばしてもメリットが非常に少ないため対応範囲を広げるのが良いでしょう。 不利対面の少ないポケモンですが、初手起用を考える場合には引くことのできるとんぼがえりを覚えさせておくと崩しながら機を見て展開が望めます。 こだわりアイテムを使用する関係で受け出しに対して弱くなりがちなので、 引き先の用意や相手サイクルへの解答を用意しておくとより強力な運用が狙えます。 ウーラオス れんげき のおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・Lvで習得 ・3連攻撃の専用技 ・確定急所で積みを無効に ・Lvで習得 ・先制技として採用 ・Lvで習得 ・高火力の一致かくとう技として採用 ・で習得 ・居座りやすいかくとう打点として採用 ・Lvで習得 ・安定したひこう打点 ・で習得 ・消費アイテム採用時にはこちらがおすすめ ・で習得 ・ドラゴン、ひこう、くさタイプへの打点 ・で習得 ・ひこう、みずタイプへの打点 ・Lvで習得 ・保険型での耐久サポートとしても強力 ・フェアリータイプへの打点 ・で習得 ・対面操作用 ・で習得 ・受けに来た耐久型のポケモンへ ・Lvで習得 ・安定行動や保険起動に ウーラオス れんげき のおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 ・汎用的な物理エースとして ・耐性を生かして居座りやすいアイテム ・ダブルではこれ持っておくと動かしやすい ・抜きエースにおすすめ ウーラオス れんげき の対策 対策方法 ゴツゴツメットなどの定数ダメージ ミミッキュやみず弱点のポケモンをはじめとして、技の通りが良い点からも安定行動としてすいりゅうれんだを選択しやすいポケモンです。 ゴツゴツメットやてつのトゲなどのダメージで大ダメージが見込めるので構築に入れておくことで牽制も可能です。 よびみずによる無効化 3連攻撃なのでよびみずやちょすいのポケモンを出すだけでかなりの有利盤面が作れます。 こだわりが見えている時などには有効活用して見ても良いでしょう。 受け取り時に性格補正だけでも厳選しておくことでアイテム消費を抑えることができます。

次の

ウーラオス れんげきの型 育成考察 育成論

ポケモン ウーラオス 育成論

ウーラオスとは HP 100 こうげき 130 ぼうぎょ 100 とくこう 63 とくぼう 60 すばやさ 97 特性 ふかしのこぶし ポケモン剣盾-鎧の孤島にてストーリー終盤にて入手可能なポケモンです。 進化前は「ダクマ」であり、「ダクマ」から2種類の姿に進化することができます。 「 いちげきのかた」と「 れんげきのかた」が存在し、どちらの姿にするかはストーリーで選択することができます。 2種類の姿での 違いはタイプと覚える技のみで、種族値や特性に違いはありません。 特性である「 ふかしのこぶし」は 接触技であれば「まもる」などを貫通して攻撃することができるため、定数ダメージを稼ぐための「まもる」などを相手に安易に打たせないようにすることができます。 また、どちらの姿でもキョダイマックスが存在し、「ダイウォール」や「まもる」を無視して攻撃できるため非常に強力です。 威力80のあくタイプの技であり、必ず急所にあたるため相手の壁や能力上昇を無視して攻撃することができます。 キョダイマックスするとあくタイプの技が「 キョダイイチゲキ」となります。 「キョダイイチゲキ」は相手の「ダイウォール」や「まもる」を無視して攻撃をすることができるため、ダイマックスターン枯らしなどに強いです。 威力25のみずタイプの3回連続攻撃技であり、3回とも必ず急所にあたります。 相手の壁や能力上昇を無視して攻撃できるうえに、連続攻撃技のため 「きあいのタスキ」を貫通することもできます。 キョダイマックスするとみずタイプの技が「 キョダイレンゲキ」となります。 「キョダイレンゲキ」は相手の「ダイウォール」や「まもる」を無視して攻撃をすることができるため、ダイマックスターン枯らしなどに強いです。 ウーラオスのおすすめの型 ウーラオスは高い攻撃力と防御力をもっており、覚える技の範囲も広く優秀なポケモンです。 素早さ種族値は97であり、素早さ種族値が96の「ミミッキュ」よりも1速い種族値となっていることから、 「ようき」などの素早さに補正が乗る性格にするのがおすすめです。 また、「こだわりスカーフ」を持たせることで最速ドラパルトを抜くこともできます。 「ダイナックル」や「ダイジェット」によって攻撃や素早さを上げることもできるため、ダイマックスとも相性がいいです。 また、「こだわりスカーフ」の場合はミラーの際に上をとることができるため有利です。 「こだわりハチマキ」を持たせることで、高い攻撃力と通りの良いみず技によって受けだししてきたポケモンに対しても大ダメージを与えることができ、確実に仕事をしてくれます。 不利対面となったときは「とんぼがえり」で交代することで不利対面を回避することができます。 優秀な補助技も覚えるため、補助技を入れることでいろいろなポケモンを役割対象にすることができます。 「つばめがえし」は「ダイジェット」を打つために採用してますが、相手の上をとる必要がない場合はこの枠を他の技に変えるといいでしょう。 ダメージ計算 ・与ダメ すいりゅうれんだ ミミッキュ (AS振り) ハチマキ 102. 2~118. 3% 確定1発(ばけのかわ有り) スカーフ 72. 5~83. 9% 確定2発(ばけのかわ有り) スカーフ 102. 2~118. 3% 確定1発(ばけのかわ無し) いのちのたま 90. 8~105. 3% 乱数1発 31. 2%(ばけのかわ有り) いのちのたま 129. 0~150. 3% 確定1発(ばけのかわ無し) ドリュウズ(ダイマ) AS振り ハチマキ 117. 2%~138. 3 確定1発 スカーフ 78. 3~92. 9% 確定2発 いのちのたま 101. 8~120. 8% 確定1発 あんこくきょうだ ミミッキュ (AS振り) ハチマキ 154. 1~180. 1% 確定1発(ばけのかわ無し) スカーフ 108. 3~125. 1% 確定1発(ばけのかわ無し) いのちのたま 137. 4~158. 7% 確定1発(ばけのかわ無し) ギャラドス (AS振り) ハチマキ 109. 3~129. 8% 確定1発 スカーフ 73. 6~86. 5% 確定2発 いのちのたま 95. 9~112. 2% 乱数1発 75. 0% インファイト カビゴン (HB振り) ハチマキ 107. 8%~128. 0 確定1発 スカーフ 72. 6~86. 1% 確定2発 いのちのたま 94. 3~111. 9% 確定1発 アーマーガア (HB振り) ハチマキ 52. 6~61. 9% 確定2発 スカーフ 35. 1~41. 4% 確定3発 いのちのたま 45. 8~54. 1% 乱数2発 44. 5% ウーラオス(いちげき) (AS振り) ハチマキ 176. 0~209. 1% 確定1発 スカーフ 117. 7~140. 5% 確定1発 いのちのたま 153. 1~182. 8% 乱数1発 ふいうち ドラパルト (AS振り) ハチマキ 139. 8~165. 6% 確定1発 スカーフ 93. 2~111. 6% 乱数1発 62. 4~145. 3% 確定1発 アクアジェット エースバーン (AS振り) ハチマキ 85. 1~100. 6% 乱数1発 6. 4~67. 0% 確定2発 いのちのたま 72. 2~87. 0% 確定2発 ・被ダメ ミミッキュ (A252珠) ・いちげき じゃれつく 178. 2~21. 7% かげうち 9. 7~12. 0% ・れんげき じゃれつく 89. 1~106. 8% かげうち 20. 0~14. 5% ドラパルト (A252) ・いちげき ドラゴンアロー 48. 0~56. 0% ゴーストダイブ 20. 5~24. 5% ・れんげき ゴーストダイブ 41. 7~49. 7% FCロトム (C252) ・いちげき ハイドロポンプ 77. 1~90. 8% オーバーヒート 89. 7~106. 2% ボルトチェンジ 48. 5~58. 2% ・れんげき ハイドロポンプ 38. 2~45. 1% オーバーヒート 44. 5~53. 1% ボルトチェンジ 97. 1~116. 5% ギルガルド (C252) ・いちげき シャドーボール 67. 4~80. 5% せいなるつるぎ 51. 4~61. 7% ・れんげき シャドーボール 67. 4~80. 5% せいなるつるぎ 25. 7~30. 8% メインメニュー•

次の

ウーラオス(いちげき)育成論 : 俊足の破壊神 スカーフ一撃ウーラオス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ウーラオス 育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるウーラオス いちげきのかた の育成論と対策について掲載しています。 ウーラオス いちげきのかた のおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 様子見や縛り解除など多くの用途で使用される安定行動を無視して攻撃る点が魅力です。 また、キョダイマックス個体の場合にはダイウォールすらも貫通する強力なポケモンです。 環境に多いサポータに刺さりやすい トリル始動を狙う ポリゴン2やサマヨール、イエッサンなどに対して強力に出られるポケモンであり、明確な弱点がはっきりしていることから対策もしやすいポケモンです。 特にダブルバトルでは通りの良い打点を持っているので活躍に期待ができます。 ダブルに多いバンドリに強く、安定行動のまもるを無視できることから相手にまもる選択肢を与えません。 場にいることで横のアタッカーも攻撃しやすく、 後半の詰めに最適でしょう。 不利対面がれんげきのかたよりもはっきりしている分、処理優先度を見誤らなければ強力に展開できる点も強みです。 調整について 素早さは最速ドリュウズラインまでを抜けるようにしています。 このラインに調整されるポケモンも多いのでHPからさらに8or16を素早さに回してしまうのもおすすめです。 ウーラオス自体に恩恵のないでデバフはかちきまけんきのトリガーになる点もあるため、ダイウォールを貫通して攻撃できる打点にするのがおすすめです。 運用のコツとして、エースの横にいるサポート型のポケモンを素早く処理することで盤面を有利に展開していくことを意識しましょう。 いたずらごころのデバフを受けない点も安定した性能の証です。 調整について 素早さをダイジェット使用後で最速エルフーンや最速スカーフバンギラスを抜けるラインまで伸ばしています。 通常時には環境に多いロトムやアーマーガアの調整ラインに対して厚めに振っているので下からの展開を強いられる場面は少ないです。 耐久へ効率良く回していますが10n-1になっているので珠と合わせることでアタッカー性能も高いです。 ウーラオス いちげき のおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・Lvで習得 ・確定急所の専用技 ・技の通りが良く非常に強力 ・で習得 ・いかくなどの対策に有効 ・被デバフターンには威力150に ・で習得 ・殴り合いに最適 ・まもる貫通と合わせて詰めを行える ・Lvで習得 ・高火力の一致かくとう技 ・Lvで習得 ・フェアリータイプへの打点として ・Lvで習得 ・ダイジェット用の打点 ・で習得 ・ダイジェット用の打点 ・消費アイテムと合わせて採用 ・で習得 ・ひこうタイプへの打点として ・みずフェアリー組へも通る打点 ・で習得 ・怯みも狙える安定の範囲技 ・で習得 ・対面操作用 ・で習得 ・サポート型のポケモンへ ・Lvで習得 ・縛り解除などに活用 ウーラオス いちげき のおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 ・ダイマックスとも相性が良い火力アイテム ・苦手タイプの対策用 ・フェアリー半減実 ・特殊アタッカーへの対策 ・殴り合いに強く ウーラオス いちげき の対策 対策方法 4倍弱点で攻略がベスト いちげきウーラオスは強力なポケモンですが4倍弱点があるため突破はしやすいポケモンです。 相手側も対策はしているので鈍足ポケモンで相手をする際には注意が必要ですが、有効打のあるポケモンであれば攻略しやすいです。 上から行動が基本 いちげきウーラオスは一致打点の通りが非常に良いためタイプ受けをしにくいです。 後出しの場合には2回の攻撃で倒されてしまうことも多いので上から行動できるポケモンで対面することを意識すると良いでしょう。 受け取り時に性格補正だけでも厳選しておくことでアイテム消費を抑えることができます。

次の